偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
理工学部

【慶應義塾大学理工学部化学】完全攻略と対策|慶應専門塾が監修

慶應義塾大学理工学部化学の傾向と対策

慶應義塾大学理工学部の化学試験は、私立大学入試の最高峰といわれる難関校です。
理論から有機化学まで高度な知識が求められ、限られた時間での計算力と迅速な思考が必要とされます。
困難な試験形式に見えますが、傾向と対策さえ押さえれば克服は可能です。

本記事では、慶應義塾大学理工学部化学の具体的な傾向と特徴を分析し、基礎から応用まで段階的に学習していくためのポイントを解説します。

理論、無機、有機と全分野で均衡のとれた化学力が求められます。
まずは出題傾向を把握し、基礎知識を固めることから始めましょう。
その上で計算力、有機化学の実践力を高めることが重要となります。

受験生の皆さんが、化学を強みの学科とするための学習術がこの記事には詰まっています。
ぜひ最後までお読みいただき、慶應義塾大学理工学部合格に向けて一歩踏み出してください。

Keio
【早慶志望】高2・1生向けおすすめ記事
  1. 【何からはじめたらいい?という人向け】
    【まず始めることをお伝えします】
  2. 早慶に合格するための戦略とは?
    1,2年生から合格するための戦略を立てるには?
  3. 【高1】早慶現役合格の勉強法を徹底解説
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介
  4. 【高2】現役で早慶GMARCHに合格
    必要な勉強法(勉強時間、参考書)を紹介
  5. 【高2】早慶絶対合格!!のためにすること
    勉強時間、スケジュール、参考書、勉強法の紹介

慶應理工学部【化学】の傾向

慶應義塾大学理工学部の化学は、私立大学の中でも最難関の試験です。
理論化学、無機化学、有機化学の3分野すべてにおいて、高度な知識と思考力が必要とされます。

特徴としては、理論化学の比重が大きく、計算を要する問題が多数出題されます。
また、無機化学では理論との融合問題が頻出し、有機化学は構造推定など難易度の高い問題が含まれています。

出題範囲は化学全般にわたっており、個々の単元を網羅的に学習することが求められます。
計算力に優れ、論理的思考力がある学生を選抜することを目的とした、非常に難易度の高い試験形式といえます。
しっかりとした基礎力に加え、応用力と柔軟な思考力が必要となります。

問題の構成は大問3題で、第1問が理論化学、第2問が無機化学、第3問が有機化学となっています。
計算を要する問題が多数を占める一方で、構造推定などの思考力を必要とする設問も含まれるため、迅速かつ正確な解答能力が要求されます。
また、有機化学の問題の難易度が高いことから、時間配分には十分注意が必要不可欠です。

bannaer

慶應理工学部【化学】の特徴

慶應義塾大学理工学部の化学の特徴は以下の3点に集約できます。

  • 理論化学の出題比率が高い
  • 無機化学との融合問題が多数を占める
  • 有機化学の難易度が高い

まず、理論化学に関しては気体の法則、化学平衡、酸化還元などの計算問題が頻出しています。
無機化学、有機化学と広範囲から出題されるため、理論化学の知識を確実に持っていることが重要です。
理論化学の出題比率が高く、計算問題も多数出題されるのが特徴です。出題範囲は化学の全般にわたっており、反応速度、酸化還元、化学平衡などの計算を要す

次に、無機化学では理論化学の知識を必要とする計算問題が多く出されます。
化学反応の速度方程式やイオン濃度計算など、理論的知識が求められるのが特徴です。

そして、有機化学は構造推定を中心に、反応機構に関する知識が問われます。
脂肪族、芳香族だけでなく高分子に関する出題もあるため、有機化学全般の習熟が欠かせません。

慶應理工学部化学の時間配分の目安

時間配分の目安

  1. 理論化学: 20分
  2. 無機化学: 15分
  3. 有機化学: 20分
  4. 見直し: 5分

慶應義塾大学理工学部の化学の試験では、理科2科目合わせて120分の試験時間が配分されています。
そのため、化学に特化して使える時間は60分程度と限られています。
理論化学の比重が高く、計算を要する問題が多数出題されることから、理論化学には20分程度を充てるのが良いでしょう。
一方、無機化学は知識中心の標準的な問題が主体となるため、15分程度で解答を終えられるように準備しておきましょう。
最も難易度が高くて時間のかかる有機化学には20分ほどを配分し、構造推定などに注力できるようにします。
そして試験の終わりには5分程度を確保し、解答の見直しを行うことをおすすめします。このような時間配分をすることで、理論化学と無機化学が効率的に解答でき、重要な有機化学に集中できるため、慶應義塾大学理工学部の化学試験で合格点を取る可能性が高くなります。

慶應理工学部【化学】への取り組み

慶應義塾大学理工学部の化学試験に合格するには、以下の3つの取り組みが重要です。

  1. 基礎知識の定着
  2. 応用力の養成
  3. 実戦演習の実施

1基礎知識の定着
化学の学習において、まず基礎知識の定着が不可欠です。教科書や基礎的な参考書を繰り返し学習し、理論から有機化学までの基本事項を完全にマスターしましょう。その際、単に暗記するのではなく、なぜその反応が起こるのか、メカニズムの理由など根本的な理解を意識することが大切です。
2応用力の養成
基礎知識が身についたら、次はそれを問題に応用する力を鍛える段階です。応用レベルの問題集に取り組み、複合的な計算力や推理力を高めましょう。間違えた問題は必ずノートにまとめておき、同じ間違いを繰り返さないことが重要です。
3実戦演習の実施
最後に、過去問題や模試を通じて、実際の試験形式での演習を積み重ねることが重要です。時間管理力や解答スピードも合わせて向上させましょう。実戦では自分のパフォーマンスを記録し、弱点を明確化することが大切です。

科学の勉強の仕方についてはこちらの記事で詳しく掲載しています。

慶應理工学部【化学】対策1:基礎知識の徹底

慶應義塾大学理工学部の化学試験で確実に点数を稼ぐには、まず化学の基礎知識を完全に修得することが重要です。
理論化学では原子の構造、周期律、化学反応の速度論などの基本事項をしっかり押さえる必要があります。過去問題では、ラドンの壊変速度の計算などの反応速度論の問題がよく出題されています。また、無機化学ではイオンの性質や金属の化学、化学反応を中心に学習しましょう。過去問題には、イオン濃度の計算や電気分解の知識が問われるものがありました。有機化学も含め、教科書の内容を確実に習得しておきましょう。
教科書を読む際には、以下の基礎知識に着目して学習しましょう。

  • 原子構造と電子配置
  • 周期表と周期律
  • 気体の法則
  • 反応速度論
  • 化学平衡
  • 酸と塩基、pH
  • 酸化と還元
  • 無機化合物の命名法と性質
  • 有機化合物の基本的な反応と合成法

基礎知識を身につけるためには、教科書の丁寧な読み込みが第一歩です。
読み終わった後は復習を欠かさず、要点ノートを作成する等して知識の定着を図ります。
また、基礎的な参考書や問題集を解き、知識の習熟度を高めていきましょう。「セミナー化学」や「リードα化学」などの入門書がオススメです。

慶應理工学部【化学】対策2:計算力の徹底

ronin
【早慶志望】浪人生向けおすすめ記事
  1. 早慶は浪人しても難しい!?
    根本的に変えていく必要性とその方法を伝授
  2. 【早慶浪人】伸びないのはなぜ?
    伸ばし方を説明
  3. ヒロアカの浪人生必勝必勝コース
    基礎から合格するための勉強法
  4. 【早慶浪人】年間スケジュール
    浪人生が早慶に合格するための計画の立て方とは
  5. 【早慶】女子浪人が絶対に合格には
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介

慶應義塾大学理工学部の化学試験では、理論化学と無機化学を中心に複雑な計算問題が多数出題されます。短時間で正確に解答できる計算力が求められています。
理論化学では気体の法則、化学平衡、反応速度論などの計算が必須となります。無機化学でもイオン濃度や電池の電圧計算など、高度な知識が必要とされます。
これらの計算力は、単に公式を暗記するだけではなく、その背後にある原理・理論を深く理解した上で培われるものです。しっかりと理論的に学習した上で、多数の計算例題をこなしていくことが重要です。
また、実際の試験形式で時間を意識しながら演習することも欠かせません。致命的なのは計算ミスや時間超過です。正確な計算力とスピード感を身につける訓練が必要不可欠です。
計算力の徹底的な訓練こそが、慶應義塾大学理工学部化学試験の合格への最短ルートと言えるでしょう。

慶應理工学部【化学】対策3:有機化学を徹底的にする

Yuukikagaku

慶應義塾大学理工学部の化学試験で高得点を狙うには、有機化学の訓練が欠かせません。
有機化学の出題は、構造決定を中心とした推論力・応用力を問うものが多数を占めます。具体的には、質量スペクトルやNMRスペクトルから求められるデータを手がかりに、目的化合物の構造を推定する多段階の設問が出題されることがあります。
また、アルケンやアルキンなどの不飽和炭化水素の合成法に関する知識や、芳香族化合物の反応機構についても出題されることがあります。難易度の高い芳香族化合物の置換反応に関するメカニズムの解釈を必要とする設問も少なくありません。
加えて、官能基変換を含む有機合成路の設計に関する問題や、重合反応によって生成する高分子の推定など、実践的な内容を問う設問も含まれています。
このように、有機化学の出題範囲は広範囲に及び、解答には高度な知識と柔軟な思考力が求められます。強固な有機化学の実力が慶應化学合格の絶対条件と言えます。

慶應理工学部【化学】対策4:高分子化合物も抑える

Kobunshi

慶應義塾大学理工学部の化学試験では、有機化学のうち高分子化合物に関する出題も重要視されています。
高分子化合物に関する出題としては、各種合成高分子の単量体と重合反応、ならびに生成する高分子の構造について問うものが見られます。
具体的には、ポリエチレンやポリプロピレン、ポリ塩化ビニルなどの代表的な合成高分子における単量体と重合反応、生成高分子の構造に関する知識が必要となります。
また、これらの高分子の合成反応式を化学変化の式として正しく記述できることも要求される重要なポイントです。
教科書レベルの高分子化合物の知識に加え、重合反応と生成高分子の関係を正しく理解し、簡単な合成反応式が記述できる程度の知識が必要となります。

慶應理工学部【化学】で使える参考書

慶應義塾大学理工学部の化学試験対策におすすめの参考書をご紹介します。
●基礎知識定着
* セミナー化学
* エクセル 化学I・II
* 基礎問題精講
●応用力養成
* 重要問題集
●実戦対策
* 化学の新演習
●有機化学
* 有機化学演習

基礎から実戦まで段階的に学習していける参考書を選択することをおすすめします。
有機化学は専用の演習問題集を準備することも大切です。
これらの参考書の組み合わせで、効果的な学習が可能となります。
慶應義塾大学理工学部の化学試験は難関ですが、しっかり戦略を立てて臨めば合格できる可能性は十分にあります。

nyujukufree

早慶に合格したい方はご相談ください

慶應・早稲田大学への受験を控えている保護者様へ

慶應・早稲田大学の受験には学校別の対策が必須になります。慶應・早稲田合格に特化したHIRO ACADEMIAが完全サポート致します。

【無料プレゼント】LINE友だち追加で5大特典プレゼント

LINE公式に登録することで素敵なプレゼントをお渡しします。

Published by

小野 和久

高校時代の成績は、偏差値30いかない程度。その状態から、皆に合わせて予備校に行くもうまくいかず、浪人。浪人生活の中で独学で勉強法を編み出して早慶ダブル合格を果たし、慶應義塾大学経済学部に進学。その後、留学せずに英検1級、TOEIC990点、国連英検特A級を習得。 また、在学中に慶應早稲田専門の本塾を起業し、数々の偏差値30からの生徒を合格に導きました。当塾での合格の秘訣は、「考えて勉強をすること」です。 このような自身の経験から考えて勉強することの重要性を認識し、考えて勉強することで勉強を効率化してどんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。