偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
塾長ブログ

あと数点で涙を飲む受験生とそうでない人の違い|塾長ブログ

2019.03.07

久々に更新します。

今年も多くの受験生が当塾から羽ばたいていきました。

また、代わって新しい受験生の相談がどんどん来ています。

よくある相談が、
模試では成果が出ていたのに本番になるとと言ったりあと数点あれば向かっていたと言う受験生からの質問が多々来ています。

そこで今回はこれまでの受験生の指導の経験を踏まえて、

あと数点で成果を出せる受験生と出せない受験生の違いを説明していきます。

成果を出せない受験生とは?

成果を出せなかった受験生は、
当日成果を出せない理由を緊張のせいだったり、してしまうことが多いです。

もちろん、緊張と言うことが結果に影響及ぼすことがはありますが、

実際はそれが以外のところでの対策が不十分です。

1番問題なのは、自分の実力を100%分かりきっていないがために問題がおこっていることです。

自分の実力を100%わかりきっていないために、
本番になって時間配分を間違えてしまったり、根拠を取らずに回答を出してしまっています。

成果を出せる受験生になるためには

一生に1度の大勝負と言う時間の中で緊張するなと言うのは難しいと思います。

そうではなく緊張することを前提にしてどうしたら良いのか、

緊張したときにどのように振る舞うのかまた失敗してしまう時は、

どういう時に失敗してしまうのかといったことを、

日々の練習の時にすべてのパターン考えることが必要でしょう。

あなたが失敗してしまうときには必ず何かパターンがあります。

もちろん、いきなりパターン化するのは難しいです。

ですので、まずは具体的に自分が失敗してしまう状況を書いてみてください。

そしてそうした状況から

共通点を取り出してみて、どのように失敗するのかを考えてみて下さい。

まとめ

以上簡単ですが、実力があるけれど失敗してしまう受験生から

自分の実力を本番で100%受験生になるためのコツをお伝えしました。

せっかく勉強したのに自分の実力を出し切れないと言うのは非常にもったいないです。

ですからこれから1年間また勉強する学生やまたまだ先だけど勉強をしなければいけない学生は、

一度上記を実施してみてください。

*早慶に受かる、または挑戦できるレベルの生徒の学力はそこまで差はありません。
もちろん、学力をつけるのは必要ですが、学力以外の部分でも差をつけられるように切磋琢磨してください。

当塾では、現在の学力と早慶とのギャップを理解するカウンセリングを行なっています。
ぜひいちどカウンセリングを申し込んでください。こちらよりお申し込みできます。

LINE公式アカウント開始

LINE公式アカウントのみでの限定情報もお伝えします。ぜひご登録ください。

Published by

KAZUHISA ONO

KAZUHISA ONO

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。BETELGEUSE株式会社代表取締役。