偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【英語】前置詞付き関係代名詞。分からなくなる理由から仕組みまで徹底解説!

普通の関係代名詞は何とか理解できるけど、前置詞がついたら全く分からない!

という方も多いのではないでしょうか?

前置詞がついた関係代名詞はとても複雑で難しいです。

しかしちょっと見方を変えるだけで、なんてことのない普通の文章であることも事実。

今回は前置詞がついた関係代名詞を徹底解説します。

前置詞がついた関係代名詞って何?

皆さんはwith whomやfrom whom等は見たことがありますか?

これこそが前置詞がついた関係代名詞なのです。

その名の通り前置詞+関係代名詞となっていますね。

 

例文を見て確認していきましょう。

The person with whom I work is from England.
僕と一緒に働いている人はイギリス出身です。

太字部分が前置詞付きの関係代名詞です。

関係代名詞節部分は

with whom I workです。

 

この文を2文に分けると以下のようになります。

The person is from England.

I work with the person.

同じ「the person」のことを話しているので関係代名詞whomを使って1つの文にしていますね。

 

もう1つ例文を見てみましょう。

The girl to whom I wrote a letter is there.
僕が手紙を書いた女の子はあそこにいるよ。

太字のto whomが前置詞付きの関係代名詞。

そしてto whom I wrote a letterが関係代名詞節

 

この文を2つに分けることできますか?

関係代名詞の復習のためにも、まずは自分で分けてみてください。

正解は以下です。

The girl is there.

I wrote a letter to the girl.

同じ「girl」について話しているので、関係代名詞whomを使って1文にしていますね。

 

ここまで関係代名詞の復習を行いながら、前置詞付きの関係代名詞を見てきました。

おそらく多くの方が共通の疑問を持っていると思います。

早速その疑問を解決していきましょう。

 

関係代名詞が分からなくなる理由

どうして前置詞が関係代名詞の前に来るの?

おそらく多くの方が疑問に思っているはずです。

理由は深く考えずにそういうルールだと思いましょう。

 

しかし前置詞付きの関係代名詞には覚えておくべき特徴があります。

その特徴とは

目上の人と話すような丁寧な文章にもなるし、友達同士に使うような丁寧じゃない文章にもなるということです。

詳しく見ていきましょう。

 

すでに紹介した例文

1.The girl to whom I wrote a letter is there.

を次のように書き換える方もいると思います。

2.The girl whom I wrote a letter to is there.

違うのはtoの位置だけ。

どちらかと言うと、2の文章の方がしっくりきますよね。

関係代名詞のルールに沿っていますものね。

 

では1と2の違いは何なのか?

1は丁寧な文章です。

2は残念ながら間違った文章です。

 

しかし

3.The girl that I wrote a letter to is there.

は間違った文章ではありません。

混乱しますよね?

 

2と3の違いはwhomが使われているかthatが使われているかということ。

前置詞が関係代名詞節の最後に置かれるときは、thatが使われる、もしくは関係代名詞自体が省略されるのです。

さらに3の文章は間違っていませんが、丁寧な文章ではありません。

 

皆さんご存知の『ちびまる子ちゃん』で例えてみましょう。

 

1のように前置詞が関係代名詞の前に来ると、文章は正しく丁寧な優等生の丸尾君になります

 

3のように前置詞が関係代名詞節の最後に置かれる、且つthatが使われている、もしくは関係代名詞が省略されていると、文章はちょっと口が悪いけど間違ってはいないちびまる子ちゃん

 

2のように前置詞が関係代名詞節の最後にいて、thatではなくwhoやwhichが使われていると『ちびまる子ちゃん』には絶対に登場しないであろう、間違った不良になるのです

 

テストや受験で正解となるのは当たり前ですが1の文章。

学校では失礼な言葉を教えませんよね?

だから皆さんがテストや受験で書くときは前置詞を関係代名詞の前に置く必要があるのです。

 

This is the book (that) I referred to.
これは私が参照した本です。

This is the book to which I referred.

テストで正解になる丁寧な文章はどちらですか?

そうです、上の例文が正解です。

 

彼女が聴いている音楽は良い

これを英語にしてみましょう。

まずは2つの文を作ってみましょう。

The music is good.

She is listening to the music.

 

もう簡単ですね。

この2文を前置詞の位置に気を付けながら1つにすると、

The music to which she is listening is good.

作ることができましたか?

 

テストや受験ではいつも優等生の丸尾君のような文章を作ることを心がけてくださいね。

残念ながら、ちびまる子ちゃんのような口が悪い文章を作ってしまうと減点になります。

 

もし迷ったときはいつでも以下の文章を参考にしてください。

◎The girl to whom I wrote a letter is there.(丸尾君型文章)

△The girl that I wrote a letter to is there. (ちびまる子ちゃん型文章)

×The girl whom I wrote a letter to is there. (不良型文章)

正解は◎の丸尾君です。

 


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。