【使い方】和文英訳教本シリーズ |圧倒的に成績を伸ばす方法

参考書の特色

対象者

英作文を書けるようになりたいと思っている方、それと同時に文法力をさらに高めたいと思っている方。

文法矯正編、公式運用編、自由英作文編の3編構成です。
単元が細かく分かれていて、図による説明も多いため読みやすく、苦手意識を持っている方でもすんなりと読めるのではないでしょうか。
特に文法矯正編ではなんとなくおぼえていた知識を実際に理解し使える知識へと向上させてくれるでしょう。

高校での文法は一通り学習した(または途中)が、ところどころ分からない部分があり、英作文を書けるか不安というような方におすすめです。

入試で英作文の問題を解くにあたって絶対に身につけておきたい知識がまとめられているので、苦手な方はもちろん、それなりにできると思っている方でも一度は読み返してみてください。

図やレイアウト等、わかりやすくまとめられているのが特徴です。
日本語訳としては同じような訳でも違いを説明したものが詳しく載っているため理解しやすくなっています。
また、基礎知識に加えてよく出る問題の解き方も載っているため、入試問題を解けるようになるためのとっかかりとしても有効な参考書です。

使い方

おすすめ使用期間

3ヶ月~半年程度

時間のある方ははじめからじっくりと、覚えることよりも理解をすることに焦点をあて取り組んでいくことをおすすめします。
それと並行して英語の長文や文法問題に取り組んだ際に、理解が深まるのと同時に知識の定着にも役立つので効率よい英語学習の素晴らしい補助教材となります。
時間のない人は文法矯正編はゆっくりと読み進める必要がありますが、公式運用編にはあまり時間をかけず流し読みで構わないとおもいます。

自由英作文編においては、自分の志望する大学で出題されるテーマの部分に焦点をあて、理解とともに実際に書く練習をして、学校や塾の先生に添削してもらうと良いでしょう。
もし分からない、初めて知った、というような部分があったらチェックをしておきましょう。
また、1周目で分からない部分があってもその部分に時間をかけすぎないようにします。
分からない部分は一度で理解しようとするよりも、何周もする上で理解する方が効率がいいです。

1ランク成績を上げるための使い方

この問題集をとき終わったら、英作文についての知識は基本的に問題ありません。
過去問を解いていきましょう。その際に習ったことをうまく使えるように注意して下さい。

この参考書によくある質問集

ここではこの参考書によく当塾に寄せられる質問をQ&A形式でお答えします。
platon1解答はプラトン先生にお答えいただきます。

質問1
文法矯正編はやらずに自由英作文編に取り組んでも大丈夫ですか?

プラトン先生
文法に自信がある人はスキップしても大丈夫だと思います。「より正確な文法で話せる&書けるようになりたい」「表現力を磨きたい」「スピーキングで使えるレベルのボキャブラリーを増やしたい」人にとっては自由英作文編を読み進めて理解していくことにより、より良い文章を書けるようになり、英作文の得点も飛躍的に上がります!
質問2
Q2書いてあることを全て覚える必要はありますか?
プラトン先生
A2この教材を全て覚えようとしたらとても労力が要ります。なので、理解に努めることに力を置き、使いながら覚えてみて下さい。その他基本的な時間については長文や単語、文法問題に取り組む際の知識の定着力を高めることに役立てましょう。

Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。

コメントを残す