偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
法学部

【慶應法】英語 の設問ごとの配点予想/理想的な時間配分

偏差値30からの早稲田慶應対策専門個別指導塾
HIRO ACADEMIA presents

慶應法英語 の設問ごとの配点予想と時間配分

本ブログでは慶應法学部の英語の設問ごとの配点の予想と
時間配分について記載していきます。

慶應法学部は、
80分という時間の短さから
タイムマネジメントが合否を大きく左右します。

本ブログ記事では、ある程度の配点を予想して
それに応じてどのように時間を使って行ったら良いのかを考えていきます。

慶應法学部英語の配点の違いを分析

慶應法学部では、年度によって大問数が5問であったり、
4問であったりと変更があります。

その場合、問題ごとの配点に変化があるので、
大問数の違いごとにどの程度配点が異なるのかを考えていきます。

大問5つの場合の配点

大問が5つの場合は、
文法、会話、語彙、インタビュー、長文問題という形式で出題されることとなります。

問題形式 各点数 総得点
文法/アクセント 20点 各2点
会話 24-45点 各3点
語彙定義 30点 各3点
インタビュー問題 50点 各5点
長文 57点 各3or4点

大問が5問出題された年は近年だと、
2021,2020,2018,2017で出題されています。
近年の慶應法学部の入試だと、
こちらの形式のほうが好まれて出題されています。

注意

ただし、2017,2018年に関しては、インタビュー問題の出題ではなく、
大問1、2が文法問題でした。問題形式が少し違いますので注意してください。

大問4つの場合の配点

大問が4つの場合は、インタビュー問題が省略されることが多いです。
文法、会話、語彙、長文問題という形式での出題になるでしょう。

この形式の場合だと、
文法が特殊な形式になることが多いの注意です。
また、2016年のように長文問題の問題数が20問近くなる場合もあります。

この場合、長文問題ができない=不合格となりますので注意してください。

問題形式 各点数 総得点
文法/アクセント 30点 各2点
会話 40-60点 各4点
語彙定義 30点 各3点
長文 64-80点 各4点

並び替え問題がある場合は、点数が同じ点数でなくなる可能性があります。
慶應法学部に合格する上で並び替え問題はなんとしてでも取りたい問題ですし、
対策次第で取ることは可能です。

慶應法学部英語の理想の時間配分

配点がわかるだけでなく、
冒頭で述べたようにどのように時間をつかっていくのかも
慶應法学部では重要な要素となってきます。

大問5、4つで出た場合
それぞれどのように時間を使っていったら良いのかをお伝えしていきます。

大問5つの場合の時間配分

問題形式 予想得点率 所要時間
文法/アクセント 10% 5分
会話 15%-25% 10-15分
語彙定義 15% 10分
インタビュー問題 25% 15-20分
長文 30% 25-28分

大問4つの場合の時間配分

大問4つの形式の場合はインタビュー問題が省略される代わりに
文法問題で新傾向が出ることがあります。
その場合は問題自体が難化する傾向が多いです。
そのため多めに時間をとっておきましょう。

問題形式 予想得点率 総得点
文法/アクセント 15% 15分
会話 20-30% 15分
語彙定義 15%  10分
長文 32-40% 35分

慶應法英語で新傾向の問題が出た場合の対処

慶應法学部では度々文法で新傾向の問題が出ることが多いです。
ですが、その程度で驚いてはいけません。
なぜならば、その新傾向の問題以外は同じ傾向の出題が続いているからです。

特に、インタビュー問題と会話問題は、
慶應法学部ででつづている問題なので、
適切な対策を積んで確実にできるようになりましょう。

慶應法英語で時間通りにできるようになるためには?

慶應法学部で高得点を取るためには、
タイムマネジメント能力と文法力が必要になります。

タイムマネジメント能力とは、
時間内で全問解き切るための力という意味だけではありません。

点数の高い設問をいかに時間をかけて、総得点を上げることができるか?
という意味でもあります。
つねに全ての設問で満点を取ることができればいいですが、
慶應法学部の問題は中にはものすごい難しい問題も存在しています。

そのような問題に対してわからないのに時間をかけるのではなくて、
見切りをつけて総得点を上げていく必要があるのです。

大事な問題な問題に絞って解いていくことができる力
タイムマネジメント能力ということになるのです。

慶應法学部の基本的な英語の対策、他の科目、受験に関しての基本情報は下記からご覧ください。

早稲田慶應に合格したい方はお気軽にご相談ください!

慶應・早稲田大学への受験を控えている保護者様へ

慶應・早稲田大学の受験には学校別の対策が必須になります。慶應・早稲田合格に特化したHIRO ACADEMIAが完全サポート致します。

LINE公式アカウント開始

LINE公式アカウントのみでの限定情報もお伝えします。ぜひご登録ください。

Published by

小野 和久

高校時代の成績は、偏差値30いかない程度。その状態から、皆に合わせて予備校に行くもうまくいかず、浪人。浪人生活の中で独学で勉強法を編み出して早慶ダブル合格を果たし、慶應義塾大学経済学部に進学。その後在学中に慶應早稲田専門の本塾を起業し、数々の偏差値30からの生徒を合格に導きました。当塾での合格の秘訣は、「考えて勉強をすること」です。 このような自身の経験から考えて勉強することの重要性を認識し、考えて勉強することで勉強を効率化してどんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。