偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
塾長ブログ

朝学習することの重要性とは?|勉強時間による勉強効率の違い

偏差値30からの早稲田慶應対策専門個別指導塾
HIRO ACADEMIA presents

皆さんは勉強する時間について考えていますか。

多くの人が、時間量だけにとらわれていて、どの時間帯に勉強すれば効率よくできるのか、

どういった勉強をするのがどの時間帯が良いのかといったことを考えて勉強していますでしょうか。

効果が出る勉強をしたいのであればこういったことも考えていく必要があるでしょう。

もちろん今回紹介する時間帯というのは万人に当てはまるものではありませんので、

自分が実際に勉強してみて、できているかどうか調子が良くできるかどうかといったところを考えて、
試行錯誤しながら自分なりの勉強法を確かめて行ってみましょう。

こうした試行錯誤という部分が、勉強をする上で非常に大事です

私は、朝の時間帯に一番嫌いな科目を勉強することをまた成績を伸ばしたい科目を実施することをおすすめします。

なぜ一番嫌いな科目を明日は勉強するのか

まずこちらの質問に答えていきましょう。

朝の時間帯というのは一日の中で一番自分の意思が強く反映する部分だからです。

これは私の個人的な主観的な部分ではなく科学的にも実証されていることです

ですから、自分の意思が一番強い時間帯に一番嫌いな科目を勉強することが成績を上げるための近道です。

嫌いな科目というのは基本的に生理的に嫌いだとかそういった意味で嫌いなことがありません、

できないから嫌いなのです、

できないから嫌い、

嫌いだから勉強時間が少ない勉強時間が少ないから成績が上がらないこういった負のループに陥ってしまうのです。

こういったことをおこなさないにまずは勉強時間は確保する、これを徹底的に行っていきましょう。

勉強時間が確保されない状態っていうのは成績は絶対に上がりません。

どんだけ効率的な勉強方法であったとしても、成績は勉強時間をかけない限りは一生上がりません。

そのため勉強時間を取るということをまず考えていきましょう。

また朝の時間というのは、いちばん頭が冴えている時間帯でもあります。

そのため、この時間帯に得意な科目、得意にしたい科目をなぜできないのか、なぜできていないのか。

どのようにしたら出来ていくのか。

今自分ができているのは何なのかといった部分を突き詰めていき、成績を伸ばしていきましょう。

頭が働く時間帯にこのような考える動作を行うことで成績を上げることができるのです。

大学受験において大事なことは得意な科目は徹底的に得意にする、

また苦手な科目はできる限り他の人と同じ中くらい取れるようにする、これを徹底的に行いましょう

計画を立てることの重要性

こうした各科目に時間の傾斜をかけて戦略的に勉強していくと言うのが、
第一志望に受かるための条件になります。

毎日適当に好きな科目だけやっていると言うのではいつまでたっても、
勉強ができるになっても大地を俺の後角ができません

当塾では、各生徒にスケジュールを書いてもらって、

このような戦略的に勉強していくってことができるようになっていきます。

朝の時間を活用しよう!

少し話が脱線してしまいましたが、今回は話したいことは、朝の時間を有効活用しようということです。

気づいたら朝が終わってきたLINEの返信をしたり、Twitter Instagramを見ていたら、

気づいたら終わってしまったこのような無駄な朝の時間無駄時間を過ごしていませんか。

基本的に新しい自分がやらなきゃいけないことが増えてしまう可能性のあるSNSについては、朝見ない方が良いでしょう。

もちろん緊急の出来事があるのであれば、

SNSではなく電話で連絡が来るでしょうですのでSNSを使って無駄に朝時間を過ごすのはやめていきましょう。

朝の時間を計画的に有効活用していくことが大学受験を制覇することにつながります。

もちろん浪人生のほうが相対的に絶対量が多いのですが、現役生も負けることはありません。

時間が長いからといって必ずしもずっと集中しているわけではありません。

朝の短い時間を効率的に使うことが大学入試を突破することには必要不可欠です。

是非朝は少し早く起きてみたりご飯の前の少しの時間を使ったり学校に早く行ったりなどを利用して見てください。

必ずその効果は出てきます。

時間の使い方や計画の立て方で不安なことがある場合、お気軽にこちらからご連絡ください。

具体的にどのように勉強していったら良いのか、現在の成績からどのような順序でカリキュラムを組んでいくことで成績を上げることができるのか、具体的にご説明します

Published by

KAZUHISA ONO

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。BETELGEUSE株式会社代表取締役。