偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【使い方】漆原晃の物理解法研究|圧倒的に成績を伸ばす方法

参考書の特色

対象者
難関大学の入試で得点を取れるようになりたい方(偏差値60くらいの方)

難関大学で差がつく問題を解けるようになるための参考書です。29問という少ない問題数ながら、それぞれの問題について密度の濃い解説により実力を身につけられるようになっています。

構成は、1つの問題について、解説に用いる「研究用例題」、その問題で身につける実力を示した「目的」、問題を解くために必要な基礎や観点を解説した「導入」、問題の解法を細かく示した「解説」、問題を解くためのポイントをまとめた「まとめ」の5つの部分からなります。よくある疑問や、別解についても細かくまとめてあるため、問題数が少なくても1つ1つの問題を解いたときの効果を最大限に上げることができます。

使い方

おすすめ使用期間
1ヶ月半~2ヶ月

まず、研究用例題を解いてみましょう。解答時間は1回目、2回目、3回目と時間が示されていますので、1回目の時間で解きます。時間が終わったら、目的・導入部分で基本的な事項を確認します。そして、別解なども含めて解説を読み、役に立つことや身についていないことをチェックするようにします。最後にまとめを読んで、それまでの解説を理解できているかどうか確認しましょう。
2回目、3回目も同様に、それぞれの問題解答時間で解くようにします。解けない部分があれば、また1回目のように確認をしていきましょう。解けた場合でも、自分の使っていない別解の手順を確認するなどしましょう。問題数が少ない分、1問1問に時間をかけられるので、より効果を挙げるためにできていない部分の確認は抜かりなく行いましょう。

1ランク成績を上げるための使い方

模擬試験や過去問などで間違えた問題について、似た問題がないかどうかを確認しましょう。似た問題があるのに間違えてしまった問題に関しては、まだ解法が明確に身についていないことになるので、解法をもう一度確認しましょう。また、この参考書に載っているような別解で解ける問題に関しては、模擬試験や過去問の解説に載っている解答だけでなく、別解の解法でも解いてみましょう。

この参考書によくある質問集

ここではこの参考書によく当塾に寄せられる質問をQ&A形式でお答えします。
platon1解答はプラトン先生にお答えいただきます。

質問1
物理解法研究を使っていれば他の参考書は必要ありませんか?
プラトン先生
解説が理解できるレベルであれば、難関校対策として十分な参考書です。ですので、物理解法研究の後に過去問などに取り組んでもいいと思います。ですが、基本的な部分ができていないまま取り組んでしまうと十分に理解できないので、その場合はまずもっと基本的な問題を扱っている参考書を使いましょう。
質問2
問題数が少なく、解法を網羅できているか心配です。この問題集の後により問題数が多い問題集を使用する必要はありますか?
プラトン先生
この問題集の問題が全て解けるような場合は、物理においては十分に実力がついていると思います。受験までの残り期間にもよりますが、物理解法研究を使いこなせるレベルならば物理だけでなく他の科目をできるようにすることが大事です。参考書で網羅するのではなく過去問を解いていき、何が足りていないのかを考えていくのが大事です。

Published by

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、”考える”ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。