偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
政治経済学部

早稲田大学政治経済学部【国語】|2019年入試の傾向と対策と効率的な勉強法について

2019.02.18

<この記事は2019年2月18日(火)に更新されました>

早稲田大学政治経済学部

このブログでは、早稲田大学政治経済学部の国語に関する入試対策(出題傾向と勉強法)をご紹介していきます。
基礎知識0の状態から合格するためには何をどのようにしたら良いのかを参考書の使い方まで徹底解説!

全体概観

90分という時間の割に非常に分量が多く難度の高い問題が出題されます。思考力というレベルで難しい問題から知識レベルで難しい問題までさまざまです。早稲田政経を受験する学生は少なくとも知識レベル(四字熟語、漢字、古文単語、文法、漢文、漢詩の知識など)で合格者から振り切られないようにしてください。

配点

外国語:90/230点
国語:70/230点       時間90分
地歴or数学:70/230点 古漢融合1題、近代の随筆、現代文の3題。
記述説明問題や四字熟語の問題、空所補充問題といった政経ならではの問題が出題されます。  

現代文1


早稲田政治経済学部の国語では伝統的に、
少し古め(明治・戦後であったり、時代は定まっていません)の文体の文章が出題されます。
文体は随筆の場合が多いですが、2017, 2018年は評論文が出題されています。
以前であれば、文体に慣れるための対策をする必要があったのですが、ここ2,3年の文体を考えると必要がないかもしれません。 ただし、
文体にかかわらず随筆が出た場合は、多くの受験生にとって大変に感じられます。
随筆が得意になるためには、まず随筆がどのようなものなのかを知る必要があります。
普段皆さんが読んでいるような 評論とは少し違うということを理解しましょう。

随筆と評論の違いとは?

まず評論とは、
あるテーマに対しての筆者の意見を論理的に説明していくものです。実際に筆者が体験したかどうかは全く問題ではなく、単順にあるテーマに対しての筆者の見解です。
そのため、国家論や近代と現代比較、日本文化と西欧文化比較など抽象的なものが多く、あまり身近に感じられないのが特徴かと思います。 一方で随筆とは、
筆者自らが体験したエピソードから出てきた筆者の感情や見解です。
随筆文を読むときの注意点は出来事と感想の因果関係とその推移です。

何が筆者の感想・見解を抱かせる原因になったのか?、
またその感想がどのように移り変わっていくのか?、
この2点に注意して読んでいきましょう。

因果関係は時系列の変化があるときには掴みづらくなるので注意してくださいね。必ずしも随筆では(*評論文もそうですが・・)、因果関係の順番に文章が並んでいるわけではありません。
少し迷いそうだったら図式化しておくのが良いです。 形式上には確かに随筆と評論で形式上の違いはありますが、論理的に読むという観点では対して変わらないので普段から論理を意識して読んでいれば、この点は恐れるに足りません。 *ここ数年の傾向を見る形だと過去のような対策は必要ないと思われます。
論理的に読めたら後は近代の言葉を使った言葉にいかに慣れていくかが肝心です。ひと通り過去問も終わって他の科目にも余裕の学生は近代文の方を買って、何個かピックアップして読んでみるとよいでしょう。
*早稲田の政経にどうしても行きたい方でかつ他の科目で偏差値70が安定している人以外は読まないでも問題ないです。なぜなら他の科目で偏差値70もない学生が早稲田の政経に合格する可能性は極めて低くまずは他の科目の基礎を徹底させることが第一の目標になるからです。 文学史もかなりの頻度で出るので日本史受験者以外は必ず覚えるようにしてください。

現代文2


標準的な内容の評論文です。解答の根拠を見つけるのに時間がかかる書抜き問題や空欄補充問題が比較的多いので、過去問の演習の際はこの問題はいつ解くべきなのか?を問題の質を見極めて、いつこの問題を解くべきなのかを決めて取り組むとよいでしょう。

特に脱文問題は見落としてしまうととんでもなく時間がかかってしまうので、注意してください。
また法学部ほどではないが私大では珍しい記述問題があります。問題文の要旨を理解しているかどうかの問題なので普段から要約をしていないとまず答えるのは難しい問題です。

古文漢文


問題。他学部よりも比較的長い問題文が特徴的です。
受験生になじみがあまりない近代からの出題から近年頻出しているので、文章に対しての知識のない古文の文章であっても解けるようになっておく必要があります。
古文では和歌の知識、漢文では漢詩の知識が頻出なので知識レベルでの漏れがないようにしておいてください。

さらに知識レベルでは文学史の知識は必須なのでこちらも確認して下さい。
問題についてですが、 傍線部の意味の解釈問題では単純に単語、文法からの理解だけでなく、文脈からの理解も忘れてはいけません。
漢文の問題は標準的な文法の知識で解ける問題ばかりなので、取りこぼしのないようにしましょう!

早稲田大学政治経済学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から! 早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として政治経済学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。 少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。 また、早稲田大学政治経済学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。 ⇒ 早稲田大学・政治経済学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。
早稲田大学・政治経済学部 科目別対策

LINE公式アカウント開始

LINE公式アカウントのみでの限定情報もお伝えします。ぜひご登録ください。

Published by

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。