現役生コース

現役生向けのコースをご覧いただきありがとうございます。

このページでは現役生がどのように当塾で指導を受けていくのかを記載していきます。

現役生が最短で早慶にいくためには?

毎年早慶の入学者は現役の割合が増えてきています。

ですが、それは問題が簡単になっているからではありません。

さまざまな理由が考えられますが、英語の早期教育が当たるでしょう。

海外赴任の方が増えていて英語に早期から増えていてできるパターン、

小さな頃からインターに行っているからできているなど、

さまざまなパターンは考えられますが、、

いずれにしても英語がの早期教育というのがキーワードになるでしょう。

早慶において英語の占める比重は非常に大きく、

文理問わず、英語ができる=合格するといっても過言ではありません。

そのため、当塾では英語に大きく力を入れて指導をしています。

また、英語だけでは合格することはできません。

昨今問われている読解力、思考力を踏まえた日本語の解釈力も重要です。

こちらも各科目を通して鍛えるようにしています。

比重をかけた各科目のマネージメント

個別指導を通して、各科目何をしたら良いのかを伝えていきます。

現役生の場合は、各科目均等に勉強するのではなく、

比重をかけて勉強をすることが必要になります。

当塾では、各学年に応じていつまでに何をするのかをお伝えして指導をしていきます。

現役生の自習の徹底と振り返り

現役生には自習をしてもらい、その際に振り返りを書くようにしてもらっています。

自分の課題点、今日一日で自分が何をしてくのか、

前日にどのようなことをしたのかの確認をしていきます。

実際に生徒が記載してくれた例を載せておきます。

振り返りの言語化の意味とは?

そもそも振り返りをするというのは、

自分を客観的に捉えることができるかどうか?ということがあります。

自分を客観的に捉えて、こうしたら良い、

これができたら良いなどを捉えて言語化する力が

強い生徒ほど学力が伸びやすいという傾向があります。

通常の学校の授業だと、

あれができない、これができない。。と

できない点を考えることはあるのですが、

どう改善したら良いということを考えない傾向があります。

当塾では、常に自身を改善していけるように毎日、記載してもらっています。

毎月の集団授業の実施

個別指導の塾でありがちなのが、

先生を味方につけて自分の好きなだけをして成績を上げることができない・・

というのはよくある話です。

また、個別だと自分の相対的な位置を掴むことができずに、

自己陶酔的な勉強をしてしまいがちです。

そのようなことが当塾では起こらないように、毎週集団授業を行います。

集団授業では、記述、論述対策を中心に学力の測定を行っていきます。

早慶でよく出る出典であるEconomist,Times,Nature,NewYorkTimesなどを出典にして

オリジナルの問題を使って、対策を積んでいきます。

早慶の問題を研究し尽くしたヒロアカならではの対策ができます。

個別(1対1)の指導

集団授業とは別で個別指導塾なので、1対1の指導があります。

そこで自分の勉強の問題点を確認していきます。

こちらの個別指導では自分のペースで効率的に勉強を進めることができて、

早稲田慶應に向けて効率的に合格を目指すことができます。

最新のaiを使ったatama+で基礎学力の定着

当塾はatama +の導入をしている塾です。

atama+を活用して基礎的な学力の確認、何が抜けているかの抜け漏れについては0から確認していくことができます。

通常授業(個別) + 集団授業 +  atama+ 

この3段階の活用で浪人生には120%の力を出してもらうようにしていきます。

atama +について詳しくは下記動画をご覧ください。

英検指導について

昨今の入試において、英語検定の必要性は非常に大きくなっています。

ですが、多くの塾では対策が追いつかないことが多く対策が進んでいません。

当塾では、塾長である小野を中心に英検1級まで指導ができる講師が在籍しています。

そのため、面接やライティング添削についても追加の費用なしで対策を実施することが可能です。

なぜ早慶レベルまで鍛えることができるのか?

当塾では、学力を上げることはもちろんそうですが、

長期的な面を考えて、受験生の思考力を鍛えることに主眼を置いています。

例えば、通常英語の授業だと、

「和訳、SVOCを言っておしまい」というケースが多いのですが、

当塾では、文章全体の構造を考えて、図解したり、要約をしてもらいます。

また、 受験生で苦手な人の多い現代文についても、

0からまずは読めることができるように指導をしています。

小論文についても同様です。

現在、慶應大学で出題される小論文は、

読解ができているかどうかがまず重要になっています。

そのため、当塾ではいきなり記述させることはせずに、

読解ができるようになることを中心にして指導をしていきます。

現役生の1年間全体のカリキュラムは?

基本は現役生と同じようにこちらの授業システムに則って、授業を行っていきます。

基本的に初歩、基礎からの指導になります。

もちろん、これだけでは合格するためには難しいです。

早稲田慶應といった大学に圧倒的な実力で合格することはできません。

早稲田慶應学部別に特化した徹底対策

早慶に合格するために学部別に対策をしていきます。

早稲田慶應大学は学部ごとに特色があり、

一般的な勉強では合格点を取ることはおろか、合格点にかすりもしません。

生徒の志望学部に合わせた対策を当塾では行っていきます。

思考力を上げるヒロアカの合宿とは?

年に3回(春、夏、冬)と合宿を行なっています。

ヒロアカのメソッドを徹底的に叩き込むための合宿となります。

コンセプトとしては、

春→勉強法、英語(文系は現代文、理系は数学)の基礎
夏→英語の受験基礎
冬→受験実践

詳しい、記事についてはこちらでご覧になれます。

入塾する上でのよくある質問

入塾時に学力テストはありますか?

もちろん、あります。

ですが、それは学力を判定するものであって、

できないからお断りをするというわけではありません。

March以下、滑り止めの対策をしてもらうことは可能ですか。

基本は個別指導ですので、

過去問対策など滑り止めの対策を全て行っていきます。

他の塾に既に通っているのですが、転塾は可能ですか

別の塾から移る場合は、割引特典があります。

転塾についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでどうぞ。

保護者との面談はありますか

当塾では保護者会、保護者面談を定期的に行っております。

早慶に合格するためには、本人の努力ももちろんありますが、、

ご家庭と塾との協力が必要不可欠です。

できる限りご家庭と密にご連絡をして当塾では指導をしていきます。

志望校を決めるにあたって指導はありますか

進路指導は全ての生徒について、行っていきます。

早慶とMarchだけ・・というような指導ではなく、

すべての生徒の学力、性格、将来的な職業をどうしたいかなどを

踏まえて指導をしていきます。

テキストはどのようなものを使用しますか

当塾では基本的にテキストは市販の教材を使用します。

それ以外は当塾でプリントしてお渡しする形になります。

模試はどうなりますか

年に3回当塾では塾内での模試を実施しています。

それ以外に月に1回のテストを実施していきます。

加えて、大手予備校の全国模試を受けてもらうことを推奨しています。

学校で模試を受けるようであればそちらで構いません。

正直他の塾と迷っているのですが、、

こちらの記事で当塾と他の塾さんとで比較をしていますのでご覧ください。

オンラインでも指導を受けることはできますか
これまでにどのような学校の生徒が来ていますか?

こちらの学校の生徒が来塾されています。

こちらからご確認ください。

本当に0からでも早慶を目指すことはできますか

もちろん、可能です。

厳しい道のりではありますが、

120%の成果がでるように0から早慶まで当塾で指導をしていきます。

早稲田慶應に合格したい方はお気軽にご相談ください!

慶應・早稲田大学への受験を控えている保護者様へ

慶應・早稲田大学の受験には学校別の対策が必須になります。慶應・早稲田合格に特化したHIRO ACADEMIAが完全サポート致します。