偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
英語

【英語】時制とは?②(過去形,過去進行形,過去完了形,過去完了進行形,未来形,未来進行形,未来完了形,未来完了進行形)

過去形の特徴

過去の出来事=終わってしまったことを表すときに、過去形を使います。

そして、現在形と同じように4つの時制があります。

時制の名称の「現在」→「過去」に置き換えてみると、

単純過去形、過去進行形、過去完了形、過去完了進行形 の4つになります。

単純、進行形、完了形、完了進行形、それぞれの使い方や違いは、現在形(「感覚で覚えよう」)のときと同じような感覚で考えてください

 

単純過去形 = 決まっていたこと、繰り返されたこと、習慣でしていたこと

過去進行形 = 過去の一時点(yesterday, 3 hours ago, when I came backなど、過去の時を表す言葉(副詞)で通常特定されます)に行動が行われている=進行していること

過去完了形 = 過去において、それまでの時間的な継続のニュアンスが入ること

現在完了進行形 = 過去の一時点に進行していること+それまでの時間的な継続

 

ただし、単純過去形、過去完了形に関して注意があります

 

まず、単純過去形についてです。

 

「子どものころは、中国に住んでいた。」

I lived in China in my childhood.

 

「住んでいた。」というのは、「過去」において決まっていること、繰り返されること、習慣ですることなので、単純過去形です。

それに加えて、「今日は朝6時に起きた。」

I got up at 6 this morning.

「先週ディズニーランドへ行った。」

I went to Disney Land last week.

「起きた」「ディズニーランドへ行った」という過去の一時点に行った行為を表すのも単純過去形です。
過去の一時点というように例文も「今朝」「先週」とその時を表す部分(副詞)がついていますね。
(*その時点が前後の流れから明らかな場合は、特につけないこともあります)

過去に行った行為であって、その時に進行していることを表してはいません

次に、過去完了形についてです。

過去完了形はそもそも、過去よりもさらに過去のことを表したいときに使う、と覚えておいてください。

そのため、過去完了形は 大過去 と呼ばれたりもします。

    ⇒ 

「車の修理をしてから、ドライブに行った。」

After we had got the car fixed, we went for a drive.

車を修理      ⇒   ドライブに行った

過去完了形            過去

(大過去)

「ドライブに行った」というのは、既に終わった過去のことです。「車を修理した」のはそれよりも前(過去よりも前=大過去)なので過去完了形になります。

未来形も4つの時制 

同じように未来形にもある4つの時制、もうわかりますね。

単純未来形、未来進行形、未来完了形、未来完了進行形 です。

これら未来時制のそれぞれの使い方や違いも、現在形のときと同じような感覚で考えてください

 

単純未来形の表現はいろいろ

未来形は、これから起こること=未来に起こることを表現するものです。

 

単純未来形は一つの表現方法だけではありません。

未来に起こるであろう確実さや期待、即時性などによってその表現が変わってきます。

ここで、2つの違う単純未来形の表現を見てみましょう。

「明日、お医者さんに診てもらうわ。」

【心の中の声】
心の声の様子では、まだはっきりとはわかりません。

そのような場合は、

I will see my doctor tomorrow.  とwill を使います。

一方、

「明日、お医者さんに診てもらうわ。」

【心の中の声】
すでに予約を入れたのなら、必ず行くつもりです。

そのような場合は、I am going to see my doctor tomorrow. といったbe going to を使います。

その時の文章の書き手の考えによって、2つを使い分けしていきましょう。

Published by

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。