偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【現役生】学校の先生が志望校を下げろと言ってきてやる気がなくなります!

この記事では、どのように勉強をすれば圧倒的に成績が上がるのか悩んで当塾のカウンセリングを受けた方に対して当塾がどのような解決策を出したのかをお伝えしていきます。(*他の方にも役に立つためにもなるべく具体的に記述いたしますが、個人が特定されない程度に情報は伏せさせていただいています)
勉強の効率が2.5倍上がるカウンセリングのお申込みはこちらから申し込みしております。初回無料で受け付けています。


以下が相談内容です。

早稲田大学法学部

高校3年

2015年 河合マーク模試 英語62 国語58 世界史 50

 

法科大学院に進み法曹を目指したい

 

河合のマーク模試が返ってきたのですが、ほとんどの志望校がE判定でした。

個別指導に通っているのですが未だに早稲田大学法学部に行きたいとは言い出せていません…

このままでは到底無理でしょうか。

学校の先生にはちょっと無理があると言われ志望校を下げろと言われました。

この頃やる気も出ず何をしていいかも分からずただただ塾に通う毎日です。

このままではいけないとは分かっています。

何か指示を頂けると幸いです。

ACADEMIA’S ANSWER

ご連絡ありがとうございます。

「志望校を下げろ」というのはひどい先生ですね。。

こういう先生はどういう目的があって、志望校を下げてください。ということを言うのでしょか?

正直私には理解ができません。

今日は偏差値の仕組みを簡単にお話して、現状ではちょっと厳しくても志望校を諦める必要はないということを考えていきます。

 

現役生は偏差値が高くなくて当たり前!!

受験生の中には偏差値=IQみたいなもので、「変えることができない」と思っている人がいるかもしれません。

確かに勉強し始めのうちは、勉強をしたことがないので勉強をしたという事実だけで、できるようになった気になり、いざ模試を受けて全然できないということが多いです。

このため、勉強をしても自分は頭が悪いから意味が無い、するだけムダ・・といった思考に陥り偏差値=決定されたものと考えてしまいます。

また学校の先生もおそらくこの思考なのでしょう。

勉強ができるようになるには才能が必要であり、現時点でA判定、模試の成績が良くない生徒は自分の志望する大学に合格することができない。

だから、質問者さんに対して、「志望校を下げろ」ということが言えるのだと思います。

実際は成績は上げることができるにも関わらず、学校の先生からこのような対応をされてしまえば、多くの受験生は成績は上がらないもの⇒志望校を下げなきゃといった思考になってしまいます。

こうした結果を生まないために、まずは偏差値の仕組みを知る必要があります。

まず、質問者さんが受けた5月の模試はほとんどの現役生は成績を出すことができません。

一般的な高校生は受験を意識し始めるのは、学年が変わった4,5月〜です。

一方で勉強をし始めて、その内容が定着しはじめて成績が上がるためには速くて3ヶ月,平均で4,5ヶ月はかかります。

こうしたことを考えれば、4,5月の模試で現役生はまず点数を取ることができません。

また4,5月の模試は浪人生と現役生の成績が一番離れている時です。

浪人生は一度入試という戦いを終えているため、それなりに勉強をした学生であれば模試で6,7割は取ることができます。

一方現役生は、勉強し始めで取れたとしても5割位なもんです。

多くの現役生は3,4割程度かも知れません。

こうした現状を考えれば、最初の模試はあてにならないということがわかると思います。

 

現役生は一度もやってないんだからまだまだ上がる余地あり

よく現役生は伸びるということを聞きますが、これは嘘ではありません。

現役生は、入試を一度も体験してないのですから勉強をしていれば伸びる余地はあります。

もちろん、ただ勉強をするだけではいけません。

勉強をする順番は大事です。

自分の理解できることを1つずつ使いこなせるように何度も反復していきましょう。

失敗する受験生の大半は自分ができもしないことを周りの人がやっているからという理由だけで、やってしまうことにあります。

周りの目ではなく自分ができているかどうか?が肝心なのです。

最終的に過去問を自信をもって解くことができれば、合格することは難しくないです。

過去問の時期にしても入試年度の1月からはじめて合格している人もいます。

現役生の場合はまだまだ伸びる余地があるのですから、余裕を持って頑張ってもらいたいです!

 

質問者さんの場合は法科大学院に行くという素晴らしい夢があるのですから、是非周りの声に負けずに頑張ってください。

 

それでは今日はこのへんで!

 


いかがでしたでしょうか? 当塾では個人の現在の学力、成績に合わせて適切な指導を行っております。どんな学力であっても、こんなことできるの?というご相談でも構いません。当塾にお気軽にご相談、ご連絡下さい。
東京での指導はもちろんのこと、インターネットを使用すれば日本全国、世界中どこからでも指導を受けることが可能です。

まずはお気軽にカウンセリングを受けて下さい。カウンセリングのお申込みはこちらから
受験相談をご希望の方は下からどうぞ!

 

早慶 受験相談


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。