早稲田大学理工学部 | 偏差値30から本番で圧勝するための徹底対策

早稲田理工学部

▶先進理工学部の特徴

物理学科、応用物理学科、化学・生命化学科、応用化学学科、生命化学学科、電気・情報生命工学科の6学科がある。3つの学部の中で最も偏差値が高いのはこの学部である。

▶創造理工学部の特徴

建築学科、総合機械工学科、経営システム工学科、社会環境工学科、環境資源工学科の5つの学科にわかれている。中でも建築学科は入ってからも課題が多く最も大変な学科と言われている。創造理工学部独自の授業、創造理工学部リテラシーが行われる。

▶基幹理工学部の特徴

数学科、応用数学科、機械・航空学科、電子物理システム学科、情報理工学科、情報通信学科、表現工学科の7つの学部に分かれている。大きな特徴として学系Ⅰ〜Ⅲで受験し、2年進級時に学科配属が行われる。そのため、入学してから自分の道を決めることができ、他学科との交流もできる。

入試動向

入学難易度 ico_grade6_4 4,0

文系に比べると科目数(理科2科目)が多くなり、英語も他の理工学部と比べると遥かに難しい。正直、MARCHの文系よりは難しく、学部によっては他の文系学部よりも難しくなっている。
早稲田大学を目指して現役で合格するためには、前もっての準備が必要。

合格最低点

配点は英語120点、数学120点、理科120点の合計360点となっています。
*先進理工学部は学科によって点数の傾斜があるため、自身の志望する学科ではどのような点数の傾斜があるのか?に注意しましょう。なぜならば、その結果によっては理科2科目の時間の使い方の割合も変わるからです。自分の得意科目をうまく使えるようにがんばってください。

▶先進理工学部

先進理工学部では下記の学科で理科の得点の重み付けを行っています。
物理学科、応用物理学科
→物理:化学=80点:40点となり物理を重視した点数となっています。
化学・生命化学科
→化学:物理=80点:40点となり化学を重視した点数となっています。
応用化学科
→化学:物理or生物=80点:40点となり化学を重視した点数となっています。

合格最低点は生命医科学科で183点となっています。

合格最低点は化学・生命化学科で180点となっています。

合格最低点は応用化学で184点となっています。

合格最低点は物理で192点となっています。

合格最低点は応用物理で177点となっています。

合格最低点は電気・情報生命で170点となっています。

先進理工学部の志願者は、学部内で同一の理科解答パターンの他学科を第二志望とすることができます。第一志望が不合格(補欠)の場合で、総合点が第二志 望学科の合格最低点を上回る場合にのみ、第二志望学科合格となります。ただし第一志望学科が補欠合格になった場合は、第二志望学科の合格は取り消されます (同時に2学科に合格することはありません)。なお、補欠は第一志望学科のみ適用されます。          引用:早稲田大学入学センター

▶創造理工学部

建築学科のみ空間表現40点が加えられ、合計400点となっています。

合格最低点は建築学科で190点となっています。

合格最低点は総合機会工学科で172点となっています。

合格最低点は経営システム工学科で178点となっています。

合格最低点は社会環境学科で172点となっています。

合格最低点は環境資源学科で164点となっています。

▶基幹理工学部

合格最低点は学系Ⅰで173点となっています。

合格最低点は学系Ⅱで175点となっています。

合格最低点は学系Ⅲで170点となっています。

理工学部生の学生生活について

当塾の講師や学生講師、学生インタビューなどから得た貴重な大学での学生生活の情報をお伝えしていきます。

早稲田の理工では全学部が必修となっている理工学基礎実験という授業があり、1年生の時に履修しなくてはならない。その実験では物理、化学、生物の実験を毎週1日をかけて行い、時にレポート提出もある。他にも学科独自の実験もあり、実験を行う機会、施設は充実している。

創造理工学部の建築学科、総合機械工学科、先進理工学部の応用化学学科は課題、実験、必修の授業などが大変な学部であり、3Kと呼ばれている。

キャンパスでは図書館やカフェテリアで熱心に勉強している生徒が多く見られるため、真剣に勉強するには良い環境となっている。早稲田の他学部とはキャンパスが離れているものの、アクセスは良く、副都心線の西早稲田駅に直結している。

科目別対策

教授陣

〈基幹理工学部〉

数学科
上野 喜三雄 −教授、代数解析学
江田 勝哉 −教授、無限生成の対象についての研究
楫 元 −教授、代数幾何学
小松 啓一 −教授、整数論 活動情報
柴田 良弘 −教授、関数方程式論 活動情報 研究室
田中 和永 −教授、変分問題とその非線型微分方程式への応用
本間 泰史 −教授、ディラック作用素に関連した幾何学,大域解析学
村上 順 −教授、量子不変量による低次元位相幾何学
山崎 昌男 −教授、偏微分方程式
米田 元 −教授、相対性理論,応用数理

応用数理学科
伊藤公久 −教授 高温物理化学に基づいた数理物質工学の構築
大石進一 −教授 精度保証付き数値計算の理論とシステムを開発し、コンピュータで非線形問題の厳密解を与える
柏木雅英 −教授、数値解析
高橋大輔 −教授、 超離散化手法によって離散解析学を構築し,応用をめざす
谷口正信 −教授、 数理統計学・時系列解析・統計的金融工学
橋本喜一朗 −教授、 保型形式 と 代数曲線・アーベル多様体の数論研究
松嶋敏泰 −教授、 決定や学習の機構を情報の視点から解明する
山田義雄 −教授、 応用数理に現れる非線形問題の解析

機械科学・航空学科
天野嘉春 −教授、動力システム,エネルギー変換工学,システム工学
太田有 −教授、流体工学、流体機械、数値流体工学,空力音響学
川田宏之 −教授、複合材料の長期信頼性の確立と新設計手法の提案
川本広行 −教授、電磁力の作用する粒体のダイナミクスとその画像形成機器やマイクロマシンへの応用
齋藤潔 −教授、 環境調和型機械システムのダイナミックスと制御
佐藤哲也 −教授、航空宇宙用推進システムに関する研究
富岡淳 −教授、 トライボロジー
内藤健 −教授、 熱流体科学・工学(エンジン乱流燃焼、翼の最適化、軟体力学)、生命科学・工学(生命分子システム基礎論、好熱菌利用)
吉村浩明 −教授、 応用数学, 非線形システムの力学と制御理論

電子物理システム学科
宇高勝之 −教授、 半導体光機能デバイス
川原田洋 −教授、 炭素系ナノバイオテクノロジー 活動情報 研究室
小山泰正 −教授、 固体物理
庄子習一 −教授、 マイクロマシーニングを応用したマイクロセンサ・マイクロシステムの開発
谷井孝至 −教授、 シリコンナノ構造配列の作製と生体分子への応用
柳澤政生 −教授、次世代情報通信用システムLSIの設計とCAD
山中由也 −教授 場の量子論、熱場の量子論、量子論基礎
山本知之 −教授 量子物性科学
渡邉孝信 −教授 多元素系用分子動力学法の開発とナノプロセスシミュレーションへの応用

情報理工学科
入江 克 教授 量子イメージング
量子情報を基礎にした”完全な”情報セキュリティー
GPGPUを利用した超並列イメージング処理 活動情報 研究室
上田 和紀 教授 並列分散処理・知識情報処理のパラダイムと根幹技術 活動情報 研究室
筧 捷彦 教授 ソフトウェア科学、プログラミング環境 活動情報 研究室
笠原 博徳 教授 高速かつ使い易い並列コンピュータの開発及び利用技術 活動情報 研究室
木村 啓二 教授 プロセッサアーキテクチャ,並列化コンパイラ 活動情報 研究室
後藤 滋樹 教授 次世代インターネット 活動情報 研究室
酒井 哲也 教授 – 活動情報
菅原 俊治 教授 自律エージェント・マルチエージェントなどの知的分散協調処理 活動情報 研究室
中島 達夫 教授 次世代組込み/ユビキタス環境基盤ソフトウエアに関する研究 活動情報 研究室
深澤 良彰 教授 オブジェクト指向などの新しいソフトウェア開発技術 活動情報 研究室
松山 泰男 教授 記号とパターンを統合する新たな計算知能

情報通信学科
甲藤二郎 −教授、 次世代ネットワークとマルチメディア信号処理
亀山渉 −教授、マルチメディア情報流通システム
小林哲則 −教授、知覚情報システム,音声言語処理,画像処理,知能ロボット
嶋本薫 −教授、無線通信、次世代携帯通信、衛星通信、光無線通信、航空通信、無線LAN、ヘルスケア、遠隔医療、ネットワークセキュリティ
高畑文雄 −教授、 ワイヤレス・コミュニケーション
田中良明 −教授、情報通信ネットワーク
戸川望 −教授 、次世代システムLSI設計,地図情報処理,通信情報処理
前原文明 −教授、 ワイヤレス・ユビキタスを実現する無線信号処理研究

表現工学科
及川靖広 −教授
尾形哲也 −教授
河合隆史 −教授
菅野由弘 −教授、音楽表現の研究と、工学的アプローチ

〈創造理工学部〉

建築学科
入江正之 −教授、建築家論・意匠論、建築論に根ざした先端開発型設計に関する実践的研究
嘉納成男 −教授、建築生産、建築生産管理
輿石直幸 −教授、建築材料研究
後藤春彦 −教授、都市計画・地域計画、都市設計・公共施設設計、景観デザイン
小松幸夫 −教授、建物の寿命推計およびライフサイクルマネジメント
佐藤滋 −教授、参加と自律の都市計画・まちづくり理論の確立
曽田五月也 −教授、建築物の高減衰化に基づく耐震構造設計法の研究
高口洋人 −教授、建築,都市の省エネルギー技術、家庭用分散型電熱源、環境メディア
田邉新一 −教授、 建築環境学
西谷章 −教授、地震時にあっても揺れない建物、スマート構造を実現する
長谷見雄二 −教授、災害現象のメカニズムを解明して安全な都市・建築をつくる
古谷誠章 −教授、建築デザイン、建築計画、建築意匠論
前田寿朗 −教授、地盤内の波動伝播が建築物の耐震性に及ぼす影響の研究
山田眞 −教授、地震工学
渡辺仁史 教授、建築空間における人間の行動をデザインする

総合機械工学科
草鹿仁 −教授 高効率でクリーンなエンジン及 び燃料電池システムの開発
上杉繁 −教授 人と自然と機械の「間」のデザイン
梅津光生 −教授 人工臓器・人工弁などの人工臓器の開発・評価研究
菅野重樹 −教授 知能機械学
大聖泰弘 −教授 次世代の自動車動力システムとモビリティ社会に関する研究
高西淳夫 −教授 ロボット工学、生物制御学
中垣隆雄 −教授 天然ガスやDMEを燃料とする化学再生発電システム,化石燃料を用いたCO2回収型水素製造システム,燃料電池システムなど,化学・熱・電気のエネルギー相互変換に関する研究
藤江正克 −教授、機械力学・制御
宮下朋之 −教授、機械構造の設計および構造解析/最適化/満足化
三輪敬之 −教授、場のコミュニケーション・デザイン、共創コミュニティ支援技術、植物生命情報システム
山川宏 −教授、 機械構造のダイナミクスとデザインに関するコンピュータ支援技術の研究及び開発
吉田誠 −教授、 自動車・二輪等、輸送機器の軽量化・高効率化のための新素材・新材料・溶融凝固加工法の研究開発

経営システム工学科
大成尚 −教授、軽快で変幻自在なインテリジェント生産システムの実現
大野高裕 −教授、数理的アプローチによる経営管理の革新
片山博 −教授、グローバル化する生産環境に日本製造業は如何に対応すべきか
岸知二 −教授、ソフトウェア工学
後藤正幸 −教授、経営工学分野における情報統計と情報数理の応用に関する研究
小松原明哲 −教授、人間生活工学 : 人間生活へのシステム適合化技術開発
高田祥三 −教授 、製品・設備のライフサイクルエンジニアリング
高橋真吾 −教授、システムの基礎理論から社会,経営システムへの応用研究
永田靖 −教授、データ解析のための方法論へ数理的にアプローチする
菱山玲子 −教授、人工知能,知識情報処理
棟近雅彦 −教授、品質マネジメントに関する技法の開発,医療の質保証,感性工学
森戸晋 −教授、モデルベース思考で、計画・管理にアプローチする
吉本一穂 −教授、施設計画、ロジスティクスの設計・改善のための研究

社会環境工学科
赤木寛一 −教授、健康で安全な人間生活に向けた地盤環境技術の開発
清宮理 −教授、 構造設計学:橋梁、海洋構造物などの社会基盤施設の安全性の確保と設計手法
小泉淳 −教授、地下構造物の合理的な設計法と施工法とを考える
榊原豊 −教授、高度水処理技術と復元再生技術の研究開発
佐々木葉 −教授、都市景観の形成原理と手法に関する研究
柴山知也 −教授、沿岸域の防災、沿岸域の環境保全, 建設社会学, 国際開発工学
関根正人 −教授、土木工学専攻 河川工学・河川水理学
中川義英 −教授、都市構造理論の構築と市民が共有できる都市計画を考える
依田照彦 −教授、構造物の機能と性能に関する研究

環境資源工学科
内田悦生 −教授、 地殻中における有用元素の移動・濃集機構の解明 / 石造文化財の科学
大河内博 −教授、 大気・水圏の環境化学
大和田秀二 −教授、 リサイクル工学,資源分離工学
香村一夫 −教授、 地圏環境学
所千晴 −教授、 資源循環・環境浄化のための粉体プロセッシング
不破章雄 −教授、 非鉄金属製錬プロセスの開発、湿式法による新材料の開発、量子化学によるダイオシン生成、除害の研究
山崎淳司 −教授、応用鉱物学

〈先進理工学部〉

物理学科
安倍博之 −教授 素粒子物理学の理論的研究
石渡信一 −教授 タンパク質機能の1分子デザインとシステム構築
勝藤拓郎 −教授 多数の電子が作る新しい性質を探る
木下一彦 −教授 一分子生理学による生体分子機械の動作機構の解明
栗原進 −教授、巨視的量子現象と秩序のゆらぎ
鷹野正利 −教授 無限に大きい核物質の量子多体問題的研究
鳥居祥二 −教授 高エネルギー宇宙物理学
中里弘道 −教授 量子論の基礎をめぐる諸問題の理論的解析
長谷部信行 −教授 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
前田 恵一 −教授、宇宙のミステリーと素粒子統一理論、宇宙の構造形成問題と自己重力系の統計力学的性質、時空のダイナミクス — ブラックホールと重力波
松田梓 教授、低温電子物性
山崎義弘 −教授、パターン形成の物理、非平衡統計物理学
山田章一 −教授、高エネルギー天体物理学

応用物理学科
青木隆朗 −教授、量子光学
大谷光春 −教授、非線形偏微分方程式論
小澤徹 −教授、数理物理学、場の古典論、非線型散乱理論
片岡淳 −教授、放射線応用物理学
小松進一 −教授、光物理工学
竹内淳 −教授、半導体の超高速現象、量子ドット、スピントロニクス、ナイトライド、量子コンピューティング、超高速スイッチングデバイス
竹延大志 −教授、パイ電子材料が拓く新しいエレクトロニクス
多辺由佳 −教授、ソフトマター物理学
中島啓幾 −教授、光集積回路
橋本周司 −教授、計測・情報工学

化学・生命化学科
石原浩二 −教授、無機溶液反応の反応機構、平衡論・速度論
井村考平 −教授、物理化学,近接場光学,プラズモニクス
鹿又宣弘 −教授、特異な構造を有する機能性有機分子の創製とその応用
中尾洋一 −教授、幹細胞のケミカルバイオロジー
中田雅久 −教授、生物活性天然物の全合成を中心とする研究展開

応用化学科
逢坂哲彌 −教授、電気化学ナノテクノロジー
木野邦器 −教授、応用生物化学、発酵工学、微生物代謝工学、遺伝子工学、アミノ酸生産
桐村光太郎 −教授、物質生産のための応用生物化学~常温常圧工学への展開
黒田一幸 −教授、無機有機ナノ複合を生かした新材料創製
菅原義之 −教授、化学的にセラミックス材料を合成する
関根泰 −教授、炭化水素の有効利用のための転換プロセスの開発
西出宏之 −教授、機能性高分子の精密合成, 近未来の物性分子
平沢泉 −教授、高品位結晶を創製するための先進晶析工学研究
本間敬之 −教授、固液界面反応による機能ナノ構造体形成およびデバイス・システム構築
松方正彦 −教授、ミクロ・メソ多孔質材料の合成と触媒化学への展開、エネルギー・環境問題への触媒化学の視点からのアプローチ
門間聰之 −教授 電気化学的エネルギーデバイスの材料・デバイス設計と電気化学的評価法の開発

生命医科学科
井上貴文 −教授、神経細胞の情報処理機構の解明 活動情報 研究室
大島登志男 −教授、脳の発生・発達の分子メカニズムの解明とその応用
合田亘人 −教授、生命活動を制御する低酸素感受・応答システムの解明をめざして
仙波憲太郎 −教授、癌細胞の増殖を制御する遺伝子の解析とそれに基づく新規・改良型分子標的治療薬の開発
武岡真司 −教授、生体分子集合科学を基盤とした、薬物、蛋白質、核酸運搬体の開発
常田聡 −教授、環境微生物生態解析,新規遺伝子定量技術,新規バイオイメージング技術,細胞増殖シミュレーション

電気・情報生命工学科
石山敦士 −教授、新しい超電導応用機器の開発と早期実用化を目指して
井上宏子 −教授、シグナル伝達に関わるタンパク質リン酸化の研究
井上真郷 −教授、情報統計力学,バイオインフォマティクス
岩崎秀雄 −教授、体内時計・細胞分化に関する細胞分子ネットワークの研究
岩本伸一 −教授、新環境下における電力系統の運用・制御・解析
内田健康 −教授、情報と制御に基づくシステムインテグレーション
大木義路 −教授、無機・有機誘電体および絶縁体の電気物性と光物性
岡野俊行 −教授、生体の光応答・シグナル伝達・時刻認識などに関わる分子細胞生物学的研究
胡桃坂仁志 −教授、遺伝子を収容する染色体の安定維持機構とその機能構造に関する研究
村田昇 −教授、機械学習の理論と応用
若尾真治 −教授、コンピュータ援用電磁工学
渡邊亮 −教授、アドバンス制御

早稲田大学先進/創造/基幹理工学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門指導塾として理工学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

また、早稲田大学先進/創造/基幹理工学部に合格するためにどのように勉強をしたらよいのか指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

早稲田大学先進/創造/基幹理工学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。

コメントを残す