偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
早稲田大学対策

【早稲田大学】受かりやすい学部、受かりにくい学部

偏差値30からの早稲田慶應対策専門個別指導塾
HIRO ACADEMIA presents

こんにちは。本ブログ記事では
早稲田大学の受かりやすい学部、受かりにくい学部について紹介していきます。

Youtube動画の書き起こし記事になりますので、よろしければYoutube動画もご覧ください。

また過去に慶應大学の受かりやすい学部についてもまとめていますので、
こちらもご確認ください。

文面書き起こし

今日はですね
早稲田大学を受験するにあたって
受かりやすい学部と
受かりにくい学部について
お伝えしていければと思います

選定基準

まずどんな基準で選んだかというと
この3点ですね
倍率、科目、難度
この3点で選んでいきます
ここでですね
『あれ偏差値って入らないの?』って
思う人いるかもしれないですけど
偏差値って
実は大学を選ぶ際に
あまり重要ではないですね
何でかって言うと
かつ、この自分の偏差値っていうのは
決められたものではないわけなんですよ
どういうことかと言うと
そもそも大学の入試問題と
この偏差値を測っている
この模試の問題っていうのは
全然別のものなので
もちろんね この基礎学力を測るための模試で
できたかどうかっていうのは
重要ではあるんですけども
ただその偏差値だけで
判定をしてはいけないということを
いいたくてこの三点から選びました
この三点で重要なのは
この倍率が一番重要ですね
なんでかっていうと
単純にね
この受ける人が多いっていうのは
もうそれだけで
結構難しいわけですね
で倍率が高いということは
大学側がですね
落とさなきゃいけないわけですよね
なんでこの入試
レベルを上げてくるというのが基本なので
難問が出やすくなる確率が
高いわけですね
なのでこの倍率っていうのは
すごい重視しています
あとは科目数です
基本文系であれば、3科目
理系であれば、4科目
っていう形にはなる
と思うんですけども
中にはね昨今の中で
この共通テストを使って
入りやすくなったり
っていう場合もあるので
そういったケースもちょっと考えていきます
であとは難度ですね
問題の難易度
合格最低点どれくらいとか
そういったところを見ていきます
(これは)到達までにどれくらい時間がかかるのか
ってことですよね
ってところも
踏まえて見ていきたいと思います

受かりにくい学部

でまず初めにね
受かりにくい方から
お伝えしていこうかなと思います
受かりにくい学部っていうのは
つまりね倍率を基準にしてる訳です
人気のある学部ということです
この受かりにくいから
ここで言ったところで
受けませんっていうことはない学部なので
もうぱぱっと伝えていきますね
この文化構想学部と商学部と社学
という形になっています
この3つがね
すごい人気で
結構倍率も10倍近く
例年来ているので
難しくなっています
まずは、社学ですね
社学の問題っていうのはかなりね
一部記述で始めては来てますが
全問題マーク形式っていうこともあって
難度が高いわけですよね
なのでね
これすごい大変です
はいで続いて大変なのがこの商学部
これも社学とね
今人気を2分する程で
大変な学部の一つではあるんですけれども
で商学部はね
一見するとこの点数取りやすいですよ
過去問とかやってても
あれ意外といけるなみたいに思って
なること多いんですけれども
その分みんな取り組み易いと思う
問題が多いので
ちょっとでも落とせない訳ですね
なのでこの早稲田の商学部を
受けるという人が
この倍率が高いということを意識していただいて
もう一点たりとも落とせない
といったところになってきます
それをね意識して臨んでもらうと
いいのかなと思います
であとは文化構想学部ですね
こちらも社学と同じような形で
いろんな学問学べるということで
かなり人気のある学部になっています
でかつ古文が
文学部と比べて比重が、
大きくないので
人気のある学部になってます
この3点です
人気のある学部ということなんです
けども大変になってきている
三つの学部という形になっています

受かりやすい学部

で続いて
この受かりやすい方を
ちょっと見ていきましょう
受かりやすい学部の方を細かく見ていきますと
まずは国際教養学部
こちらね
なんてこれすごい難しいんじゃないの
って思う人
結構多いかもしれないですけども
これねすごいね難しいと思う人
結構多いかもしれないですけどね
実はね、意外とそうでもなくて
何でかって言うと
入試科目、着目してもらうと
共通テスト、国語と
数学または社会を選ぶか
あとは追加で英語の外部試験ですね
であとは学部特別の英語の試験がある
という形になっています
この3点ですね
共通試験、英語の外部試験、学部の特別な試験
この三つになってくるんですけども
特にすごい対策が必要になってくるところ
っていうのが
英語の外部試験のところになります
それ以外はね
特に早稲田だからといって
対策する必要がないですね
で外部試験についても
英検準1級というと
今はね早慶を受ける人は
みんな持っています
なのでね
それもすごい高いハードルではないのかな
と思います
でもしね
この英検準一級を取れません
とか言うのであれば
IELTSこちらの方はね
割と取りやすい
英検準一級と同じものとなる
5.5が基準になってるんですけども
こちらね
英検よりも対策がしやすいので
金銭のところがクリアできるのであれば
もう本当に時間も限られている
っていうのであれば
こちらをやってみると
良いのではないのかなと思います
点数でやすいと思いますね
でそれを踏まえた上で
特別に対策が必要になるのが
英語ということになります
でこの英語はですね
そんなにね
この国教を目指すっていう
学生の層を考えて
適切な勉強をしていけば
そこまで、すごい難しいというわけではないですね
ただ、ライティングの量が
200ワードとかあったりだとか
グラフを見たりするっていうのが
結構あったりするので
そういったね特別な対策はしていく
といったところはあるんですけれども
様々な科目があるというわけではないので
正直、英語こんだけやってしまえば
いいという形なので
考えるとそんなに難しくない
かつですね
着目してもらいたいのが
倍率ですね
倍率3倍から4倍ぐらいになってるんで
これねちゃんとね
この基準をクリアしていくと
考えると本当の倍率っていうのは
もっと低いなっていう形なんですよ
なのでもう共通テストが
点数を取って外部試験で
14点取れる
っていうところまで行けるのであれば
そんなにね
すっごいこの難しい入試っていうわけではないと思います
もちろんねただね最近ね
この必要な点数っていうのは
徐々に上がってきてはいるので
大変にはなってくる部分ではあるんですけども
でもね
受けてみる価値のある学部ではないかなと思います
続いてが
人間科学部についてなんですけども
大体倍率は先ほどの国教よりかは
大体半分は行かないぐらい
5,6倍になってきます
何がいいのかというと
英語の取り組みやすさが
段違いに簡単だということですね
もちろんね
ものすごい簡単って言われる訳ではないんです
けれども
長文が、すごい取り組みやすいので
そこまでねすごい
対策をするという必要がありません
ただこのポイントとしてみなきゃいけないのは
文法なんです
この文法は
特殊な対策が必要になってくるという形になります
であと、その他の科目については
早稲田標準レベルなので
そこまでね
すごい難しいわけではないのでね
ぜひね受けてみるといいのかな
と思います
であと1つが、スポーツ科学部になります
こちらね特殊な学部なので
誰でもおすすめできるという学部ではないんですけども
ただねこの共通点
それで判定するというところが
実は小論文のみで
入試が行われるということを考えると
本当に入りたい人っていうのは
ちゃんと対策をすれば
これはかなり取りやすい
学部になるのではないのかなと思います
ただね、理系学部になってくるので
ちゃんと目的を持って入らないと
ただ早稲田だから入りたいみたいな感じ
であるともったいないので
ぜひねその辺を踏まえて
入試望んでもらうといいのかなと思います
であと、言っておきたいのが
けっこう
この受けやすい学部の中にね
教育学部っていうのをね
よく聞く人多いかもしれないですけど
去年の2022年の入試を踏まえたりだとか
英語の長文中身が文系理系のものが必要になる
っていったところを考えたり
そういったねところを踏まえてくると
この教育学部って結構難しいですよね
特にね問題自体も
すごい簡単っていう部類ではないので
その点で考えてもらう
といいのかなと思います
他のおすすめの学部といったところで
お伝えしておくと
1点目が政治経済学部
2点目が法学部
この2点になります
の政治経済なんですけども
以前ほどの難しさはないかな
といった感じです
もちろん、この受験者層が
結構レベル高いので
難しいと思いがちなんですけど
ただね以前の入試と考えると
科目数は減っていますので
是非ね
このチャレンジしてみても
いいところなのかなとは思います
ただまだ情報が少ないので
いろんなことに
対処できる能力っていうのは
必要になってくる
学部にはなってくるので
この受かりやすいかって言われると
難しいところではあるんですけども
(過去問)やってみて
いけそうだなみたいな人はね
やってみてもいいかなと思います
であとは、法学部ですね
早稲田の法学部も
人気のある学部と比べるとね
結構ね倍率は低めです
ですがちょっとね国語がね
ネックになってくる学部ではあるので
国語を点数取れると
できるというところと
あとは英語ですね
国語と英語の時間内に終わる学力がある
といったところができれば、
合格できるのではないかなと思います
こんな感じでね
早稲田受かりやすい学部と
受かりにくい学部といった形で
紹介していきました
こんな感じで
今日の動画は終わりたいと思います
本日もご視聴いただき、ありがとうございました

【無料】早慶レベルの英語の学力診断

こちらのページで英語の学力診断を実施します。(無料)

Published by

小野 和久

高校時代の成績は、偏差値30いかない程度。その状態から、皆に合わせて予備校に行くもうまくいかず、浪人。浪人生活の中で独学で勉強法を編み出して早慶ダブル合格を果たし、慶應義塾大学経済学部に進学。その後在学中に慶應早稲田専門の本塾を起業し、数々の偏差値30からの生徒を合格に導きました。当塾での合格の秘訣は、「考えて勉強をすること」です。 このような自身の経験から考えて勉強することの重要性を認識し、考えて勉強することで勉強を効率化してどんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。