偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
浪人生

【浪人生の塾選び2024年】早慶向けの塾の選び方!浪人合格の専門家が伝授

こんにちは、早慶受験のための専門家小野です。

早慶受験生のお悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

今回のお悩み
  • 「早慶を目指す浪人生が合格するためには?」
  • 「早慶受験に特化した予備校の情報が欲しい」
  • 「早慶受験に強い予備校選びのコツを知りたい」

早慶を目指す浪人生になると、塾・予備校選びはさらに重要な意味を持ちます。

この記事を読めば、早慶を目指す浪人生の塾・予備校選びに役立つでしょう。

この記事では、早慶を目指す浪人生に最適な塾・予備校の選び方について、具体的に紹介しています。

記事を読み終えたら、早慶合格を目指す浪人生の予備校選びに関する有益な情報が得られるでしょう。

この記事の結論
  • 早慶合格を目指す浪人生が知るべき予備校の特徴
  • 早慶受験に強みを持つ予備校の選び方
  • 自分に最適な予備校を見極めるためのポイント

【絶対早慶志望の浪人生向け】塾選びのポイントとは?

早稲田大学や慶應義塾大学といった、難関私立大学への合格を目指す浪人生にとって、

第一志望校合格へのポイントを押さえることは非常に重要です。

以下の項目を具体的に解説します。

  • 早慶への受験を成功させるためには
  • 早慶合格で宅浪を考える?
  • 早慶を目指す浪人生が塾に行く意味は?

早慶への受験を成功させるためには

早慶受験の浪人生の皆さん、来年の試験に向けて、残された時間の使い方を真剣に考えていますか?

限られた時間の中で、最大限の成果を出すためには、この1年間をいかに効率的に過ごすかが鍵となります。

浪人生活を無駄にしないためには、目標とする早稲田大学や慶應義塾大学の過去問を徹底的に分析し、出題傾向を掴むことが重要です。

また、自由な時間が多い分、計画的に学習スケジュールを立て、自己管理を徹底することが成功には不可欠です。

早慶を目指す浪人生活を最大限に活かすために、

自分に合った塾や学習スタイルを見極め、効率的な勉強法を身につけることが、合格への近道となるでしょう。

こちらの記事でも浪人生の客観化することの重要性については述べています。

早慶合格で宅浪を考える?

ronin
【早慶志望】浪人生向けおすすめ記事
  1. 早慶は浪人しても難しい!?
    根本的に変えていく必要性とその方法を伝授
  2. 【早慶浪人】伸びないのはなぜ?
    伸ばし方を説明
  3. ヒロアカの浪人生必勝必勝コース
    基礎から合格するための勉強法
  4. 【早慶浪人】年間スケジュール
    浪人生が早慶に合格するための計画の立て方とは
  5. 【早慶】女子浪人が絶対に合格には
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介

早慶受験を控えた浪人生の中には、塾や予備校に通わず、自宅で勉強を進める「宅浪」を選ぶ方もいます。

宅浪のメリットとしては、

  • 自分のペースで早慶の過去問や難関校対策ができる
  • 予備校に比べて費用が抑えられる
  • 周囲に気を使わず、集中して学習できる

などが挙げられます。

特に、早稲田大学や慶應義塾大学の過去問を繰り返し解くことは、宅浪ならではの自由な学習計画で可能です。

また、予備校に比べて経済的な負担が少ないのも大きなメリットです。

参考書代や模試の受験料だけで済ませることができます。

しかし、宅浪のデメリットも存在します。

  • 生活リズムの自己管理が必須
  • 疑問点や難問の解決が遅れがち
  • 進路相談や情報収集が困難

といった点が問題になるでしょう。

例えば、早慶の過去問に取り組んでいても、わからない問題があった場合、
すぐに質問できる環境がないため、解決までの時間が長引く可能性があります。

また、早慶受験に特化した最新の受験情報や戦略を一人で集める必要があり、その点で不安を感じる方も多いでしょう。

受験は情報戦の部分もあるので、絶対に早慶に合格したいのであれば、情報を色々と教えてくれる塾であることも重要でしょう。

早慶を目指す浪人生が塾に行く意味

早慶の受験を考えている浪人生にとって、予備校や塾に通う選択肢も大きな意味を持ちます。

塾に通うメリットは、

  • 早慶受験に特化したカリキュラムの提供
  • 不明点の即時解決
  • 受験情報の提供と進路相談の機会

といった点があります。

早慶受験に特化したカリキュラムは、志望校合格に向けた効率的な学習を促します。
例えば、慶應義塾大学の小論文対策や早稲田大学学部ごとの特徴にあわあせた英語長文の特訓など、目的に合わせた指導が受けられます。

専門と謳っていてもカリキュラムはどこの大学を目指すにしても全て同じで、過去問をしているだけの塾もあったりするので、その辺りはよくよく見極める必要がありますよ。

また、学習中に直面する問題点をその場ですぐに専門の講師に質問できるため、勉強できてないことをすぐに解決できます。

しかし、デメリットも存在します。

  • 高額な学費
  • 必ずしも合格を保証するものではない
  • 通学に要する時間

予備校や塾の学費は、家計に大きな負担をかける可能性があります。
また、どんなに優れた予備校であっても、最終的な合格は学生自身の努力次第です。

塾に行っただけで満足しないようにしてください。

そして、予備校までの往復時間は、勉強時間の損失にもつながり得ます。
例えば、片道1時間の通学時間があれば、その2時間を自宅での集中学習に充てることも可能です。

早慶受験を控えた浪人生の皆さんが、自分の状況に合わせて最適な学習環境を選ぶことが、合格につながる第一歩です。

Keio
【早慶志望】高2・1生向けおすすめ記事
  1. 【何からはじめたらいい?という人向け】
    【まず始めることをお伝えします】
  2. 早慶に合格するための戦略とは?
    1,2年生から合格するための戦略を立てるには?
  3. 【高1】早慶現役合格の勉強法を徹底解説
    志望校に合格するためにやるべきこと紹介
  4. 【高2】現役で早慶GMARCHに合格
    必要な勉強法(勉強時間、参考書)を紹介
  5. 【高2】早慶絶対合格!!のためにすること
    勉強時間、スケジュール、参考書、勉強法の紹介

早慶受験のための塾選びとは?

早慶を目指す浪人生にとって、適切な塾選びは合格への大きな一歩です。

以下、早慶受験に適した塾の種類についてのポイントを説明します。

  • 早慶受験の浪人生の塾選び:種類
  • 早慶受験に強い特化型塾とは
  • 塾の指導形式についての理解

早慶受験の塾選び:種類

早慶受験を控えた浪人生には、様々な塾が選択として存在します。

それぞれの特徴を理解し、自分合った塾を見つけることが成功の鍵です。

種類 特徴
大手予備校 幅広い科目を網羅的に学べる、講師の質が高い。特定科目に強い講師によるクラス設定例あり
地方予備校 地元の高校カリキュラムや受験傾向に合わせた指導、小規模で細かいサポート
個別指導塾 苦手分野克服や個別の学習スタイルに合わせた指導に適している。
オンライン予備校 時間や場所を選ばず学習可能、早慶受験の過去問解説講座が充実
高校講座併設の予備校 高校の基礎学力がある学生が受験対策を強化したい場合に適している
短期集中講座 早慶受験の直前期に集中的な対策を行いたい学生に適している
一般塾 大学受験に特化はしているが、早慶受験の特定大学対策には不向きな場合も

早慶験の浪人生の塾選び:特化型塾

特化型塾は、特定の科目や目的特化した塾で、以下のような種類があります。

学校別特化型

Sk

例えば、早稲田大学や慶應義塾大学専門の予備校では、それぞれの大学が重する科目や試験形式に合わせた指導を行います。
慶應義塾大学の小論文や早稲田大の英語のエッセイなど、特定の試験対策強みを持ちます。

ヒロアカはここの特化型の塾になりますよ!

科目特化型

早慶受験では英語が重要な科目ですので、英語に特化した塾や、理系学生であれば数学理科に特化した塾を選ぶことが有効です。
これにより、特定科目得点力を高めることが可能になります。

このような塾を選ぶ際は、自分の目標や学力、学習スタイルに合わせた選択をすることが重要です。

早慶志望の塾の指導形式への理解

早慶受験を目指す浪人生にとって、塾の指導形式を理解することは非常に重要です。

早慶受験に特化した塾では、様々な指導形式が用意されており、それぞれのメリットと注意点を把握することが大切です。

指導形態:コーチング型

昨今流行っている形態の塾です。授業を行わず、生徒の自学自習をサポートすることに特化しています。
自分で計画を立てて勉強する能力が既にある生徒には、この形式が合っている可能性があります。

毎日の勉強計画を立て、実際にどの程度勉強が進んでいるかをチェックし、必要に応じて調整してくれるため、自己管理に自信のない生徒にも適しています。

コーチング塾のデメリットとは
  • 塾を運営するためのハードルが低い(初期コスト安い、指導はしなくて良いなど)ため、ものすごく数が増えていて玉石混合です。早慶を目指す上でこのようなコーチング塾を選ぶ際に気をつける点をまとめました。

指導形態:授業型


授業型の塾では、講師が直接授業を行い、各科目の内容の理解を深めることができます。

授業型の塾は、特に基本的な内容の理解が不十分な生徒や、新しい分野に挑戦する時に有効です。
講師からの直接的な説明で理解を深め、質問を通じてすぐに疑問を解消できる点がメリットです。

しかし、授業型塾の選択にあたっては、講師との相性や自分の学習スタイルが合っているかをよく検討し、
自分に合わない授業内容やペースで勉強が進むと、効率が落ちる可能性があるため注意が必要です。

集団指導の場合は聞いていると楽しいので、ちゃんと復習をしないとできるようにならないよ!また、個別指導でも一方的に話し続けている先生もいるので要注意してください。

bannaer

早慶受験の浪人生にとって自分に合った塾を選ぶのが大切

早慶受験を控えた浪人生にとって、自身の目標達成に最適な塾選びは非常に重要です。ここでは、そのためのポイントを詳しく解説します。

  • 自分の目的を明確にして塾を選ぶ
  • 塾に行って成績を上げるためには
  • 自分に合った塾選びは無料体験授業

自分の目的を明確にして塾を選ぶ

早慶を目指す浪人生の皆さん、塾選びにおける最初のステップは、自分の目的をはっきりさせることです。

たとえば、早稲田大学の商学部を目指す場合、商学部入試に特化したカリキュラムを提供する塾が適しています。
慶應義塾大学の法学部を志望していれば、慶應義塾大学の入試に精通した講師が在籍する塾を選ぶと良いでしょう。

また、現在の偏差値から早慶のボーダーラインまで点数を引き上げたいと思っているなら、
そのような偏差値アップに特化した塾を選ぶと効果的
です。

それぞれの塾の特性を見極めていかないと合格はできませんよ。

塾選びの目的を明確にすることで、目標達成に直結する塾を選びやすくなりますし、
逆に目的が不明確だと、せっかくの浪人期間を無駄にしてしまう可能性があります。

塾に行って成績を上げるためには

塾に通うだけで成績が上がるわけではありません。

授業で学んだ内容を自分のものにするためには、予習と復習が不可欠です。

例えば、早慶の英語長文をマスターするためには、授業で学んだテクニックを使って、実際に多くの長文を自分で読み解く練習が必要で、
数学では、授業で習った問題の類題を自分で何度何度も解いてみることが大切です。

浪人生は特に要注意!

浪人生はどれだけ厳しく管理されていても、ほとんどが夏までで集中力が切れてしまって、それ以降学力が下がってくることがほとんどです。鉄の覚悟を持って、やり切る覚悟を持って浪人をやり遂げましょう。

自分に合った塾選びは無料体験授業

浪人生にとって、塾を選ぶ際には無料体験授業を活用することを強くおすすめします。

無料体験を通じて、塾の雰囲気、講師の教え方、授業の内容などを実際に体験することができます。

特に早慶受験に特化した塾では、体験授業でその塾が早慶の入試にどれだけ精通しているかを判断する材料になります。

無料体験授業を通じて、自分に合った塾を見極めることが、早慶受験成功への近道になるでしょう。

良い点1:先生の授業スタイルを確認できる

無料体験授業を利用することで、早慶受験を専門とする講師の授業スタイルを前もって確認することができます。
例えば、慶應義塾大学の小論文対策を例にとると、講師がどのようにテーマを分析し、どのように構成を考えるかというプロセスを体験することができます。授業が理論的か、実践的な演習が多いかなど、自分の学習スタイルに合うかを見極めることができます。

良い点2:塾の雰囲気を体験できる

無料体験授業では、早稲田大学や慶應義塾大学を目指す浪人生として、塾の学習環境を直接体験することができます。
例えば、早慶受験生に特化したクラスがある塾では、他の受験生がどのように勉強に集中しているか、環境が自分にとって刺激になるかどうかを感じ取ることができます。また、静かで集中しやすい環境か、活気があって切磋琢磨できる環境かなど、自分に合うかどうかを確かめることができます。

良い点3:先生との相性を確認できる

無料体験授業を受けることで、講師と自分との相性を試すことができます。

例えば、ある講師が行う早慶の模試の解説授業に参加することで、その講師の指導方法が自分に合っているかどうかを判断できます。
相性が良ければそのままその講師のクラスを選ぶことができますし、合わない場合は他の講師を探すこともできます。

これらのポイントを踏まえ、無料体験授業を活用して、早慶受験に最適な塾を見つけることが、浪人生にとって非常に重要です。

【浪人生の塾選び】早慶向けの塾の選び方!のまとめ

早慶受験を目指す浪人生の皆さん、正しい塾選びは合格への大きな一歩です。本記事では、早慶合格を目標とする浪人生にとって必要な予備校の選び方、
早慶受験に強い予備校の特徴、そして自分に合った予備校を見極めるポイントを詳しく解説しました。

限られた時間の中で最大限の成果を出すためには、早慶の過去問を徹底的に分析し、計画的に学習スケジュールを立てることが鍵となります。

また、宅浪のメリットとデメリットを理解し、自宅学習が自分に適しているか、または塾や予備校での学習が有効かを検討することが大切です。
さらに、塾選びでは無料体験授業を活用し、塾の雰囲気や講師との相性を確認することも重要です。

最終的には、自分の学習スタイル、目標、学力に合った塾を選ぶことが、早慶合格への近道となります。

この記事が、早慶を目指す皆さんの塾・予備校選びの一助となれば幸いです。

nyujukufree

【無料プレゼント】LINE友だち追加で5大特典プレゼント

LINE公式に登録することで素敵なプレゼントをお渡しします。

Published by

小野 和久

高校時代の成績は、偏差値30いかない程度。その状態から、皆に合わせて予備校に行くもうまくいかず、浪人。浪人生活の中で独学で勉強法を編み出して早慶ダブル合格を果たし、慶應義塾大学経済学部に進学。その後、留学せずに英検1級、TOEIC990点、国連英検特A級を習得。 また、在学中に慶應早稲田専門の本塾を起業し、数々の偏差値30からの生徒を合格に導きました。当塾での合格の秘訣は、「考えて勉強をすること」です。 このような自身の経験から考えて勉強することの重要性を認識し、考えて勉強することで勉強を効率化してどんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。