偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
法学部

早稲田大学法学部 英語勉強法と対策| 2020年以降新傾向と対策と勉強法

偏差値30からの早稲田慶應対策専門個別指導塾
HIRO ACADEMIA presents

早稲田法学部対策

早稲田大学法学部の英語勉強法と対策

このブログでは、早稲田大学法学部の英語に関する入試対策(出題傾向と勉強法)をご紹介していきます。
基礎知識0の状態から合格するためには何をどのようにしたら良いのかを参考書の使い方まで徹底解説!

全体概観

早稲田の中では設問のバランスが良く、英語を普段から本質的に勉強している学生であれば難なく高得点を取れる学部です。英作文対策をしていなかったり、長文を論理的に読む練習をしていなかったりなどどこか1つでも適当に勉強していると途端に難しく感じられてしまいます。普段の勉強では英語力全体を高めていくことを意識した勉強が必要です。

長文読解2題、文法・語彙問題・発音、和文英訳、自由英作文が出題。
法学部の問題は非常に量が多いため「情報処理能力が早く類推力がある人を求めている」問題であることが分かります。
日頃から論理を軽視せずに、なぜ間違えたのか?なぜこのように言えるのか?となぜを考え、主張と根拠を意識することに取り組みましょう。

配点

外国語:60/150点 時間90分
国語:50/150点
地歴or数学:40/150点

早稲田大学法学部 科目別対策

長文問題

1題 約900語

毎年超長文読解問題が2題出題されています。超長文を読破するためには無闇に多読をするのではなく精読を重視して、文章内の筆者の主張をとる訓練をしてください。筆者の主張をとるのに1番効果的なのはパラグラフを要約する訓練です。ACADEMIAの塾生には志望校に要約問題が出るかどうかに関わらず必ず要約を書いてもらっています
ですからACADEMIAの塾生はこうした論旨要約問題が大得意です。主張問題は根拠の場所を見つけるだけの単純な内容一致よりも点数が高いので、確実に点数を取れるようにしてください。
試験問題を細かく分けてみると以下の5つに分類されます。

  1. 段落要旨問題
  2. 内容不一致
  3. 語句言い換え
  4. 筆者の主張
  5. 発音

段落要旨問題

選択肢12個の中から8つしか答えにならないので4つの選択肢を切る必要があります。
この切る選択肢の多さが難易度を高めている原因となっています。論旨がとれていれば本文で確認をしなくても間違っている!といえる選択肢も多いので、筆者の主張をとる訓練をしてください。

内容不一致問題

予め選択肢の固有名詞など読解のヒントになる単語をチェックして、本文を読みながらチェックした単語の意味を確認していくように読んでいくのがよいです。センター試験の大問6がタイプとしては似ているのでセンター対策もかねてたくさん解いて練習してください。

語句言い換え問題

単純な単語のテストではありません。文中に当てはめてみてその単語が持っている意味を優先させて解きましょう。1パラグラフ1メッセージの原則にあてはめて、単語の言い換えを前の文章や次の文章から考えてみるのが良いですね。

筆者の主張

段落ごとの要旨ではなく、文章全体のパラグラフから筆者の主張をとります。単純に文章の一部に書いてあったから答えとなるわけではなく、論旨を掴んでいく練習をする必要があります。

発音アクセント問題

発音問題、アクセント問題は、普段から音読を重視した勉強をしているかを問われています。
対策はセンター試験のレベル感で問題ありません。

過去の早稲田大学法学部の長文テーマ一覧

2016 Ⅰ.結婚の形態の流動性と今日の変化 Ⅱ.ビデオゲームの教育的効果
2015 Ⅰ.中国のエコシティ計画 Ⅱ.道徳感覚の起源
2014 Ⅰ.動物の権利と人権 Ⅱ.大規模スポーツ大会の功罪
2013 Ⅰ.中国紙幣の歴史 Ⅱ.厳冬シベリア自転車紀行
2012 Ⅰ.欧米諸国の貧富の差 Ⅱ.四角認識とその盲点
2011 Ⅰ.アメリカ食糧事情 Ⅱ.国民携帯電話使用法
2010 Ⅰ.自然とのふれあい 今昔 Ⅱ.表現の自由と規制

権利と人権、表現の自由と規制、大規模スポーツ大会の功罪など考えさせられる法学的なテーマが多いですね。それ以外ですと、社会論、経済論が頻出です。また、タイトルを見てわかる通り対比が出題されやすい傾向があります。
今と昔などの時間軸での対比、貧富の差、功罪など、対比を使い論を展開していくのでパラグラフ数が増える傾向があります。


パラグラフが多いと文章も多くなってしまうので途中で迷ってしまいそうですが、1パラグラフで筆者の主張は1つだけです。このことを知っているだけでも、パラグラフの問題は非常に解きやすく、次の論を頭の中で展開しながら読めることが可能になります。長文は長いですが、論理の展開自体は単純です。ですから法学部の問題を解くときには制限時間が壁となってきます。普段から、音読を中心とした勉強にくわえ上記のような次にくる内容を予測しながら解けるように練習しておきましょう。

現在では大問1,2とも評論文ですが、過去には2000wordを超える小説が出題されたこともあるので余裕のある学生は国際教養学部の問題を解いて小説の問題をといておく必要があるでしょう。小説問題と評論問題では読み方が異なるので、その違いに入試当日対応していくのは対策なしでは至難の業です。

▶早稲田大学国際教養学部の対策はこちらから

正誤,文法問題

正誤問題は、文法の’知識’があるだけでは太刀打ちできません。
正誤問題に焦点をあてた練習を繰り返し経験値を貯めておくことが大事です。一般の文法書を1冊終えたあとに正誤問題の本を解き、間違えを警戒する力をつけましょう。選択肢の中にALL CORRECT(間違いなし)が加わっているため難易度が高いです。
自信を持って答えることができないと全問失点ということも考えられますので、何冊か正誤問題を解いてどのように見たらよいのかを確認しておきましょう。

文法選択問題は、4つの選択肢のなかで1つだけ入ることができない選択肢を選ぶ問題です。副詞の割合が多いのが特徴です。文全体の意味や後の形ををみて論理的に解きましょう。

前置詞、副詞補充問題は、100語程度の文中にある空欄に前置詞や副詞をいれる問題です。正誤問題とも絡んでくる前置詞ですが、前置詞はイメージで覚えることが大事です。前置詞をイメージで覚えておくと、熟語やイディオムも丸暗記する必要がなく、ここの大問での正解率もグッとあがります。

和文英訳は、以前はでていましたが、近年はあまりでていません。
非常に基礎的な問題ですので、早稲田大学法学部を目指す生徒であれば満点は狙いたい問題。和訳の基本はアウトプットの繰り返しと添削になります。早稲田法学部では、指定語句がありますのでその場で自分で英訳できる力が求められます。ここができなければ、次の大問の自由英作文は歯がたちません。

整序問題が出題される場合があります。日頃から文構造を意識して文章を読むことと、動詞の語法や熟語を知っている必要があります。

英作文(自由英作文、その他作文対策)

自由作文は80 語程度の自由英作文の問題(与えられたテーマに関して、自分の意見を1~2つの理由を添えて述べる)。

過去の法学部の自由英作文テーマ一覧

2016 身体的暴力が伴う種目をオリンピックで行うことの是非
2015 日本国籍を持たない永住者に選挙権を与えるかどうか
2014 国別収入の男女格差
2013 化粧品、医療品開発における動物実験について
2012 slow is better について
2011 高校生アルバイトの是非
2010 美容整形など身体にメスを入れることの是非

作文対策第一歩としてなんとしても伝えたいのが’正しい’英文が書けるようになることです。難しい言葉を使う必要はなく、ミスのない中学生レベルの簡単でシンプルな英語で書けるよう練習しておく必要があります。

その他作文

早稲田大学法学部では例年自由英作文以外に作文が出題される場合があります。近年だと2017年グラフ説明、2018年グラフ説明、2019年描写説明。
特にグラフ説明問題については、1センテンスなので問題のレベルは高くはありませんが、棒グラフや、円グラフなどを読み慣れている必要があるでしょう。

動画解説! 早稲田大学法学部の長文を論理的に読む

クリックで再生が開始します。

HIRO ACADEMIAでは早稲田大学法学部に圧倒的な実力で合格するために他の塾では通常行われない、一人一人が論理的に英語を読めるようになるまでを徹底指導します。論理的に読めなければ早慶の合格は難しいです。
早稲田大学法学部に圧倒的な成績で合格するその秘訣を知りたい方はまずは当塾の資料をご請求ください。

早稲田大学法学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として法学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

また、早稲田大学法学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

早稲田大学法部に合格したい方は、カウンセリングはこちらから

Published by

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。