偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【英語】睡眠に関する英語表現をマスターしよう

睡眠は私たちの生活には欠かせないものです。

いい睡眠をとることで、昼間に脳が活動して生産性を上げることができます。

また眠る前に暗記学習をすると記憶に定着しやすくなりますよね。

今回はそんな大切な睡眠に関する英語表現を解説します。

「寝る」はなんていう?

まずは「寝る」という意味の表現を学んでいきましょう。

おそらく大多数の人がGoing to bedという熟語を知っているはずです。

もう一つ「寝る」という意味の熟語がありますが、わかりますか

それはFalling asleep。

では、Going to bedとFalling asleepの違いはなんでしょうか?

Going to bedは、あなたの意思で眠ることです。

I’m sleepy. I think I’m going to bed.

眠たいから、そろそろ眠るよ。

 

対して、Falling asleepはあなたの意思に関係なく眠りにつくことです。

疲れていたり、授業がつまらなかったりして、いつの間にか眠っていたことはあると思います。

それがFalling asleepです。

 

・Go straight to sleep

すぐさま眠りについた、という意味の熟語です。

ちょっと難しそうな熟語に見えますが、Go to sleepにStraightが加わっただけです。

I went straight to sleep when I got home.

帰宅したら、すぐさま眠りについた

眠りの状態を表現する英単語

昼寝をしたり、ぐっすり眠ったりと、眠りにも種類があります。

ここからは眠りの種類を学んでいきましょう。

 

・Take a nap

「昼寝をする」という意味の熟語です。

ちなみにですが、スペイン語ではSiestaと呼び、英語ネイティブが使うときもあります。

 

・Heavy / Light sleeper

あなたはHeavy sleeperですか

それともLight sleeperですか

Heavy sleeperは、一度眠りに入ったらなかなか起きない人。

Light sleeperは、眠りが浅くて簡単に起きちゃう人のことです。

 

・Sleeping like a baby

赤ちゃんはぐっすりと眠りますよね。

直訳すると、「赤ちゃんみたいに眠っている」、つまり「ぐっすり眠る」という意味です。

 

・Snoring

Snoreは「いびきをかく」という意味の単語です。

When he sleeps like a baby, he always snores.

彼はぐっすり眠ると、いつもいびきをかく

 

・Getting ~ hours sleep

~時間寝たよ、と言いたいときにはGetを使います。

I got 7 hours sleep last night.

昨夜は7時間寝た

 

・Staying up late

すぐに寝付けなくて、夜遅くまで起きていることもありますよね。

そんな時にはStay up lateを使います。

I stayed up late last night.

昨日は夜遅くまで起きていたよ

 

・Tossing and turning

なかなか寝付けないときは、寝返りなどをうったりして動き回りますよね。

Tossing and turningの意味は、そういったベッドで動き回ることを意味します。

つまり、「よく眠れない」という意味です。

I was tossing and turning all night.

一晩中、眠れないで寝返りをうったりしていたよ

 

・A night owl

夜遅くまで起きているのが好きな人のことを、A night owlと言います。

・Oversleeping

Oversleepingだけはしたくないですね。

意味は「寝過ごす」です。

I overslept !

寝過ごしてしまった!


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。