慶應義塾大学経済学部【世界史】本番で圧勝の徹底対策シリーズ

慶應義塾大学経済学部

入試難易度:ico_grade6_33.0

「1500年以降を中心とする」とされています。
しかし、それ以前の事項が絶対に出題されないというわけではないので注意してください。


全体概観:配点150点 時間80分

早慶の中では標準的な問題が出題されます。枝葉末葉の知識を詰め込むよりも、歴史上のものごとの関係を深く理解してまとめていきましょう。年号と戦後史の対策を積んでおきさえすれば合格点は取れます。また、グラフや表などの出題も多いので資料集を活用し、教科書のグラフなどにも目を通して、その図やグラフがなにを言い表しているのかを考えておくことも有効です。その上で過去問演習などで慣れておきましょう。

対策1:戦後史の対策はどうすればよいのか?

慶應経済学部の世界史は他の大学、学部と比べると戦後史の割合が高くなっています。特にアメリカの経済分野は頻出です。ニクソン・ショック、ブレトンウッズ体制など人に説明できるレベルで因果関係を掴んでいきましょう。図表・グラフなどドルの動き、貿易など現代のニュースに関連した部分も出るので、日頃から注意をしておきましょう。

対策2:記述対策はどうするか?

論述問題は慶應経済学部では必ず出題されます。対策としては歴史上のできごとを説明する際に因果関係や同時に起こっていたことに気をつけて書いてください。教科書の小見出しを30字程度でまとめて、それを添削してもらうのが良いでしょう。一人でやっていると論理の飛躍、漏れに気づきにくいため、実力が上がるのに時間がかかります。

例を一問みてみましょう。

2015年慶應大学経済学部大問1の問4(1)
1766年のイギリス政府による印紙法の制定に対して、北アメリカのイギリス植民地ではイギリス商品の不買運動が起こり、印紙法は撤廃された。印紙法制定の背景と、植民地側の反対の根拠となった主張について、説明しなさい。
※解答欄は17センチ×2センチ 

受験生の皆さんがよく使っている『ナビゲーター世界史』を見てみましょう。
3巻143ページをみると、「1765年の印紙法・・・証書や新聞、さらには暦やトランプなどにまで印紙をはって売らせ、本国政府の収入を増やそうという法律でした。」植民地側はこれらの課税強化に対し、「代表なくして課税なし」というスローガンを掲げて強く講義しました。「本国の議会には植民地代表を1人も出させてもらっていないのに、どうして税だけは課せられなくてはいけないのか」という当然の意見ですね。このような植民地側の激しい抵抗によって、この法律は撤回されました。」とあります。
これを読むと、そのまま答えになってしまいますね。つまり、用語を覚えるときに歴史の流れを確認し、それを簡単に説明できるようになればいいのです。
解答例を挙げてみたいと思います。
解答例
イギリスはアメリカを原料供給地・製品市場にしようとした。1765年に印紙法が制定されたが、植民地側は「代表なくして課税なし」のスローガンを挙げて抵抗し、廃止に追い込んだ。

当塾では、当然塾生に対してこのような練習・添削指導も行っています。

2017年の入試について

題数が多くなっているなというのが最初の印象。
数えてみると小問が10ほど増えています。
内容的には特に変わらず、16世紀以降を中心に出題しているが中世からも数問出題があります。
各国の工業生産の割合を示すグラフについては、この時代の流れを理解していれば解ける問題となっています。
しかし、丸暗記のみですべてに対応しようとしている受験生には難しかっただろう。
年代についても、正確に年を覚えていなければ解けないという問題ではなく、考えさせる問題になっています。
文化史からの出題があったが、昨年見られなかったからといって特別な新傾向でもないでしょう。
論述問題も今までと同じ傾向であり、10題増えたからといって時間的に特別厳しくなるというほどでありません。
全体的にみると、例年通りの問題であるといえるでしょう。

経済学部であるので、経済に関する話題はよく出題されます。
同時に経済に関するグラフなども必須なので必ず準備しておくことが必要です。
例えば、今年出題されたグラフ。

このグラフを見た時に、aはイギリス、bはアメリカ、cはドイツ、dはフランス、eはロシアとわかりますか?

もしわからないとしたら、覚えるしかないのだが、その時に歴史的事実と合わせて(テキストを確認しながら)覚えているでしょうか?

① 19世紀、イギリスが最大の工業国だったがアメリカが猛追してきた。
② 20世紀に入る直前、アメリカが工業生産でイギリスを追い抜く。
③ 19世紀後半ドイツは統一され工業も発展するが、ビスマルク外交もあり植民地獲得ができなかった。そのため工業生産は頭打ちになる。
④ フランスは国内政治の混乱もあり、ブルジョワが育ちきらず経済的には停滞が続く。
⑤ ロシアは後進性の残る国だったが、ロシア革命がおこり社会主義国となる。計画経済のもと世界恐慌の影響は受けずにすんだ。

このような理屈と共にグラフを理解していくことが大切。
また、このグラフは慶応では初めて出題されたものではありません。
よって、過去問演習も大切であり、過去問演習をするときはグラフの内容まで踏み込んで理解していくことが必要であることもわかります。

非常に特徴のある出題形式であるため、過去問演習も含めて準備をしておくことが合格につながるので、ぜひ今年一年準備をしてください。

過去の経済学部の問題一覧

2016年「中東地域の歴史」「北欧諸国の歴史」

2015年「新大陸発見にともなう変化」「インドの貿易構造の変化と独立運動」「中部ヨーロッパの森林と人間のかかわり」

2014年「16~18C の欧米史」「19~20C 前半の欧米史」「・1930 年代の中国・敗戦国の処理方式・ソ連,東欧社会主義圏の崩壊」・「戦後経済の変遷」

2013年「近代市民革命と信教の自由 」「19 世紀における列強のアジア進出 」「第二次世界大戦後の国際関係 」

2012年「『百科全書』の執筆者 」「オスマン帝国の盛衰 」「近代ヨーロッパの都市開発 」

2011年「二つの「大航海時代」「産業革命期から帝国主義時代の世界」「20 世紀の経済危機と国際関係」

2010年「近代初期のヨーロッパ史」「中華民国の成立 」「「市民的不服従」をテーマとする近現代史 」「冷戦と戦後のアメリカ経済」

2009年「ウクライナを中心とするロシア・東欧史」「近代以降のカリブ海地域史」「20C の国際協調と対立」「20C の中国史 」

慶應義塾大学経済学部に合格するための参考書

当塾で使用している慶應義塾大学経済学部に合格へ必要な参考書を紹介します。もちろん、当塾の場合は一人一人個別にカリキュラムを作成するため下記のようなカリキュラムは一例となります。参考書は何をやるかよりも、どのような目的で使用するかというが大事です。闇雲に行って情報量に圧倒されてしまうのではなく、1つ1つ目的意識を持って勉強していきましょう。
参考書だけでの独学での合格はかなり難しく、初学者の場合は指導なしでやってしまうと下手な癖が付く可能性が高いです。下手な癖がつくと、その癖を治すのに手一杯で結局志望校に受からないというケースが多くなっています。浪人しても成功しない人はこの辺りに理由があります。
ご心配な方は一度カウンセリングを受けて見ると良いでしょう。カウンセリングはこちらからどうぞ。

■下記参考書名をクリックすると詳しい使い方のページに飛びます。

▶初歩(偏差値40程度)

とってもやさしい世界史

▶基礎(偏差値40~55程度)

パノラマ世界史

時代と流れで覚える世界史B用語

▶応用(偏差値55~65程度)

ナビゲーター世界史

ヒストリア世界史問題集

*その他経済学部の場合は、論述対策、現代史対策も別途行います。

慶應義塾大学経済学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、慶應義塾大学専門として経済学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

また、慶應義塾大学経済学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

慶應義塾大学・経済学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

toiawase_pc01

慶應義塾大学経済学部 科目別対策

Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。

コメントを残す