偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
英語

仮定法でIf I Wasじゃなくて I Wereが使われている理由

<2019年5月20日に更新しました>

学校の授業や参考書ではI was、He was、She wasと習います。

これは言うまでもなく、正しい過去形の形です。
ではI were、He were、She wereはどうでしょうか?
実はこれも文法的に正しくなるときがあります。

それは一体どういう時でしょうか。本記事で説明していきます。

If I WasじゃなくてIf I Wereになる理由

小山くん
学校で今日if I were と習ったんだけどこれって間違っていない?
山田さん
私も最初それ思った。でも実は間違っていないんだよね
小山くん
なんでだろう。
山田さん
うーんそうねえ。私も仮定法時に出てくる・・というのはわかったのだけど、それ以上はわからないわ

 

結論からいいますが、

If I wasではなく、If I wereになる理由は、それは仮定法だからです。

でもこれだと理由になりませんよね笑

まずは根本の部分ですが、仮定法の意味から考えてみましょう。

仮定法の本質的な意味とは?

仮定法を理解する上で大事なのは、

「話している人が現実とは全く逆の話であるということ」

を認識しているから使われるということです。

たとえば、If I were you という場合、私はあなたではありません。

このことは話している人は絶対にわかっていますよね。

このように仮定法は事実や現実とは違うことを話すときに使用されます。

これを通常の文法と同じように書いてしまうと、

聞いている側は仮定法だぞ!という認識をすることは難しいです。

話している本人が現実とは違うつもり・・と思っていても聞いている側に伝わらなければ、話は成立しません。

英語は非常に論理的な言語ですので、このように自分が違うと思っていることをわかりやすく表現する方法があるんです。

そのため、仮定法では、If I / He / She / It WEREという形にすることで、
聞いたり見たりした時にこれは仮定法だぞ!というのがすぐにわかるようにしています。
そのため、仮定法ではwere を利用しているのです。

仮定法の例文をみてみましょう

例文を見てみましょう。

If I were rich, I would quit the job.
もし僕がお金持ちだったら、仕事を辞めるのに。

この例文の本当の意味は、「お金持ちじゃないから、仕事を辞めることができない」。

If he were taller, he would be a model.
彼は背が高ければ、モデルになれたのに。
実際には、彼の背は低いので、モデルにはなれていません。

She would go out with him if she were nicer.
彼女がもう少しいい人だったら、彼と付き合っていたのに。
実際には、彼女は優しくないので、彼と付き合っていません。

If I wasという場合がある

実はIf I / He / She / It wasが正しくなる時もあります。
しかし、それが正しくなるのは,多くの場合仮定法ではありません。

If I / He / She / It wasが正しくなるのは、直接法の時です。

直接法と仮定法の違いは複雑ですが、簡単に言えば直接法は将来起こる可能性もあれば、起こらない可能性もあるということです。

さて例文を見ていきましょう。
1.If I was sick, she would take me to the hospital.
もし僕が病気だったら、彼女は病院に連れていくだろう。

1の例文は、直接法です。
直接法の場合、IfはWhenever「いつでも」と置き換えることができます。

2.If I were sick, I wouldn’t go to the party.
もし僕が病気なら、パーティーには行かなかっただろう。

2の例文は、仮定法です。
「僕」は病気ではありませんが、病気だった「場合」を仮定しているのです。
少々ややこしいですね。

このように仮定法と直接法を見分けるのは、多くの文章に慣れるしかありません。

仮定法でもIf I wasが正しくなるときもある

上記では、仮定法と直説法の観点からIf I wasが正しくなることを説明しましたが、実は仮定法においても正しくなる時があるのです。

ネイティブの中には、If I was、If he was、If she wasと使う方もいます。
仮定の度合いで, If I wasを利用しているとのことです。

しかし、仮定法でのWasの使用はインフォーマル(口頭でなら伝わる)です。
そのため、公式の文書や資格試験で利用するのは避けたほうがよいでしょう。

まとめ

仮定法でif I was を使う理由の理解はできましたでしょうか?
仮定法は難しいですが、理解すると表現力が広がり、またネイティブの感覚も理解できるようになります。

こちらからLINEに登録することでさらに有益な情報をGetできますよ!
LINEに登録してくれた方限定で早慶に合格するための考え方、合格するためのポイントをお伝えしていきます。

学校ではなかな教えてくれない部分でもありますので、、今回の記事で理解ができたのであれば幸いです。

また、まだまだ仮定法ができてないな・・・という受験生は、お気軽にご相談ください。
当塾では、早稲田慶應に合格するためにどのような勉強をしたら良いのか・・・

具体的なご相談を行なっております。ご相談はこちらから。

また、TOEFL,IELTS,TOEICといった資格試験の対策も行なっております。
お気軽にこちらよりご相談ください。

Published by

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。