偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
new

『英語内容一致問題講義の実況中継』【登木、守屋】レベル、使い方

2024.07.11

英語の内容一致問題で苦戦している受験生の皆さん、朗報です!河合塾の人気講師、登木健司先生と守屋佑真先生による『英語内容一致問題講義の実況中継』が、従来の英語学習の概念を覆す画期的な一冊として注目を集めています。この記事では、この革新的な参考書の特徴や使い方、そして実際の学習効果について詳しく解説して

  • …続きを読む
  • 英語の内容一致問題で苦戦している受験生の皆さん、朗報です!河合塾の人気講師、登木健司先生と守屋佑真先生による『英語内容一致問題講義の実況中継』が、従来の英語学習の概念を覆す画期的な一冊として注目を集めています。この記事では、この革新的な参考書の特徴や使い方、そして実際の学習効果について詳しく解説していきます。早慶や難関国公立大学を目指す受験生はもちろん、英語力を飛躍的に伸ばしたい全ての学習者にとって必見の内容です。


    [toc]

    英語内容一致問題講義の実況中継とは?

    本書は、現在の入試制度において大きな配点を占める「内容一致問題」に特化した、徹底的な研究の成果です。河合塾の看板講師である登木健司先生と守屋佑真先生が、長年の指導経験を基に開発した10の公式を駆使して、内容一致問題を完全攻略する方法を伝授しています。


    本書の主な特徴は、内容一致問題の完全攻略を目指す10の公式、質の高い英文による読解力と文法力の向上、リーディングからライティングへの革新的な応用法、幅広い試験への対応、そして両講師の対談形式による「副音声」解説です。

    本書は、主にMARCH、関関同立、難関国公立大学を目指す層、共通テスト8割以上を目指す受験生を対象としています。特に、内容一致問題で時間内に解き終えられない、英文の細かいニュアンスを正確に読み取れない、リーディングとライティングを効果的に連携させたいという悩みを持つ受験生におすすめです。

    著者紹介

    登木健司

    河合塾英語科講師。難関大学の英語長文問題に定評があり、多くの受験生から支持を得ています。論理的な解法と、受験生の弱点を的確に捉えた指導で知られています。

    守屋佑真

    河合塾英語科講師。英作文指導のスペシャリストとして知られ、独自の指導法で多くの生徒の英語力を向上させています。リーディングとライティングの融合的アプローチが特徴です。

    10の公式:内容一致問題攻略の鍵

    本書の核心部分である「10の公式」は、内容一致問題を効率的に解くためのテクニックです。これらの公式を習得することで、問題解決のスピードと正確性が飛躍的に向上します。

    • 本文と選択肢の一致度を見極める
    • キーワードの言い換えを見抜く
    • 数値情報を正確に把握する
    • 時制や比較級に注目する
    • 限定表現や程度表現を見逃さない
    • 因果関係を正確に理解する
    • 例示と一般化を区別する
    • 著者の意見と事実を区別する
    • 文脈から暗示された情報を読み取る
    • 全体の論理構造を把握する

    本書の構成と各レッスンの概要

    本書は10のレッスンで構成されており、それぞれ異なるテーマと担当講師が設定されています。各レッスンの概要と主な学習ポイントを紹介します。

    第1問〜第10問

    1. 第1問 動物(担当:守屋)
    2. 第2問 食料問題(担当:登木)
    3. 第3問 教育(担当:登木)
    4. 第4問 フェミニズム(担当:守屋)
    5. 第5問 アースアワー(担当:守屋)
    6. 第6問 科学と芸術(担当:守屋)
    7. 第7問 貨幣(担当:登木)
    8. 第8問 インターネット・SNS(担当:登木)
    9. 第9問 経済問題(担当:守屋)
    10. 第10問 環境(担当:登木)

    効果的な学習方法

    本書を最大限に活用するための学習方法を紹介します。

    • 段階的な公式の習得:10の公式を一度に覚えようとせず、各レッスンで重点的に扱われる公式から順に習得していきましょう。
    • 英文構造の分析:各レッスンの英文を、段落構成や論理展開に注目しながら丁寧に分析します。
    • 誤答選択肢の分析:正解を選ぶだけでなく、なぜ他の選択肢が誤りなのかを丁寧に分析します。
    • リーディングとライティングの連携:各レッスンで学んだ英文の構造や表現を、WRITING PICK UPコーナーで紹介される自由英作文でも積極的に活用しましょう。
    • 副音声の活用:問題を解いた後、副音声を聴いて理解を深めます。
    • 反復練習と応用:一度解いた問題も、時間を置いて再度挑戦してみましょう。

    本書の特長と他の参考書との違い

    本書は他の英語参考書と比較して、以下のような特長があります:

    『英語内容一致問題講義の実況中継』は、他の英語参考書と比較して、いくつかの独自の特長を持っています。
    まず、本書は内容一致問題に特化しているという点が挙げられます。多くの英語参考書が長文読解全般を広く扱う中、この本は内容一致問題という特定の問題タイプに焦点を当てています。これにより、この種の問題に対する深い理解と高度なスキルを獲得することができます。
    次に、本書はリーディングとライティングを融合させた革新的なアプローチを採用しています。通常、これらのスキルは別々に学習されることが多いのですが、本書ではこれらを有機的に結びつけることで、より効果的な学習を可能にしています。
    さらに、本書は内容一致問題の解法を10の明確な公式として体系化しています。多くの受験生が経験則や感覚に頼りがちなこの種の問題に対して、明確な指針を提供しているのです。これにより、学習者は系統立てて問題解決のスキルを身につけることができます。
    また、本書で使用されている英文は実践的で多彩なテーマを扱っています。実際の入試や英字新聞レベルの英文を使用し、現代社会の様々なトピックを取り上げているため、語彙力や背景知識の向上にも役立ちます。

    まとめ:英語内容一致問題講義の実況中継は誰向け?

    『英語内容一致問題講義の実況中継』は、単なる問題集ではありません。10の公式を軸に、読解力の向上、文法の強化、そしてライティング力の育成まで、英語力を総合的に高める画期的な一冊です。

    特に以下の層にオススメです:

    • 関関同立、GMARCH、地方国公立大学を目指す高校3年生
    • SVOCの基本文型を理解している高校2年生

    この革新的な学習法を活用して、英語の苦手意識を払拭し、得意科目へと変えていきましょう。時間配分に悩む受験生、自由英作文に苦手意識がある受験生、そして英語の総合力を高めたい全ての学習者にとって、本書は強力な武器となるでしょう。

    [ad doc=""]

new

【神本】『基本文法から学ぶ英語リーディング教本(黄リー教)』レベル、使い方

2024.07.11

ページ目次基本文法から学ぶ英語リーディング教本:目次・内容・評判を徹底解説『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』とは『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』の対象、レベルは?『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』の目次『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』の特徴『基本文法から学ぶ英語リーディン

  • …続きを読む
  • 基本文法から学ぶ英語リーディング教本:目次・内容・評判を徹底解説

    英語学習者の間で話題沸騰中の『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』(通称:黄リー教)。
    本記事では、この革新的な教材の目次、内容、そして実際の評判を徹底的に解説します。英語力向上を目指す方必見の情報満載でお届けします。

    [toc]

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』とは

    • 著者:薬袋善郎(みない よしろう)
    • 出版社:研究社
    • 発売日:2021年11月30日
    • ページ数:488ページ

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』(通称:黄リー教)は、英文法の基礎から応用までを徹底的に解説し、英文読解力を養成することを目的とした教材です。著者の薬袋善郎氏は、独自の英文解釈メソッド「F.o.R.(Frame of Reference)」を開発し、多くの英語学習者から支持を得ています。

    本書の特徴は、従来の英文法書とは一線を画す、徹底的な解説と練習問題にあります。薬袋氏は、英語学習者が陥りがちな「なんとなく」の理解を徹底的に排除し、一つ一つの文法事項を論理的かつ系統的に理解することを重視しています。

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』の対象、レベルは?

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』は、以下のような学習者に特に適していると言えます:

    英語中級者〜上級者で、文法の基礎を再確認したい人

    すでにある程度の英語力がある人が、自身の文法知識を体系的に整理し、さらに深めたい場合に最適です。特に、なんとなく理解している文法事項を、より論理的に捉え直したい人にお勧めです。

    英文解釈の精度を上げたい人

    英文を読む際に、より正確に文の構造を把握し、細かいニュアンスまで理解したい人に向いています。特に、受験英語や資格試験対策として、読解力を向上させたい場合に効果的です。

    英語の構造を論理的に理解したい人

    感覚的な英語理解ではなく、論理的に英文を分析し理解したい人に最適です。本書の独自の解説方法により、英語の構造を視覚的・論理的に捉える力が養われます。

    長期的な視点で英語力向上を目指している人

    短期間での劇的な成果よりも、着実に英語力を向上させたい人に向いています。本書の内容を十分に理解し、活用するには時間がかかりますが、その分、深い英語力が身につきます。

    一方で、以下のような人には向いていない可能性があります:

    • 1. 英語初心者
      本書の内容は、ある程度の英語基礎知識を前提としているため、完全な初心者には難しい可能性があります。まずは基本的な文法書や入門書から始めることをお勧めします。
    • 2. 短期間で成果を求めている人
      本書は短期間で劇的な成果を得るためのものではありません。じっくりと時間をかけて学習する意欲がない場合は、別の教材を選択した方が良いでしょう。
    • 3. 詳細な文法説明に抵抗がある人
      本書の特徴である徹底的な文法解説に抵抗がある人や、より実用的な会話表現を学びたい人には向いていません。コミュニケーション重視の教材を選ぶことをお勧めします。

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』の目次

    本書は20のLessonで構成されており、各Lessonの主要テーマは以下の通りです:

    • Lesson 1: 品詞の基本
    • この章では、名詞、動詞、形容詞、副詞という4つの基本的な品詞について詳しく解説しています。英語の文構造を理解する上で最も重要な基礎となる部分です。

    • Lesson 2: 活用と冠詞
    • 動詞の活用(現在形、過去形、過去分詞形など)と、冠詞(a, an, the)の使い方について学びます。特に冠詞の使用は日本人学習者にとって難しい部分ですが、本書では詳細な説明と豊富な例文で理解を深めることができます。

    • Lesson 3-5: 名詞、動詞、形容詞、副詞の詳細
    • これらの章では、各品詞についてより深く掘り下げていきます。
      例えば、名詞の可算・不可算、動詞の自動詞・他動詞の区別、形容詞の比較級・最上級、副詞の種類と用法などを学びます。

    • Lesson 6-10: 時制と態
    • 英語の時制(現在、過去、未来、現在完了など)と態(能動態、受動態)について詳しく解説します。
      特に、日本語にはない現在完了形の概念や、受動態の適切な使用方法などを重点的に学びます。

    • Lesson 11-15: 不定詞、動名詞、分詞
    • 英語特有の文法事項である不定詞、動名詞、分詞について学びます。これらの文法項目は、より複雑な英文を理解し、表現するために不可欠です。本書では、それぞれの用法の違いや、使い分けのポイントを丁寧に解説しています。

    • Lesson 16-20: 関係詞、仮定法、接続詞
    • 最後の5つのLessonでは、より高度な文法事項を扱います。関係代名詞や関係副詞の用法、仮定法の種類と使い方、様々な接続詞の役割と用法について学びます。これらの文法項目を理解することで、複雑な構造の英文も正確に解釈できるようになります。

    各Lessonは、解説、練習問題、そして「質問」セクションで構成されています。

    特に「質問」セクションは、本書の特徴的な部分で、学習者の理解度を徹底的にチェックします。

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』の特徴

    品詞と文型の徹底的な意識化
    本書は、品詞と文型を徹底的に意識させることで、英文の構造を精密に理解することを目指します。

    例えば、”The girl called Mary likes Tom.”という文に対して、以下のような詳細な質問を投げかけます

    • ①この英文のSは?
    • ②①と判断する理由は?
    • ③calledの活用は?
    • ④③と判断する理由は?
    • ⑤called Maryの働きは?

    これらの質問に答えることで、学習者は単に英文を和訳するだけでなく、文の構造を深く理解し、各単語の役割を正確に把握することができます。

    この過程を繰り返すことで、英文を「感覚的に」ではなく「論理的に」理解する力が身につきます。

    独自の解説方法:「F.o.R.」

    薬袋氏独自の「F.o.R.」システムを用いて、英文法を体系的に解説しています。

    これにより、従来の文法書では見落とされがちな細部まで丁寧に説明されています。

    F.o.R.システムの特徴は、英文の構造を視覚的に捉えやすくする点にあります。
    例えば、主語と動詞の関係を矢印で示したり、修飾語句をカッコで囲んだりすることで、文の骨格を明確にします。

    これにより、複雑な文でも構造を正確に把握できるようになります。

    豊富な練習問題

    各Lessonの終わりには、学んだ内容を定着させるための練習問題が用意されています。
    これらの問題は、単なる穴埋めではなく、文法的思考力を養うための工夫が施されています。

    例えば、同じ英文を異なる角度から分析させる問題や、微妙に異なる複数の英文の違いを説明させる問題などがあります。これらの問題を解くことで、学習者は英文法の知識を単に暗記するだけでなく、実際の英文解釈に応用する力を養うことができます。

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』効果的な使い方

    [ptimeline]
    [ti label="STEP1" title="最初から順を追って学習"]本書は体系的に構成されているため、飛ばし読みは避け、最初から順番に学習することをおすすめします。
    各Lessonは前のLessonの内容を前提としているため、順番に学習することで理解が深まります。特に、品詞の基本から始まり、徐々に複雑な文法事項へと進んでいく構成は、体系的な英文法の理解を促進します。[/ti]
    [ti label="STEP2" title="「質問」セクションを活用"]各Lessonの「質問」セクションに即座に答えられるようになるまで繰り返し練習することが重要です。
    この「質問」セクションは、単なる知識の確認ではなく、英文の構造を分析する力を養うためのものです。最初は時間がかかっても、繰り返し取り組むことで、英文を見た瞬間に構造を把握する力が身につきます。[/ti]
    [ti label="STEP3" title="併用教材の活用"]「4技能リーディングハイパートレーニング」シリーズや「ALL IN ONE Basic」などの併用教材を活用することで、学習効果を高めることができます。
    本書で学んだ文法知識を実際の長文読解や問題演習に活かすことで、より実践的な英語力を身につけることができます。特に、構文解説付きの長文問題集と併用することで、本書で学んだ知識を実際の英文解釈にスムーズに結びつけることができます。[/ti]
    [ti label="STEP4" title="復習の重視"]一度読んだだけでは理解が難しい箇所も多いため、定期的な復習を心がけましょう。
    本書の内容は非常に詳細であるため、一度の学習で完全に理解することは難しいでしょう。定期的に前のLessonに戻って復習することで、徐々に理解が深まり、英文法の知識が定着していきます。特に、難しいと感じた部分は、時間を置いて再度取り組むことで、新たな気づきが得られることがあります。[/ti]
    [/ptimeline]

    本書の内容は非常に詳細であるため、一度の学習で完全に理解することは難しいでしょう。
    定期的に前のLessonに戻って復習することで、徐々に理解が深まり、英文法の知識が定着していきます。特に、難しいと感じた部分は、時間を置いて再度取り組むことで、新たな気づきが得られることがあります。

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』注意点

    初心者には難しい:

    帯の「誰でも原書が読めるようになる」という文言とは裏腹に、本書は英語の基礎がある程度できている学習者向けです。

    本書の内容を十分に理解し活用するためには、基本的な英文法の知識と、ある程度の英語読解力が必要です。完全な初心者が取り組むには難易度が高く、挫折する可能性があります。

    時間がかかる

    488ページに及ぶ内容を理解し、習得するには相当な時間と労力が必要です。

    本書を効果的に活用するためには、長期的な学習計画が不可欠です。
    1日30分程度の学習を続けたとしても、1周するのに数ヶ月かかる可能性があります。
    短期間で英語力を向上させたい場合には、別のアプローチを検討する必要があるでしょう。

    すぐに成果が出るわけではない

    本書の内容を理解しても、すぐに英語力が劇的に向上するわけではありません。長期的な視点で取り組む必要があります。

    本書で学ぶ文法知識は、英語力の土台となるものです。
    しかし、この知識を実際の英語運用能力に結びつけるためには、多くの英文に触れ、実践的な練習を重ねる必要があります。

    本書だけでなく、多読や英作文など、他の学習方法と組み合わせることで、より効果的に英語力を向上させることができます。

    『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』の口コミ分析

    Amazon等の書評サイトや英語学習者のブログから集めた評判を分析すると、以下のような傾向が見られます:

    肯定的な評価:
    • 「英文法の理解が劇的に深まった」
      多くの学習者が、本書を通じて英文法の理解が大幅に向上したと報告しています。特に、これまで曖昧だった文法概念が明確になったという声が多く見られます。
    • 「今まで曖昧だった部分が明確になった」
      従来の文法書では説明が不十分だった部分や、なんとなく理解していた概念が、本書の詳細な解説によって明確になったという評価が多数あります。
    • 「原書を読む際の理解度が上がった」
      本書で学んだ文法知識を活かして、英語の原書や長文を読む際の理解度が向上したという声も多く聞かれます。文の構造を正確に把握できるようになったことで、複雑な文章でも迷わず読み進められるようになったという報告が目立ちます。
    否定的な評価
    • 「説明が詳しすぎて読みにくい」
      本書の特徴である詳細な解説が、逆に読みづらさにつながっているという指摘もあります。特に、英語学習に慣れていない初心者にとっては、情報量の多さに圧倒される可能性があります。
    • 「初心者には難しすぎる」
      帯の「誰でも原書が読めるようになる」という謳い文句に反して、実際には初心者には難しすぎるという評価も見られます。ある程度の英語力がないと、本書の内容を十分に理解し活用することが難しいという指摘があります。
    • 「ボリュームが多すぎて挫折しそう」
      488ページに及ぶ本書のボリュームに圧倒され、学習を途中で断念してしまう可能性を指摘する声もあります。長期的な学習計画を立てて取り組む必要があるという点で、時間的制約のある学習者には不向きかもしれません。

    まとめ:黄リー教は誰に向いているのか

    結論として、『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』は、その徹底的なアプローチゆえに「神本」と呼ばれる一方で、決して万人向けではありません。

    自身の英語レベルと学習目標をよく考慮した上で、この教材を選択することをおすすめします。

    本書の最大の強みは、英文法を単なる規則の集合としてではなく、英語という言語の骨格を形成する論理的なシステムとして提示している点です。
    この視点は、英語を本質的に理解し、自在に操る力を養うのに非常に効果的です。

    一方で、その徹底的なアプローチは、時として学習者を圧倒し、挫折させる可能性もあります。

    そのため、本書を効果的に活用するには、明確な学習目標と強い意志が必要です。

    最後に、英語学習は長期的な取り組みであり、一つの教材だけで完結するものではありません。『基本文法から学ぶ英語リーディング教本』は、英語学習の道のりにおける重要な一歩となりうる素晴らしい教材ですが、これを出発点として、さらに多様な英語学習リソースに触れ、実践的な英語使用の機会を積極的に求めていくことが、真の英語力向上につながります。

    [ad doc=""]

new

『英文読解入門10題ドリル』:レベル・使い方・効果的な学習法

2024.07.08

ページ目次『英文読解入門10題ドリル』:レベル・使い方・効果的な学習法『英文読解入門10題ドリル』の概要『英文読解入門10題ドリル』の特徴とは『英文読解入門10題ドリル』の対象者「英文読解入門10題ドリル」の効果的な使い方「英文読解入門10題ドリル」が理解できるとこれができる「英文読解入門10題ドリ

  • …続きを読む
  • 『英文読解入門10題ドリル』:レベル・使い方・効果的な学習法

    「英語の文法は一通り勉強したけど、長文になるとさっぱり読めない…」

    「英文解釈の参考書に手を出したけど、難しすぎて挫折してしまった…」

    そんな悩みを抱えている皆さんに、今回は『英文読解入門10題ドリル』をご紹介します。この参考書は、英文読解の超基礎から丁寧に解説してくれる、まさに英語苦手者の救世主とも言える一冊です。

    この記事では、『英文読解入門10題ドリル』の特徴や使い方、効果的な学習法を徹底解説します。これから英文読解に取り組もうという方は、ぜひ最後までお読みください!

    [toc]

    『英文読解入門10題ドリル』の概要

    『英文読解入門10題ドリル』は、駿台文庫から出版されている英文解釈の入門書です。著者は田中健一先生で、英文法シリーズの第3弾として登場しました。

    この本の最大の特徴は、英文を読むための基礎の基礎から丁寧に解説してくれる点です。英語の5文型をしっかり理解し、英文の構造を把握する力を養うことができます。

    『英文読解入門10題ドリル』の主な特徴:

    • 英文解釈の超基礎レベルから学べる
    • 解説がシンプルでわかりやすい
    • 豊富な演習問題(約400題)
    • 実際の大学入試問題も収録

    英語がまったく読めない人でも、この本を通じて英文の読み方の基礎を身につけることができます。特に、「S(主語)」「V(動詞)」「O(目的語)」「C(補語)」の見つけ方や、それらを日本語訳に反映させる方法を詳しく学べるのが大きな魅力です。

    『英文読解入門10題ドリル』の特徴とは

    1. 超基礎レベルからの丁寧な解説

    本書の最大の特徴は、英文解釈の超基礎レベルから丁寧に解説してくれる点です。英語の5文型の説明から始まり、基本的な英文へのSVOCの振り方、そしてSVOCを把握した後の具体的な訳し方まで、段階を追って学ぶことができます。

    例えば、「主語を発見し、そこに “は/が” をつける」「第1文型の基本訳は “SはVする” 」といった具合に、非常にシンプルで分かりやすい説明がなされています。

    2. 豊富な演習問題

    『英文読解入門10題ドリル』には約400題もの演習問題が収録されています。最初は基礎の基礎レベルから始まり、徐々に難易度が上がっていきます。最後の方では実際の大学入試問題(基礎レベル)も取り扱われており、着実にステップアップしていく構成になっています。

    3. SVOCを徹底的に意識させる構成

    本書の演習問題は、基本的に全ての問題でSVOCを探し出すことから始まります。英文を読む上で最も重要なSVOCの把握を、徹底的に練習することができるのです。

    これほど徹底してSVOCを意識させる参考書は珍しく、英文解釈の基礎を固めるのに非常に効果的です。

    『英文読解入門10題ドリル』の対象者

    この参考書は、以下のような人におすすめです:

    • 英語が苦手で、長文になると全く読めない人
    • 英文法は一通り学んだが、実際の英文を読むのが難しい人
    • 「基本はここだ!」や「入門英文解釈の技術70」に取り組んでも理解できない人
    • 英検3級~準2級レベルの読解力を身につけたい人
    • 公立高校入試で安定した成績を取りたい中学生

    特に、英語に強い苦手意識を持っている方や、英文解釈の基礎からしっかり学びたい方に最適です。

    『英文読解入門10題ドリル』のレベル

    『英文読解入門10題ドリル』のレベルは、英検3級~準2級程度です。英文法の基礎を一通り学んだ後、実際の英文読解に入る前の橋渡し的な位置づけとなります。

    以下のような方にとって適切なレベルです:

    • 中学2年生の終わり~高校1年生
    • 英検3級~準2級を目指している人
    • 大学受験で英語が苦手な人(特に、偏差値40台以下の人)
    • 英文法は学んだが、長文読解に苦戦している人

    ただし、すでに英検2級以上の実力がある人や、大学受験で偏差値50以上を目指している人には、少し物足りないかもしれません。そういった方は、本書よりも難易度の高い参考書に挑戦することをおすすめします。

    「英文読解入門10題ドリル」の効果的な使い方

    『英文読解入門10題ドリル』を最大限に活用するために、以下のステップで学習を進めることをおすすめします。

    [ptimeline]
    [ti label="STEP1" title="左上の解説を読む"]まず、各ページの左上に書かれている「英文の読み方」の解説をしっかり読みます。簡潔でわかりやすい説明なので、しっかり頭に入れましょう。[/ti]
    [ti label="STEP2" title="例題を理解&音読"]解説で学んだことを意識しながら、例題を理解します。理解したら、各例文を5回ずつ音読しましょう。[/ti]
    [ti label="STEP3" title="問題を解く"]例題を理解したら、EXERCISES A&Bの問題を解いていきます。豊富な問題量で、SVOCの探し方や英文の読み方を体得できます。[/ti]
    [ti label="STEP4" title="復習と周回"]1周目を終えたら、必ず復習をしましょう。さらに、2周目、3周目と繰り返し学習することで、英文読解の基礎を確実に身につけることができます。[/ti]
    [/ptimeline]

    特に大切なのは、SVOCを意識しながら英文を読む習慣を身につけることです。これが英文読解の基礎となり、より難しい長文にも対応できる力につながります。

    「英文読解入門10題ドリル」が理解できるとこれができる

    1. 英語を読むための準備が整う

    『英文読解入門10題ドリル』をマスターすることで、英文を読むための基礎的なスキルが身につきます。具体的には以下のような力が養われます:

    • 英文の構造(SVOC)を素早く把握する力
    • 基本的な英文を正確に和訳する力
    • 簡単な長文を読み解く力

    ただし、この本だけで大学入試レベルやTOEICの長文を読みこなせるようになるわけではありません。あくまで「英文を読むための基礎力」を養うための本だと考えましょう。

    2. 英語への苦手意識が軽減される

    本書の特徴である丁寧な解説と豊富な演習問題により、英語が苦手な人でも着実に力をつけていくことができます。これにより、「英語は難しい」「英語は自分には向いていない」といった苦手意識が徐々に軽減されていくでしょう。

    「英文読解入門10題ドリル」の次に取り組むべき参考書

    『英文読解入門10題ドリル』をマスターしたら、次はより難易度の高い英文解釈の参考書に挑戦しましょう。おすすめの参考書は以下の通りです:

    「肘井の読解のための英文法」、「動画でわかる英文法(読解入門編)」をやってみると良いでしょう。

    また本書の理解をさらに深める教材として、「はじめの英文読解ドリル」も手元に置いても良いでしょう。
    [nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/blog/sankosyo/eigo/hajimenoeibun/"]

    これらの参考書で英文解釈力を高めつつ、並行して語彙力も増やしていけば、TOEIC等の長文もほぼ全て読解できるレベルに到達できるでしょう。

    「英文読解入門10題ドリル」のまとめ

    『英文読解入門10題ドリル』は、英語が苦手な人や英文解釈の基礎から学びたい人にとって、非常に有効な参考書です。特に以下のような特徴があります:

    • 超基礎レベルからの丁寧な解説
    • 豊富な演習問題(約400題)
    • SVOCを徹底的に意識させる構成
    • 英語への苦手意識を軽減できる

    この本を通じて英文読解の基礎を固めれば、より難しい英文にも自信を持って取り組めるようになるでしょう。英語長文への苦手意識を克服したい方は、ぜひ『英文読解入門10題ドリル』から始めてみてください。

    英語学習の第一歩として、あるいは基礎の再確認として、本書は非常に有効な教材となるはずです。着実に力をつけていき、英語読解の世界を広げていきましょう!

new

【大岩】『高校とってもやさしい英文読解』 レベル、使い方:英語初心者も使える最強の参考書

2024.07.08

ページ目次高校とってもやさしい英文読解 使い方、レビュー:英語初心者も使える最強の参考書『とってもやさしい英文読解』の概要『とってもやさしい英文読解』の特徴とは『とってもやさしい英文読解』の目次と構成『とってもやさしい英文読解』の対象者『とってもやさしい英文読解』音声教材の活用方法『とってもやさしい

  • …続きを読む
  • 高校とってもやさしい英文読解 使い方、レビュー:英語初心者も使える最強の参考書

    こんにちは!今回は、英語学習の救世主とも言える参考書「高校 とってもやさしい英文読解」を徹底解説します。この記事を読めば、あなたの英語力が確実にアップする方法が分かります。

    この記事のポイント:

    • 「とってもやさしい英文読解」の特徴と使い方
    • 英語初心者でも挫折しない学習法
    [toc]

    『とってもやさしい英文読解』の概要

    「高校 とってもやさしい英文読解」は、英語教育のエキスパートである大岩秀樹先生が執筆した、英文読解のための入門書です。大岩先生は「大岩のいちばんはじめの英文法」などのベストセラーで知られる、英語学習界の重鎮です。

    『とってもやさしい英文読解』の特徴とは

    「高校 とってもやさしい英文読解」の最大の魅力は、その名の通り「とってもやさしい」ことです。では、なぜこの本は他の参考書と比べて特別に易しいのでしょうか?

    • 徹底的に抑えられた語彙レベル:使用される単語のレベルが非常に低く設定されています。中学で学ぶ基本的な単語がメインで使われているため、語彙力に自信がない人でも安心して学習を進められます。
    • 充実した和訳サポート:少し難しい単語には和訳が付いているのはもちろん、中学レベルの単語にも和訳が付いています。例えば、「believe(信じる)」や「Are you ready?(準備はできましたか?)」といった基本的なフレーズにも訳が付いています。
    • つまずき防止の細やかな心遣い:単語の意味で躓くことがないよう、細かい配慮がなされています。これにより、辞書を引く手間が省け、学習の流れを止めることなく読み進められます。
    • 高校レベルまでカバー:基礎的な内容だけでなく、否定、倒置、省略、asやthatの使い分けなど、高校レベルの内容まで踏み込んでいます。これにより、基礎から応用まで幅広く学習できます。
    • ネイティブチェック済み:ネイティブスピーカーが校正に関わっているため、英文の質が高いです。自然な英語表現を学べるのが大きな特徴です。

    この本の特徴は、まさに「親切な設計」そのものです。英語を学ぶ上でのあらゆる障害を取り除いてくれるんですね。

    『とってもやさしい英文読解』の目次と構成

    本書は以下の4つの章で構成されています:

    1. 準備編:英文読解の基礎となる文法事項や読解のコツを学びます。
    2. 第1章:基本的な文構造と語順を学びます。
    3. 第2章:修飾語句や関係詞などの複雑な文構造を学びます。
    4. 第3章:接続詞や時制の一致など、より高度な文法事項を学びます。

    特に準備編が秀逸で、品詞や訳し方のコツなど、英文読解の基礎となる重要な情報が詰まっています。この準備編だけでも一読の価値があります。

    『とってもやさしい英文読解』の対象者

    この本は、以下のような人におすすめです:

    • 英語が非常に苦手な高校生
    • 英文読解の学習を始めたばかりの人
    • 社会人で英語をやり直したい人
    • 中学レベルの英語に自信がない人
    • 英検3級〜準2級を目指している人
    • TOEICで300〜400点を目指している人
    【注意点】英語がある程度できる人や、すでに高度な英文読解に取り組んでいる人にとっては、少し物足りないと感じる可能性があります。そういった方には、より難易度の高い参考書をおすすめします。

    『とってもやさしい英文読解』のレベル

    本書のレベルは、英検で言えば3級〜準2級レベル、TOEICで言えば300〜400点レベルの人が最も効果的に使えるでしょう。具体的には以下のような英文が理解できるレベルを想定しています:

    I have a dog. His name is Max. He is very friendly and likes to play in the park.

    この程度の英文が何とか理解できる、もしくはこのレベルの英文を確実に理解できるようになりたいという方に最適です。

    『とってもやさしい英文読解』音声教材の活用方法

    本書の大きな特徴の一つが、充実した音声教材です。以下の方法で効果的に活用しましょう:

    • 「英語の友」アプリを使用:旺文社の音声アプリ「英語の友」は非常に使いやすく、スマートフォンやタブレットで簡単に音声を再生できます。
    • ダウンロードして場所を選ばず学習:音声はダウンロードしてオフラインでも使用可能です。通勤・通学中や家事の合間など、隙間時間を有効活用しましょう。
    • ネイティブ発音で耳を鍛える:収録されているのはネイティブスピーカーによる発音です。繰り返し聞くことで、自然な英語の発音やリズムが身につきます。
    【音声学習のコツ】最初は音声を聞きながらテキストを目で追い、慣れてきたら音声だけを聞いて内容を理解する練習をしましょう。これにより、リーディングとリスニングの両方のスキルが向上します。

    『とってもやさしい英文読解』の後は

    本書はあくまで文法用語になれたりするための基礎の基礎の本です。

    「肘井の読解のための英文法」、「動画でわかる英文法(読解入門編)」をやってみると良いでしょう。

    また本書の理解をさらに深める教材として、「はじめの英文読解ドリル」も手元に置いても良いでしょう。
    [nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/blog/sankosyo/eigo/hajimenoeibun/"]

    その次の段階としては学んだ知識を難関大学レベルまでの解釈力を身につけるためには、「入門英文問題精講」「英文熟考」「基礎英文解釈100」といった中級レベルの英文解釈の教材を使ってください。

    「とってもやさしい英文読解」のまとめ

    「高校 とってもやさしい英文読解」は、英語が苦手な人や基礎からやり直したい人にとって、まさに救世主のような一冊です。以下の特徴により、無理なく着実に英文読解力を向上させることができます:

    • 非常に易しい語彙レベルで、つまずきにくい
    • 充実した和訳サポートで、意味理解をサポート
    • 高校レベルまでカバーする幅広い内容
    • 効果的な学習法の紹介で、自学自習をサポート
    • 質の高い音声教材で、リスニング力も向上
    この本を使って基礎をしっかり固めれば、より難しい英語学習へのステップアップも怖くありません。英語学習に悩んでいる方、ぜひこの「とってもやさしい英文読解」を手に取ってみてはいかがでしょうか?

    最後に、英語学習は継続が肝心です。この本を使って、楽しみながら少しずつ上達していってください。必ず英語力は向上します。がんばってください!

new

『基礎からの英文解釈クラシック』:レベル・使い方・効果的な学習法

2024.07.08

ページ目次『基礎からの英文解釈クラシック』:レベル・使い方・効果的な学習法『基礎からの英文解釈クラシック』の概要『基礎からの英文解釈クラシック』の特徴とは『基礎からの英文解釈クラシック』で学べることは?『基礎からの英文解釈クラシック』の対象者「基礎からの英文解釈クラシック」の効果的な使い方『基礎から

  • …続きを読む
  • 『基礎からの英文解釈クラシック』:レベル・使い方・効果的な学習法

    英語学習において、文法や単語を覚えても実際の英文を正確に読み解くことに苦労する人は少なくありません。
    そんな悩みを解決し、英文解釈力を劇的に向上させるのが『基礎からの英文解釈クラシック』です。

    この記事では、『基礎からの英文解釈クラシック』のレベル、効果的な使い方、他の参考書との比較など、あらゆる角度から徹底解説します。

    英文解釈の基礎から応用まで網羅した『基礎からの英文解釈クラシック』の魅力をご紹介します。

    [toc]

    『基礎からの英文解釈クラシック』の概要

    『基礎からの英文解釈クラシック』は、英語教育のエキスパートである久保田智大先生が手掛けた英文解釈対策の決定版と言える参考書です。

    この本の最大の特徴は、英文解釈の基礎となる品詞や文型の知識を丁寧に解説していることです。単なる文法知識の暗記ではなく、英文の構造を理解するための本質的な考え方を学べます。

    『基礎からの英文解釈クラシック』の特徴とは

    この本には、英文解釈の基本的な考え方から実践的なテクニックまで、幅広い内容が盛り込まれています。

    品詞や文型の基礎知識を徹底的に解説することで、どんな複雑な英文でも構造を正確に把握できるようになります。
    これは、大学入試や英語検定試験の高得点獲得には欠かせないスキルです。

    英文の構造や論理展開が詳細に解説されているので、英語の読解力が確実に向上します。
    単に英文を訳すのではなく、「正確に理解する」ための技術を身につけることができるのです。

    また、各章末には練習問題が用意されているので、学んだ内容をすぐに実践できます。
    自分の弱点を把握し、効率的に改善していくことができるでしょう。

    他の英文解釈の参考書にはない、「そもそも品詞とは何か」「文型とは何か」という根本的な部分から解説している点が画期的ですね。

    『基礎からの英文解釈クラシック』の目次と構成

    本書は大きく2つの部分に分かれています:講義部分と問題部分です。

    講義部分(約130ページ)の構成:

    • 1. 品詞の説明(名詞、動詞、形容詞、副詞)
    • 2. 文型の説明(第1文型から第5文型まで)
    • 3. 句と節の説明

    『基礎からの英文解釈クラシック』で学べることは?

    『基礎からの英文解釈クラシック』の最大の特徴は、他の教材ではあまり見られない「品詞」と「文型」の概念を詳しく解説している点です。この「品詞」と「文型」の理解は、正確な英文解釈を習得する上で極めて重要です。

    多くの英文解釈教材が文法や構文に焦点を当てる中、本書は「そもそも品詞とは何か」「文型とはどういうものか」という根本的な問題にアプローチしています。これは、英文解釈で多くの学習者が直面する最大の壁を克服するための画期的なアプローチです。

    英語が苦手・・なんとなく英語を読んでいるという人は、品詞がわかってないことがほとんどです。この教材を使うことでこのなんとなく理解から上のレベルを目指すことができます。

    1. 品詞の徹底理解

    本書では、名詞、動詞、形容詞、副詞といった基本的な品詞について、その定義から役割まで詳細に解説しています。
    これにより、英文中の各単語がどのような働きをしているのかを正確に把握できるようになります。

    2. 文型の基礎からの学習

    第1文型から第5文型まで、英文の基本的な構造を順を追って学びます。これにより、複雑な英文でも骨格を見抜く力が身につきます。

    3. 句と節の理解

    品詞と文型の知識を基に、より複雑な英文構造を理解するための句と節について学びます。これにより、長文や難解な英文にも対応できる力が養われます。

    この「品詞」「文型」「句と節」の概念を理解し、実践できるようになることは、単に英文解釈のスキルアップだけでなく、英語の本質的な理解力の向上にもつながります。これは、英語の試験対策だけでなく、将来的な学術論文の読解や実務での英語使用にも役立つスキルです。

    他の教材では、ともすれば「この文型ではこう訳す」といった暗記型のアプローチが多い中、
    『基礎からの英文解釈クラシック』は英文構造の根本的な考え方を教えてくれます。

    これにより、未知の複雑な英文に直面しても、自信を持って解釈に取り組めるようになるのです。

    この「品詞」と「文型」の概念は、英語だけでなく日本語の文章力向上にも大いに役立ちますね。
    論理的思考力を鍛えるという意味で、学習効果は計り知れません。

    このように、『基礎からの英文解釈クラシック』は単なる英文解釈の技術書ではなく、
    英語の本質的な理解力を養う可能性を秘めた画期的な教材と言えるでしょう。

    『基礎からの英文解釈クラシック』の対象者

    この参考書は、以下のような方におすすめです:

    • 英文解釈の基礎から学びたい高校生
    • 進学校に通っているが英語が苦手な高校生
    • 英語の読解力を総合的に向上させたい方
    • 英語の基礎を再確認したい大学生や社会人

    特に、これまで英文解釈に苦手意識を持っていた人や、英文の構造を正確に把握する力を身につけたい人に最適です。

    「基礎からの英文解釈クラシック」の効果的な使い方

    『基礎からの英文解釈クラシック』を最大限に活用するために、以下のステップで学習を進めることをおすすめします。

    [ptimeline]
    [ti label="STEP1" title="通読する"]まずは、本全体を通読しましょう。各章の概要をつかみ、全体の流れを理解することが大切です。この段階では深く考えすぎず、著者の説明を素直に受け止めることに集中してください。[/ti]
    [ti label="STEP2" title="各章を詳しく学ぶ"]2回目からは、各章をじっくりと読み込みます。品詞や文型の説明を丁寧に理解し、例文を自分で訳してみましょう。重要なポイントはノートにまとめると良いでしょう。[/ti]
    [ti label="STEP3" title="練習問題に取り組む"]各章末の練習問題に取り組みます。時間を計って実戦的に解答し、その後で丁寧に見直しをしましょう。間違えた問題は、なぜ間違えたのかを分析することが重要です。[/ti]
    [ti label="STEP4" title="応用問題に挑戦"]本書後半の応用問題に挑戦します。これらの問題は難易度が高いので、最初は時間を気にせず丁寧に解いていきましょう。解答・解説をしっかり読み、自分の解釈と比較することが大切です。[/ti]
    [ti label="STEP5" title="実践演習"]本書で学んだ知識を使って、実際に様々な英文を解釈する練習をします。新聞記事や小説の一節など、本書以外の英文にも挑戦してみましょう。可能であれば、先生や仲間に添削してもらうのも効果的です。[/ti]
    [/ptimeline]

    以上のステップを繰り返し行うことで、『基礎からの英文解釈クラシック』の内容を確実に身につけ、英文解釈のスキルを大きく向上させることができます。

    基礎をしっかり固めてから応用へと進むことで、確実に力をつけていくことができるでしょう。

    『基礎からの英文解釈クラシック』の後は何をするのか

    本書はあくまで文法用語になれたり、基本的な品詞を学んでいくための本であり、基礎の基礎の本です。

    本書から英語の品詞が好きになって得意になったのであれば、英文解釈クラシックに進むことも可能です。

    ですが、多くの受験生にとっては少し難しいでしょう。下記のような標準レベルの英文解釈の教材を始める方が効果的です。

    本書で学んだ知識を難関大学レベルまでの解釈力を身につけるためには、「入門英文問題精講」「英文熟考」「基礎英文解釈100」といった中級レベルの英文解釈の教材を使ってください。

    また本書の理解をさらに深める教材として、「はじめの英文読解ドリル」も手元に置いても良いでしょう。
    [nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/blog/sankosyo/eigo/hajimenoeibun/"]

    この教材の後で、長文をやるとすれば4技能The Rules1であれば取り組むこともできるでしょう。

    The Rules1をSVOCを取りながら、読み込んでみると良いでしょう。
    [nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/blog/sankosyo/eigo/therules-leves/"]

    「基礎からの英文解釈クラシック」のメリット・デメリット

    『基礎からの英文解釈クラシック』の主なメリットとデメリットを整理してみましょう。

    「基礎からの英文解釈クラシック」メリット
    • 品詞と文型の基礎から丁寧に解説されている
    • 段階的な難易度上昇で、無理なく学習を進められる
    • 豊富な例文と練習問題で、学んだ内容をすぐに実践できる
    • 英文の構造を正確に把握する力が身につく
    • 難関大学入試レベルの英文にも対応できる力が養える
    「基礎からの英文解釈クラシック」デメリット
    • 英文解釈クラシック(無印)との接続がやや難しい
    • 受験テクニックよりも本質的な理解に重点を置いているため、短期的な点数アップを目指す人には向かない可能性がある
    • 基礎的な文法知識がない場合、理解が難しい部分がある

    デメリットはありますが、英語を本質的に理解したい人にとっては、そのデメリットも学習の過程で克服できる課題だと言えますね。

    「基礎からの英文解釈クラシック」のまとめ

    『基礎からの英文解釈クラシック』は、英文解釈のスキルを効果的に向上させるための優れた教材です。以下にその特徴をまとめます:

    • 品詞と文型の基礎から丁寧に解説
    • 段階的な難易度上昇で無理なく学習可能
    • 豊富な例文と練習問題で実践力を養成
    • 英文の構造を正確に把握する力が身につく
    • 難関大学入試レベルまで対応可能

    この教材を活用することで、大学入試はもちろん、英語検定試験やTOEICなどの外部試験でも高得点を狙うことができます。
    また、実践的な英文解釈力を身につけることで、将来的な英語の活用場面でも大いに役立つでしょう。

    英文解釈は多くの人が苦手意識を持つ分野ですが、適切な方法で学習すれば必ず上達します。
    『基礎からの英文解釈クラシック』は、その道筋を明確に示してくれる心強い味方となるはずです。

『八澤のたった7時間で英文解釈』レビュー、使い方、レベル徹底解説

2024.07.05

ページ目次『八澤のたった7時間で英文解釈』完全ガイド『八澤のたった7時間で英文解釈』の概要と特徴『八澤のたった7時間で英文解釈』の構成と学習方法『八澤の英文解釈』と他の参考書との比較『八澤のたった7時間で英文解釈』の対象者とレベル『八澤のたった7時間で英文解釈』の使い方『八澤のたった7時間で英文解釈

  • …続きを読む
  • 『八澤のたった7時間で英文解釈』完全ガイド

    英文解釈に苦手意識を持つ受験生の皆さん、朗報です。
    人気予備校講師である八澤龍之介先生が監修した『たった7時間で英文解釈』という画期的な参考書が登場しました。

    この記事では、本書の特徴や使い方、そして効果的な学習法について詳しく解説していきます。

    [toc]

    『八澤のたった7時間で英文解釈』の概要と特徴

    『たった7時間で英文解釈』は、英語長文読解の基礎となる英文解釈のスキルを効率的に学べる参考書です。

    本書の最大の特徴は、参考書と授業動画を組み合わせた学習方法を採用している点です。

    特筆すべきは、わずか7時間で英文解釈の基礎が確立できるように設計されていることです。

    A94f444c-4c77-4270-8798-3639474b4882.  CR0,0,970,600 PT0 SX970 V1   .

    また、付属の「英文解釈どこでもミニブック」により、効率的な復習が可能になっています。

    本書の主な特徴:

    • わかりやすい講義形式の解説と具体例の提示
    • スマートフォンで視聴できる補完的な授業動画
    • 図表を活用したコンパクトな要点整理
    • 実践的な練習問題と一問一答形式の確認テスト
    • 携帯に便利なミニブック付属

    『八澤のたった7時間で英文解釈』の構成と学習方法

    本書は以下の4ステップで構成されており、各ステップが有機的に連携しています。

    [ptimeline]
    [ti label="STEP1" title="講義:英文解釈の技術を詳しく解説"]
    各単元の冒頭で、英文解釈の基本的な考え方やテクニックを丁寧に解説します。[/ti]

    [ti label="STEP2" title="要点整理:講義内容のポイントを簡潔にまとめる"]
    講義で学んだ内容を、箇条書きや表を使ってコンパクトにまとめます。これにより、重要ポイントを素早く復習することができます。
    [/ti]

    [ti label="STEP3" title="一問一答:理解度をチェック"]
    学んだ内容の定着度を確認するための一問一答形式の問題が用意されています。

    712PKLSUWdL. SL1200 .

    八澤先生は薬袋先生を尊敬しているようで、良い点を随所にオマージュしています。
    [/ti]

    [ti label="STEP4" title="基本練習:学んだ内容を実践的に確認"]
    実際の英文を用いて、学習した内容を適用する練習問題が用意されています。ここでは、単に和訳するだけでなく、文構造の分析や語句の用法の確認なども行います。
    [/ti]
    [/ptimeline]

    この4ステップ構成が、本書の大きな強みですね。インプットからアウトプットまでをバランス良く学習できます。

    『八澤の英文解釈』と他の参考書との比較

    『八澤のたった7時間で英文解釈』の特徴をより明確にするため、他の代表的な英語参考書と比較してみましょう。

    参考書名 特徴 対象レベル
    とってもやさしい英文読解 基礎から使えます 偏差値30-40程度
    肘井の読解のための英文法 まとまっているが、説明は簡素 偏差値50-55程度
    動画でわかる英文法 いい本だが、本当にできない人には難しい 偏差値55程度
    基礎英文解釈クラシック 情報量は多いが、その分ある程度国語力が必要 偏差値55程度
    入門英文問題精講 上記初級者用から中級者英文解釈への橋渡し 偏差値58程度
    『たった7時間で英文解釈』 短期集中型、動画連携 偏差値40-50程度

    このように、『たった7時間で英文解釈』は短期間で効率的に学習できる点が大きな特徴となっています。

    『八澤のたった7時間で英文解釈』の対象者とレベル

    本書は主に以下のような方におすすめです:

    • 英文解釈に苦手意識がある高校生
    • 大学受験で英語の得点アップを目指す受験生
    • 短期間で英文解釈の基礎を身につけたい方

    レベル設定と注意点

    本書のレベルは、英検準2級程度の英語力がある方が最も効果的に学習できるでしょう。

    ただし、本書は中学卒業レベルの英語力を前提としているため、英語が苦手な方にとってはやや難しく感じる可能性があります。その場合は、まず基礎的な英文法の参考書から始めることをおすすめします。

    準2級レベルであれば、文構造を意識しないでもなんとか問題を解いていくことはできますが、
    それ以上の上のレベルを目指すとなるとなかなか実力を上げることはできません。

    『八澤のたった7時間で英文解釈』の使い方

    本書の特徴を最大限に活かすには、以下のような使い方がおすすめです:

    [ptimeline]
    [ti label="STEP1" title="7時間で全体像をつかむ"]まず7時間で一通り学習し、英文解釈の全体像をつかみます。各単元の要点を押さえ、基本的な解釈技術を習得します。[/ti]
    [ti label="STEP2" title="ミニブックで毎日復習"]ミニブックを使って、毎日15分程度の復習を1週間続けます。これにより、学んだ内容を効率的に定着させることができます。[/ti]
    [ti label="STEP3" title="長文問題での実践"]本書で学んだ内容を実際の長文問題に適用する練習を行います。実践を通じて、習得した技術の応用力を養います。[/ti]
    [ti label="STEP4" title="不明点の確認"]不明点があれば、本書の該当箇所に戻って確認します。繰り返し参照することで、理解を深め、確実な知識として定着させます。[/ti]
    [/ptimeline]

    結論として、『たった7時間で英文解釈』は、効率的な英文解釈の基礎学習ツールとして高く評価できます。その特徴を理解し、適切に活用することで、英語力向上への大きな一歩となることは間違いありません。

    ただし、本書はあくまでも入門から中級レベルまでをカバーする教材であり、より高度な英語力を目指す場合は、本書を出発点として、さらなる学習を重ねていく必要があります。

    『八澤のたった7時間で英文解釈』の後には?

    本書はあくまで文法用語になれたり、基本的な品詞を学んでいくための本であり、基礎の基礎の本です。

    本書で学んだ知識を難関大学レベルまでの解釈力を身につけるためには、「入門英文問題精講」「英文熟考」「基礎英文解釈100」といった中級レベルの英文解釈の教材を使ってください。

    また本書の理解をさらに深める教材として、「はじめの英文読解ドリル」も手元に置いても良いでしょう。
    [nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/blog/sankosyo/eigo/hajimenoeibun/"]

    さらにもう1段階上の難関大学用の教材としては、ポレポレ英文読解も行っても良いですが、
    基本的にこのレベルまでは多くの大学では必要ありません。
    [nlink url="https://hiroacademia.jpn.com/blog/sankosyo/eigo/polepore/"]

    この教材の後で、長文をやるとすれば、ハイパートレーニング1やThe Rules1であれば取り組むこともできるでしょう。

    The Rules1をSVOCを取りながら、読み込んでみると良いでしょう。

    まとめ:『八澤のたった7時間で英文解釈』

    『たった7時間で英文解釈』は、短期間で効率的に英文解釈のスキルを身につけたい受験生にとって、非常に有効な教材です。

    本書の特徴をまとめると:

    • 参考書と授業動画を組み合わせた効果的な学習方法
    • 4ステップ構成による体系的な学習アプローチ
    • ミニブック付属による効率的な復習システム
    • 基礎から中級レベルまでをカバーする幅広い内容
    • 短期間での英文解釈力向上が期待できる構成

    ただし、本書だけで完璧な英文解釈力が身につくわけではありません。他の参考書や問題集も併用しながら、継続的な学習を心がけることが重要です。

    [ad doc=""]

『英文解釈クラシック』:レベル・使い方・効果的な学習法

2024.07.05

ページ目次『英文解釈クラシック』:レベル・使い方・効果的な学習法『英文解釈クラシック』の概要『英文解釈クラシック』の特徴とは『英文解釈クラシック』の対象者『英文解釈クラシック』の効果的な使い方『英文解釈クラシック』のまとめ 『英文解釈クラシック』:レベル・使い方・効果的な学習法 単語や文法はある程度

  • …続きを読む
  • 『英文解釈クラシック』:レベル・使い方・効果的な学習法

    単語や文法はある程度理解できるのに、長文になると途端に意味がわからなくなる…そんな悩みを解決し、読解力を劇的に向上させるのが『英文解釈クラシック』です。

    この記事では、『英文解釈クラシック』のレベル、効果的な使い方、早慶対策としての活用法など、あらゆる角度から徹底解説します。

    この参考書を使いこなせば、難関大学入試の長文問題も怖くありません。

    [toc]

    『英文解釈クラシック』の概要

    『英文解釈クラシック』は、駿台講師・久保田智大先生が手掛けた英文解釈対策の決定版と言える参考書です。

    この本の最大の特徴は、英文を論理的に読み解くための「型」を基礎から丁寧に解説していることです。単なる訳し方の暗記ではなく、文章全体の構造を把握する力を学べます。

    もう一つの大きな特徴は、名文を用いた実践的な演習形式で進行することです。質の高い英文に触れながら、実践的な読解力を養えるのが魅力です。

    『英文解釈クラシック』の特徴とは

    この本には、英文を正確に読み解くための基本的な考え方から実践的なテクニックまで、幅広い内容が盛り込まれています。

    論理的な文章構造の理解を通じて、どんな難解な英文でも自信を持って解釈できるようになります。これは、早慶や難関国公立大学の入試で高得点を獲得するには欠かせないスキルです。

    英文の構造や論理展開が詳細に解説されているので、英語の読解力が確実に向上します。
    単に英語を訳すのではなく、「著者の意図を正確に理解する」ための技術を身につけることができるのです。

    また、各章末には練習問題が用意されているので、学んだ内容をすぐに実践できます。
    自分の弱点を把握し、効率的に改善していくことができるでしょう。

    他の英文解釈の参考書にはない、「そもそも文章全体の構造をどう捉えるか」という根本的な問題の解決策を提示している点が画期的ですね。

    『英文解釈クラシック』の目次と構成

    本書は3つの章で構成されており、基礎から応用まで段階的に学べるようになっています。

    • はじめに
    • 本書の構成と利用法
    • 第1章:文の主要素(SVOC)を正しくつかむ / 並列 / 関係代名詞の省略
    • 第2章:thatの識別 / 関係詞whose / 複合関係詞 / 連鎖関係代名詞 / 共通要素の省略
    • 第3章:代用 / 比較 / asの識別 / 仮定法
    • 演習問題

    この構成から、本書の特徴と学習の流れがよく分かります。

    1. 基礎理論の習得(第1章):
      まず、英文の基本構造であるSVOCの理解と、並列構造や関係代名詞の扱い方を学びます。これは他の教材にはない、本書の独自アプローチです。

    2. 複雑な構文の理解(第2章):
      thatの多様な用法や、より高度な関係詞の使い方を学びます。これにより、複雑な文章構造を正確に把握する力が身につきます。

    3. 高度な表現技法の習得(第3章):
      代用表現や比較表現、仮定法など、より洗練された英語表現を学びます。これらは難関大学の入試でも頻出の項目です。

    4. 総合演習(演習問題):
      学んだ内容を総復習し、実践的な問題に挑戦します。ここで真の実力が試されます。

    この構成は、基礎から応用へと無理なく進められるよう工夫されていますね。理論と実践のバランスが絶妙で、着実に力がつく構成になっています。

    各レッスンは、名文を題材にした実践的な演習形式で進行します。
    これにより、質の高い英語に触れながら、実際の長文問題に対応する力を養えます。また、各章末には練習問題が用意されているので、学んだ内容をすぐに実践できる点も大きな特徴です。

    『英文解釈クラシック』で学ぶ論理的解釈とは

    『英文解釈クラシック』の最大の特徴は、他の教材ではあまり見られない「論理構造の把握」を詳しく解説している点です。
    この「論理構造の把握」の理解は、正確な英文解釈を行う上で極めて重要です。

    多くの英文解釈教材が単語や文法に焦点を当てる中、本書は「文章全体をどう捉えるか」という根本的な問題にアプローチしています。これは、難関大学入試で多くの受験生が直面する最大の壁を克服するための画期的なアプローチです。

    具体的には、以下のような特徴があります:

    1. 文の主要素の把握

    71GatzDfg4L. SL1500 .

    本書では、まず文の主要素であるSVOCを正確に把握する方法を学びます。

    これは、どんな複雑な文章でも、その骨格を見抜くための基礎となります。

    2. 論理関係の視覚化

    71e9sc4QMiL. SL1500 .

    興味深いことに、本書では文章の論理関係を図解化して示しています。これにより、複雑な文章構造も視覚的に理解しやすくなります。

    この「論理構造の把握」の概念を理解し、実践できるようになることは、単に英文解釈のスキルアップだけでなく、論理的思考力の向上にもつながります。これは、英語の入試対策だけでなく、将来的なアカデミックリーディングや実務文書の理解にも役立つスキルです。

    他の教材では、ともすれば「この表現はこう訳す」といった暗記型のアプローチが多い中、
    『英文解釈クラシック』は英文解釈の根本的な考え方を教えてくれます。

    これにより、未知の難解な文章に直面しても、自信を持って取り組めるようになるのです。

    この「論理構造の把握」の概念は、英語だけでなく日本語の読解力向上にも大いに役立ちますね。
    論理的思考力を鍛えるという意味で、学習効果は計り知れません。

    『英文解釈クラシック』の対象者

    この参考書は、以下のような方におすすめです:

    • 英文解釈の基礎は身についているが、より高度な読解力を身につけたい高校生
    • 早慶や難関国公立大学の入試で高得点を狙う受験生
    • 英語の読解力を総合的に向上させたい方
    • 英語教師として高度な英文解釈の指導法を学びたい方

    特に、これまで英文解釈に苦手意識を持っていた人や、より論理的な解釈方法を体系的に学びたい人に最適です。

    『英文解釈クラシック』のレベル

    『英文解釈クラシック』は、英文解釈の基礎から応用まで幅広くカバーしています。
    そのため、レベルとしては偏差値60程度の学習者に最適と言えるでしょう。

    英検準1級程度の文法力と語彙力があれば、十分に取り組むことができます。ただし、内容は早慶や難関国公立大学レベルまでカバーしているので、上級者の方も新たな気づきが得られるはずです。

    『英文解釈クラシック』が難しいという人は?

    SVOC、文構造がよくわからないという人は、肘井先生の読解のための英文法や、はじめの英文読解ドリルやってみてください。

    できれば、英文熟考・上、入門問題精講、基礎100といった中級レベルの英文解釈の教材をやっておから取り組んでください。

    『英文解釈クラシック』の効果的な使い方

    『英文解釈クラシック』を最大限に活用するために、以下のステップで学習を進めることをおすすめします。

    [ptimeline]
    [ti label="STEP1" title="通読する"]まずは、本全体を通読しましょう。各章の概要をつかみ、全体の流れを理解することが大切です。この段階では深く考えすぎず、著者の説明を素直に受け止めることに集中してください。[/ti]
    [ti label="STEP2" title="各章を詳しく学ぶ"]2回目からは、各章をじっくりと読み込みます。特に論理構造の図解や詳細な解説に注目し、英文の構造をしっかり理解しましょう。わかりづらい部分については和訳しながら読んでいくと良いでしょう。[/ti]
    [ti label="STEP3" title="練習問題に取り組む"]各章末の練習問題に取り組みます。時間を計って実戦的に解答し、その後で丁寧に見直しをしましょう。間違えた問題は、なぜ間違えたのかを分析することが重要です。[/ti]
    [ti label="STEP4" title="音読練習を行う"]本書に収録されている音声を活用し、音読練習を行います。正しい発音とリズムで読むことで、英文の構造をより深く理解できるようになります。[/ti]
    [ti label="STEP5" title="実践演習"]学んだ解釈技術を使って、実際の入試問題や英字新聞記事などに挑戦します。様々な文章に触れることで、応用力が身につきます。[/ti]
    [/ptimeline]

    以上のステップを繰り返し行うことで、『英文解釈クラシック』の内容を確実に身につけ、高度な英文解釈のスキルを大きく向上させることができます。

    『英文解釈クラシック』のまとめ

    『英文解釈クラシック』は、英文解釈のスキルを効果的に向上させるための優れた教材です。以下にその特徴をまとめます:

    • 論理的な文章構造の把握方法を基礎から学べる
    • 質の高い名文を用いた実践的な演習形式で楽しく学習できる
    • 視覚的な図解で複雑な構文も理解しやすい
    • 早慶や難関国公立大学の入試対策としても有効
    • 中級から上級レベルの学習者に最適

    この教材を活用することで、早慶はもちろん、難関国公立大学の入試でも高得点を狙うことができます。
    また、論理的な英文解釈力を身につけることで、将来的な学術論文の読解や実務での英語活用にも大いに役立つでしょう。

    英文解釈は多くの人が苦手意識を持つ分野ですが、適切な方法で学習すれば必ず上達します。
    『英文解釈クラシック』は、その道筋を明確に示してくれる心強い味方となるはずです。

    [ad doc=""]

1 2 3 4 5 Next › 13

  • 偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 早稲田校舎 : 〒162-0045
    東京都新宿区馬場下町9-7 ハイライフホーム早稲田駅前ビル4階
    TEL: 03-6884-7991
    営業時間: 月〜土 9:00-21:30 
  • Facebook Twitter
    Page Top

Copyright © BETELGEUSE corporation All Rights Reserved.