偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
文化構想学部

【早稲田文化構想2022英語】解答解説と来年2023年度入試に向けて

偏差値30からの早稲田慶應対策専門個別指導塾
HIRO ACADEMIA presents

早稲田大学文化構想学部の2022年の英語の解答解説です。

早稲田文化構想の長文について

大問1が相変わらず難しく(出てくる語彙力も高い・・・)、

まともに読んでいると時間がなくなってしまうかなという印象。

その他、大問2,5については例年よりも解きやすかったです。

ここは注意!

苦手の人の多い大問3ですが、
ディスコースマーカーももちろん大事ですが、
今回、問題を解くに当たり使うことができない例が多かったです。
ここの問題を解いていくには、
情報構造、文章単位の言い換えを理解していく必要があります。

長文解答解説

解説についてはメモ書き程度ですので、、参考程度にしてください。


(A)
1,d

thershold
2,b
richness,diversityが自動詞で使われているので、その度合いが変わる動詞を選ぶ。acdは双方とも他動詞.dominate。
3,b
as節のsluggishの言い換え

4,b
後ろのofと動詞で考える。

5,c
butとの関係性かつ、うしろのas節の言い換え。

6, 難
d

7,難
c

(B)


(A)
15,b
2パラ1文目の内容から踏まえると答えになる。

16,b
enough to の部分でemotional responseを引き起こすほどという意味で、実際に恐怖体験するという意味とイコールになっている。

(B)
17. (a) 18. (b) 19. (d)

(C)
20. (d) 21. (c) 22. (c) 23. (c) 24. (a)


苦手な人のパラグラフ整序問題。
動画でやり方を説明しているので見てもらうと良いです。

25, d
for instanceがうしろが例示になっている
具体例は過去になる。

26,h
選択肢はまずは全文と同じweを選ぶ。なぜならば、主語がweまたは後ろのgothic architectureなのでそれ以外を選ぶのはできない。g or hと絞れて、使われている言葉の一貫性からhを選ぶ。

27,g
主語の一貫性からg。内容についても少し比喩的な表現になっているが構わない。

28,f
3文前のgrateful→This feeling or atmosphereがweekened となっているので、ディスコースマーカーはないが、話が反転していることに気づく必要がある。
同じような表現を使った言い換えとなっているのは、fとなる

29

b
this conceptが前の文の内容にあたるのだが、ここで急に固有名詞で例示を入れるのは少し勇気がいる選択。
無理に入れる必要はないので、とりあえず置いておくというのが良い選択。

おそらく間違えて入れてしまいそうなのが、eだが、30の方が根拠として入れやすい。

30
前文の主語itが何を指すのかを考えて、話を追う。するとThis immortal contractとなる。that contractが入っている選択肢eとなる。

31,c
誰の話かを思い出す。最後にまとめとなる文章。過去形は前文の具体化。


32. (d) 33. (c) 34. (j) 35. (f) 36. (a) 37. (g)


作成中

早稲田文化構想2023年度の入試に向けて

全体を通して、早稲田大学に合格するためには、
長文の論旨を読むことができるのか
ということを問われています。

その中でも早稲田文化構想学部に合格するためには、

論がどのように進んでいるのかを理解していく力が必要です。

単に単語を和訳して、解釈をしているだけの生半可なその場凌ぎの学習では太刀打ちが難しいです。

当塾では、早稲田大学文化構想学部に合格するための英語力を0から養成しています。

お気軽にご相談ください。

早稲田慶應に合格したい方はお気軽にご相談ください!

慶應・早稲田大学への受験を控えている保護者様へ

慶應・早稲田大学の受験には学校別の対策が必須になります。慶應・早稲田合格に特化したHIRO ACADEMIAが完全サポート致します。

【無料】早慶レベルの英語の学力診断

こちらのページで英語の学力診断を実施します。(無料)

Published by

小野 和久

高校時代の成績は、偏差値30いかない程度。その状態から、皆に合わせて予備校に行くもうまくいかず、浪人。浪人生活の中で独学で勉強法を編み出して早慶ダブル合格を果たし、慶應義塾大学経済学部に進学。その後在学中に慶應早稲田専門の本塾を起業し、数々の偏差値30からの生徒を合格に導きました。当塾での合格の秘訣は、「考えて勉強をすること」です。 このような自身の経験から考えて勉強することの重要性を認識し、考えて勉強することで勉強を効率化してどんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。