偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

超頻出Affect VS Effect 使い分け

「AffectとEffectはどう違うの?」

AffectとEffectは一見すると同じような単語ですよね。

しかし、先頭の文字がAになるのかEになるのかで意味は大きく変わってきます。

実はAffectとEffectの違いはよく出題される超重要分野。

今回でAffectとEffcetの違いを完ぺきに理解しましょう。

AffectとEffectの意味は

まずはAffectとEffectの意味から確認していきましょう。

Affectは基本的に動詞として使われることが多いです。

動詞の中でも他動詞なので、後ろに続く目的語にある影響を及ぼすのがAffect。

 

1つ目の意味が「影響を与える」。

Kisses can affect a person’s immune system in a positive way.

キスは人間の免疫システムにいい影響を与える可能性がある。

Affectが影響を与えているのはA prson’s immune systemですよね。

 

That movie affected a lot of pople.

あの映画は多くの人々に影響を与えたよね。

映画は影響力あるメディアの1つですよね。

そんな映画が「影響を与えた」のはA lot of people。

 

Affectは名詞として使われるときがあります。

その場合の意味は「感情」。

しかし、「感情」と言っても心理学や精神学で使われることが多い感情です。

 

基本的にAffectは動詞で使われることがほとんどです。

対して、Effectは名詞で使われることが多い単語です。

名詞Effectの意味は、「結果」や「影響」。

 

This new diet will have huge effect.

この新しいダイエットは大きな影響を持つ。

名詞として使われていますよね。

動詞としての意味もありますが、ほとんどの場合で名詞として使われます。

 

The movie had a bad effect on him.

この映画は彼に悪影響を与えた。

Have a good/bad effect on~で「にいい影響・悪影響を与える」という熟語です。

よく出題されるので覚えておきましょう。

どっちの単語を使うべき?

似たような単語を使い分けるのは難しく、多くの人が混乱してしまいます。

特にAffectとEffectの使い分けは非常に難しいです。

 

1つの目安として、2つの単語の品詞に注目する手があります。

Affectは動詞で使われることがほとんどで、Effectは名詞で使われることがほとんどでしたね。

もし動作を求めるのならAffect、動作を求めないのならばEffectです。

 

もちろん、例外はいくつかあります。

しかし、80%の確率でAffectは動詞、Effectは名詞として使われます。

困った時には、品詞に注目してみるといいでしょう。

 

AffectとEffectの違いを明らかにするためには基本的な文法スキルも大切です。

 

主語+()+目的語

()内には、AffectとEffectどちらがくるかわかりますか?

正解はAffectです。

Affectは他動詞なので、後ろには目的語が必ず必要です。

一方、名詞のEffectは後ろに目的語が来る必要はありません。

まとめ

AffectとEffectの違いは大学入試、英検、TOEICなどの英語テストによく出題されます。

発音や意味なども違いますが、簡単に見分けることができる方法は品詞に注目することでしたよね。

Affectは動詞で使われることが多く、Effectは名詞で使われることが多い単語でした。

例外はありますが、とりあえずAffectは動詞、Effectは名詞と覚えておきましょう。

 


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。