偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【浪人生】現在河合塾に通っているのですが、テキストだけでカバーできるのか不安です。

この記事では、どのように勉強をすれば圧倒的に成績が上がるのか悩んで当塾のカウンセリングを受けた方に対して当塾がどのような解決策を出したのかをお伝えしていきます。(*他の方にも役に立つためにもなるべく具体的に記述いたしますが、個人が特定されない程度に情報は伏せさせていただいています)
勉強の効率が2.5倍上がるカウンセリングのお申込みはこちらから申し込みしております。初回無料で受け付けています。


以下が相談内容です。

慶應義塾経済学部

既卒

56ていど

 


現在河合塾に通っており、早慶上智大文系の上のクラスに所属しているのですが、河合のテキストだけでカバーできるのか正直不安です。

なので、参考書を同時進行するのはいいかんがえだとおもいますか?特に、英語と現代文が不安です。

授業のレベルも高いため、基礎的な部分が抜けてる不安があるので、参考書で授業と並行して、基礎を補っていくのもありでしょうか??

最後に、68,92月までの学習計画を上手く立てるには、具体的になにを意識すべきでしょうか?

ACADEMIA’S ANSWER


結論からいうと・・
河合塾に通っているのであれば、河合塾のテキストを完璧にしたほうが良いかと思います。

失敗する受験生の特徴として、いろんなことに手を出し過ぎるというパターンがあります。
英語(論理構造を見ていく段階)や現代文は論理構造がわからない部分を丁寧に見ていく必要があるので、参考書を独学でてきとうにやるよりも、予備校の問題を先生に質問してやって方が良いでしょう。
*先生に質問ができないようであれば・・意味がないかなとは思います。

ただ、質問者さんも心配していることですが、予備校の先生の授業を理解できないというレベルであれば基礎の部分を補うのは良いかと思います。

また予備校のペースに合わせているとスピードが遅いということは実感しておいたほうが良いでしょう。

様々な参考書に手を出しすぎて失敗するというのはよくあるケースなので、足すのであれば各科目1冊ずつくらいが目安ですかね。あと予備校を活用する際には各科目ごとに信頼できる先生を見つけたほうがいいですね。

先生によって言っていることがぜんぜん違うなんてことはあります。

▶私が生徒から聞いた例

英語の先生1「英語の音読は意味があります。2,3h位じっくりかけてやりましょう!」
英語の先生2「英語は訳せれば読めます。音読なんて30分でも多いくらい。どんどん訳しなさい!」

どの先生を信頼するかは自分に合うか合わないかで決めるとよいでしょう。

学習計画はどうすればよいですか?

浪人時の大体の流れは先日の受験相談時にご紹介しましたのでこちらをご確認ください。

▶参考記事:【浪人生】理系から文転したのでどのように1年過ごしたらよいのかわかりません。

計画のたて方のポイントしては、周りに合わせて勉強を進めていくのではなく、自分の理解度を優先して勉強をしていきましょう。

赤本をやる時期は早い人では8月位には始めますが、理解ができてないのに赤本をしても意味がありません。

1月位からはじめてもそれまでの内容をしっかり理解できていれば問題なく、問題なく合格することができます。
早慶上智大文系の上のクラスに所属していたとしても、その中で受かる人は20~30%位です。
周りに合わせてやるのではなく、「自分ができた」という実感を大事にしていきましょう。
自分が勉強した範囲に対して復習する機会、時間を着実に設けている方がよっぽど大事です。以上です。
慶應に合格するのはかなり大変だとは思いますが、がんばって下さいね。

いかがでしたでしょうか? 当塾では個人の現在の学力、成績に合わせて適切な指導を行っております。どんな学力であっても、こんなことできるの?というご相談でも構いません。当塾にお気軽にご相談、ご連絡下さい。
東京での指導はもちろんのこと、インターネットを使用すれば日本全国、世界中どこからでも指導を受けることが可能です。

まずはお気軽にカウンセリングを受けて下さい。カウンセリングのお申込みはこちらから

下から無料受験相談をどうぞ!

早慶 受験相談

 


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。