偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
1級2級準1級英語検定

【英検リスニング】聞き取れない原因と解決策と勉強法【メモ取り、シャドーウィング、オーバーラッピング、先読みとは?】

英検リスニングは絶対にできる!

こんにちは、
英検リスニングでつまずいていませんか?
英語を理解するのが難しいと感じたことはありませんか?

その問題、私たちは一緒に解決できます。

このブログでは、英検リスニングでよくある問題とその解決策、さらに効果的な勉強法をご紹介します。

英検リスニングの難しさは、
文法力不足、語順の理解、英語のスピードへの対応、内容の難易度、発音の理解など、
多岐にわたる要素が関与しています。

これらの課題に取り組むことで、リスニング力は確実に向上します。

結論

本ブログでは、メモ取り、シャドーウィング、オーバーラッピング、先読みという、一歩先を行く勉強法もご紹介!
これらの手法は、英語のリスニング能力を飛躍的に向上させ、英語への理解を深めることに役立ちます。

 

皆さんが英語のリスニングで直面する課題を解決し、楽しく、そして効率的に英語学習を進められるように、
このブログを活用していただければ幸いです。

一緒に、英検リスニングの壁を乗り越えましょう!

Keio
【早慶志望】高2・1生向けおすすめ記事
  1. 【何からはじめたらいい?という人向け】
    【まず始めることをお伝えします】
  2. 早慶に合格するための戦略とは?
    1,2年生から合格するための戦略を立てるには?
  3. 【高1】早慶現役合格の勉強法を徹底解説
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介
  4. 【高2】現役で早慶GMARCHに合格
    必要な勉強法(勉強時間、参考書)を紹介
  5. 【高2】早慶絶対合格!!のためにすること
    勉強時間、スケジュール、参考書、勉強法の紹介

英検リスニングが聞き取れない原因とは?

Condider idea

英検リスニングが聞き取れない原因は、
さまざまな原因が考えられますが、
ここでは下記について考えていきます。

  • 文法力不足
  • 英語を語順通りに処理できない
  • 英語のスピードについていけない
  • 細部にこだわりすぎ
  • 内容が難しすぎる
  • 発音の理解が不足
  • 疑問文に弱い

発音の理解が不足

ronin
【早慶志望】浪人生向けおすすめ記事
  1. 早慶は浪人しても難しい!?
    根本的に変えていく必要性とその方法を伝授
  2. 【早慶浪人】伸びないのはなぜ?
    伸ばし方を説明
  3. ヒロアカの浪人生必勝必勝コース
    基礎から合格するための勉強法
  4. 【早慶浪人】年間スケジュール
    浪人生が早慶に合格するための計画の立て方とは
  5. 【早慶】女子浪人が絶対に合格には
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介

英語の発音を理解できていないと、’ship’と’sheep’、’bought’と’thought’など、
似たような音を正確に聞き分けるのが難しくなります。
この問題を克服するためには、発音記号の知識の理解と発音練習が必要です。

別途記事で発音記号やリスニングにおけるルールを説明しますので、確認ください。

解決策とは

英語の発音と日本語の発音は違うので、英語の発音のルールがわかってないとたとえ音が聞こえても、何を言っているのかわからないというのがあります。英語がすごい苦手・・という場合はまずは発音のルールを理解するのが先決になってくるでしょう。

文法力不足とは

文法の知識が不足していると、

“He gave her the book.”が

“He gave the book from her.”

に聞こえてしまうこともあります。

この問題を解決するためには、基本的な文法ルールを身につけることが重要です。
教科書やウェブサイトを使って自分で勉強するか、教師やネイティブスピーカーに指導を求めることが有効です。

解決策とは

中学レベルの基本的な文法、特に文構造がわからないと英文を聞いてもただの単語の塊に聞こえるだけで理解が薄くなってしまうので、
まずは「大岩の英文法」で基本的な英文法を理解していきましょう。

疑問文に弱い

疑問文を理解できないと、’Do you like apples?’と言われても、
それが質問なのか確認なのかを理解できないことがあります。
これに対する対策は、疑問文の形式や文法を学ぶことです。

中高一貫校で英語が苦手だけど、
高校になってから急に受験勉強を始めた人は要注意
中高一貫校の英語の苦手状況をどのようにしたら良いのか?についてはこちらの記事でお伝えしています。

解決策とは

英検2級、準2級の過去問を使って、
基本的な疑問文の形式を学び、
英語の文章や会話の中でそれらの形式を見つける練習をすると良いでしょう。

英語を語順通りに処理できない

Icons8 team r enAOPw8Rs unsplash

英語の語順に慣れていないと、「I like apples」を「りんごが好きです」ではなく
「りんごは私を好き」と訳してしまうかもしれません。
→実際、単語から推測してこのレベルで間違える人はいないですが、、
単語が変われば間違える高校生はよくいるのです。


これに対する対策としては、英語の文章を多く読むことが助けになります。
特に、ネイティブスピーカーが書いた本や記事を読むと、
自然な英語の語順に触れることができます。

解決策とは

基本文法ができてないことに直結しますが、文法を理解するだけでなく耳で処理ができるようにならないといけません。
何度も耳で英語を聞く習慣をつけてください。

英語のスピードについていけない

ネイティブスピーカーの話す速さに慣れていないと、言葉が飛んでしまうことがあります。
この問題を解決するためには、リスニング教材を繰り返し聞くことが重要です。
また、音楽や映画、オンラインの英会話レッスンなどを活用し、自然なスピードの英語に耳を慣らすことも有効です。

解決策とは

一番は自分のレベルに合った教材で、シャドーウィングかオーバーラッピングをするのが良いでしょう。

レベルに合った聴解練習:理解可能な英語音声を探して聴きましょう。
それはオーディオブック、ポッドキャスト、または動画教材などであれ、あなたが理解しやすいものから始めましょう。
反復練習:聞き取れなかった部分は何度も繰り返し聞きましょう。
それぞれの単語やフレーズが何を意味するのか理解することで、リスニング能力を向上させることができます。

細部にこだわりすぎ

Angerdog

リスニングで一番難しい分野になります。
リスニングでは、全体の意味を捉えることが重要で、
1つの単語につまづいてしまうと全体の流れを失ってしまうことがあります。

例えば、「彼が明日パーティーに行く」という内容を聞き取る際、未知の単語に引っかかりすぎてしまうと、
「彼が何かに行く」まで理解するのが難しくなります。

こういった問題に対しては、全体の意味を捉えることに焦点を当て、
理解できない単語があっても大まかな内容を理解するように努めることが大切です。

解決策とは

聞きながら、整理をするのが重要になります。ディスコースマーカーを使って全体像を理解することを努めていきましょう。

内容が難しすぎる

難易度の高いトピックは、それだけで聞き取りを難しくします。例えば、「量子物理学についてのディスカッション」は物理学に詳しくない人にとっては難しいかもしれません。

この問題に対する対策として、自分の理解レベルに合った内容の英語を聞くことが重要です。興味があるトピックから始めると、学習のモチベーションも保ちやすいでしょう。

解決策とは

英検のリスニングはいきなり聞いてもよくわからない文章が結構多いので、
いかにして英語を聴く前に情報を手に入れるかが重要になります。
そのため、先読みができるかどうかが鍵を握っています。

bannaer

英検リスニングができるようになるための勉強法とは?

Jonathan borba lrQPTQs7nQQ unsplash

ここまでの話をまとめると、英検のリスニングができるようになるためには、
発音、英文法の基礎を学んだ上で、
シャドーウィング、オーバーラッピングといった勉強法、
メモ取り、先読みといったテクニックを使って勉強を使う必要があるでしょう。

Check

メモ取り、シャドーウィング、オーバーラッピング、先読みの仕方を理解する必要がある!

シャドーイングとは?

Emmanuel ikwuegbu Gy G8PMkPSc unsplash

シャドーウィングとは、
母国語ではない言語の音声やビデオを聞きながら、同時にその発音や言葉を真似ることを指します。
このテクニックは、聴解力と話す能力、さらには発音スキルを向上させるのに大変役立ちます。

シャドーウィングのテクニックを効果的に使用するための具体的なステップ、その使用例、
そしてどのようにしてそれがあなたの語学習得を加速させるのかについて詳しく説明していきます。
初心者から上級者まで、どんなレベルの学習者でもシャドーウィングは有用で、このテクニックを使うことであなたの語学能力が飛躍的に上がることを約束します。

シャドーウィングの方法

それでは、ここからシャドーウィングの具体的な方法をお伝えしていきます。

音声だけを聴く

Alireza attari SBIak0pKUIE unsplash

教材として「The cat sat on the mat」という短いフレーズを使用します。

まず、その音声を聴いてみましょう。

このステップでは、発音の仕方やイントネーション、つまり音の上下やリズムに注意を払います。聞いていると、「cat」や「mat」がカットのような硬いt音で終わることや、「sat on the」の部分が速く連続して発音されていることに気づくかもしれません。

英文を確認しながらリスニング

このステップでは、音声を再生しながら同時に文章を眼で追います。これにより、聞こえてきた音と実際の文字が一致するかを確認できます。

一文ずつ区切ってリピート

「sat on the」の部分が早くて難しいと感じたら、その部分だけを何度もリピートします。音声を一時停止して、「sat on the」を繰り返し発音し、それが自然に聞こえるまで練習します。

音声を聴きながら一緒に読む

一度全体のフレーズに戻り、「The cat sat on the mat」というフレーズ全体を音声と一緒に声に出して読みます。
まるで音声をカラオケで歌うように、同じタイミングで同じフレーズを発音しましょう。

声出し

Soundtrap UKyJ3rWHNt8 unsplash

次に、聞こえてくる英語を少し遅れて(約0.5秒後)声に出します。
「The cat sat on the mat」のフレーズが始まってから、自分も同じ文を発音しますが、

教材の音声が出てから0.5秒遅れて発音することを心がけます。

これらのステップを何度も繰り返すことで、耳が英語の音に慣れ、
自然な英語のリズムやイントネーションを身につけることができます。
毎日コンスタントに練習することで、リスニング力と発音力が向上し、自然と英語を理解し発音する「英語の脳」を育てることができます。

シャドウィングの注意点

シャドウィングはやり方を間違えると効果は半減してしまいます。
ここでは、適切なやり方をお伝えしていきます。

適切な教材を選ぶ

シャドウィングに適した教材選びは重要です。自分のレベルに合わせた教材を選びましょう。

例えば、初級レベルならば、基本的な英会話のフレーズを使ったオーディオブックや子供向けの英語アニメが良い選択です。

速すぎるスピーチや難解な内容の教材は避けましょう。

声をしっかり出す

シャドウィングでは、ただ音声を真似るだけではなく、しっかりと声を出して練習することが大切です。

例えば、リスニング教材の一節を聞き、それを可能な限り大きな声でリピートしてみましょう。

これは、発音力や音のリズムを掴むのに役立ちます。

ステップを踏む

シャドウィングに取り組む前に、準備段階を経てから始めることが推奨されます。

まず、リスニング教材をゆっくりと何回か聞いて内容を理解し、次に音声の速度やリズムに慣れ、

最後に声に出してシャドウイングする、といったステップを踏むことで、より効果的にシャドウィングを行うことができます。

無理のないペースで続ける

シャドウィングは、毎日少しずつでも続けることが大切です。

初めての人は5分から始めて、徐々に時間を延ばしていくのがおすすめです。

自分自身を追い詰めすぎず、無理なく続けられるペースで学習することが重要です。

例えば、毎朝シャドウィングの時間を設けたり、通勤中にスマートフォンで教材を聞きながら練習するなど、日常生活に組み込んでみてください。

オーバーラッピングのやり方

Andrea merovich 1MwB2BXuUMI unsplash

シャドウィングと同様にリスニングができるようになるためには、
非常に効果の高いオーバーラッピングのやり方についてお伝えしていきます。

目読で知らない言葉を特定する

まず、音声を聞く前に教材のスクリプトを読み、知らない言葉があればその意味を調べておきます。例えば、教材が「The quick brown fox jumps over the lazy dog」という文章だとします。ここで「fox」や「jumps」の意味がわからなければ、それぞれ「キツネ」、「飛び越える」という意味であることを調べておきます。

聞き取れない箇所を特定する

次に、実際のリスニングで聞き取れない部分がないか確認します。例えば、「jumps」の部分が速すぎて聞き取れない場合、それを特定しておきます。

オーバーラッピングを行う

音声と同時にスクリプトを見ながら、正確に発音します。ここでは、「The quick brown fox jumps over the lazy dog」という音声と同時に、スクリプトを見ながら同じフレーズを発音します。この際、音声と自分の声がぴったり重なるように意識しましょう。

繰り返し練習

同じ文章を何度も繰り返すことで、耳が音に慣れ、正確な発音ができるようになります。「The quick brown fox jumps over the lazy dog」を何度もリピートし、自分の声が音声と自然に重なるように練習します。

効果を確認する

続けて練習することで、リスニング力や発音力の向上を確認しましょう。例えば、最初に聞き取れなかった「jumps」がクリアに聞き取れるようになったり、自分の発音が音声と同じようになってきたら、効果を実感できるでしょう。

シャドウィングとオーバーラッピングは、それぞれ異なる効果がありますが、どちらも英語のリスニング力や発音力を向上させるために有効な学習法です。目的や学習スタイルに合わせて選ぶことで、英語力を総合的に向上させることができます。適切な方法を選んで継続的に取り組みましょう。

英語のイントネーションについて

文章を発音する際の声の上下の変動を指します。
文章のタイプによって、イントネーションは異なる形をとります。
これを具体的な例を用いて説明します。

下がり型(下降型):平叙文、感嘆文、命令文、5W1Hで始まる疑問文では、文末を下げて発音します。例えば、「She is running.(彼女は走っています。)」や、「What a beautiful day!(なんて美しい日だ!)」、「Sit down.(座って。)」、「What is your name?(あなたの名前は何ですか?)」などがこれに該当します。

上がり型(上昇型):一般疑問文では、文末を上げて発音します。例えば、「Are you okay?(大丈夫ですか?)」のような文は、最後の「okay?」の部分を高く発音します。

英検級ごとに対してのメモ取りへの取り組み方

Adolfo felix Yi9 QIObQ1o unsplash

英検の試験を受ける際、リスニング部分においてはメモ取りが重要な役割を果たします。

しかし、その級によって効果的なメモ取りの方法は変わるでしょう。
1級から準2級までの各級における、メモ取りへのアプローチを学びましょう。

メモ取りの仕方は?

英検のリスニングに挑む時、先読みと簡潔なメモはあなたの強力な味方となります。

効果的にリスニングするためには、事前に関連するキーワード(「旅行」「計画」「ジョン」「サラ」など)に注意を向けることが重要です。

これにより、詳細を逃してしまっても、会話をスムーズに追うことができます。

Check

先読みとメモ取りは最強テクニックなので、使ってない=理解できないことになります。

続いて、ここからメモ取りの仕方を具体的に見ていきましょう。

リスニング中には、ジョンやサラが何を言ったか、彼らの主要な情報や意見をほんの数語でメモします。

例えば、サラが「私たちは7月にフランスに行く」と言ったら、「7月-フランス」などと記録してください。

ただし、細かすぎるメモを取りすぎると、会話そのものに耳を傾けることが難しくなる可能性があるため、注意が必要です。

問題が進行する中で、このようにメモを取り続けることで、全体的な理解が深まります。

また、メモを取ることがリスニングの目的ではなく、
情報を整理し記憶するための手段であることを忘れないようにしましょう。

実際、ある調査によると、過剰なメモを取ることは、
英検などのリスニング試験での成績に悪影響を与えることがあるとのことです。

少ないメモを取った受験者の方が、多くメモを取った受験者よりもリスニング理解のスコアが高かったという結果が出ています。

解決策とは

したがって、メモを取ることは試験中に集中し整理するための手段ではありますが、
主な目標である会話の理解と問題に答えることを妨げないようにバランスを保つことが重要です。

英検1級

英検1級のリスニング試験での成功には、効果的なメモ取りが欠かせません。

英検1級のリスニング試験には、会話の内容一致選択、文の内容一致選択、Real-Life形式の内容一致選択、インタビューの内容一致選択の4つの形式があります。
それぞれの形式に対応するために、メモ取りの技術を磨くことが重要です。
キーワードや重要な情報を短く記録し、
後で問題に答える際に参照できるようにするように取ることが重要です、

英検準1級

準1級では、特にPart 2が難易度が高いとされています。
このパートでは、会話の流れやキーポイントをシンプルな記号や単語でメモに残すと、後で内容を整理しやすくなります。
例えば、スピーカーが提案をした場合、「提案 – 新製品開発」などとメモに残せば、後で問題を解く際に役立ちます。

英検2級

2級では、一般的にはメモを取ることは推奨されていません。
なぜなら、会話内容が短く、全体の内容を把握するためには、会話に集中することが最も効果的だからです。
ただし、もし何か重要なポイントや難しい単語が出てきた場合は、その部分だけメモしても構いません。たとえば、「彼女は明日のパーティーに行く」という情報が出てきたら、「彼女→パーティー→明日」とメモします。

英検準2級

準2級のリスニングでは、全体的な会話の流れをつかむことが重要です。メモを取らなくても大丈夫です。

英検での先読みの方法

先読みの方法とは、リスニングテストを解く際に特定のポイントに集中できること、
単語を聞き取る力が向上し、結果として回答速度も速くなることです。

これを具体化すると、
例えばテストが始まる前に問題を一通り見て、「この部分では場所について聞かれるんだ」とか「ここでは人物の意見が問われるんだ」などといった具体的なポイントを把握しておくことができます。
これにより、実際のリスニング時には、そのポイントに注目してリスニングを進めることが可能になります。

英検リスニングにおいて、先読みは許されており、問題用紙にメモを取ることさえ推奨されています。
これを例にすると、リスニングが始まる前に問題を見て、「あ、この問題は明日の天気についてだから、天気に関連する単語に注意しなければ」と先に考えておくことができます。

過去問演習でも先読みの練習を!

過去の問題を使って先読みの練習をすると、より効果的です。
たとえば、過去の問題を何度も解いていると、「あ、この問題は会話の中での意見の違いを問うものだから、誰が何を言ったのかに注目する必要がある」といった風に問題のパターンを掴むことができるようになります。

各パート毎に、先読みすべきポイントがあります。
例えば、Part2の長い文章や、準一級以上ではPart3の選択肢を先読みすると効果的です。
これを具体的に説明すると、Part2では長い文章が読まれるので、
あらかじめ大まかな内容を把握しておくことで、話が進むにつれて理解が深まるでしょう。
また、Part3では選択肢が複数ありますので、それぞれの選択肢について先に読んでおくことで、どの選択肢が話の中で触れられたかを把握するのが容易になります。

問題のトピックを理解するために?

キーワードに下線を引くなどの方法も効果的です。

例えば、話が「夏休みの計画」についてだとしたら、「旅行」、「海」、「キャンプ」などの関連する単語に線を引くことで、そのキーワードが聞こえたときにすぐに対応できます。

ただし、先読みが自分に合っているかどうかは個々によります。
そのため、過去問を用いて練習をし、自分に最適な方法を見つけることが重要です。

また、先読みしないで情報を事前にインプットする方が解きやすいと感じる人もいますが、一般的には、練習を重ねることで先読みは有効な技術となります。

一部の人にとっては、先読みをせずに集中してリスニングを行う方が、
正答率が上がることもあります。
そのような場合でも、問題の後半部分を先読みするという方法を試すことも一つの手段です。

英検リスニングの対策には、
過去問や参考書を活用することがおすすめです。
過去問を解くことで「リサイクル問題」を見つけ出す確率が上がり、それが有利に働きます。
また、語彙力を強化するためには、
究極の英単語Vol.3,4などの参考書を使って単語学習に励むことが良いでしょう。

総じて、英検リスニングにおける先読みは効果的な対策の一つですが、個々による差異があるため、過去問を使って練習し、自分に最適な方法を見つけることが重要です。

英検リスニングの先読みを行う際に注意すべきキーワードは以下の通りです。

Check

選択肢の中で混同しやすい単語やフレーズ
質問の主語(特に2人以上の会話がある場合)
明確な情報としての日付や数字
スピーカーが話す可能性が高いキーワード

先読みの際には、これらのキーワードに下線を引くなどして目立たせておくと、
それを見逃す可能性を低減できます。

ただし、先読みの効果は個人差があるので、
過去問を用いて練習を行い、自分に適した方法を見つけることが重要です。

英検リスニングの勉強法に関するまとめ

これらの注意点を心に留めながら、
効果的な勉強法を組み合わせて練習することで、
英検リスニング力を向上させることができます。毎日の継続的な学習が大切です。

英語でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

英検専門の対策はもちろんのこと、大学受験に向けた英語の指導にも対応しています。お気軽にご相談ください。

nyujukufree

【無料プレゼント】LINE友だち追加で5大特典プレゼント

LINE公式に登録することで素敵なプレゼントをお渡しします。

Published by

小野 和久

高校時代の成績は、偏差値30いかない程度。その状態から、皆に合わせて予備校に行くもうまくいかず、浪人。浪人生活の中で独学で勉強法を編み出して早慶ダブル合格を果たし、慶應義塾大学経済学部に進学。その後、留学せずに英検1級、TOEIC990点、国連英検特A級を習得。 また、在学中に慶應早稲田専門の本塾を起業し、数々の偏差値30からの生徒を合格に導きました。当塾での合格の秘訣は、「考えて勉強をすること」です。 このような自身の経験から考えて勉強することの重要性を認識し、考えて勉強することで勉強を効率化してどんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。