偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【英語】How long VS How much time? 時間についての疑問文をマスター

時間を尋ねる表現は混乱しやすく、多くの方が使い方を間違っています。

How long、How long time、How much time, How many time。

この4つの表現のうち、2つは間違いです。

今回は時間を尋ねる疑問視を徹底解説します。

How long VS How long time

How longとHow long timeはよく似ていますが、1つは正解で、1つは間違いです。

以下3つの例文を見てください。

1.How long time have you been married?

どのくらい長く結婚しているのですか?

2.How long have you been here?

どのくらい長くここにいるのですか?

3.How many time have you been to Tokyo?

何回東京に行ったことがありますか?

3つの例文で間違っているのは2つあります。

まずは2から見ていきましょう。

How long have you been here?

実は正解は2だけです。

How long~?は「どのくらい長く~」という意味で、時間を尋ねる表現です。

答えは1分間、1時間、1日、1年間も知れません。

How longという表現だけで、時間を尋ねています。

そしてHow longと過去完了形の相性はばっちりということも覚えておきましょう。

How long have you worked here?

どのくらいここで働いているのですか?

How long have you lived in Moscow?

どのくらいモスクワに住んでいるのですか?

もちろん、How longは現在形、過去形、未来形などの時制とも使われます。

しかし、よく使われるのはHow long have / has~?の形です。

次は1の例文を見ていきましょう。

How long time have you been married?

これは間違いの例文です。

何が間違いなのかわかりますか?

先ほどHow longという表現は時間を尋ねると紹介しました。

つまり、How longだけで時間を表現するので、Timeは不要というわけですね。

正しい形にすると、以下の通りになります。

How long have you been married?

How long time did you sleep on the train?

電車の中でどのくらい眠ったの?

これも間違いですね。

Timeは余計です。

正しくはHow long did you sleep on the train?

How long timeは一見すると、言葉の流れもよく、正しく見えますよね。

でもHow long timeは間違い。

正しくはHow longです。

3の例文も間違いです。

How many time have you been to Tokyo?

正しい形はわかりますか?

正しくはHow many timeS have you been to Tokyo?

How much time VS How many times

How longは正しくて、How long timeは間違いでしたね。

次に見ていくのはHow much timeとHow many timesです。

混乱しますよね。

「How much timeは正しいから、How long timeも正解!」

と覚えている人もいるでしょう。

でも、何度も言いますがHow long timeは間違いです。

How much timeの意味は、How longとほとんど同じです。

How much timeも時間を尋ねる表現です。

例文を見ていきましょう。

How much time have you waited?

How long have you waited?

どのくらい待っているの?

どちらも正しくて、意味は同じです。

このようにHow longとHow much timeは言い換えることができます。

How much time does it take you to get to school?

通学時間はどのくらいかかるの?

この例文をHow longを使って言い換えることはできますか?

簡単ですね。

How long does it take you to get to school?

How much timeとHow longの意味は同じですが、会話ではHow longの方が好まれます。

どちらを使おうか迷ったら、How longを使用するといいですね。

次に見ていくのはHow many timesです。

How many timesはHow much timeと全く違うものです。

How many timesは「何回」と回数を尋ねる表現

How many times did you watch the movie E.T.?

ETは何回見たことがありますか?

回数を聞いている表現ですよね。

答えは1回かもしれませんし、2,000回かもしれません。

How many times have you gone to Japan?

日本には何回行ったことがあるの?

注意点はHow many timeSとSが必ずつくことです。

How many timeではなく、How many timeSが鉄則。


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。