偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

慶應義塾大学経済学部【日本史】本番で圧勝の徹底対策シリーズ

慶應義塾大学経済学部

入試難易度:ico_grade6_33.0

出題される年数が1600年以降が中心です。また記述問題も出題されます。1600年以後だけすれば良いのかというとそうでもありません。1600年以前のことが全く出題されないわけではありませんし、土地・政治制度などは過去の概念が理解できていないと、理解できません。


全体概観:配点150点 時間80分

早慶の中では標準的な問題が出題されます。出題される年号と戦後史の対策を積んでおきさえすれば合格点は取れます。また、慶應義塾大学に限らず日本史を学習する時は必ず史料・資料問題の対策を行いましょう。これも、教科書や資料集レベルのものから理解していくようにしましょう。

対策1:戦後史の対策はどうすればよいのか?

慶應義塾大学の日本史の特徴といえば戦後史が他の大学に比べて確実に多くでてきます。またその分量も他の大学に比べると比になりません。日本史の参考書だけでは網羅できないので、戦後史では政治経済の参考書を使用するとよいでしょう。特に経済分野に関しては受験生が苦手な部分なので、対策を早めにしておくことをおすすめします。

対策2:記述対策はどうするか?

慶應経済の記述は経済分野での説明が頻出します。論述問題の基本はものごととものごとの関係性をつかむことです。事柄と事柄の因果関係や同時に発生していた事項に気をつけましょう。また過去問と同じような説明問題が何度も出題されているので、何度も過去問を繰り返して確実にできるようにしておきましょう。書いたものについては添削指導を受けると効率的に学習が進められると思います。

1つ例を見てみましょう。

慶應義塾大学 経済学部 日本史 2016年大問Ⅲの問17(2)
日本政府が波線の立場に立ってこの文書に調印したことによって、日本の中華人民共和国と中華民国に対する外交政策はどのように変化したか、説明しなさい。
※波線部は「「復交三原則」を十分理解する立場」、解答欄は17センチ×1センチ

受験生の皆さんがよく使っている『石川晶康の日本史B講義の実況中継』を見てみましょう。4巻308〜309ページに「田中首相は中華民国との国交断絶を覚悟の上で・・・中華人民共和国政府は、台湾がその領土の一部であることを表明し、日本側がこれを認めるとはいわず、「十分理解し、尊重する」という表現で終わっている。」とあります。つまり、①台湾が中華人民共和国の領土という主張を尊重し、②中華民国と国交を断絶したということがわかります。これに知識として「日華条約が破棄された」ということがあれば完璧な答えになります。
解答例を挙げてみたいと思います。

中華人民共和国政府を唯一の合法政府と認め、台湾領有の主張を尊重するとした。日華条約は破棄され、中華民国政府とは断交した。

過去の経済学部の問題一覧

2016年「江戸〜明治時代の民衆運動」「明治〜戦後の女性史」「戦後日本の農業」

2015年「戦国〜明治時代の日本と欧米の関係」「1930年代〜戦後占領期の日本の政治・外交・経済」「日本とオリンピック大会」

2014年「大正デモクラシー」「近世における日本の対外関係」「明治時代以降の日本の近代化と対外関係」

2013年「江戸幕府による支配体制の整備 」「沖縄の歴史 」「戦後における日本の国家体制と経済・社会 」

2012年「織豊政権時代から江戸時代にかけての経済・社会の変化」「幕末から昭和にかけての戦争」「戦後の経済復興と「経済大国」化

2011年「江戸時代の学問と諸改革 」「幕末から第二次世界大戦期にかけての対外関係 」「占領下での諸改革とその後の歩み」

2010年「江戸時代の対外関係 」「鉄道整備における官民の役割分担 」「高度成長期以降の日本経済 」

2009年「江戸~明治の社会・経済」「明治~昭和の国民生活」「明治期以降の鉄鋼業の発展 」「江戸~現代の経済・対外関係」

経済学部だけあって、お金の動きは必ず出題されています。教科書にある図やグラフはそのまま出題されることも多いので、すべて理解しておきましょう。

慶應義塾大学経済学部に合格するための参考書

当塾で使用している慶應義塾大学経済学部に合格へ必要な参考書を紹介します。もちろん、当塾の場合は一人一人個別にカリキュラムを作成するため下記のようなカリキュラムは一例となります。参考書は何をやるかよりも、どのような目的で使用するかというが大事です。闇雲に行って情報量に圧倒されてしまうのではなく、1つ1つ目的意識を持って勉強していきましょう。
参考書だけでの独学での合格はかなり難しく、初学者の場合は指導なしでやってしまうと下手な癖が付く可能性が高いです。下手な癖がつくと、その癖を治すのに手一杯で結局志望校に受からないというケースが多くなっています。浪人しても成功しない人はこの辺りに理由があります。
ご心配な方は一度カウンセリングを受けて見ると良いでしょう。カウンセリングはこちらからどうぞ。

■下記参考書名をクリックすると詳しい使い方のページに飛びます。

▶初歩(偏差値40程度)

とってもやさしい日本史

▶基礎(偏差値40~55程度)

金谷の日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本

時代と流れで覚える日本史B用語

▶応用(偏差値55~65程度)

石川の日本史B実況中継

ヒストリア日本史問題集

*その他経済学部の場合は、論述対策、現代史対策も別途行います。

慶應義塾大学経済学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、慶應義塾大学専門として経済学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

また、慶應義塾大学経済学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

慶應義塾大学・経済学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

toiawase_pc01

慶應義塾大学経済学部 科目別対策

Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。