偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
社会科学部

早稲田大学社会科学部 | 偏差値30から本番で圧勝するための徹底対策

2016.10.04

早稲田大学社会科学部

▶特徴

社会科学部は早稲田の本キャンパスに位置する学部で、広く社会について学ぶことができる。授業をとるときに自由度が高いため、前期、後期の授業のバランスなども自分で決定することができる。また問題が全問マークシートのため、またなんでもできるというコンセプトのためか、早稲田の中でもかなりの高倍率で入学するのが難しい学部の一つとなっている。

入試動向

 募集人数  受験者数  合格者数  倍率  合格最低点
 2017年 450 12284 906 11.8 89.52
 2016年 450 11366 1001 9.3 77.1
 2015年 450 11558 1117 8.6 85.05
 2014年 450 11961 1127 9.5 83.15
 2013年 450 12993 1070 9.8 78.52

受験科目と配点

配点は、英語50点、国語40点、地歴・公民、数学40点の計130点となっています。

社会科学部生の学生生活について

当塾の講師や学生講師、学生インタビューなどから得た貴重な大学での学生生活の情報をお伝えしていきます。

社会科学部では学科がなく、2年次でゼミとよばれるものに配属され、そこから専門的な知識を身に着けていく。また、留学制度も充実しているので在学中に留学をすることも可能。

早稲田大学社会科学部の科目別対策

早稲田大学社会科学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門指導塾として社会科学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

また、早稲田大学社会科学部に合格するためにどのように勉強をしたらよいのか指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

早稲田大学・社会科学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

早稲田大学社会科学部の教授陣

<社会科学総合分野>
大森眞紀 -労働史、社会政策
上沼正明 -応用経済学
古賀勝次郎 -社会思想史
小島宏 -人口政策論、人口移動論、家族人口学
篠田徹 -労働史、労働政治
坪郷實 -政治学
成富正信 -社会学
久塚純一 -比較福祉論、社会保障法

政治学分野
厚見恵一郎 -政治思想史
池谷知明 -政治学
稲生信男 -行政学、地方自治、公共経営
今村浩 -政治学
多賀秀敏 -国際関係論
山田満 -国際協力論

法学分野
大西泰博 -民法学、土地法学
川島いづみ -会社法、証券法
黒川哲志 -環境法
後藤光男 -行政法、憲法、人権法
清水敏 -労働法
西原博史 -憲法学
福永有夏 -国際経済法
吉田和夫 -民法

経済学分野
北村能寛 -ファイナンス
弦間正彦 -応用経済学
戸田学 -理論経済学、協力ゲーム理論
土門晃二 -産業組織論
鷲津明由 -産業連関論

商学分野
井上正 -経営学
葛山康典 -企業財務論、金融工学
トラン・ヴァン・トゥ -国際経済学、開発経済学、アジア経済
野口智雄 -マーケティング論
長谷川信次 -国際経営
土方正夫 -情報システム科学

人文科学分野
有馬哲夫-メディア研究
池田雅之-比較文学、比較文化
笠羽映子-音楽学
トーマス・J・コーガン-比較文化
小長谷英代-文化人類学・民俗学
笹原宏之-日本語学
島善髙-日本史、法制史
内藤明-日本文学
那須政玄-哲学、倫理学
畑惠子-ラテンアメリカ地域研究
花光里香-異文化コミュニケーション論、応用言語学
劉傑-近代日本政治外交史、日中関係史

自然科学分野
赤尾健一 -環境経済学
卯月盛夫 -都市デザイン
小山慶太 -科学史
佐藤洋一 -空間映像研究
早田宰 -住宅・コミュニティ開発
輪湖博 -生物物理学

Published by

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。