早稲田大学法学部 | 偏差値30から本番で圧勝するための徹底対策

早稲田法学部

▶特徴

法学部は早稲田の本キャンパスに位置する学部。名前の通り法を勉強するが、それ以外の科目、一般教養科目もとることができる。学科に分かれていないため興味ある授業をとることができる。司法試験を必ずしも全員が受けるわけではない。しかし、合格者は他の大学に比べても多くなっている。

入試動向

入塾難易度 ico_grade6_3h  3,5

合格最低点

受験科目と配点は英語60点、国語50点、地歴公民40点の合計150点となっています。合格最低点は例年90~100点前後となっています。

入試日程

早稲田大学法学部の2016年度の入試日時は2017年2月15日(水) 。
合格発表は2月22日(水)。

法学部生の学生生活について

当塾の講師や学生講師、学生インタビューなどから得た貴重な大学での学生生活の情報をお伝えしていきます。

本キャンパスの中の8号館で主に授業を受ける。建物にはコンピュータールームや読書室など勉強に対する設備は充実している。また、文系の中でも授業やテストが大変な学部であり、テスト勉強を前々から始め真面目に勉強する人が多い。多くの生徒が法律サークルと呼ばれるものに在籍してそこでテスト対策や先輩から勉強を教えもらうことができる。

科目別対策

早稲田大学法学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門指導塾として法学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

また、早稲田大学法学部に合格するためにどのように勉強をしたらよいのか指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

早稲田大学・法学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

 早稲田大学法学部の教授陣

今関源成 -憲法
水島朝穂 -憲法、法政策論
田村達久 -行政法、地方自治法
首藤重幸 -行政法、租税法
大塚直 -民法、環境法
加藤哲夫 -倒産法、民事訴訟法
棚村政行 -民法(家族法)
上村達男 -資本市場法
尾崎安央 -商法、会社法
上野泰男 -民事訴訟法
石川正興 -刑事政策、犯罪者処遇法、少年法
高橋則夫 -刑法
寺崎嘉博 -刑事法、刑事訴訟法
菊池馨実 -社会保障法
島田陽一 -雇用関係法、労働市場法、労働法
竹内寿 -労使関係法、労働法
高林龍 -知的財産権法
ラーデマッハ・クリストフ -准教授, Intellectual Property Law
土田和博 -経済法、独占禁止法
江泉芳信 -国際私法、国際取引法
河野真理子 -国際関係論、国際法
萬歳寛之 -国際法
笹倉秀夫 -法哲学、法思想史
中村民雄 -英米法
楜澤能生 -法社会学、農業法
原田俊彦 -ローマ法


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。

コメントを残す