偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

早稲田大学政治経済学部【国語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学政治経済学部 入試難易度: 3.0 90分という時間の割に非常に分量が多く難度の高い問題が出題されます。思考力というレベルで難しい問題から知識レベルで難しい問題までさまざまです。早稲田政経を受験する学生は少なくとも知識レベル(四字熟語、漢字、古文単語、文法、漢文、漢詩の知識など)で合格者か

  • …続きを読む
  • 早稲田大学政治経済学部

    入試難易度:ico_grade6_3 3.0

    90分という時間の割に非常に分量が多く難度の高い問題が出題されます。思考力というレベルで難しい問題から知識レベルで難しい問題までさまざまです。早稲田政経を受験する学生は少なくとも知識レベル(四字熟語、漢字、古文単語、文法、漢文、漢詩の知識など)で合格者から振り切られないようにしてください。

    [toc]

    全体概観:配点70点  alarm-clock時間90分

    古漢融合1題、近代の随筆、現代文の3題。記述説明問題や四字熟語の問題、空所補充問題といった政経ならではの問題が出題されます。

    大問Ⅰ

    古文漢文問題。他学部よりも比較的長い問題文が特徴的です。受験生になじみがあまりない近代からの出題から近年頻出しているので、文章に対しての知識のない古文の文章であっても解けるようになっておく必要があります。
    古文では和歌の知識、漢文では漢詩の知識が頻出なので知識レベルでの漏れがないようにしておいてください。
    さらに知識レベルでは文学史の知識は必須なのでこちらも確認して下さい。問題についてですが、 傍線部の意味の解釈問題では単純に単語、文法からの理解だけでなく、文脈からの理解も忘れてはいけません。漢文の問題は標準的な文法の知識で解ける問題ばかりなので、取りこぼしのないようにしましょう!

    大問Ⅱ

    明治文語文などの古い文体の文章の随筆です。まず随筆は普段皆さんが読んでいるような評論とは少し違うということを理解しましょう。

    随筆と評論の違いとは?

    まず評論とは、あるテーマに対しての筆者の意見を論理的に説明していくものですね。実際に筆者が体験したかどうかは全く問題ではなく、単順にあるテーマに対しての筆者の見解です。
    そのため、国家論や近代と現代比較、日本文化と西欧文化比較など抽象的なものが多く、あまり身近に感じられないのが特徴かと思います。
    一方で随筆とは、筆者自らが体験したエピソードから出てきた筆者の感情や見解です。随筆文を読むときの注意点は出来事と感想の因果関係とその推移です。何が筆者の感想・見解を抱かせる原因になったのか?、またその感想がどのように移り変わっていくのか?、この2点に注意して読んでいきましょう。因果関係は時系列の変化があるときには掴みづらくなるので注意してくださいね。必ずしも随筆では(*評論文もそうですが・・)、因果関係の順番に文章が並んでいるわけではありません。
    少し迷いそうだったら図式化しておくのが良いです。
    形式上には確かに随筆と評論で形式上の違いはありますが、論理的に読むという観点では対して変わらないので普段から論理を意識して読んでいれば、この点は恐れるに足りません。特にACADMIA生は現代文、または英語でも要約をひたすら書いているので、論理的に読むという点では圧勝しています。論理的に読めたら後は近代の言葉を使った言葉にいかに慣れていくかが肝心です。ひと通り過去問も終わって他の科目にも余裕の学生は近代文の方を買って、何個かピックアップして読んでみるとよいでしょう。
    *早稲田の政経にどうしても行きたい方でかつ他の科目で偏差値70が安定している人以外は読まないでも問題ないです。なぜなら他の科目で偏差値70もない学生が早稲田の政経に合格する可能性は極めて低くまずは他の科目の基礎を徹底させることが第一の目標になるからです。 文学史もかなりの頻度で出るので日本史受験者以外は必ず覚えるようにしてください。

    大問Ⅲ

    標準的な内容の評論文です。解答の根拠を見つけるのに時間がかかる書抜き問題や空欄補充問題が比較的多いので、過去問の演習の際はこの問題はいつ解くべきなのか?を問題の質を見極めて、いつこの問題を解くべきなのかを決めて取り組むとよいでしょう。
    特に脱文問題は見落としてしまうととんでもなく時間がかかってしまうので、注意してください。
    また法学部ほどではないが私大では珍しい記述問題があります。問題文の要旨を理解しているかどうかの問題なので普段から要約をしていないとまず答えるのは難しい問題です。

    早稲田大学 政治経済学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として政治経済学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、早稲田大学政治経済学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    早稲田大学・政治経済学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

    [su_box title="早稲田大学・政治経済学部 科目別対策" radius="1"]▶英語対策  ▶国語対策  ▶日本史対策  ▶世界史対策  ▶政治経済対策  ▶数学対策[/su_box]

    toiawase_pc01

早稲田大学法学部【国語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学法学部 入試難易度:  4.0 私大の中ではトップレベルの国語の問題です。政治経済学部と違って知識問題の割合は少なく、内容理解問題が多くを占めているため90分で解いて高得点を取るのは至難の業です。 全体概観:配点70点 時間90分 古文漢文、現代文2問 現代文の難易度がかなり高く中途半端な

  • …続きを読む
  • 早稲田大学法学部

    入試難易度: ico_grade6_4 4.0

    私大の中ではトップレベルの国語の問題です。政治経済学部と違って知識問題の割合は少なく、内容理解問題が多くを占めているため90分で解いて高得点を取るのは至難の業です。

    [toc]

    全体概観:配点70点
    alarm-clock
    時間90分

    古文漢文、現代文2問

    現代文の難易度がかなり高く中途半端な勉強をしていた学生は文章を読んでもさっぱり理解できない硬い文章です。現代文頻出テーマの理解、キーワード、漢字の勉強は必須です。古文は早稲田大学標準並みです。

    大問Ⅰ

    古文漢文問題。古文の文章に関連した漢文問題が出題されている。通常の文法だけでなく、和歌に関する知識も忘れずに覚えてください。かつては歌論の文章を出たいたので今後出る可能性がありますの注意してください。
    漢文は漢詩の基礎知識を覚えてください。古文は現代文に比べるとはるかに平易なので15分以内で解き終えて、現代文に時間を回しましょう。

    大問Ⅱ/大問Ⅲ

    非常に抽象的で読みつらい文章が出題されます。具体的な例に置き換えて読み進めていかないと何を言ってるのか?が全くわからなくなってきます。筆者が何を言おうとしているのか?を読み取ってください。もちろん、大学側もそれを望んでいるようで傍線部説明問題が設問の殆どを占めます。傍線部説明問題はその傍線部の内容を聞いているわけではなくて、その部分で筆者がどのようなことを繰り返し主張しているかを聞いています。筆者の論旨を取れるように普段から練習を積んでおいてください。
    法学部特有の100字以上の記述問題ですが、文章を書く前にかならず何を聞かれているのか?を確認してから解いていきましょう。理由を聞かれているのか?、定義を聞かれているのか?、因果関係を聞かれているのか?、など初めの出発点を間違えるとぜんぜん違うことを書いてしまいます。
    時間がないため焦ってしまうことは十分にわかりますが、「問題文を正確に読む」ことができずには正しい答えを答えることができません。

    早稲田大学 法学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として法学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、早稲田大学法学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    早稲田大学・法学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

    [su_box title="早稲田大学・法学部 科目別対策" radius="1"]▶英語対策 ▶国語対策 ▶日本史対策 ▶世界史対策 [/su_box]

    toiawase_pc01

早稲田大学社会科学部【国語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学社会科学部 入試難易度:  2.0 早稲田大学の国語では標準的なレベルの国語の問題です。このレベルの問題が8割以上解けないようだと他の学部においても早稲田大学の合格はかなり難しいです。基礎の習熟をして他の受験生に差を付けられないようにしてください。 全体概観: 配点40点 時間60分 現古

  • …続きを読む
  • 早稲田大学社会科学部

    入試難易度:ico_grade6_2  2.0

    早稲田大学の国語では標準的なレベルの国語の問題です。このレベルの問題が8割以上解けないようだと他の学部においても早稲田大学の合格はかなり難しいです。基礎の習熟をして他の受験生に差を付けられないようにしてください。

    [toc]

    全体概観:
    配点40点 alarm-clock時間60分

    現古漢融合問題 評論文
    時間は60分と他学部と分量があまり変わらない一方で、短い時間設定となるため練習時には解答を解く時間に注意しながら進めてください。

    大問Ⅰ

    現代文評論。脱文挿入問題、空所補充問題は解き方がわからないと時間がかかってしまうのでまずは解き方を確認しましょう。

    脱文挿入問題とは?

    脱文挿入とは、問題の文章から段落など一部をなくしてどこに入れたら良いのか?を考える問題です。

    ①解くタイミングと②論理展開の把握が非常に大事になってきます。

    解くタイミングは基本的に文章をすべて読み終わってからがよいでしょう。脱文挿入問題は問題の形式が特殊なのですぐにその出題に気づけますが、その場所を探しながら本文を読んでしまうと本文の論理展開が中途半端な状態になっていまいます。となると他の問題にも影響がでてしまうので、まずは本文の論理展開を読むことに集中してください。ただ、もちろん本文を読んでいて違和感を感じるパターンがあるのでその場合は、「ここおかしいな!」という印をつけておきましょう。文章を読んでいる途中で設問を解き始めるのは、よほど現代文の得意な学生(偏差値75以上)でなければムリなので控えてください。続いて、論理展開の把握ですがこれは今更言うことでもないのですが、「いいかえ」「因果」「対比」の3つの論理の関係に注意することです。

    具体的な文書レベルの話だと接続詞と指示語の意味をすべてわかっているかどうかです。この理解が曖昧だと脱文挿入問題に限らず現代文で高得点を取ること自体が不可能になるので、できてない学生は確実に把握してください。

    空所補充問題とは?

    空所補充問題とは脱文挿入問題の範囲の小さいものだと思ってもらえれば大丈夫です。基本的な解き方は脱文挿入問題と同じ、①解くタイミングと②論理展開の把握が肝心です。
    少し違うことがあるとすれば、言葉を自分の知っている意味で捉えないということです。文章内で規定されている意味で言葉の意味を第一義に考えて、何が一番入るのかを考えてください。

    大問Ⅱ

    社学で特徴的な現代文古文漢文融合問題です。物語、歌論の話を現代文の評論に交えて出題されます。現代文の部分から古文の内容が類推できるので、他の学部の古文に比べると遥かに標準的です。注意する点としては歌論が出る可能性があるのでその部分をチェックしておいてください。また漢文が数問(1問~2問)でる年があるので、気を抜かずに対策をしておきましょう。社学で一問落とす=不合格につながると考えてください。

早稲田大学商学部【国語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学商学部 入試難易度: 2.5 倍率が高く人気のある学部の割には試験自体の難易度が低いので、一問のミス=不合格に繋がります。本気で合格したい学生は最低でも8割から8.5分は取れる学力が必要になってきます。 全体概観:配点60点 時間60分 評論文1問、古文漢文融合問題となっています。 大問Ⅰ

  • …続きを読む
  • 早稲田大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_2h 2.5

    倍率が高く人気のある学部の割には試験自体の難易度が低いので、一問のミス=不合格に繋がります。本気で合格したい学生は最低でも8割から8.5分は取れる学力が必要になってきます。


    全体概観:配点60点 時間60分

    評論文1問、古文漢文融合問題となっています。

    大問Ⅰ

    例年は問題文が長いものでしたが、昨年度は比較的短めの文章が出題されています。文章のレベルは早稲田大学標準です。
    商学部の現代文は、他の大学ではあまり見られない特殊な形式の問題がでることが多々あります。特に気をつけるべき問題は「余分な文章を探す問題」「空欄補充問題」「適語抜き出し問題」です。

    余分な文書を探す問題とは?

    この問題を解くにあたって論理展開を把握できるようになっておくのは必要不可欠です。問題を解くのは文章を読み終わってからで大丈夫ですが、読みながらちょっと変だな?と感じたら印をつけておきましょう。多くの場合が因果が逆になっていたり、対比がおかしくなっています。

    空所補充問題とは?

    空所補充問題で大事なのは、3つです。

    ①解くタイミング②論理展開の把握③選択肢の言葉を文章内で置き換える

    ①解くタイミングはよほど現代文が得意(偏差値75以上)でない限り、文書を読み終えてから解くのを推奨します。多くの受験生にとって文書を読んで、論理展開を把握することと問題を解くことを同じレベルで行うことはマルチタスクとなり脳みそのメモリを大きく消費します。その結果どちらも中途半端に終ってしまう結果になります。ですから、文章を読んでから解くのを推奨しています。

    ②論理展開の把握は上記の余分な文書を探す問題で書いてあることと同じです。論理展開がわかる=筆者の主張+どのような論拠で主張をしているかが明確にわかることです。

    ③選択肢の言葉を文章内で置き換えるというのは、言葉を自分の知っている言葉で考えないということです。多くの受験生が選択肢の言葉を自分が知っている意味で考えて文章内でどのような意味で問われているのか?をわからない状態で適当にマークをして間違えてしまっています。

    空欄補充問題を解くときには上記3点を気をつけましょう。

    適語抜き出し問題とは?

    この問題は問題文を見ていきなり探しだすのではなくて、設問を読んでどのような言葉が欲しいのかを考えてから探し出しましょう。そのためには文章内の内容が論理的に理解できていることが肝心です。

    大問Ⅱ

    古文漢文融合問題です。標準的な知識で古文漢文双方とも解くことができます。和歌問題が出題される場合があるので、 和歌の知識まで覚えておくことを忘れずに!

    早稲田大学 商学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として商学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、早稲田大学商学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    早稲田大学・商学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

早稲田大学文学部【国語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学文学部 入試難易度:  3.0 国語が難問ぞろいの早稲田大学にて文学部の国語はひときわ難度が高くなっています。現代文の難度は早稲田標準レベルまたは少し上くらいだが、古文漢文が他の学部に比べてレベルが高いのが特徴です。 全体概観: 配点75点  時間90分 評論文2問、古文、漢文という構成で

  • …続きを読む
  • 早稲田大学文学部

    入試難易度: ico_grade6_3 3.0

    国語が難問ぞろいの早稲田大学にて文学部の国語はひときわ難度が高くなっています。現代文の難度は早稲田標準レベルまたは少し上くらいだが、古文漢文が他の学部に比べてレベルが高いのが特徴です。

    [toc]

    全体概観:
    配点75点 

    alarm-clock時間90分

    評論文2問、古文、漢文という構成です。早稲田大学には珍しく古文漢文融合問題が出題されることはなく、漢文だけで大問が構成されています。国語の配点は高いので基本的な問題で点数を落とすことのないことが望まれます。

    大問Ⅰ・大問Ⅱ

    例年の特徴として大問1には社会学系の評論、大問2には芸術・文化の文章が出題される傾向になっています。だからといって特殊なことをする必要はなくまずは論旨、論理展開を追えるかどうかを確認して文章を読み進めてください。余裕があるようであれば芸術論、文化に徹してテーマで文章を読んでみるとよいでしょう。
    気をつけるべき問題形式としては「脱文挿入問題」「内容説明問題」「空欄補充問題」です。
    「脱文挿入問題」と「空欄補充問題」は抜けてる部分が文章レベルなのか単語レベルかの違いなので、同じ解法で問題ないです。
    この二つのタイプの問題で見るべきポイントは3つあります。

    1. 解答のタイミング
    2. 論理展開を追うこと
    3. 【空欄補充のみ】語彙の確認

    解答のタイミングというのは脱文挿入問題問題をいつ解くべきなのか?ということです。これは読解が一度完全に終わった後と決めたほうが良いです。読みながら解いた方が効率が良さそうですが、現代文の読解でまず初めに読みとくべきなのはマクロレベルでの論理展開です。
    脱文挿入問題や空欄補充問題はミクロレベルの論理展開まで見ていかないといけないため、全体の論理展開の把握が終わる前に解いていくとほとんどの人が混乱して結局マクロレベルでの論理展開が理解できずに終わってしまいます。
    これでは、この問題以外を解くことができません。ですから,ACADEMIAでは文章を読み終えた後に解答を始めることを推奨しています。
    2の論理展開というのは論理の3つの公式に沿って文章内での筆者の主張+流れをつかめているかどうかということです。これができなれれば早稲田大学の合格はまずムリだと考えてください。

    3の言葉の確認は自分の知っている言葉の意味だけで答えを選択するのではなくてあくまで筆者が文章内で規定している言葉の意味にそって、言葉への評価を下して選択をしてください。漢字の書き取りもあるので、必ず漢字の学習はしておきましょう!

    大問Ⅲ

    古文です。中古中世の物語・日記が出題されやすいです。日記がでた際には主語の確定には注意しましょう。でてくる動詞に対してそれぞれ主語目的語を本文中から論拠をとって読み進めましょう。主語の確定には敬語、文学史、古文常識の知識を総動員して解く必要があるため1つでも抜け漏れがあると致命的になってきます。文章全体を訳すように読むのではなくて、論旨を把握できるレベルで主語を把握できるのが早稲田大学合格には必要です。

    大問Ⅳ

    漢文です。他の学部よりも難度は高いですが、問われる知識としては標準的なものばかりです。基本を徹底して他の受験生に差をつけられることのないようにしてください。

    早稲田大学 文学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として文学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、早稲田大学文学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    早稲田大学・文学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

    [su_box title="早稲田大学・文学部 科目別対策" radius="1"]▶英語対策 ▶国語対策 ▶日本史対策 ▶世界史対策 [/su_box]

    toiawase_pc01

早稲田大学国際教養学部【国語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学国際教養部 入試難易度: 1.5 早稲田大学の中ではかなり易しい部類の問題です。英語だけでなく最低限の日本語レベルで論理を追う思考があるかどうかを大学側が求めているのがわかります。 全体概観:配点50点 時間60分 評論文1問、小説1問、古文となっています。問題数の割には時間が短いので現代

  • …続きを読む
  • 早稲田大学国際教養部

    入試難易度:ico_grade6_1h 1.5

    早稲田大学の中ではかなり易しい部類の問題です。英語だけでなく最低限の日本語レベルで論理を追う思考があるかどうかを大学側が求めているのがわかります。

    [toc]

    全体概観:配点50点 時間60分

    評論文1問、小説1問、古文となっています。問題数の割には時間が短いので現代文で演習を時間を測って演習を積んでおくことが望まれます。オールマークシート方式です。

    大問Ⅰ

    評論です。文化・言語に関しての文章が多いですが、決まっているわけではなく幅広くテーマを網羅して演習したおくのが好ましいです。漢字、語彙についての知識が問われている問題が出題されるのでこちらは必ず取るようにしておきましょう。その他の問題は「内容一致」、「要旨確認問題」が出題される傾向が高いです。「要旨確認問題」が一番配点が高いのでこの問題を確実に正解することを中心にして問題を解く順番を決めていくのが良いでしょう。「内容一致」は論旨を理解した後に選択肢の言葉をサーチしておくのが良いでしょう。

    大問Ⅱ

    早稲田には珍しく小説の出題です。小説は受験生の論理力を問うているという点では他の問題と変わらないですが、読み方が評論とは少し異なるのが注意すべきところです。場面の変化と登場人物の心情の変化に気をつけて読み解いていきましょう。

    大問Ⅲ

    古文です。古文も標準的な知識で解ける問題ばかりです。ACADEMIAのカリキュラム通りに進んで、古文単語、常識、文法などの古文の基本を習得した後に演習を積んで、文章内の主語、人物関係、文章の大意が掴めるようになれば問題ないです。

早稲田大学文化構想学部 本番で圧勝の徹底対策シリーズ【英語】

2016.06.29

早稲田大学文化構想学部 入試難易度: 3.0 早稲田大学の中では難しい部類の問題となっています。 文学部と同じ問題傾向なので 文化構想学部を受験する学生は文学部の問題を解いておくとよいでしょう。 ▶文学部【英語】の問題傾向はこちらから 全体概観: 配点75点  時間90分 読解大問3つ

  • …続きを読む
  • 早稲田大学文化構想学部

    入試難易度:ico_grade6_3 3.0

    早稲田大学の中では難しい部類の問題となっています。

    文学部と同じ問題傾向なので 文化構想学部を受験する学生は文学部の問題を解いておくとよいでしょう。

    ▶文学部【英語】の問題傾向はこちらから


    全体概観:

    配点75点 

    alarm-clock時間90分

    読解大問3つ(長文自体は6個)、会話問題、英文要旨把握から構成されています。文学部と同じですが、英文要旨問題という特殊な傾向の問題が出題されます。この問題以外は早稲田標準レベルなので、この問題ができるかできないかが合否の分かれ目になります。

    大問Ⅰ

    読解の空所補充問題のみ

    文章が2つあり、空所補充の問題が15問ほどでてきます。空所補充問題は受験生が苦手としている設問のタイプのベスト3に入るほどできない学生が多いです。文化構想学部ではこの空所補充ができるかできないかは早稲田に合格できるかどうの大きな分かれ目になってきます。合格目標としては9割は欲しいところです。

    なぜ空所補充問題が解けないのか?

    多くの学生が苦手と自負しているこの問題ですが、なぜできないのでしょうか?できない学生は、この空所補充の問題を、大学側が単語がわかるかどうかを試しているだけだと勘違いしています。確かに、空所+単語が下に並んでいたら文章内に入りそうなそれっぽい単語を選んで答えを出したくなりそうな気持ちもわかります。ですが、単語がわかるかどうかを試したいのであれば単語テストをすれば良いだけの話です。そうではなくてわざわざ文章の中で単語を聞いてきていることに着目するべきでしょう。

    そうです!

    この問題は大学側が受験生に文章の主張を読み取れるか否かという論理力を試しているのです。1パラグラフ1メッセージの法則に気をつけて文章内でどのように単語が同型反復されているかを把握できれば、空所補充問題は簡単に解くことができます。
    ただ気をつけるべきなのは、同型反復の論理面から根拠が取れる場合と文法的に根拠が取れる場合があります。その場合はどちらともで根拠が取れる選択肢を選んでください。できない受験生に限って適当な根拠をとって、「根拠は取りました!」という傾向が強いです。
    論理面の根拠は他の人に説明しても納得感のあるレベルで応えられるようにしましょう。

    大問Ⅱ

    内容一致問題です。300word前後の読解問題3題に2,3問の設問がついています。ある程度のパラフレーズ(いいかえ)はされていますが、該当箇所がわかりやすいため難なく解答することができます。

    合格目標としては9割です。

    内容一致問題を解くときのポイント

    内容一致問題を解くときには選択肢を選ぶ、答えの根拠を本文内から確実にとってください。
    早慶の設問は倍率10倍近くの受験生を落とすための試験です。ですから、すべて受験生を落とすための罠と考えたほうが良いでしょう。その中で曖昧な記憶に頼って答えを選択するのは愚の骨頂と言っても過言ではありません。確かに時間がなくてはじめのうちは答えの部分を探すのに苦労をしますが、時間内にパラフレーズ(選択肢と本文のいいかえ)に気づくことができるようにならない=早慶に合格はムリなのです。

    高速で文章内と選択肢のパラフレーズに気づくためには?

    1つの単語に対してどれだけ言い換えがわかるかが勝負を決します。ですから当塾では単語王を完璧に使いこなせるようにしていきます。確かに単語王は量が多いのですが、早慶レベルの言い換えに確実に気づくためには単語王レベルの語彙力は必須と言えます。

    大問Ⅲ

    脱文挿入問題。設問の形式としては大問1の空所補充問題の範囲が大きくなったものと考えるとよいです。例年、物語のような時系列にそった文章が出題されているので時間の順番に気をつけて読み進めてください。設問の形式に癖はありますが、文章自体は平易なので8~9割は確実に取れる学力が欲しいです。

    脱文挿入問題ができるようになるには?

    選択肢の判断を「文法面の形式判断」と「論理面の意味判断」を行なうとよいでしょう。どちらか一方の判断のみで答える際には、解答の根拠としては怪しい場合が多々あるので、必ず両面でチェックできるようにしてください。

    大問Ⅳ

    英会話問題です。英会話問題を読んで空欄補充問題を解いていきます。接続詞が熟語ばかりなので熟語の問題かと思いがちですが、この問題の考え方も基本的には大問1と同じです。ただし、正答の選択肢と同じくらい誤答の選択肢も含まれているので熟語の意味を確実に理解しておく学力は必要。熟語を覚える際には前置詞のイメージを理解しておくことが必要不可欠です。
    onと言ったらすぐにイメージがでてくるようにしておくとよいでしょう。

    大問Ⅴ

    文章を読んで要旨把握をし、その後英文一文でまとめる問題です。
    設問には,次のように書かれています。

    Read the following passage and write an English summary in one sentence in your own words.

    注意する点としては、one sentenceということまたはin your own wordsということです。これは2文になってしまったり,本文の文をまる写しにしたら,0点を覚悟しなければいけないということを意味します。
    一文かどうかの判断は自分でつけることができますが、「自分のことばで」という部分は本文の言葉を一切使ってはいけないのか?という部分でしょう。
    もちろんまる写しは論外ですが,本文中の言葉を一切使えないということはありません。
    本文のキーワードが一般的なものであればそれを使わずに入られません(science、workなど)。一方で設問文以外では見たことのないような単語、概念をそのまま使用してしまうのは早稲田の定める条件ではアウトです。
    日本語で要約をする場合を考えてみればいいのですが・・・
    初めてその文章を読んだ人がその一文を読んだだけで内容が想起されるようなものでなければいけません。
    ですから、本文でしか使われないような言葉を何の断りもなく使用してしまっては内容が全くわからないためアウトなのです。

    問題を解く手順として・・・・

    本文を読んで筆者の主張となる部分を探す。

    →当塾の学生は常に文章の主張を探すことを前提に長文を読んでいるので、塾生であれば秒殺です。

    普段から筆者の主張を探すことを目標にして本文を読んでいない場合は早慶レベルでは全く通用しないことに注意してください。

    続いて、主張の理由,根拠を述べている部分を確認しましょう。

    ▶英語の最速の対策はこちら!

    https://hiroacademia.jpn.com/program/english-benkyo/

早稲田大学文化構想学部【国語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学文化構想学部 入試難易度: 2.0 英語は文学部と同じ傾向ですが、国語は文学部と違って古文漢文の比重が軽いため難易度は下がります。ただ問1の現代文は文化構想特殊の問題なので慣れておく必要があります。 全体概観:配点75点 時間90分 評論文2問、現古文漢文融合問題1問となっています。大問1

  • …続きを読む
  • 早稲田大学文化構想学部

    入試難易度:ico_grade6_2 2.0

    英語は文学部と同じ傾向ですが、国語は文学部と違って古文漢文の比重が軽いため難易度は下がります。ただ問1の現代文は文化構想特殊の問題なので慣れておく必要があります。


    全体概観:配点75点 時間90分

    評論文2問、現古文漢文融合問題1問となっています。大問1は2問分ほどの文章量がありますので、実質現代文3問分の量を読んでいく必要があります。ですから、時間には意外と余裕がないので演習を積んでいきましょう。

    大問Ⅰ

    評論文2題を読んで設問を解いていきます。2つあるうちの文章のどちらかが文語文となっています。そのため文語文に読み慣れていない学生は、本文の内容自体を理解できないまたは読み進めるのが遅くなるという自体になるので、まずは過去問を音読して読み慣れるのが合格への第一歩となります。文章が読みづらいという場合は近代文語文でないという文章から読み進めるというのもオススメです。また文語文は政治経済学部にも出題されているので、政経の過去問も受けてみてください。
    ▷政治経済学部の過去問対策はこちらから

    芸術、文化論の文章が出題される傾向が高いので、この分野での背景知識、単語の理解は必要不可欠です。
    設問は例年7問ほどでどちらか一方の文章を単独で聞いている設問は少ないです。ですから、2つの文章の関係をいかに早く読み取っていくかがこの問題を読み解く上で非常に大事になってきます。

    大問Ⅱ

    早稲田大学標準の評論文です。例年、現代をテーマにした社会学系の文章が出題されています。
    第一問と比べて読みやすいため特にこの問題に対しての対策は必要ないです。ただし、選択肢を並び替えて脱文を挿入する問題や単純な脱文挿入問題など文章の論理構造がわかっているかをとう設問があります。
    ですから、文章が筆者の主張からどのように展開されているのかを理解して文章を読んでいきましょう。

    論理構造とは?

    私は英語でも現代文でも「論理構造、論理構造」と何度も言っていて当塾の塾生には論理構造を取れるまで徹底的に解説するほどなのですが、そもそも当塾の塾生には論理構造の意味自体わからない人が多いかと思います。
    それではちょっと早稲田への確実な合格が難しいので、ここでは論理構造を簡単に説明しますね。
    論理構造の前に・・
    評論文には筆者の主張があるという考え方は大丈夫でしょうか?
    私も学生の時そうでしたが、現代文ができないときって文章から筆者の主張を把握するよりも文章自体の意味を理解することに重点をおきがちになってしまいます。要は芸術論や国家論などの外面的なテーマ、そもそもの言葉がわからないなどそうした外面的な要素に左右されて、本文で筆者時代が何を言っているのかがさっぱり理解できてないという状態です。これが理解できてないと論理構造どころの話ではなくなってしまうので、まずは評論文には筆者の主張があるということを理解できるようにしましょう。筆者の主張が理解できた後は、その主張が”どのように”されているのかを理解することが必要なのです。どのように”というのは主張の理由+具体例を使って説明がなされます。この”どのように”が図解できるレベルまで理解できるのが早稲田に圧勝するための合格水準であり、当塾の合格水準です。

    当塾ではこのレベル感まで生徒を見ていくから早慶に圧勝できる実力をつけることができています。

    大問Ⅲ

    現代文古文漢文融合問題です。古文漢文共に早稲田大学標準レベル。古文は現代文部分から内容を推測できるため遥かに他の学部に比べると遥かに楽な出題傾向になっています。ただし、漢文は独立した問題になっているので注意してください。

慶應義塾大学文学部【英語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

慶應義塾大学文学部 入試難易度:4.0 慶應義塾大学の中でもかなり特殊な問題です。辞書持ち込み可という事実から受験生にただの暗記だけでなく論理思考力を求めているのは明らかです。もちろん、実際に合格者のほとんどが辞書はお守りがわりでほとんど使用していません。 全体概観:配点150点 時間120分 伝統

  • …続きを読む
  • 慶應義塾大学文学部

    入試難易度:ico_grade6_44.0

    慶應義塾大学の中でもかなり特殊な問題です。辞書持ち込み可という事実から受験生にただの暗記だけでなく論理思考力を求めているのは明らかです。もちろん、実際に合格者のほとんどが辞書はお守りがわりでほとんど使用していません。

    [toc]

    全体概観:配点150点 時間120分

    伝統的に大問一題しか出題されない。ただし、近年まれに2題出題されるケースがあります。

    なぜ慶應文学部では辞書の持ち込みを許可しているのか?

    慶應文学部で必要な語彙力は早慶ではかなり低めです。勉強がある程度できてきた段階で文章を読んでも、使用されている語彙のほとんどが見たことのあるレベルのものになります。ですから早慶を受験しようとしているレベルの学生にとって慶應文学部の文章は単語レベルでは楽勝!となるはずです。また文構造もそこまで複雑ではありません。ですが文章の抽象度が私大では一番最難関レベルのものとなっています。文章の抽象度が高い=普段馴染みがないような「存在」「国家」「感情」「美学」「文明」といったものがテーマになることがほとんどです。そうした場合の抽象度の文章を読む場合は、筆者の主張に沿って文章をつなげて読んでいかないと全く内容がわかりません。要は単語レベルで文章を読んでも解けるわけがない!ということなんですね。

    辞書2冊は何が良いですか?

    慶應文学部は辞書2冊を許可しています。
    持っていく組み合わせとしては、英和と和英辞書の組み合わせが良いでしょう。
    ただし、基本的に本番中で辞書を使うことはありません。語彙レベルは早慶標準で高くはないので、読んでいて全くわからないという単語に出会うことはないでしょう。持っていく辞書の種類はどの辞書でも構いません。家にある辞書を持っていくと良いでしょう。

    ちなみに、慶應文学部が第一志望だからといって普段から紙の辞書を使用している必要はありません。普段から持ち運ぶには不便でしょう。ただ、これまでに紙の辞書を使ったことがない人は使えるようにはなっておいたほうが良いでしょう。普段使いは電子辞書またはスマホアプリの辞書でも構いません。

    問題部分の解説

    慶應の文学部では2000字程度の文章1文が出題されて、加えて10題ほどの問題が出題されます。問題の分量に対して圧倒的に時間が多いように見えます。しかし、これは文章を論理レベルで読解して「筆者の言いたいことを掴んで、日本語の表現も工夫してください!」という大学からのメッセージなのです。文章自体も難解で読むのに苦労しますが、それをどのように表現するのか?という部分も大事になってきます。

    よく出る問題形式について簡単に触れていきますね。

    和訳問題について

    まず和訳問題は何が問われているかわかりますか?多くの受験生は傍線部の引かれた和訳の部分だけを読んで答えて失敗しています。和訳問題は確かに傍線部の日本語訳を考えるというシンプルな問題形式なのですが、そこで問われていることは大きく分けて3つあります。

    1つ目:構文が見抜けているかどうか?

    これは多くの受験生ができていますね。さすがに和訳問題なのに構文すらも見抜けないのは早慶を目指している学生では門前払いなので・・

    2つ目:語義選択ができているか?

    文章内のキーワードとなる言葉をどのように訳してるかどうかということです。単純に構文だけとっていたらよくわからない日本語になってしまいますね。人によってはこのキーワード選択の部分で辞書とにらめっこをする場合がある可能性があります。

    3つ目:文章をつなげて読めているか?

    代名詞、冠詞、支持語の意味が前の文章からの繋がりでわかっているかどうか、ということです。「This =これ」と訳したまんま提出していてはいつまでたっても成績は上がりません。下線部で筆者は何がいいたいのか?ということをパラグラフ全体から考えなければいけないのです。

    具体化問題

    具体的にはどういうことか?ということが問われる問題。これはあまり他の大学では問われない形式の問題ですね。この問題を解くためには、まず1つのパラグラフが以下のように具体と抽象部分で構成されているということを理解しなくてはいけません。問題で問われる場合は、この抽象的な部分に下線部が引かれて具体的な部分と関係していることを見抜けているか?を聞かれるのです。

    評論文

    もちろん、例外もあって文章内の抽象部分に線が引かれて現実世界での具体的な例を聞かれる場合もあります。その場合は抽象部分の言いたいことを図式化して主張の構造を掴んで、それと現実世界を比べてどんなことが当てはまるかを考えてみましょう。

    空欄補充問題

    空欄補充問題を慶應の文学部では出題されます。この問題は和訳問題の範囲が小さいverだと思ってもらって構わないです。同タイプの問題なので、1つのパラグラフから全体の意味をつかむことが肝心です。

    和文英作問題

    文章内の表現を使ってということは明示されてはいないですが、慣習的に文章内の表現を使うことになっています。もちろん、文章内の表現を使用しなくても解ければ問題ないです。

    過去の文学部のテーマ一覧

    2014年「スペリング能力は不可欠か」

    2014年「顔と微笑みの 心理学」

    2014年「真の友情の条件とは」

    2013年「音楽の近代史」「休暇の概念の変化」

    2012年「浴場と入浴習慣の歴史」「人間の協力性の根源」

    2011年「原爆被災者の回顧録とその特徴」「人類史における暦」

    2010年「諸文化における会話の歴史」

    2009年「ピーターパンから読み取れる作者の心理と社会的背景」

    長文の題名から見ても、哲学的で難解な文章だということがわかりますね笑

    慶應文学部に合格するためには過去問を何度も解いて確実な答案を作成することが合格には不可欠です。

    動画解説! 慶應義塾大学文学部の長文を論理的に読む

    クリックで再生が開始します。

    HIRO ACADEMIAでは慶應義塾大学文学部に圧倒的な実力で合格するために

    他の塾では通常行われない、一人一人が論理的に英語を読めるようになるまでを徹底指導します。

    論理的に読めなければ早慶の合格は難しいです。

    慶應義塾大学文学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、慶應義塾大学専門として文学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、慶應義塾大学文学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    慶應義塾大学文学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

    toiawase_pc01

    [su_box title="慶應義塾大学文学部 科目別対策" radius="1"]▶英語対策  ▶小論文対策  ▶日本史対策  ▶世界史対策 [/su_box]

慶應義塾大学経済学部【英語】本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

慶應義塾大学経済学部|英語対策 <記事内容を2018年2月27日に更新しました> 慶應の学部の中では問題のバランスが良く、早慶で圧勝するためにはこの学部の英語をできることを目標にするとよいでしょう。 難問が少ないので純粋にどれくらい自分ができているかの良いベンチマークとなってくれます。

  • …続きを読む
  • 慶應義塾大学経済学部|英語対策

    <記事内容を2018年2月27日に更新しました>

    慶應の学部の中では問題のバランスが良く、早慶で圧勝するためにはこの学部の英語をできることを目標にするとよいでしょう。
    難問が少ないので純粋にどれくらい自分ができているかの良いベンチマークとなってくれます。

    本ブログ記事は慶應経済学部の英語についての対策、勉強法についての記事になります。慶應経済学部の配点や合格最低点他の科目についてこちらのページをご覧ください。

    [su_box title="慶應義塾大学・経済学部 科目別対策" radius="1"]▶入試データ ▶英語対策  ▶小論文対策  ▶日本史対策  ▶世界史対策  ▶数学対策[/su_box]

    全体概観:配点200点 時間100分

    年度によって問題のブレがありますが、超長文が2題、会話表現、自由英作文が例年出題されています。
    長文の文章自体は比較的日常的なことをとりあげてくれ、また語彙のレベルも早慶では標準レベルなので、早慶を目指している学生で全く文章を読めないという学生はいないかと思います。
    問題も標準的なので基礎を徹底的に詰め込んでください。

    経済学部は前半部分で点数を取れないと後半部分は採点されずに即不合格となる恐怖の制度があるのでくれぐれも前半部分は気をつけてください。
    足切りラインは比較的高く、最初の部分で8,9割の正解は欲しいところです。

    2つの長文問題

    1題約1200語(目標解答速度2つで60分〜65分)

    慶應経済の超長文は設問の最後にパラグラフの指定があるため多くの問題はどこから答えを探せばよいのかが明確です。
    また一度筆者の主張が何かをつかむことができたら、読みながら解いていくこともできます。
    これは超長文として出題されていますが、パラグラフ単位で読解ができるので超長文と感じることなく解くことができるのです。
    センター形式の長文がさらに長くなったものと考えてもらえるとよいでしょう。
    よく出る形式の問題について触れていきます。

    空欄補充問題

    空欄補充問題を解くポイントは、空欄部分が文章内の他の部分でどのようにいいかえがなされているかを発見できるかどうかです。
    文章は1パラグラフ内で1つだけしか言いたいことはありません。ということは、空欄部分もパラグラフ内の他の部分で違う言葉で言い換えられていることがわかります。

    この言い換えに気づくことができるかどうかがポイントです。
    文章を構文や単語レベルで読むのではなくて、論理的に読む練習をどれだけ積んできたかが空欄補充のポイントになります。
    ACADEMIAでは論理的に文章を読む練習をしていくので、こうした空欄補充が苦手になるということがありません。

    タイトル問題

    まずこのタイトルではどのようなことを見抜く必要があるでしょうか?タイトルということは文章全体に関係することです。
    ただ、もちろん文章自体に書いてある=タイトルになるというわけではありません。
    パラグラフ毎の筆者の主張を見抜いて、それがすなわちどういうことをいっているかを見抜く訓練が必要です。
    部分の内容ではなくて、文章全体に貫かれる筆者の主張がどのようなものなのかを理解できる能力が求められています。
    ちなみにこのタイプの設問は一番配点が高いので、確実に得点できるようにしてください。

    過去の経済学部のテーマ一覧

    2018年 「飲酒年齢引下げ への賛成論」「飲酒年齢引下げ への反対論」「死刑制度存続 の是非」
    2017年 「最低賃金制 度導入への反対 論」「最低賃金制 度導入への賛成論」「「相続税への 賛否」
    2016年 「伝統的結婚 形態の擁護論」「同性間結婚 の賛成論」「投票義務化 について」
    2015年 「女性の大学進学率と社会進出」「移民受け入れ賛 成論」「移民受け入れ反対論」
    2014年 「平等と成長」「若者の失業とその影響」
    2013年「動物園廃止賛成論」「動物園廃止反対論」「自然の私有化賛成論」 「自然の私有化反対論」
    2012年)「秘密と人間性」「科学技術の進歩と学校の取り組み」
    2011年「コモドオオトカゲの生態」「アップル社創業者の言葉」「不平等な国際的食料分配」
    2010年「デジタル・デバイドは解消されるか?」
    2009年「職務マニュアルのプラスとマイナス」「アメリカにおける移民労働者の歴史」

    年度によっては長文が3,4つになっている場合もあります。ただしその場合は問題自体がかなり平易になっているので注意です。
    科学技術や経済、労働に関係した文章がでてきます。それぞれに主要な概念はまとめておくとよいでしょう。

    会話英訳問題

    4~5年前は超長文の会話問題でかなりの難易度が高かったのですが、近年は日本語の会話でのやりとりを英語で訳すというものになっています。
    癖の強い問題であることは間違いないのですが、遥かに難易度が下がっていることは間違いないです。
    対策としては過去問の日本語を英語に訳して、英語のできる人に添削をしてもらうのが一番の近道です。

    自由英作文

    かつては独立した問題形式だったが、近年は読解問題の論点そのものが設問に問われてあなたならばどちらの立場につきますか?という問題になっている。
    そのため、この自由英作文を解くために、まずは読解問題で筆者の主張+論理構造が読み取れていることが必要不可欠になってきます。

    自由英作文ができるようになるためには・・

    自由英作文というと、勉強の初歩段階だとかなり難しい印象を受けますが実際は争点は中学英文法を正しく使うことができているかです。
    採点は減点方式なので、多くの受験生が中学英文法で間違えて、間違いをして大幅な減点を食らっています。
    ですからACADEMIAでは『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を利用して確実に中学英文法を使いこなすことができるようになってから『ドラゴン・イングリッシュ』といった表現集を使うようにしています。

    自由英作文の具体的な勉強法としては、こちらで紹介しているのでご確認下さい。

    動画解説! 慶應経済学部の長文を論理的に読む

    クリックで再生が開始します。

    HIRO ACADEMIAでは慶應義塾大学経済学部に圧倒的な実力で合格するために他の塾では通常行われない、一人一人が論理的に英語を読めるようになるまでを徹底指導します。
    論理的に読めなければ早慶の合格は難しいです。
    現在の英語の読み方にご不安のある方は今すぐこちらからご連絡ください。

    慶應義塾大学経済学部に圧倒的な成績で合格するその秘訣を知りたい方はまずは当塾の資料をご請求ください。

    慶應義塾大学経済学部に合格するための参考書

    当塾で使用している慶應義塾大学経済学部に合格へ必要な参考書を紹介します。もちろん、当塾の場合は一人一人個別にカリキュラムを作成するため下記のようなカリキュラムは一例となります。参考書は何をやるかよりも、どのような目的で使用するかというが大事です。闇雲に行って情報量に圧倒されてしまうのではなく、1つ1つ目的意識を持って勉強していきましょう。
    参考書だけでの独学での合格はかなり難しく、初学者の場合は指導なしでやってしまうと下手な癖が付く可能性が高いです。下手な癖がつくと、その癖を治すのに手一杯で結局志望校に受からないというケースが多くなっています。浪人しても成功しない人はこの辺りに理由があります。
    ご心配な方は一度カウンセリングを受けて見ると良いでしょう。カウンセリングはこちらからどうぞ。

    慶應義塾大学経済学部は1000字近くの長文に加えて、自由英作文が課されます。長文は1から丁寧に読んでいくのではなく、大事なところと大事でない部分を見分けて緩急のつけた読み方が必要になってきます。また自由英作文については、慶應義塾大学経済学部合格するための書き方がございます。
    当塾では一人一人丁寧にこのレベルに到達することができるまで指導していきます。

    ■下記参考書名をクリックすると詳しい使い方のページに飛びます。

    ▶初歩(偏差値40程度)

    ユメタン0 、  高校英文読解をひとつひとつわかりやすく、 大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 、  ユメタン1

    ▶基礎(偏差値40~55程度)

    どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 、英文読解入門基本はここだ 、小森英文法の実況中継

    ▶応用(偏差値55~65程度)

    Rise 構文解釈1   英語長文がロジカルに読める本       ドラゴン・イングリッシュ  単語王  解体英熟語      速読英単語 必修編        イチから鍛える英語長文 300~700

    ▶上級(偏差値65~)

    ポレポレ英文読解プロセス50      速読英単語 上級編    大学入試英作文 ハイパートレーニング【自由英作文編】            ポラリス英語長文 レベル3 

    慶應義塾大学経済学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、慶應義塾大学専門として経済学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、慶應義塾大学経済学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    慶應義塾大学・経済学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。


  • 偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 高田馬場校舎 : 〒169-0075
    東京都新宿区高田馬場2-14-8 竹内ビル5階
    TEL: 03-6884-7991
    営業時間: 月〜金 13:00-22:00 土 13:00~18:00
  • 武蔵小杉校舎 : 〒211-0068
    神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2丁目67セラヴィ小杉ビル4F
    TEL:044-819-6333
    営業時間: 月〜金 13:00-22:00 
  • Facebook Twitter
    Page Top

Copyright © BETELGEUSE corporation All Rights Reserved.