偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
商学部

早稲田大学商学部【国語】完全対策と勉強法|早稲田専門塾が監修

早稲田大学商学部を目指す多くの受験生にとって、国語の試験は大きな関門となっています。
商学部の国語の試験は、現代文、古文、漢文と多岐にわたる分野から出題され、幅広い国語力が求められます。

本記事では、早稲田大学商学部の国語試験の具体的な出題傾向と対策のポイントを詳しく解説します。
現代文、古文、漢文それぞれの特徴を押さえ、自分に合った学習計画を立てられる内容となっています。

早稲田大学商学部を目指す皆さんにとって、国語の壁を乗り越えるための一助となる内容となっています。

早稲田大学商学部の国語の出題傾向

試験時間は60分で、小問の総数はおよそ20問前後です。
難易度は標準的ですが、年によって基礎的な文章と難解な文章が混在することもあるため、ある程度のばらつきが見られます。
全体としては、早稲田大学の文学部など他学部に比べると、読みやすい文章が多いのが特徴です。

早稲田大学商学部の国語試験は、大問2つから構成されています。

大問1は現代文です。
現代文は主に評論文が出題されており、社会や文化などのテーマを扱った文章が多く見られます。
文章の分量はおよそ3000字から4000字程度で、最近はやや長文の傾向にあります。
現代文の設問数は10問から12問程度で、マーク式と記述式が混在しています。

大問2は古文と漢文です。
古文は主に中世から近世にかけての作品が出題されており、文章の分量は1000字から1500字程度です。
一方、漢文は100字程度の短い文章か、30字から50字程度の漢詩が出題されることが多いです。漢文の設問数は3問から4問程度と少ない傾向にあります。

基礎的な国語力が問われる傾向にあるため、文法や語彙などの知識と読解力のバランスをとることが重要視されています。受験生はこの出題傾向を把握した上で、対策を立てる必要があります。

Keio
【早慶志望】高2・1生向けおすすめ記事
  1. 【何からはじめたらいい?という人向け】
    【まず始めることをお伝えします】
  2. 早慶に合格するための戦略とは?
    1,2年生から合格するための戦略を立てるには?
  3. 【高1】早慶現役合格の勉強法を徹底解説
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介
  4. 【高2】現役で早慶GMARCHに合格
    必要な勉強法(勉強時間、参考書)を紹介
  5. 【高2】早慶絶対合格!!のためにすること
    勉強時間、スケジュール、参考書、勉強法の紹介

早稲田大学商学部の国語の特徴

早稲田大学商学部の国語の大きな特徴は、基礎的な力が問われる入試であるという点です。
現代文、古文、漢文のいずれにおいても、非常に高度な読解力よりは、文法、語彙、基本的な文章理解力が問われる傾向が強いのが特徴です。

現代文では論理的な読解力よりも、評論文の基本的な構造を理解し、筆者の主張を正しく捉える力が求められます。
古文では、文法事項や単語の意味などの知識が必要となり、読解力自体はそれほど高度ではありません。漢文も同様に、基礎的な知識が活用できるかがポイントとなっています。

また、記述式の問題はほとんど現代文でのみ出題され、古文や漢文ではほぼマーク式であるのが特徴です。
現代文の記述式も難易度は高くなく、基礎的な内容の記述が求められることが多いです。

このように、早稲田大学商学部の国語は、非常に高度な読解力や思考力は必要としません。
むしろ、国語全般における基礎学力の定着度が強く問われる入試形式といえます。知識と基礎的読解力をバランスよく身につけることが合格への近道となるでしょう。

bannaer

早稲田大学商学部【国語】への取り組み

まず初期のステップとして、国語全般の基礎学力を固めることが重要です。

現代文では、評論文の基本的な構造や論理の展開を理解できるようにするため、簡単な評論文から読み始め、徐々に長文や難解な文章へ移行していきます。
古文では、文法事項や基本的な単語を完全にマスターした後、易しい文章から読解の訓練を積み重ねていきます。和歌や古典常識も併せて学習します。漢文もまず基本的な知識を身につけ、その上で白文演習などの実践的な訓練を行います。

次のステップとして、商学部国語の過去問に早い段階から触れ、具体的な出題傾向を掴んでいきます。解法のポイントを意識しながら、時間配分も考慮した解答訓練を繰り返します。

最終ステップでは、直前期に入り、記述問題の傾向分析や得点率の高い部分の徹底強化などを行い、実戦でのパフォーマンスが最大限に発揮できるよう仕上げを行います。

このように、基礎から実戦まで段階を踏み、最終ゴールを意識した継続的な学習が必要です。早い段階からコツを掴み、対策の充実を図ることがポイントとなります。

具体的にどのように早稲田レベルの勉強をしていくのか?についてはこちらのブログ記事で詳細を説明しています。

早稲田大学商学部【国語】対策1:評論文対策

Think

  • 論の展開を把握する文章要約が有効
  • 過去問の記述問題の解答パターンを分析する

早稲田大学商学部の現代文は、評論文が出題されるのが通例です。出題される文章の分量は、およそ3000字から4000字程度で、最近はむしろ長文の傾向にあります。
特徴的な問題としては、余分な文章を探す問題、適語を抜き出す問題、空所補充問題などが挙げられます。
これらの問題では、筆者の論理の展開を正確に把握していることが重要となります。

対策として、まず文章を読了した後に要約する訓練が効果的です。
要約を作成することで、筆者の主張の流れを確実に理解できるようになります。要約は他者に添削してもらうことで、客観的な論理の展開把握力が身につきます。

問題形式ごとの対策

空所補充や適語抜き出しなど、商学部現代文の特徴的な問題形式に特化した演習も重要です。
これらの形式に反復して触れることで、解法力が身についていきます。
加えて、過去問の記述問題を分析し、解答のパターンを掴んでおくことも合格への近道です。
記述問題は解答の傾向がある程度固定化しているため、過去問を幅広く解きこなすことが大切です。

余分な文書を探す問題の対策

ronin
【早慶志望】浪人生向けおすすめ記事
  1. 早慶は浪人しても難しい!?
    根本的に変えていく必要性とその方法を伝授
  2. 【早慶浪人】伸びないのはなぜ?
    伸ばし方を説明
  3. ヒロアカの浪人生必勝必勝コース
    基礎から合格するための勉強法
  4. 【早慶浪人】年間スケジュール
    浪人生が早慶に合格するための計画の立て方とは
  5. 【早慶】女子浪人が絶対に合格には
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介

余分な文章を探す問題は、与えられた文章の流れの中で、論旨と無関係で文章の一体性を壊している一文を見つける問題です。

早稲田大学商学部の現代文の試験では、論旨の流れを理解した上で、
文脈を壊す一文を見抜く力が問われるのが「余分な文章を探す問題」の特徴です。

この問題を解くにあたって論理展開を把握できるようになっておくのは必要不可欠です。

問題を解くのは文章を読み終わってからで大丈夫ですが、読みながらちょっと変だな?と感じたら印をつけておきましょう。

空所補充問題の対策

空所補充問題で大事なのは、3つです。

  1. 解くタイミング
  2. 論理展開の把握
  3. 選択肢の言葉を文章内で置き換える

①解くタイミングはよほど現代文が得意(偏差値75以上)でない限り、文書を読み終えてから解くのを推奨します。
多くの受験生にとって文書を読んで、論理展開を把握することと問題を解くことを同じレベルで行うことはマルチタスクとなり脳みそのメモリを大きく消費します。
その結果どちらも中途半端に終ってしまう結果になります。ですから、文章を読んでから解くのを推奨しています。

②論理展開の把握は上記の余分な文書を探す問題で書いてあることと同じです。論理展開がわかる=筆者の主張+どのような論拠で主張をしているかが明確にわかることです。

③選択肢の言葉を文章内で置き換えるというのは、言葉を自分の知っている言葉で考えないということです。多くの受験生が選択肢の言葉を自分が知っている意味で考えて文章内でどのような意味で問われているのか?をわからない状態で適当にマークをして間違えてしまっています。

空欄補充問題を解くときには上記3点を気をつけましょう。

適語抜き出し問題の対策

この問題は問題文を見ていきなり探しだすのではなくて、
設問を読んでどのような言葉が欲しいのかを考えてから探し出しましょう。
そのためには文章内の内容が論理的に理解できていることが肝心です。

早稲田大学商学部【国語】対策2:古漢融合問題対策

  • 古文は基礎的な文法や古典常識が必要
  • 現代語訳や音読が読解力向上に有効
  • 漢文は基礎的知識と白文への返り点打ちが重要

早稲田大学商学部の古文は、中世から近世にかけての文章が出題されることが多く、文章量は1000字から1500字程度です。
基本的な文法事項や古典常識の知識が必要となります。

対策としては、まず品詞や活用などの文法をしっかりマスターし、古典常識も典型的なものは完全に理解しておくことが重要です。
その上で、現代語訳を参考にしながら、文章を音読する訓練を行うことで、読解力が向上します。
音読では、文脈を意識しながら、適切な抑揚をつけて読むことがポイントです。

一方、漢文は100字程度の短文が出題されることが多く、基礎的な知識が問われます。
白文への返り点打ちの対策が特に重要で、繰り返し返り点打ちの演習を行うことで実力が付きます。
また、句読点や基本的な語句も確実にマスターしておきましょう。

古文・漢文ともに、基礎知識をしっかり身に付け、それを活用できるようにすることが合格への鍵となります。
知識と読解のバランスを意識し、早い段階からの継続的な学習が必要です。

早稲田大学商学部【国語】で使える参考書

現代文の学習には、まず評論文の基本的な構造や論理の展開を理解できる入門書がおすすめです。
次に、長文の訓練には「現代文読解力の開発講座」がオススメです。論理展開を意識しながら読解する力が養えます。

その他、古文、漢文具体的な勉強法、参考書についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

早稲田大学 商学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として商学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

また、早稲田大学商学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

早稲田大学・商学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

nyujukufree

【無料プレゼント】LINE友だち追加で5大特典プレゼント

LINE公式に登録することで素敵なプレゼントをお渡しします。

Published by

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

偏差値30から早稲田慶應に合格するための日本で唯一の予備校です。 ただ覚えるだけの丸暗記では早稲田慶應に合格することはできません。 本ブログでは、当塾のメソッドでいかにして考えて早稲田慶應に合格することができるのかの一部をお伝えします。