偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
準1級

【英検準1級】爆速でスピーキング対策|英検オタクが監修

英検スピーキング準1級完全対策

英検準1級のスピーキング試験に挑戦しようとしているあなたへ、このブログはまさに必読です。
英検準1級のスピーキング試験は、英語のコミュニケーション能力を試す重要な試験ですが、適切な対策をすれば、合格への道は開けます。
このブログでは、実践的なスピーキング対策や効果的な練習方法を紹介し、あなたの英検準1級合格への道をサポートします。

Keio
【早慶志望】高2・1生向けおすすめ記事
  1. 【何からはじめたらいい?という人向け】
    【まず始めることをお伝えします】
  2. 早慶に合格するための戦略とは?
    1,2年生から合格するための戦略を立てるには?
  3. 【高1】早慶現役合格の勉強法を徹底解説
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介
  4. 【高2】現役で早慶GMARCHに合格
    必要な勉強法(勉強時間、参考書)を紹介
  5. 【高2】早慶絶対合格!!のためにすること
    勉強時間、スケジュール、参考書、勉強法の紹介

英検準1級スピーキングの特徴

Megaphone 1480342 1280

英検準1級の二次試験(面接)は、

受験者のスピーキング能力を評価するためのテストです。

合格点は約68%と言われており、

一見すると簡単に合格できそうですが、、

実際は対策をしないと多くの日本人にとってはかなり難しいです。

英検準1級自体の対策はこちらからどうぞ

bannaer

英検準1級スピーキング対策の重要性とは?


英検準1級のスピーキングテストは、英語で自分の考えや意見を述べることができるかを測定する試験です。

日本の英語教育は、リーディングやリスニングなどのインプット学習が中心であり、
スピーキングやライティングなどのアウトプット学習の機会が少ないため、日本人は英語を自ら発信することに苦手意識を持つことが多いです。

スピーキング対策を行うことで、英語でイラストの状況を説明できる力や、英語で自分の意見を述べることができる力を向上させることができます。これらのスキルは、英検準1級のスピーキングテストで求められる能力です。

スピーキング対策の具体的な方法としては、過去問や予想問題集をこなし、出題パターンに慣れることが重要です。

英検準1級スピーキング対策を行うことで、自分の英語力への自信がつくだけでなく、
英語を使ったコミュニケーション能力も向上します。積極的な気持ちでチャレンジし、合格を目指しましょう。

英検準1級スピーキングの3つのセクション

英検準1級を攻略する上で重要な3つのセクションについてみていきましょう。

面接はまず、面接官に自分の名前と級を確認されるところから始まります。
その後、4コマ漫画の描写を行います。
その後に4コマに対しての質問が1つと関連する質問が3つ出題されます。

項目 配点
4コマ 15点
Q & A 1~4 各5点
態度点 3点
合計 38点

合格ラインはおおよそ全体の68%、
つまり26点とされています。
評価は、ナレーションと質疑応答の内容、語彙と文法の使用、そして発音に基づいて行われます。

英検準1級の二次試験の合格率は人数の87.3%で、必要なスコアは750点満点中512点です。
試験に合格するためには十分な準備と対策が必要となりますので、しっかりと練習を積んで試験に挑んでください。

4コマのナレーションでは、試験官が提示する画像や指示に基づいて、
1分間の準備時間を経て、2分間のストーリーを話します。

質問1〜4では、試験官からの質問に答えます。
質問は、ナレーションに関連するものや社会的な問題などが含まれます。

自己紹介セクションとは?

Red carpet 3200393 1280

英検準1級のスピーキング試験では最初に自己紹介を求められます。

ここでは、行う際のポイントをいくつかご紹介します。

自己紹介は約30秒程度で行い、簡潔かつ明確に自分の基本情報を伝えましょう。
「I’m a high school student.」のような短い答えを用意しておくと良いでしょう。

対面で行う時は・・・
自己紹介部分は相手からのツッコミがあるケースがあるので、
面接官が興味を持ちやすいエピソードや趣味などを自己紹介に盛り込むことで、
自分のペースで話を進めやすくなるでしょう。

先ほどもお伝えしたように、ここは採点ポイントがないように見えますが、
アティチュードに影響しています。
特に従来型の対面で行う際には重要です。
スピーキング試験では、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が重要です。
愛想よく元気に話し、相手との会話を楽しむように心掛けましょう。

自己紹介ではどのようなことが聞かれるのか?

自己紹介でよく聞かれる質問は主に3つあります。

よく聞かれる質問3つ

ronin
【早慶志望】浪人生向けおすすめ記事
  1. 早慶は浪人しても難しい!?
    根本的に変えていく必要性とその方法を伝授
  2. 【早慶浪人】伸びないのはなぜ?
    伸ばし方を説明
  3. ヒロアカの浪人生必勝必勝コース
    基礎から合格するための勉強法
  4. 【早慶浪人】年間スケジュール
    浪人生が早慶に合格するための計画の立て方とは
  5. 【早慶】女子浪人が絶対に合格には
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介
休みの日は何をして過ごしますか?
どんな仕事をしていますか?
ここまでどうやって来ましたか?

休みの日は何をして過ごしますか?の答え方
この質問に対しては、自分の趣味を簡単に述べるのが一番です。
例えば、「I typically spend my leisure time reading books. I’m particularly fond of immersing myself in novels.」などと答えることができます。

どんな仕事をしていますか?の答え方
この質問に対しては、自分の職種を説明するのが一番です。

例えば、「I’m a high school student」や「I’m employed in the Research and Development sector of my company.」などと答えることができます。

ここまでどうやって来ましたか?の答え方
この質問に対しては、「I utilized public transportation, specifically the subway and bus.」や「I arrived here on foot.」などと答えることができます。

4コマナレーションの対策

Publicdomainq 0052544roh

4コマナレーションとは、上記のようなイラストを見てそれぞれの場面においてポイントを2つか3つ挙げ、それらがどのように繋がるのか、ストーリーの理論性を詳細に説明をしていきます。

評価項目 点数 項目の細分化
内容 5点 論理性、適切に述べているか、場面転換
発音 5点 単語ごとの発音、流暢さ、イントネーション
語彙、文法 5点 語彙の適切さ、難度の高さ、文章の複雑さ、文法の正確度合い

4コマナレーションのはじめには、
まずは各場面の説明を読むことが大切です。

焦ってしまって意外と忘れてしまっている人が多いので、
必ず最初に読むようにしてください。
これは、全体のストーリーの流れを把握するための一歩となります。

各場面については、可能な限り多くの情報を提供することが望まれ、
各場面に対して2つか3つのポイントを述べることが推奨されています。

ストーリーの論理性は、
各場面がどのようにつながっているかを考えることが重要となります。

よく出る展開を考えるのが重要

Woman 7998293 1280
4コマ漫画の描写におけるストーリーの理論性について触れています。
具体的には、各場面がどのようにつながっているかを考え、それを明確に説明することが重要とされています。

例えば、問題と解決策、その結果が描かれることが多いと説明されています。
これは一般的なストーリーテリングの原則、
「問題 – 解決策 – 結果」のフレームワークに基づいています。

このフレームワークを使用することで、
以下のように描写を行うことが可能です。

問題: 最初の場面では、キャラクターが何らかの問題に直面していることを描写します。
解決策: 次の場面では、キャラクターが問題解決のための行動を描写します。
結果: 最後の場面では、その行動がどのような結果をもたらしたかを描写します。

場面を移る際には、左上に記載されている時間表現を用いることが推奨されています。これにより、聞き手に対して明示的に次の場面に進むことを示すことが可能となります。

発音と文法については、描写する際に発音やイントネーション、語彙、文法なども評価の観点となります。
特に、過去形や過去進行形を適切に使うことが求められます。

英検準1級Q &A セクションの対策

4コマ漫画の描写の後には、質疑応答のセッションがあります。
最初の質問は通常、4つ目のコマに関連するもので、

「もしあなたが、4コマ目の人だったら・・・」という質問になります。

多くの場合は、4コマ目で困っている人がいて、

その困っている人の立場だったらあなたはどのように考えますか?という質問になります。

この質問でのポイントは2点あります。

仮定法を利用すること、
解答を3文で言えるようにすることです。

仮定法を利用することについては、必ず下記のような表現を使ってください。

“I’d be thinking, ~”(もし私がその人なら、~と思います。)

その後に4コマ目の状況を想定して考えてみましょう。

Q2~4はどう対策したら良いでしょうか?

Q2〜Q4の質問には、社会的な問題が出題され、
それに対して3文で自分の意見を述べて具体的な理由や例を提供することが重要です。

自身の経験や好みを述べるのではなく、一般的な観点から答えることが必要です。

注意点

質問を一度だけ聞き直すことは許されますが、できるだけ避けるべきです。もし質問の理解に不十分な点がある場合は、一度だけ聞き直すことが許されますが、それ以上の回数で聞き直すと評価が下がる可能性があります。
なぜなら、英検では英語のリスニング能力も評価の一部とされているからです。
したがって、質問を正確に理解することが重要とされています。
質問を何度も聞き直すと、リスニング能力が不十分であると評価されるかもしれません。

賛成の意見: “I agree with the idea that ~ because ~.”
反対の意見: “I disagree with the idea that ~ because ~.”
原因と結果: “One reason for ~ is that ~, which leads to ~.”
比較: “Compared to ~, I think that ~ is more ~ because ~.”

この表現を文章を使うとこんな感じです。

賛成の意見: “I agree with the idea that students should wear uniforms because it promotes a sense of unity and equality among them.”
反対の意見: “I disagree with the idea that students should wear uniforms because it restricts their freedom of expression and individuality.”
原因と結果: “One reason for the increase in obesity is that people are consuming more processed foods, which leads to weight gain and health problems.”
比較: “Compared to living in the city, I think that living in the countryside is more peaceful because there is less noise and pollution.”

因果関係を表す表現

Woman 1253505 1280

何か出来事が起こって、その後に何かが起こるという因果関係を使った表現は、
英検準一級のスピーチでは重要です。

因果関係テンプレート

One reason for ~ is that ~, which leads to ~.
A causes B because ~.
As a result of ~, ~ occurs.
Due to ~, ~ happens.
The main cause of ~ is ~, resulting in ~.

以下は、これらのテンプレートを使った例文です。
One reason for the increase in obesity is that people are consuming more processed foods, which leads to weight gain and health problems.
Air pollution causes respiratory problems because it contains harmful particles that can damage the lungs.
As a result of the growing popularity of online shopping, many brick-and-mortar stores are closing down.
Due to the advancement of technology, many jobs are being replaced by automation.
The main cause of climate change is the emission of greenhouse gases, resulting in global warming and extreme weather events.

英検準1級でQ &Aで使える表現

Q &Aは、ディスコースマーカーをうまく使うことでつながりが明確になり、

得点が高くなりやすいので、ここでいくつか状況別に使える表現をお伝えしていきます。

1. 個人的な意見や信念を表現する

“In my opinion, ~.”
“I believe that ~.”
“From my perspective, ~.”
“As far as I’m concerned, ~.”

2. 強調や指摘をする

“I’d like to point out that ~.”
“It’s worth mentioning that ~.”
“I’d like to emphasize that ~.”

3. 対比や比較を示す

“On the one hand, ~. On the other hand, ~.”
“However, ~.”
“Nevertheless, ~.”
“On the contrary, ~.”
“In contrast, ~.”

4. 理由や順序を提示する

“There are several reasons for ~.”
“Firstly, ~. Secondly, ~. Lastly, ~.”

5. 追加情報を提供する

“In addition to ~, there is also ~.”
“Not only ~, but also ~.”

6. 例示をする

“For instance, ~.”
“For example, ~.”
“Such as ~.”
“In particular, ~.”

7. 結果や結論を示す

“Although ~, ~.”
“Despite ~, ~.”
“As a result, ~.”
“Therefore, ~.”
“Consequently, ~.”
“Thus, ~.”
“In conclusion, ~.”
“To sum up, ~.”
“All in all, ~.”

英検準1級のアティテュードとは?

英語のスキルはもちろん重要ですが、成功する英検のスピーキング試験はそれだけではありません。
試験官が評価するアティテュード、つまり態度や姿勢も大切な要素です。

アティテュードは英検2〜3級・準1級共に3点満点で評価され、その評価項目については以下の通りです。

Check

積極性
明瞭な音声
自然な反応
異文化コミュニケーション

積極性

学生が自分から意見を述べ、ディスカッションを進める姿勢を示すことが求められます。
これは受動的な学習者ではなく、アクティブな参加者として振る舞うことの証明です。

明瞭な音声

発音や口語表現が正確で、理解しやすいことが重要です。
明確で簡潔な表現は、相手に自分の意見を正確に伝えるための鍵となります。

自然な反応

学生が質問に対して適切な反応を示すことが求められます。
これは、相手の意見を理解し、それに対する自分の意見を形成し、それを伝える能力を表しています。

異文化コミュニケーション力(目線、表情、姿勢)

Communication 1991849 1280

言葉、声、目に見えるもの(態度、表情)から、「コミュニケーションを取ろうとする姿勢」が相手に伝わることが大切です。
これは、多様な文化背景を持つ人々と共に学ぶ現代社会で、極めて重要なスキルです。

英語のスキルを評価する一方で、英検スピーキング試験では異文化コミュニケーション能力も重視されます。
これは現代社会で異なる文化背景を持つ人々との相互理解や円滑なコミュニケーションが必須となるためです。
そして、異文化コミュニケーション能力は、「態度(Attitudes)」、「知識(knowledge)」、「技能(skills)」の3つの要素から構成されています。

特に「態度」は重要な要素であり、相手の文化や価値観を尊重し、異なる意見や考え方に対して理解を示す姿勢が求められます。この態度は言語的スキルを超え、異文化間での誤解や摩擦を解決する上で欠かせない要素となります。

さらに注目すべきなのは、異文化コミュニケーション能力は、外国人とのコミュニケーションだけでなく、同一文化圏内、例えば日本人同士のコミュニケーションや関係構築にも重要だという事実です。異文化コミュニケーション能力を身につけることで、異なる価値観や背景を持つ人々とのコミュニケーションが円滑になり、より良い人間関係を築くことが可能になります。

英検準1級のスピーキング試験では、異文化コミュニケーション能力を評価することで、試験受験者が異なる文化背景を持つ人々とのコミュニケーションに適応できるかどうかを判断します。そのため、試験におけるアティテュードの評価において、異文化コミュニケーションは重要な要素となっています。

試験の成功は、言語スキルと同じくらい、このような異文化間でのコミュニケーション能力の理解と展示に依存すると言えるでしょう。試験前に、自分がどのように相手の文化と価値観を尊重し、理解し、対応するかを考えてみると良いでしょう。
このプロセスを通じて、あなたの視野は広がり、試験だけでなく日常生活においてもより有意義な人間関係を築く手助けとなるはずです。

S-CBT受験者向け

S-CBT受験者は無音の期間が発生しやすく、余計な表現も入ってしまいがちなので、
アティテュードの評価が低く出る人が人によってはいますので要注意してください。

英検準1級スピーキングテストでよく出るテーマ

英検準1級スピーキングでよく出るテーマ6個について、それぞれ10個用意しました。

Education

“Do you believe that traditional education systems are becoming obsolete in the era of technology and online learning?”
“Is the ‘one-size-fits-all’ approach to education still relevant in our diverse and evolving society?”
“Can countries with limited resources successfully implement a high-quality digital education system?”
“Does the current education system adequately prepare students for the future job market?”
“Are standardized tests an accurate measure of a student’s ability and potential?”
“Do you think that vocational and technical education is underemphasized in our current education system?”
“Should we place more emphasis on teaching soft skills, such as communication and problem-solving, in schools?”
“Do you believe that a liberal arts education is still valuable in today’s technology-driven world?”
“How can developed countries help improve the quality of education in developing nations?”
“Do you think that the increasing costs of higher education are justifiable in today’s society?”

Japan

“Do you think the Japanese work culture of long hours (also known as ‘Karoshi’) is sustainable in the long run?”
“How does Japan’s aging population affect its economy and social structure?”
“Do you believe the ‘Cool Japan’ strategy effectively promotes Japanese culture abroad?”
“How has the Fukushima nuclear disaster influenced Japan’s energy policy?”
“Can Japan maintain its cultural identity while becoming more globalized and diversified?”
“What impacts does Japan’s declining birth rate have on its future workforce and society?”
“Do you think the Japanese education system sufficiently addresses the needs of the 21st century?”
“How has the concept of ‘Wa’ (harmony) influenced modern Japanese society?”
“What role do you think Japan should play in global environmental initiatives?”
“Do you believe that Japan’s ‘lifetime employment system’ is still viable in today’s rapidly changing economic environment?”

Work

“Do you think remote work is more beneficial for employees and employers compared to traditional office work?”
“Is it crucial for individuals to pursue work that aligns with their passions?”
“How do you view the balance between work and personal life in today’s world?”
“Are flexible working hours more effective in increasing productivity than a strict 9-to-5 schedule?”
“Is job security more important than job satisfaction in today’s economic climate?”
“Should companies put more emphasis on employees’ mental health in the workplace?”
“Can a four-day work week be as productive as a traditional five-day work week?”
“Are apprenticeships and internships a necessary part of the transition from education to work?”
“How important is it for companies to invest in continuous learning and development opportunities for their employees?”
“Does the increasing prevalence of automation and AI pose a significant threat to human jobs?”

Corporation

“Do you believe corporations have a responsibility to address societal issues, like climate change and income inequality?”
“How important is a strong corporate culture for a company’s success?”
“Should companies focus more on employee satisfaction or customer satisfaction?”
“Is it beneficial for companies to adopt remote work permanently after the pandemic?”
“Do multinational corporations have more advantages or disadvantages in today’s global economy?”
“Should companies invest more in corporate social responsibility initiatives?”
“How does technological innovation impact the way companies operate?”
“Can smaller companies compete effectively with large corporations in today’s market?”
“Do you believe corporations should prioritize diversity and inclusion in their hiring practices?”
“How critical is ethical business conduct for a company’s reputation and success?”

Parent

“Do you believe that parents should have a say in their child’s career choices?”
“Should parents monitor their children’s online activities for safety?”
“How important is it for parents to instill a sense of cultural heritage in their children?”
“Can parents effectively balance the demands of work and family life in today’s fast-paced society?”
“Should parents encourage their children to participate in competitive sports from a young age?”
“How can parents support their children’s mental health during their adolescent years?”
“Do you think parents should limit screen time for their children?”
“How influential are parents in shaping their children’s eating habits and attitudes towards food?”
“Should parents use rewards and punishments as a means of discipline?”
“How can parents encourage their children to value education and lifelong learning?”

Car

“Do you believe that electric cars will replace traditional gasoline-powered cars in the near future?”
“How significant is the role of cars in contributing to air pollution and global warming?”
“Should governments provide more incentives to encourage the purchase of electric cars?”
“How do you see the impact of self-driving cars on our daily lives and society?”
“Is it necessary for people to own cars in cities with efficient public transportation?”
“Do you think that car manufacturers should focus more on safety features than on speed and design?”
“What are the implications of the rise of ride-sharing services like Uber and Lyft on car ownership?”
“Can public transportation ever replace the need for cars in rural areas?”
“Should governments impose stricter emission standards on car manufacturers?”
“How do you think advances in technology will affect the car industry in the next decade?”

スピーキングの自信の養成方法

Confidence

“一日一歩”の気持ちでの練習が肝心!

スピーキングのスキルは日々の積み重ねが鍵となります。
毎日少しでもスピーキングに触れることで、自然と自信が育まれます。
設定した練習時間や回数に対して、地道にコミットすることが大切です。

ポジティブ思考を持つ

自信を深めるためには、前向きな思考が欠かせません。自己否定ではなく、成功した瞬間や成長を実感したポイントに焦点を当て、自己肯定感を高めましょう。
ネガティブな自己評価を避け、自分自身を支える姿勢が重要です。

自己録音による振り返り

練習中や実際の会話を録音し、自分の声を聴き返すことで、自分のスピーキングの進歩を確認し、それをもとに改善点を見つけることができます。最初は抵抗があるかもしれませんが、この方法に慣れてくると自己評価の精度も上がります。

目標設定の重要性

スピーキングに自信を持つためには、明瞭で達成可能な目標を設定することが大切です。小さな目標から始め、達成感を味わうことで自信を増やしていきます。例えば、毎週の英会話クラスで積極的に話すことや、特定のトピックについてのプレゼンテーションを計画するなど、自分に適した目標を設定しましょう。

これらの手法を組み合わせて取り組むことで、スピーキングの自信を育むことができます。
英語を話す自信をつけるためには、コンスタントな練習とポジティブなマインドセットが不可欠です。

とにかく一番大事なのは、毎日コンスタントに練習を積んでいくことになります。

苦手な人は避けがちですが、、適切な対策をしてちゃんとできるようにしていきましょう!

英語でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

英検専門の対策はもちろんのこと、大学受験に向けた英語の指導にも対応しています。お気軽にご相談ください。

nyujukufree

【無料プレゼント】LINE友だち追加で5大特典プレゼント

LINE公式に登録することで素敵なプレゼントをお渡しします。

Published by

小野 和久

高校時代の成績は、偏差値30いかない程度。その状態から、皆に合わせて予備校に行くもうまくいかず、浪人。浪人生活の中で独学で勉強法を編み出して早慶ダブル合格を果たし、慶應義塾大学経済学部に進学。その後、留学せずに英検1級、TOEIC990点、国連英検特A級を習得。 また、在学中に慶應早稲田専門の本塾を起業し、数々の偏差値30からの生徒を合格に導きました。当塾での合格の秘訣は、「考えて勉強をすること」です。 このような自身の経験から考えて勉強することの重要性を認識し、考えて勉強することで勉強を効率化してどんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。