偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

センターが終わって、早慶までの向き合い方|過去問分析のテンプレも公開

2020.01.22

センター試験終わりました!ですが、、早慶の入試までにはまだまだ意外と時間があります。 ここでの時間の使い方で合格するかしないかは変わります。 そのためよくよく考えて勉強を進めてください!   過去問ばかりになっていないか 受験初めての人や現役生に陥りがちなのが・・・ 過去問をただ解いていっただけで、

  • …続きを読む
  • センター試験終わりました!ですが、、早慶の入試までにはまだまだ意外と時間があります。

    ここでの時間の使い方で合格するかしないかは変わります。 そのためよくよく考えて勉強を進めてください!

    [word_balloon id="1" balloon="line" name_position="under_avatar" name="ブタトン" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="false" avatar_hide="false" box_center="false" font_size="17" name_color="#10193a" position="R" bg_color="#8de055" font_color="#fff"]うちの塾でも焦って、過去問ばかりに手を出してしまう人がいたので注意しました![/word_balloon]

    過去問ばかりになっていないか

    受験初めての人や現役生に陥りがちなのが・・・

    過去問をただ解いていっただけで、1日が終わってしまった・・・ということです。

    周りが過去問をたくさん解いていっているので焦ってたくさんときたくなる気持ちもわかります。

    また、浪人生など多くの過去問をやっていて対策ができているように見えます。

    とはいえ、合格する人=過去問をたくさん行った人ではありません。

    自分の学力と向き合い分析をしながら、考えて解いていく必要があるでしょう。

    過去問をたくさん解くことで、こういう問題がでるのか・・・という傾向がわかるので評論家になることはできますが、そこでできたからといって合格ができるわけではありません。

    [word_balloon id="1" balloon="line" name_position="under_avatar" name="ブタトン" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="false" avatar_hide="false" box_center="false" font_size="17" name_color="#10193a" position="R" bg_color="#8de055" font_color="#fff"]過去問ができても合格はできない!ということは肝に銘じておくべし[/word_balloon]

    過去問は課題を発見するために使用する

    過去問は自分と志望校の距離感を測って課題発見のための材料です。・

    そのため過去問でできた=一喜一憂をしないようにしてください。

    できた=合格ではありません。

    できなかった問題はもちろん確認するのですが、できた問題であっても『なぜできたのか?』を考えて、

    解答の筋道が合っているのかを何度も何度も確認するようにしてください。大事なのは、あっていたという事実ではなく、プロセスが重要です。

    過去問から課題を発見するための考えるテンプレート

    過去問分析の際に考えるテンプレートをお伝えします。

    単純な知識問題に対してではなく、考えが必要とする問題に使ってノートに書いてみてください。

    ✔︎なぜその問題を解くことができたのか?
    ✔︎解決策はありますか?
    ✔︎なぜその問題を解くことができなかったのか?
    ✔︎解決策はありますか?

    ポイント

    解決策は気をつける、意識するというレベルのものではなく、問題に印をつける、最初に二回読むなどの行動レベルまで落とし込んで考えてみてください。

    でないと、なかなか改善までいかないものです。そうした改善を毎日行うことで、現在学力が足りなくても志望校との距離は確実に縮んでいきます。

    早慶入試まであともうすこし!

    気持ち的に大変ですが・・・・ここでがんばった人が合格していきます。

    頑張りましょう!

2020年センター試験直前!120%の実力を出すために気をつけたい3つのこと

2020.01.17

こんにちは。HIRO ACADEMIAの小野です。いよいよ、センター試験1日前になりました。 いよいよ、今年度の受験がはじまります。今年は55万人の学生がうけるとのことです。 どの受験生にとっても重要な試験になってきます。 国公立を受ける受験生にとっては、明日だけで受ける大学の合否が分かれ、 また、

  • …続きを読む
  • こんにちは。HIRO ACADEMIAの小野です。いよいよ、センター試験1日前になりました。

    いよいよ、今年度の受験がはじまります。今年は55万人の学生がうけるとのことです。

    どの受験生にとっても重要な試験になってきます。

    国公立を受ける受験生にとっては、明日だけで受ける大学の合否が分かれ、

    また、早稲田、慶應といった次第を受ける受験生は滑り止めの大学を決めることができます。

    いよいよ試験本番!ということで、試験で失敗しないためのポイントを3点お伝えします。

    [word_balloon id="1" balloon="line" name_position="under_avatar" name="ブタトン" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="false" avatar_hide="false" box_center="false" font_size="17" name_color="#10193a" position="R" bg_color="#8de055" font_color="#fff"]センター試験本番で120%の成果を出すためのポイントをみていきます![/word_balloon] [toc]

    その1| 前日に持ち物をチェック

    当たり前のことですが、非常に重要なことです。持ち物はセンターの前日に用意しておきましょう。

    下記の3点はないと確実に終了です。

    ✔︎鉛筆、けしごむ(それぞれ3本づつ)
    ✔︎時計
    ✔︎受験票

    注意点
    *最悪受験票は忘れても受験はできますが、仮受験票を発行するための時間を取られるため大変です。 不測の事態があるとペースをみだされてしまいますので注意してくださいね。
    *鉛筆が落ちて使えなくなった時のために鉛筆削りも用意しておくと良いでしょう。
     
    [word_balloon id="1" balloon="line" name_position="under_avatar" name="ブタトン" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="false" avatar_hide="false" box_center="false" font_size="17" name_color="#10193a" position="R" bg_color="#8de055" font_color="#fff"]時計は忘れがちですので、普段携帯で時間を測っている人は注意してください。 [/word_balloon]  

    その2|何があっても時間配分を守る!

    それでは、具体的な試験の話をしていきます。

    各科目で時間配分を決めていると思いますが、何があっても時間配分を守るようにしてください。

    センター試験本番というような過度のプレッシャーがかかっている状況では、

    『この問題がわからないと落ちるのではないか?』

    といようにわからない問題に対して過剰に反応しがちです。 

    そして考えすぎるがあまりいつも以上に時間を使ってしまって、時間内に答えが出なくなってしまいます。

    それでは100%の実力を発揮することができません。

    センター試験の場合は、いかに早く処理をするかという問題が多いです。

    そのため焦ってしまって解けない問題があった場合は飛ばして次の問題に移りましょう。

    普段からちゃんと勉強しているのであれば、あとで戻ってかんがえれば意外と解ける問題も多いです。

    たとえ、焦っても時間配分を守って勉強することが重要です。

    チェック

    わからない問題はとばしてあとで解く

    その3|不測の事態を想定して見直しする時間をとる!

    過去問練習の時に時間ギリギリで勉強をしていませんか。

    その2でも述べましたが、本番は何が起こるかわかりません。

    途中で何か起こった時に、余裕のない時間配分では120%の時間をだしきれません。

    そのため、何かあった時のためにゆとりをもって見直しの時間を取るようにしてください。

    先日行った日曜の補講や、年越しの合宿でもその点は注意しました。

    [nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/news/2019-20wintertraining/"]

    最後まであきらめずに

    センター試験までの時間は残りわずかですが、最後まであきらめずにやり切ることが重要です。

    なにか不安な点がある場合は今日中に解決しておきましょう!

    それでは頑張ってください!

共通テスト大学入試記述(国語、数学)見送り濃厚の問題について

2019.12.12

いろいろ情報が錯綜していますが、再来年の入試に向けてどのような体制で望めば良いのか含めてまとめておきます。2019年12月12日の段階で記述形式の共通試験を見送ることが濃厚となりました。文部科学省から再度詳しくはでますが、ここまでの流れを考えると記述入試はないものと考えてよいでしょう。 記述試験のな

  • …続きを読む
  • いろいろ情報が錯綜していますが、再来年の入試に向けてどのような体制で望めば良いのか含めてまとめておきます。
    2019年12月12日の段階で記述形式の共通試験を見送ることが濃厚となりました。文部科学省から再度詳しくはでますが、ここまでの流れを考えると記述入試はないものと考えてよいでしょう。

    記述試験のなにが問題となっているのか?

    問題としては、採点の精度が低いというのが一番の問題でしょう。

    採点者の不足、採点の精度が一致しない

    受験生は50万人いるのにもかかわらず、記述式の採点をできる人が少なく精度が低くなる可能性が懸念されていました.
    民間委託で1万人程度の採点者を予定していましたが、地域差も出る可能性があります。受けた地域によって点数が異なってくるのではせっかく頑張ったのに報われないことになっています。
    大学受験入試は、頑張ればがんばった分報われる公平なものであると考えています。

    それが、できないということであれば、怒るのは無理もありません。というかなぜこれまでの検討の段階できづかなかったのでしょうか。

    英語は不明だが、リスニング必須!

    現時点で外部試験を利用しないということは決まっています。 また、この点以外は下記事項が決まっています。

    大学入試英語成績提供システムの導入延期に伴う「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テストの出題教科・科目の出題方法等及び大学入学共通テスト問題作成方針について」に関しては、

     ・ 発音、アクセント、語句整序等を単独で問う問題を出題しないことについては、英語教育の観点から大学入学共通テストの導入を機に改善を図るものであること

     ・ 今回、英語のリーディングとリスニングの配点を均等にした趣旨は、高等学校学習指導要領が英語4技能のバランス良い育成を目指していることを踏まえたものであること””

    リスニングの点数が大きくなるためこれまでよりもリスニングに力を入れていく必要があります。特にリスニングは能力を上げるのに時間がものすごいかかります。リーディングよりもかかります。

    ただその分ちゃんと行えばしっかり点数が伸びてくる部分でもありますので、今まで以上にしっかり勉強していく必要があるでしょう。
    当塾での勉強法はこちらで紹介しているので参考にしてください。

    *この記事を書いている私(小野)も慶應大学入学時点では、リスニングは全くできません(現行のセンター試験で10点くらい)でしたが、その後の勉強にてリスニングができないという状況は克服しました。そのため、ちゃんとやればリスニングは伸びるということはいうことができます。

    センター試験は来年度どうなるか不明・・・

    現時点では筆記試験の状況はわかりません。今後の続報を待つ必要があります。
    わからないという状況は不安が募るばかりでどのようにしたら良いのか?という点は残ります。*当ブログでも状況を逐一お伝えしていきます。

    では来年度の受験生はどうしたら良いのか?

    どのような方式であっても盤石の学力体制を整えておくに越したことはありません。

    英語については、共通テストでは使わないことが確定していますが、英語検定は取得しておいた方が良いでしょう。少なくても2021年の入試でもMARCH、早稲田大学では使えることが分かっています。
    特に使うことができる英語検定2,準備1級は実際の入試よりもはるかに簡単なので、取得しておかない理由はありません。

    センター試験の代わりとなる共通試験は、どのようになるかがわかりませんが、早稲田大学、慶應大学を中心とした私立大学は来年度以降の方針を既に出しています。

    当塾でも既にいくつかの学部はまとめていますのでこちらを確認ください。[nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/explanation04"] 

    どこを受けるにせよ合格するには盤石な学力が必要です。作業的な勉強をしているのではいつまで経っても早慶への合格には届かないでしょう。

    当塾では、慶應早稲田大学を受ける上での圧倒的な実力をつけるためのサポートをしていきます。受験をする上で、ご不明な点、ご不安な点がございましたらこちらよりお気軽にご相談ください。[nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/counceling/"] 

【単純です】なぜ成績が上がらないのか?なぜ早慶レベルまで成績が上がらないのか?

2019.12.10

先日、私の師匠でもある高橋浩一さんのラジオ番組に出演させていただきました。 高橋浩一さんとは?TORiX株式会社代表取締役。現在Amazonでも大好評のベストセラー『無敗営業』の著書でもあり、数々の営業の講演。会社情報はこちら このブログをみているのが保護者の方であれば、ぜひ『無敗営業』もお買い求め

  • …続きを読む
  • 先日、私の師匠でもある高橋浩一さんのラジオ番組に出演させていただきました。

    高橋浩一さんとは?
    TORiX株式会社代表取締役。現在Amazonでも大好評のベストセラー『無敗営業』の著書でもあり、数々の営業の講演。会社情報はこちら このブログをみているのが保護者の方であれば、ぜひ『無敗営業』もお買い求めください。こちらよりAmazonでお買い求めできます。わたしは、営業のことはまったくわからないですが、この本は相当売れているみたいです。

    学生時代からお世話になっているのですが、実に4、5年ぶりくらいの再会でした。ラジオは私がゲストという形でこれまでの塾のことを聞いてもらう形式だったんですが、久々に成績の上がるわけについて掘り返して考えるきっかけになったので、本ブログに書いていきます。

    早慶までの道のりが遠い。。成績があがらないその原因とは?

    いろいろ考えはしたのですが、やはり成績が上がらない原因は単純でした。

    勉強時間が足らないのと、意識づけが足らないからです。いわゆる、量、質の勉強がどちらも不足しているのが原因です。

    大抵どちらかに偏った勉強を目指してしまっているから、失敗してしまっているのです。

    最近は良くも悪くも情報量が増えてきています。

    勉強において効率を意識したり、楽をしたいというのはそれ自体は構いませんし、普通でしょう。

    私自身も何かあたらしいことをするときは、ネットで調べます。

    ですが、ダメなのは調べておしまいになってしまう人が多すぎます。

    『しって満足』、または不安だからといってどんどん情報量を増やしていって方法論だけに詳しくなっていく状態になってしまうのです。

    この状態になってしまうと、なかなか成績は上がらなくなってしまいます。

    わたしはこの状態を『評論家』と呼んでいます。

    受験生において評論家の何が悪いのか?

    受験生において評論家の悪いとこは、自分での気づきを奪うことにつながるのです。なぜ気づけなくなるのかというと、自分の勉強に身が入らなくなってしまうことが原因になります。
    評論家状態だと、いろいろな知識から理想状態が頭のにはあるのだけれど、理想と現実とのギャップに苦しみ、勉強ができなくなります。

    このような状態になってしまうと、もはやなにをしていいのかわからなくなってしまい勉強ができなくなってしまうのです。
    その結果、自分での気づきがなくなってしまうのです。勉強において自分の気づきがなくなるというのは、勉強の質が下がり成績が上がらない大きな要因になっているのです。
    成績をあげたくていろいろ調べているのに、その結果成績が上がらないのは何とも悲しいものです。
    勉強の質がなかなか上がらないのは、情報の集め過ぎにあるのです。
    情報収集というのは中毒性の高いことなので、注意したいものです。本人は熱心に勉強をしているつもりでも、ほとんど作業に近いものになっているので要注意です。

    情報を集めていないのに、早慶レベルまで成績が上がらないのはなぜ?

    スマホをいじっている時間も少なく、勉強の情報を集めている時間も少ないのに成績が上がらないのはなぜでしょうか。

    それは、意識づけが足りていないからです。

    早慶合格に必要な意識づけとは?

    これまでに様々なカウンセリングが来る中で、多くの生徒は勉強という名の作業を行っているだけの生徒が多いのです。先日のブログで作業化した勉強の問題点については述べておきました。
    [nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/schoolmaster_blog/fromjustwatchingtocorrect/"] 

    成績のでる勉強と作業の違いは?

    作業と勉強のちがいとは、何をしていたの?と聞かれたときに内容を自分の言葉で説明ができないケースです。

    ただ暗記をしていた場合や、ノートを写していただけの場合は、その後になにをしていたのか?を聞かれたときに、結局、頭にのこっていません。

    残念ながらこのような状況では早慶レベルまで成績は上がりません。
    もちろん、このような勉強が必要な段階もありますので一概に悪いわけではありません。早慶を受けるのに、英単語2000個を知らなかったり、数学の基本公式の存在を知らない・・という場合はこの限りではありません。このような場合には作業的な勉強であってもドリル的にやる必要があるでしょう。

    こどもごとに様々な学習のケースがあり、勉強の準備をしていかないと成績は上がりません。

    勉強時間はどれくらい必要なのか?

    先に述べたようにできれば効率的に済ませたい・・という思いからのご質問だとは思います。親御さんからも生徒からもよく聞かれる質問ですが、勉強時間は多いに越したことがありません。
    そもそも論としては、勉強時間を気にしている段階で意識づけの勉強ができてないので質の良い勉強には転化していかないでしょう。
    勉強時間とともに、成果が上がってくるのは量の勉強です。量の勉強ができない限りは質の良い勉強はできません。

    現状から早慶に行くために何をしたら良いのか?

    それぞれの状況に合わせて、どのようにしたら早慶に行けるのかを考えてみます。

    受験生の場合は・・・

    受験生も成績によっていろいろありますが、まず勉強ができてない状態でいろいろと情報を探し回っている時点で負けだと思ってください。
    受験科目で一つでも偏差値60以下の科目がある場合は圧倒的にインプット不足です。

    まずは手持ちの教材の読み込み回数を増やしていきましょう。

    とはいえ、時期も時期ですから、タイミングを図って過去問を何年分もやって自分の知識漏れの部分を探してみてください。

    それでも厳しい場合は当塾までご相談いたいても大丈夫です。こちらからカウンセリング、またはこちらでLINEでの相談にものっています。
    *ただし、LINEの場合は即時の連絡は出来かねる点は、ご了承ください。

    高校1,2年生の場合は・・・

    多くの高校生は、勉強法というよりもまずは机に向かう時間が圧倒的に少ないです。

    もちろん、いろいろとやるべきこと、楽しいことがあるのはわかりますが、

    早慶に合格したいのであれば、最低限勉強は毎日2時間はしないといけません。独学でおこなうのであれば、こちらで必要となる教材は紹介しています。[nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/hiroaca-saisoku-map-benkyo/"] 

    まずは、高校1,2年生は英語と数学がキーになります。
    英語であればまずは、英検をペースメーカーにしておくと良いでしょう。

    *外部試験の全体での適応はなくなりましたが、大学単位では現行の入試でも使用していますので、今後も使用することが予想されます。当塾の予定だと、進んでいる生徒は高校1年生で英検2級を取得させていきます。
    成績の上がってない生徒については、この冬で生徒ごとに受験準備をしてもらいます。下記の冬期講習が受験準備あたります。

    早慶に向けて、成績が上がらない場合はどうすれば良いのか?

    とかく焦るのではなく、まずは現状の分析が肝心です。

    分析を行なって冷静に考えるのと、本人のやる気が伴っているのであれば、どの段階からでも早慶に行くことは可能です。

    下記の点をまずは書き出してみてください。

    • 現在の毎日勉強時間
    • 勉強時間ごとの自分の気づき
    • 現在の成績
    • 各科目における得意分野と苦手分野
    • 入試までの日数
    • (勉強で)これまでに行なってきたことと今後行う予定のこと

     

    一番ダメなのは、自分で考えることを放棄して、いろいろとネットで探し始めることです。考えることを放棄していては早慶に合格するのは難しいでしょう。
    もしどうしても、自分で考えるのが難しい場合は、こちらまでご相談ください。どのようにしたら良いのか、お伝えします。
    今日のブログは少し長くなってしまいましたが、、ここまでとします。それでは引き続きよろしくおねがいいたします。受験生は最後まで諦めず頑張ってください。

勉強しはじめの人必見!集中して勉強をするためには?

2019.10.21

みなさん、こんにちは。HIRO ACADEMIAの小野です。 集中して勉強していますか? 今日は集中力をつけるためにどのよう何勉強をしたら良いのかをお伝えします。 本記事を読むことで下記のことがわかるようになります。 集中できてない原因の解明 集中するための解決策 では早速考えていきましょう。 そも

  • …続きを読む
  • みなさん、こんにちは。HIRO ACADEMIAの小野です。

    集中して勉強していますか?

    今日は集中力をつけるためにどのよう何勉強をしたら良いのかをお伝えします。

    本記事を読むことで下記のことがわかるようになります。

    集中できてない原因の解明

    集中するための解決策

    では早速考えていきましょう。

    そもそも集中しているとは?

    そもそも集中している状態とはどのような状態でしょうか。

    まず考えてみましょう。

    自分がやりたい!と思っていることだけに考える力が入って、

    やっていることが終わった後に何をやっていたのかをすぐに言語化ができる状態。

    色々と意見があるとは思いますが、私はこのように考えます。

    集中できない原因は?

    そりゃもちろん、皆上記の状態に慣れれば良いのですが、、なぜできないのでしょうか。

    原因を考えてみましょう。

    その1 SNS,Youtubeが気になってしまう・・

    とりわけ中高生に多いのが、SNSが気になってしまうという人たちです。

    スマートフォンの発達によって、日本人のほとんどが自分から発信することができるようになりました。

    歴史上をみても圧倒的にNo1の情報過多の時代です。SNSを見れば誰かしらの情報が載っています。

    全然興味がなくても、情報がバンバン流れてくるためついついみてしまいます。

    私自身も気付いたら全然違う動画を見ていた・・なんてことはしょっちゅうあります笑

    SNSをみないようにするための解決策は?

    このような状態を回避するための解決策は、まず通知をオフにして、決めた時間に見るということです。

    SNS、Youtubeを見るのが悪いというわけではありません。
    そうではなく、自分の決めたことをしている最中に割り込みで入ってくるのがよくないのです。

    ですので、余計な通知をなくして、時間を決めて、見るようにしてください。

    こういう風にいうと『大事な連絡を見過ごしてしまうかもしれないからできません』という人がいるのですが、、

    SNS、 Youtubeなどで出てくる情報は長期的に見れば対して大事ではありません。

    その時は大事!と思ってみているかもしれませんが次の日には忘れてしまうようなことが大半です。 本当に大事なことであれば電話連絡をしてくるでしょう。

    特に現在勉強する時間が取れてない・・・

    勉強ができるようになりたい!と思っているのであれば、自分の力でどうにかなるこの部分を制限していくべきでしょう。

    その2 勉強以外で心配事がある

    勉強以外、たとえば、学校の行事、部活、バイトなどで心配事がある場合が考えられるでしょう。

    このような場合は心配事を解決しましょう。心配事がある状態で勉強をしていても、作業として勉強はできるかもしれませんが、ほとんど頭に入っていないでしょう。

    『そうはいっても受験生なんだから、勉強しないと・・』

    『何が何でも勉強はする!』

    という姿勢があるのは素晴らしいですが、心配ごとがある状態で勉強をしていてできるようになるほど甘くはありません。

    まずはそのような心配事を解決しましょう!

    その3 家族、友達が協力的でない

    こちらもよくある原因です。

    受験体制に集中するためには、家族をはじめとした周りのの協力が必要不可欠です。

    周りが邪魔ばかりしているのに、勉強ができるようになる程甘くはありません。

    家族のあり方については以前当塾の動画にて本間が説明をしましたのでご覧ください。

    https://youtu.be/qAtUZHmsSKM

    もちろん、周りからの協力をしてもらうためには自分自身からの働きかけも重要です。

    自分だけ協力してもらおう・といってもうまくいかないので、周りの人から協力をもらえるように日頃からの行動を改善していく必要があるでしょう。

    その4 勉強をしているのに自分の行っていることに自信が持てない

    これまでの3つは一年中あることなのですが、この秋ごろになるとよくあるのが、、
    この4つ目ですね。

    勉強はしているんだけれど・・・身に入らない。というのがこの状態です。

    志望校の入試が近づくにつれて、何をしていいのかわからなくなって自分の勉強に自信が持てなくなってくる人が多くなってきます。

    そうなると今やっていることに集中ができなくなってくるのです。

    身に入らない状態で勉強を続けていても、残念ながら成績をあげる勉強をすることはできません。

    そのような場合は、現在行っていることを何のためにそれぞれ行なっているのかを整理するのが良いでしょう。 何をしたら良いのかわからないと闇雲に勉強をしてしまいがちです。

    そのような状況では成績を上げる勉強をすることはできないでしょう。

    今していることに集中する訓練をするためには?

    ここまで原因を挙げてきました。ここでは一つ具体的な集中力を鍛えるための訓練方法をお伝えします。

    タイマーを使って、15分間計測

    嘘のように思えるかもしれませんが、15分間計測して勉強をしてみましょう。

    この15分間は一切何もみずに何も考えずに勉強のことだけを考えてしてください。

    スマホのSNSが気になる人は、スマホのタイマー機能ではなく別途キッチンタイマーを買うと良いでしょう。

    15分間何も考えずに、勉強のことだけを考えて勉強をすることができれば、あとは少し休んで15分間勉強をしてください。

    その繰り返しを行っていき、徐々に15分間を伸ばしていき、45分間くらいの区切りでできると良いでしょう。

    まとめ

    早慶に合格するためにどのようなことをしたら良いのか、自分が行っていることに不安なままでは合格することはできません。そのような不安な状況でしたら、こちらからお気軽にご連絡ください。

だから君の成績は上がらない!成果を出すための模試、過去問の正しい復習の仕方

2019.09.28

こんにちは。HIRO ACADEMIAの小野です。 受験生はそろそろ夏頃に受けた模試が帰ってきている頃ですね。 いい結果が出た人も出てない人も模試の使い方をうまくできてない人が多数です。 ただ眺めておしまいにならないように成果の出る復習の仕方をお伝えしていきます。 この記事のポイント ほったらかしに

  • …続きを読む
  • こんにちは。HIRO ACADEMIAの小野です。

    受験生はそろそろ夏頃に受けた模試が帰ってきている頃ですね。
    いい結果が出た人も出てない人も模試の使い方をうまくできてない人が多数です。

    ただ眺めておしまいにならないように成果の出る復習の仕方をお伝えしていきます。

    この記事のポイント

    • ほったらかしにない模試の振り返りの仕方
    • 模試の復習の考え方

    模試の復習の意味とは?

    そもそも模試を復習する意味を考えてみましょう。

    模擬試験とは、自身の普段の勉強がどのくらい志望校に近づいているのかを確認するためのものです。
    そのため、普段の勉強があっているかどうかの確認のために使ってください。

    模試の判定は意味がない

    多くの人勘違いしてしまいがちなのですが、

    判定が良い=受かるというわけではありません。

    特に現役生の多くはこれからの時期(10月以降から)これまで覚えた知識が繋がってきて飛躍的に成績が伸びていきます。

    そういったことを加味すると浪人生はたとえ今判定が良くても全く安心できませんね。

     

    さて、模試の意義を理解した上で

    勉強の開始時などの違いも含めると4つのパターンの人に分けて、

    それぞれ何をしたら良いのかを確認していきましょう。

    勉強をしていないから成果の出ていない人

    受験生で夏まで部活で・・・全然勉強ができてなかった人
    まだまだ高校2年生で部活しかやっていない人

    このような場合は、結果で一憂してもしょうがありません。

    とにかく勉強を開始しましょう。

    早慶に合格するために成果を出すための成績をあげる全科目の勉強法をこちらで紹介していますので、まずは一度ご確認ください。

    勉強をしていないけど成果が出てしまった人

    まれにこういう人いますね。勉強をほとんどしていないけど、結果が出てしまう生徒。

    このような場合で大事なのは、

    勉強時間がほとんどないにも関わらず成功している原因を考えてみましょう。

    無意識に行なっていることを意識的に行なってみることで今後さらに勉強の効果がでます。

    ですので普段自分がしていることで少し特殊な事がないかを考えてみてみましょう。

    勉強をしていて成果の出ている人

    勉強をしていて成果の出ている人でも安心できません。
    志望校でA判定、B判定がでることで安心して勉強の気を緩めて結果合格できない生徒もいます。

    古くからのことわざに『勝って兜の緒を締めよ!』ということわざがあります。

    ここで一息をついてしまえば受験は一気に負け戦となってしまいますので、
    気を緩めずに落とした問題について、なぜ落としたのかを考えてもらって、考えましょう。
    また、できた問題についてもできた理由を考えてみましょう。

    たまたまできた・・・という理由で勉強ができても仕方がありません。できたことにも必ず理由があります。自分ができたことが本当に正しいロジック、論理の道筋で回答にたどり着くことができたのかを考えてください。

    プロ野球の野村克也元監督がよく言っていた、『勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし』という言葉をここで引用します。
    結果がでたこと=完璧にできていたというわけではありません。

    勉強をしていて成果の出ていない人

    勉強をしていて、成果の出ていない人もいるでしょう。

    というか多くの人が、そのようなケースにあたるでしょう。

    ですが、その原因は単純明快です。

    勉強の内容ももちろん間違っているのですが、勉強法の段階で合格できるための考え方をもっていないからです。

    ただ闇雲に勉強をしていても合格することは難しいでしょう。

    今一度勉強法を見直す必要があります。

    失敗したことをただ失敗したということだけで終わらせないで、

    なぜ失敗したのかを一つ一つ確認してください。

    まとめ

    志望校合格に大事なことは諦めないことです。

    模試の結果が良くても悪くても最後まで何をしたら良いのかを考えて続ける事が重要です。

    考えることをやめてただ作業的に勉強をしていたとしてもいつまでたっても、

    志望校に合格することはできませんので。。

    勉強につまづいて何をしたら良いのかわからない・・という方は当塾でカウンセリングに乗っていますのでお気軽にご相談ください。

    よろしくお願いいたします。

脱作業型勉強!眺めておしまいの復習から成績の上がる復習の仕方

2019.09.22

こんにちは、HIRO ACADEMIAの小野です。 今日はこれまでインプットの仕方についてお伝えをしてきましたが、 今日は復習の仕方についてお伝えしていきます。 多くの生徒は復習の仕方というものが分かっていません。 ただ単純に見るだけ、終わったものを見るだけという形で放置してしまいがちです。 それで

  • …続きを読む
  • こんにちは、HIRO ACADEMIAの小野です。

    今日はこれまでインプットの仕方についてお伝えをしてきましたが、
    今日は復習の仕方についてお伝えしていきます。
    多くの生徒は復習の仕方というものが分かっていません。
    ただ単純に見るだけ、終わったものを見るだけという形で放置してしまいがちです。

    それでは、実力は全然つきません。

    復習をしてないと教育効果はありません

    なぜかと言いますと人は繰り返すことによってなる程度を覚えることができると、
    ですが、ただ繰り返しているだけでは、それは丸暗記になってしまいます。

    教材を丸暗記しているだけだと、結局他の問題になった時に適用できなかったりしてしまいます。

    これではですね、全く早慶の入試には対応できません。

    インプットについての記事はこちらから

    頭を使って自分の知識を使っていくという部分まで生かすためには、
    どうしたら良いのか、

    どのように復習をしたらいいのかということを今日は簡単にお伝えしていきたいと思います

    その1 答えまでの筋道の理解

    まず必要なことは意識化です。

    自分の考え方の間違っている部分を認識して、それを

    具体的にお話をしますと・・・・

    どういうことかと言いますとうちの塾では毎回宿題をやってきてある程度予習をして授業に臨んでもらっています。

    何かそれが良い問題集であったりした場合に、答えを聞いた時に答えとの自分の答えとの違いが分かると思います。

    ここで大事なのは、

    ただ答えが違うという事実だけに着目するのではなく、

    どのようにして先生が答えを出していったのかこの部分に着目する必要があるのです。

    このような論理の部分に着目して復習をしていくのが、まず第1の重要なポイントになります。

    なぜその答えになるのか、なぜ自分の答えは導くことができなかったのか、
    その違いをじっくり再度検討してみる。

    それが復習の時にすべきことです。

    ただ答えを違うあってると、検討するだけではいつまでたっても授業の内容は身につきませんし、それでは意味がありません。

    ただ、授業を受けているだけで成績が上がるほど甘くはありません、ここをまず考える必要があるでしょう。

    その2 暗記事項を覚える

    続いて2つ目

    ここでは知識的な部分を確認していきましょう。

    自分の志望校との差を見極めて、
    覚えなければいけないところを確認していく必要があるのです。

    多くの場合こちらのやり方でやってる人が多いでしょう。

    もちろんこちらの方も大事です。

    英語であれば知らない単語をまとめたり構文を確認したり、そのような知識部分の確認をしていくっていうのは重要です。

    先程の答えのプロセスまでの過程にこの知識部分で差があるようであれば即座にその知識の差を埋めていかなければなりません。

    これが、志望校との差になるんです。

    このような知識分からなかったことということは何かノートにまとめて覚えておくと良いでしょう。
    もちろんこのような知識的なことだけでなく、
    先程の一つ目のこともどういったところで自分がよく間違えるのかどういった自分の思考の癖があるのかといったところを見ていくと、まとめておくと役に立つと思います。

    定期的にそのノートを見返してできるようになるようにしておくことが成績をあげるポイントです。

    まとめ

    本ブログの内容で少しでも普段の勉強が効率化していただければ幸いです。

    早慶を目指すにあたり、勉強の仕方がわからない・・何をしたら良いのかわからないなど、ありましたら、
    お気軽にこちらからカウンセリングのご相談をお願いします。

脱作業型勉強!手を動かすよりも頭を動かす

2019.09.19

皆さんこんにちはHIRO ACADEMIAの小野です 今回は前回書いたインプット編のその2ですね。 皆が失敗しがちなインプットの部分です1つ目についてはこちらのブログに書いているので具体的にはこちらをご覧いただればと思います。 カウンセリングでよくこのような受験生がきます。 『いやー勉強しているけど

  • …続きを読む
  • 皆さんこんにちはHIRO ACADEMIAの小野です

    今回は前回書いたインプット編のその2ですね。

    皆が失敗しがちなインプットの部分です1つ目についてはこちらのブログに書いているので具体的にはこちらをご覧いただればと思います。

    カウンセリングでよくこのような受験生がきます。

    『いやー勉強しているけど成果が出ないんです、毎日10時間くらいやっています』
    と言って勉強時間ばっかり報告してくる受験生がいるのです。

    もちろん、難関大学に合格するには勉強時間は重要です。
    ですが、本気で早慶を狙っている人にとっては勉強をしていない人はいないので、

    今日はそういった受験生に、ただ作業的に勉強をするだけではなくて、

    『もう少し頭を使って勉強する必要があるよ』っと言うことをお伝えしたいと思います。

    時間をかける=勉強ではありません。

    まず、基本的に勉強時間をかければいいと思ってはいけません。

    出来うる限り少ない時間で勉強できないかということはまず考えましょう。
    特に単語ですねそういうような単純暗記のもの、この辺りのものに無駄に時間をかけていないですか?

    もちろんこういった単純暗記の上で考える力というものは成り立つのですが、
    多くの人は無駄に時間をかけてしまっています。

    単純暗記ものでないもののインプットについてはこの前のブログ記事でお伝えしていますので、そちらをご確認してください。

    今回はたとえ暗記であっても、頭を使って考えて覚えることで効率化できる時間を少し短くして覚えることができるということをお伝えしたいと思います。

    英単語古文単語、数学の公式物理の公式、無機化学、などなど色々、

    大学受験では覚えなきゃいけないこと多いですね。

    ですが、そのような単純暗記をする場合でも、

    何かしら意味合いを発見しようと心がけて見て頭を働かせてみてください。

    英単語をみて、それをすぐに覚えるようなことはできません。

    なぜなら人間は機械ではないので、

    単語をみてすぐ覚えるといったインプットはできません。

    そのため何かを長期的に覚えるためには、工夫が必要です。

    これは才能ではありません。

    たとえばどういうことかというと、

    私は英語をよく教えているので、英語の話をしますと・・・

    英単語を覚える際には、語根と接尾辞接頭辞にわけてみるというのはよくやります。

    もちろん、受験生でこのような知識をもっている人は少ないと思います。

    ですが、ここで大事な考え方は語源を使うという意味ではありません。

    そうではなく、大事なのは、

    覚えようとすることをできうる限り最終単位まで分けてみて、

    意味を考えてみるということです。

    自分に関連づけて覚える

    たとえ上記のような知識がない場合であっても、何か自分が知っていることと覚えようとしていることの共通項を見つけることはできなくないと思います。

    知っている単語との共通点や、自分が完璧に証明できる公式との比較点を見つけたりなどです。

    なぜこのようなことを言うのかと言いますと、

    考えると言う行為を皆さんよくわかってないことが多いからです。

    そもそも考えるとは

    考えると言うのは、

    そもそも既存の自分の知識とこれからインプットしようとしていることを照らし合わせて、

    自分なりの気づきを得ることだと、私は考えています。

    単純暗記のものであっても上記のように考えて勉強することで、

    少しでも覚えるのが楽になってもらえますと幸いです。

    まとめ

    まとめ
    一見単純暗記のものに見えるものでもちゃんと考えて、覚えることで効率的に覚えることができる!
    既存の知識と以下に組み合わせて覚えることができるかが重要

    早慶を目指すにあたり、よくわからないことやご相談ごとがありましたら、
    お気軽にこちらからご相談ください。

脱作業型勉強!勉強してるつもりから成績の上がる勉強をするためのポイントとは?

2019.09.17

こんにちは、HIRO ACADEMIAの小野です。 さて、今回は立つ作業だと勉強についてお伝えしていきたいといきたいと思います。 みなさん勉強というものをどのように考えていますか、 勉強しているつもりだけども、成績が上がらないという場合は、 それは勉強の仕方が間違えている可能性があります。よく皆さん

  • …続きを読む
  • こんにちは、HIRO ACADEMIAの小野です。

    さて、今回は立つ作業だと勉強についてお伝えしていきたいといきたいと思います。

    みなさん勉強というものをどのように考えていますか、

    勉強しているつもりだけども、成績が上がらないという場合は、

    それは勉強の仕方が間違えている可能性があります。よく皆さんが推しがちな作業語の勉強についてお伝えしていきます

    間違った勉強その1 ノートをまとめる

    確かに間違ったところを見直すだとか、復習をしていくっていうのは意味がありますですが、ノートをまとめるということをやっている多くの生徒が、

    ただ書き写すということに時間をかけてそれは勉強になっていません。

    どういうことかと言うと、勉強というものは自分で頭を使って考えて理解をして学んでいくものです。

    そのため、ただ書いてあることを移すという作業をしているだけではなかなか高いレベルの学力はつきません。

    もちろん初級の段階または初めて見る公式だとか手で写すというのは必ずしも間違ったものではありませんですが、
    それが毎回毎回続いてしまうと、ただ書き写しているだけの作業の勉強になってしまうのです。

    作業というのは時間ばっかりかかって勉強した気にはなるんだけども、

    全然成績には反映されてきません趣味で勉強してるのであれば、

    誰も文句は言えませんですが、

    大学受験というのは結果が求められます。

    そのためできる限り効率的に時間を使わなければいけないのです

    ここで現在まとめる勉強をしている受験生に、

    具体的にどのように改善していったらいいのかをお伝えしていきます。

    書き写すのではなく、自分で考えて頭を使ってまとめるということであれば、かなり効果はあります。

    間違ったところをどのように間違えたのか、どういう自分が癖があって間違えるのかという自分の言葉で言語化をしてまとめると効果はかなり高くなります。


    1度自分の言葉というフィルターをつけてまとめていくことで、他人事であった、勉強内容が自分のものになっていくものです、

    できればこの時に自分なりの絵などを加えて書いてみると、さらに理解度が深まるとは思います。

    POINT

    • 書き写しは効果は低い
    • 自分の言葉で抽象化してまとめる

    その2  教材をただ読んでいるだけ

    多くの学生は基本的に教材を見て、または学校のテキストを見て勉強をすると思います。

    その勉強の時にただ読んでいるだけただ見ているだけの勉強になっていませんか。

    その場合、時間をかけた割にはまったく頭に入っていないということの方が多いです。

    勉強の効率というのはかけた時間に対してどれだけ自分の言語化能力に作用するかというところに依存してきます。

    即ち勉強した時間に対して、その勉強したものを説明できる割合が増えていないと、
    それは勉強ではいないないのです。

    ただ読んでいるだけという勉強を改善するためにどうしたらいいかというと、

    まずすべきはある程度まとまった部分で、

    自分が何を勉強したのかということを常々振り返るということです。

    当塾では振り返りというものを毎日行ってチェックをしているのですが、

    このようなチェックのシステムというものを自分で持って自分の言葉で何を学んで何を学ぶ

    ことができなかったのかということ自分の言葉で説明ができるほどに学ぶことができれば、

    その知識が自分のものになったものを当然です。

    POINT

    • 漠然としたインプットを行わない
    • 自分の言葉で訳し変える

    続いて、その3最後ですね、

    その3 ただ、マークシートにマークするだけ

    時代の受験生多いのですが四択の選択肢を、

    ただ選ぶだけ、そしてその選んだ結果を見て後で、

    なんでそれ選んだのかっていうかは分からないただ呼んだ子を選ぶだけという勉強をしている人はいませんか?

    このような勉強はしていても結局何が自分が間違えて何でできなかったのか、

    その時のロジック考え方というものがわからなくなってしまっています。

    即ち間違った原因が分からなくて、それを改善することができないんですね。

    ただ選んでるだけの作業が勉強をしていても、それは成績は上がりません。

    これを改善するためには、

    マークシートで勉強する時はチェックをつけてその時になんで自分がその選択肢を選んだのか、まずは一言でいいので考えてみましょう。

    そして書いてみましょうそうすることで答えを見ても、自分がなぜそれを間違えたのかなん何が足りなくてその問題を間違えたのかというのが十分にわかってきます。

    そうすることで、ただ問題をこなすだけの作業方勉強からは改善することができます。

    当塾ではこうした行為をリーズニングとして必ずやってもらっております。

    POINT

    • マークシートはただ丸付けを付けて終わらない
    • 解く際には必ず自分の言葉で言語化をおこないましょう

    まとめ

    作業方、勉強していても勉強の成績は上がりません、今回のをチェックで自分がそれに当たるかというのは確認できましたかもしまだ自覚がないけど、成績が上がっていませんという人がいたら1度、到着までカウンセリングに来ていただければと思います。

    具体的にどのようにしていたら早慶まで広告することができるのかお伝えすることができます。 こちらからカウンセリングを行っています。

    それではまた頑張っていきましょう。

「わかる」と「できる」はちがう。勉強評論家、自称早慶から抜け出すためには

2019.09.16

こんにちは。HIRO ACADEMIA塾長の小野です。 「わかる」と「できる」の違いをわけてかんがえられていますか。 受験生からの相談でよくある相談で1,2を争う質問なのが、 「勉強しているんだけど、できないんです。」 という質問です。 勉強法を変えないといけない 特に進学校の生徒さんだと、 中学ま

  • …続きを読む
  • こんにちは。HIRO ACADEMIA塾長の小野です。

    「わかる」と「できる」の違いをわけてかんがえられていますか。

    受験生からの相談でよくある相談で1,2を争う質問なのが、

    「勉強しているんだけど、できないんです。」

    という質問です。

    勉強法を変えないといけない

    特に進学校の生徒さんだと、

    中学までは、なんとなくでもやっていればできるという方が多くなんとかなってきたが多いですね。

    そういう生徒は何が勉強で、何が勉強でないのか、

    を意識することはないでしょう。

    特に進学校に通ってる方はこれまでそのやり方で成功しているわけですから、

    その勉強の仕方で間違っていない!と考えてしまうのです。

    私もそうだったのですが、

    進学校に通うことができたから、

    その方法が正しいというわけではないんですね。

    「授業を聞いていたからたまたまできた」状態から、ちゃんとできるようになるために

    必要な第一歩目があります。

    それは、わかったという理解をしただけでほったらかしの勉強から、

    実際自分ができることへの変化をしていく必要があるということです。

    勉強ができたいなら、評論家からの卒業

    この時代、早慶への行き方を知りたくて、

    参考書、youtube、インターネットなど見れば

    多くの情報があります。

    ※もちろん当塾も多数掲載しています。

    こうした情報や参考書を見て、

    早慶への行き方がわかっただけで満足してしまっている人が多すぎます。

    残念ながら、

    わかっただけでは合格することはできません。

    できるようになる必要があるのです。

    わかるだけで、合格した気になって、勉強法や参考書の評価をするのはやめましょう。

    それではただの自称早慶の評論家です。

    できるようになるために必要なことは?

    それは単純です。

    1,ただしいインプットをおこなう

    2,ただしい復習を行う

    最初の質問に戻りますが、

    勉強の成果が出ない原因は

    上記二つのどちらかに問題があるのです。

    ちょっと勉強法を知ってる人からすると、

    そんなの当たり前じゃんと思うかもしれません。

    それは知ってる。

    早慶合格のマル秘テクを教えてくれ!

    という方も多いでしょう。

    残念ながら!

    早慶合格にマル秘テクはありません。

    早慶合格のためには、正しいインプットアウトプットをおこなっていく必要があるのです。

    正しいインプットとは?

    正しいインプットができるための

    まず一つ目は、自分のレベルにあったものを行うということです。

    高望みをしたり、

    早慶を目指すから早慶レベルをやらなきゃと言って難しい参考書や授業を受けて満足している人がいます。

    ですが、残念ながらそれでは成果は出ません。

    インプットをした後に自分が何をしていたのか?

    何を覚えたのか?を説明できないことは、勉強した!という満足感があるだけで意味がありません。

    勉強した満足感を得るために勉強をするのではなく、成果を得るための勉強をしましょう!

    難しい問題を行うのは、全く意味がないわけではないです。

    自分の現在の立ち位置の把握ができるので、そういう意味で行うのはオーケーです。

    ですが、無目的でやってはいけません。

    難しい問題を行うのは、

    運動部の部活で、練習試合を行うイメージです。

    続いて二つ目は、

    長くなりそうなので、続きは次のブログにしますね。

    今日のブログまとめ

    • わかるだけの勉強からできるようになる勉強へ!
    • 評論家にはならない!
    • 自分のレベルに合わせた勉強を!
LINE

  • 偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 早稲田校舎 : 〒162-0045
    東京都新宿区馬場下町9-7 ハイライフホーム早稲田駅前ビル4階
    TEL: 03-6884-7991
    営業時間: 月〜土 13:00-21:30 
  • 武蔵小杉校舎 : 〒211-0068
    神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2丁目67セラヴィ小杉ビル4F
    TEL:044-819-6333
    営業時間: 月〜土 13:00-21:30 
  • Facebook Twitter
    Page Top

Copyright © BETELGEUSE corporation All Rights Reserved.