早稲田大学社会科学部【日本史】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

早稲田大学社会科学部

入試難易度: ico_grade6_4 4.0

早稲田大学社会科学部の問題は正誤問題が多く出題されますが、その正誤問題の細かさのレベルが高いことで有名です。ですが、直接的には知らなくても知っている知識を組み合わせて間接的に答えをだすことができるものも多いです。まずは、教科書レベルの基本的な知識を入れておきましょう。


全体概観:配点40点 alarm-clock時間60分

正誤問題なので考える必要のあるものが多いです。まずは時間内に全ての問題に目を通すことを目標にしましょう。

出題概要

大問数は5題で、小問数は40問前後です。例年全てマークシートで出題されています。問題形式は正誤問題のタイプが多いです。ですが、早稲田大学社会科学部の正誤問題は特殊で誤文を2つ選択させる問題が多いです。通常の日本史の正誤問題だと単純に知っているかどうかを問う問題ですが、社会科学部の場合は間接的な知識を解答の根拠になることが多いです。出題範囲は、基本的に全て範囲に含まれますが学部の特性上、近代や戦後史が出題されることが多いです。史料問題は例年必ず出題されています。また史料の空所補充なども出題されているため有名資料の暗記は必須です。

対策1:史料問題をどうするか?

早稲田大学社会科学部では史料問題が例年必ず出題されています。そのため、史料問題対策ができるかどうかが合否の分かれ目になってきます。ただ、ここで注意しておきたいのが、史料問題のタイプです。史料問題には”有名史料”と”未見史料”の2タイプあります。それではこの2タイプについて説明していきます。

有名史料問題とは?

“有名史料”とは、教科書や有名な参考書に掲載されている史料をいいます。多くの受験生が知っている史料で、得点源になるかと思いがちですが・・・早慶で出題される有名史料問題はかなり細かい部分まで聞かれます。ですから、実際はこの有名史料問題が出題された場合はかなり難易度が高くなると持ったほうが良いでしょう。

未見史料問題とは?

“未見史料”問題とは、通常の参考書、教科書には掲載されていない史料のことです。こうした未見史料の場合は難易度が高くなるかと思いがちですが、実際は史料自体について問われることは少ないです。ですから、史料自体ではなくて史料についての周辺知識があるかどうかの勝負になってきます。わからない史料をなくそうとしてマニアックな史料を探している受験生がよくいます。ですが、それよりもまずは”有名史料”に関して掲載されていることをすべて確認し、基礎的な理解をしていくことにしましょう。

対策2:難問にはどのように対抗したら良いのか?

早稲田大学社会科学部の日本史の特徴として正誤問題で普通の勉強をしていたらよくわからないようなことが問われるのが有名です。過去問で問われていることをそのまま用語集で調べてそれを覚える・・・というような勉強をしている学生がいるかもしれませんが、これでは応用力はつきません。難しいことを優先的に覚えるのではなくて、教科書レベルの基本的なものや論理関係を先に覚えましょう。基本的なものにとは、年号や家系図、体制図などといったものです。論理関係というのは、そうした用語がどのような関係で繋がっているのかを確認します。いきなり用語集を調べて勉強を開始してしまうのはあまりにも効率が悪いのでやめましょう。用語集を使って暗記を開始するレベルの学生は偏差値でいうと記述模試で偏差値75以上の学生です。こうした学生以外はまずは基本的な語彙の知識を確実に覚えていきましょう。

社学特有の正誤問題に対応するためには?

上記で紹介した基本的な語彙を暗記した上で、過去問を解きながら自身の持っている知識から類推の仕方を学びましょう。大体過去問を10年分以上行えば、社学特有の正誤問題に対しての類推の仕方がわかるはずです。
*塾生にはもちろん、はじめから類推の仕方は教えています。

1つ例を見てみましょう。早稲田大学 社会科学部 2016年 大問Ⅳ 問5です。
後に成立した原敬の内閣が掲げた政策として不適切なものはどれか。1つ選べ。
イ 教育の改善整備
ロ 交通通信の整備拡充
ハ 産業及び通商貿易の振興
二 普通選挙の推進
ホ 国防の充実
受験生の皆さんがよく使っている『石川昌康の日本史B講義の実況中継』をみてみましょう。4巻59ページに「この原内閣は、国防の充実、鉄道の拡充、そして、高等教育の拡充などの、積極的な政策を展開します。」「原内閣の内政で注意を要するのは選挙法の問題です。納税制限のある選挙法を改正して、普通選挙を要求する声が高くなってきます。しかし、原は衆議院議員選挙法を改正することでこれを抑えてしまいます。つまり、選挙人資格の正弦を大幅に緩和する。」とあります。ここから(二)が誤文であるとわかります。原敬は普通選挙に対して消極的で抑えこんでしまったからです。このように皆さんが普段使っている参考書から得た知識でも十分に対応可能ですし、迷った時も類推の仕方を知っていれば正答することは十分に可能です。

▶日本史の最速の対策はこちら!

最速日本史勉強法|早慶圧勝レベルまで効率的に成績を上げる方法


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。

コメントを残す