偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

2017年慶応義塾大学環境情報|過去問徹底研究 大問6

2019.09.23

方針の立て方 (1) ③~⑤をなるべく簡単な式で表そうと考え,③~⑤をの式に書き換える.後は,答えに当たり()をつけて,それが①~⑤の全ての条件を満たすこと(というより反しないこと)を確認すればよい.入試数学のよくある手法として,直観的に答えを予想して,それが適することを確認するという解法(解けない

  • …続きを読む
  • 方針の立て方
    (1)
    ③~⑤をなるべく簡単な式で表そうと考え,③~⑤をz,y,xの式に書き換える.後は,答えに当たり(y=40,z=22)をつけて,それが①~⑤の全ての条件を満たすこと(というより反しないこと)を確認すればよい.入試数学のよくある手法として,直観的に答えを予想して,それが適することを確認するという解法(解けない漸化式で一般項を予測して数学的帰納法で示すなどもその一例)がある.
    (2)
    「不満」に関する条件が付加された.これを数式に直すことがまずやるべきことである.すると,前問と同様に②を用いて,式を簡単にすることが思いつく.そこからの解法はパッとは思い浮かびにくい.そこで試しにいくつかMを代入してみよう.例えばM=-100(十分小さい値であれば-1000でも何でも良い)を代入すると,\begin{cases} x\leqq-48 \\ 100\leqq x \end{cases}となってしまい,なぜ不適かが分かり,解法が思いつくだろう.

    解答例
    (85)(86)……10
    (87)(88)……40
    (89)(90)……22
    (91)(92)……11
    (93)(94)……32
    (95)(96)……41

    解説
    (1)
    ①~⑤を変形する(②を用いて③~⑤をz,y,xの式に書き換える)と,
    \begin{cases} x,y,z\geqq0 \\ x+y+z=72 \\ z\leqq22 \\ y\leqq40 \\ x\leqq52 \end{cases}
    となる.第三式と第四式からB氏とC氏の分配額は最大でもy=40,z=22と分かる.y=40,z=22の場合について考えると,第二式からx=10となる.\left(x,y,z\right)=\left(10,40,22\right)は第一式と第五式を満たすので適当である.また,このときB氏とC氏の分配額が最高値のため,A氏の分配額は最小となる.
    よって求める組み合わせは,\left(x,y,z\right)=\left(10,40,22\right)……(答)

    (2)
    AB両氏の不満,AC両氏の不満,BC両氏の不満,A氏の不満,B氏の不満,C氏の不満がいずれもM以下であるから,満たすべき条件は,
    \begin{cases} x,y,z\geqq0 \\ x+y+z=72 \\ 50-\left(x+y\right)\leqq M \\ 32-\left(x+z\right)\leqq M \\ 20-\left(y+z\right)\leqq M \\ -x\leqq M \\ -y\leqq M \\ -z\leqq M \end{cases}
    となる.これを変形すると,
    \begin{cases} x,y,z\geqq0 \\ x+y+z=72 \\ z\leqq M+22 \\ y\leqq M+40 \\ x\leqq M+52 \\ -M\leqq x \\ -M\leqq y \\ -M\leqq z \end{cases}
    ここで,第五式と第六式,第四式と第七式,第三式と第八式について考える.
    \begin{cases} x\leqq M+52 \\ -M\leqq x \end{cases},\begin{cases} y\leqq M+40 \\ -M\leqq y \end{cases},\begin{cases} z\leqq M+22 \\ -M\leqq z \end{cases}
    これらが全て解を持つには,
    \begin{cases} -M\leqq M+52 \\ -M\leqq M+40 \\ -M\leqq M+22 \end{cases}\Leftrightarrow-11\leqq M
    が満たされれば必要十分である.
    よって,Mの最小値は-11であり,M=-11を代入すれば,
    \begin{cases} x,y,z\geqq0 \\ x+y+z=72 \\ z\leqq11 \\ y\leqq29 \\ x\leqq41 \\ 11\leqqx \\ 11\leqq y \\ 11\leqq z \end{cases}\Leftrightarrow\begin{cases} x+y+z=72 \\ 11\leqq x\leqq41 \\ 11\leqq y\leqq29 \\ 11\leqq z\leqq11\Leftrightarrow z=11 \end{cases}\Leftrightarrow\begin{cases} x+y=61 \\ 11\leqq x\leqq41 \\ 11\leqq y\leqq29 \\ z=11 \end{cases}\Leftrightarrow\begin{cases} x+y=61 \\ 11\leqq x\leqq41 \\ 11\leqq61-x\leqq29\Leftrightarrow32\leqq x\leqq50 \\ z=11 \end{cases}\Leftrightarrow\begin{cases} x+y=61 \\ 32\leqq x\leqq41 \\ z=11 \end{cases}
    よって,Mを最小化するzの値はz=11であり,xの範囲は32\leqq x\leqq41である.……(答)

2017年慶應義塾大学環境情報|過去問徹底研究 大問5

2019.09.23

方針の立て方 (の場合を除けば)三次関数の最大最小問題なので,極値と端点のみを考察すればよいと考える.係数が文字であるため,極値が存在するか否かを考慮しなければならないことに注意. 後は典型的な解法で解ける. 解答例 (65)(66)…… (67)(68)…… (69)(70)…… (71)(72)

  • …続きを読む
  • 方針の立て方
    (q=0の場合を除けば)三次関数の最大最小問題なので,極値と端点のみを考察すればよいと考える.係数が文字であるため,極値が存在するか否かを考慮しなければならないことに注意.
    後は典型的な解法で解ける.

    解答例
    (65)(66)……03
    (67)(68)……-1
    (69)(70)……03
    (71)(72)……01
    (73)(74)……00
    (75)(76)……01
    (77)(78)(79)(80)……\frac{01}{04}
    (81)(82)(83)(84)……\frac{27}{08}

    解説
    〇存在領域\mathrm{A}((65)~(80)について)
    f^\prime\left(x\right)=p-qx^2
    よって,

    (ⅰ)
    f\left(x\right)の極値が-1\leqq x\leqq1に存在する条件は,「0<\frac{p}{q}かつ-1\leqq\pm\sqrt{\frac{p}{q}}\leqq1\Leftrightarrow0<\frac{p}{q}\leqq1である.
    このもとで最大値が\frac{1}{3}以下となるのは,「(極大値)\leqq\frac{1}{3}かつf\left(\pm1\right)\leqq\frac{1}{3}」が満たされれば必要十分.
    f\left(\sqrt{\frac{p}{q}}\right)=\frac{2p}{3}\sqrt{\frac{p}{q}},f\left(-1\right)=-p+\frac{q}{3},f\left(1\right)=p-\frac{q}{3}より,「(極大値)\leqq\frac{1}{3}かつf\left(\pm1\right)\leqq\frac{1}{3}」という条件は,
    \begin{cases} f\left(\sqrt{\frac{p}{q}}\right)=\frac{2p}{3}\sqrt{\frac{p}{q}}\leqq\frac{1}{3} \\ -p+\frac{q}{3}\leqq\frac{1}{3} \\ p-\frac{q}{3}\leqq\frac{1}{3} \end{cases}\Leftrightarrow\begin{cases} 3p-1\leqq q\leqq3p+1 \\ \frac{p^3}{q}\leqq\frac{1}{4} \end{cases}
    となる.0<\frac{p}{q}\leqq1と合わせれば,
    \begin{cases} 3p-1\leqq q\leqq3p+1 \\ 0<\frac{p}{q}\leqq1 \\ \frac{p^3}{q}\leqq\frac{1}{4} \end{cases}……(答)
    (ⅱ)
    f\left(x\right)の極値がx<-1または1<xに存在する条件は,「0<\frac{p}{q}かつ-\sqrt{\frac{p}{q}}<-1かつ1<\sqrt{\frac{p}{q}}\Leftrightarrow1<\frac{p}{q}である.
    このもとで最大値が\frac{1}{3}以下となるのは,f\left(\pm1\right)\leqq\frac{1}{3}が満たされれば必要十分.
    f\left(-1\right)=-p+\frac{q}{3}f\left(1\right)=p-\frac{q}{3}より,f\left(\pm1\right)\leqq\frac{1}{3}という条件は,
    \begin{cases} -p+\frac{q}{3}\leqq\frac{1}{3} \\ p-\frac{q}{3}\leqq\frac{1}{3} \end{cases}\Leftrightarrow3p-1\leqq q\leqq3p+1
    となる.1<\frac{p}{q}と合わせれば,
    \begin{cases} 3p-1\leqq q\leqq3p+1 \\ 1<\frac{p}{q} \end{cases}……(答) ※(ⅰ)が解ければ解答番号から答えは解かずして分かる.
    (ⅲ)
    f\left(x\right)の極値が存在しない条件は,\frac{p}{q}\leqq0またはq=0である.
    このもとで最大値が\frac{1}{3}以下となるのは,f\left(\pm1\right)\leqq\frac{1}{3}が満たされれば必要十分.
    f\left(-1\right)=-p+\frac{q}{3}f\left(1\right)=p-\frac{q}{3}より,f\left(\pm1\right)\leqq\frac{1}{3}という条件は,
    \begin{cases} -p+\frac{q}{3}\leqq\frac{1}{3} \\ p-\frac{q}{3}\leqq\frac{1}{3} \end{cases}\Leftrightarrow3p-1\leqq q\leqq3p+1
    となる.「\frac{p}{q}\leqq0またはq=0」と合わせれば,
    \begin{cases} 3p-1\leqq q\leqq3p+1 \\ \frac{p}{q}\leqq0,q=0 \end{cases}……(答) ※(ⅰ)が解ければ解答番号から答えは解かずして分かる.
    よって,領域\mathrm{A}を図示すると,

    上図.ただし境界を含む.
    領域\mathrm{A}の面積は,q軸での対称性から,
    2\left[\int_{0}^{\frac{1}{2}}\left\{3p+1-\left(3p-1\right)\right\}dp+\int_{\frac{1}{2}}^{1}\left(3p+1-4p^3\right)dp\right]=2\left\{\left[2p\right]_0^{\frac{1}{2}}+\left[-p^4+\frac{3}{2}p^2+p\right]_{\frac{1}{2}}^1\right\}=\frac{27}{8}……(答)

2017年慶應義塾大学環境情報|過去問徹底研究 大問4

2019.09.22

方針の立て方 (1) 具体的に題意を満たす場合を考えれば解答が得られる. (2) 前問の解法を応用する.前問では,参加者の賞金額が0円,1円となるときを考え足し合わせたので,本問では,0円,1円,2円,……,円を考え総和を取ればよい.あとは,その確率が0.5以上となるときを解析すれば解答にたどりつく

  • …続きを読む
  • 方針の立て方
    (1)
    具体的に題意を満たす場合を考えれば解答が得られる.

    (2)
    前問の解法を応用する.前問では,参加者の賞金額が0円,1円となるときを考え足し合わせたので,本問では,0円,1円,2円,……,c円を考え総和を取ればよい.あとは,その確率が0.5以上となるときを解析すれば解答にたどりつく.

    (3)
    期待値の定義に従って期待値を求めていく.4\cdot{0.8}^{100}という具体的に数値を書き下すのは現実的に困難な値があるが,解答で求められているのが小数第1位までのため厳密な数値は必要ないと判断する.本解説ではその件を丁寧に論述したが,本番では途中経過は求められないため,直観的に{0.8}^{100}は殆ど無視できると考え,4.0と即答してもよいだろう.

    解答例
    (57)(58)(59)……0.36
    (60)(61)……03
    (62)(63)(64)……04.0

    解説
    コインで裏が出る確率は1-0.8=0.2
    (1)
    ・参加者の賞金額が0円となる確率
    1回目で裏が出れば必要十分……0.2
    ・参加者の賞金額が1円となる確率
    1回目で表を出し,2回目で裏が出れば必要十分……0.2\times0.8=0.16
    よって,求める確率は,
    0.2+0.16=0.36……(答)

    (2)
    求めるcは100ではない.よって,以下では0\leqq c\leqq99の範囲で考える.
    参加者の賞金額がn円(0\leqq n\leqq99)となる確率は,n回目まで表を出し,n+1回目で裏が出す確率と等しく,0.2\times{0.8}^n
    よって,賞金額がc円(0\leqq c\leqq99)以下となる確率は,
    \sum_{n=0}^{c}\left(0.2\times{0.8}^n\right)=\frac{0.2\left(1-{0.8}^{c+1}\right)}{1-0.8}=1-{0.8}^{c+1}
    これが0.5以上となるのは,1-{0.8}^{c+1}\geqq0.5\Leftrightarrow0.5\geqq{0.8}^{c+1}
    {0.8}^3=0.512,{0.8}^4=0.4096より,上記不等式を満たす最小のcは,c+1=4\Leftrightarrow c=3……(答)

    (3)
    参加者の賞金額が100円となる確率は100回表を出す確率と等しく{0.8}^{100}
    よって,期待値は,
    \sum_{n=0}^{99}{n\cdot\left(0.2\times{0.8}^n\right)}+100\cdot{0.8}^{100}=0.2\times\sum_{n=0}^{99}{n\cdot{0.8}^n}+100\cdot{0.8}^{100}
    ここで,
    \sum_{n=0}^{99}{n\cdot{0.8}^n}=1\cdot0.8+2\cdot{0.8}^2+3\cdot{0.8}^3+\cdots\cdots+99\cdot{0.8}^{99}
    0.8\times\sum_{n=0}^{99}{n\cdot{0.8}^n}=1\cdot{0.8}^2+2\cdot{0.8}^3+3\cdot{0.8}^4+\cdots\cdots+99\cdot{0.8}^{100}
    より,両辺を引き算すると,
    0.2\times\sum_{n=0}^{99}{n\cdot{0.8}^n}=\left(0.8+{0.8}^2+{0.8}^3+{0.8}^4+\cdots\cdots+{0.8}^{99}\right)-99\cdot{0.8}^{100}=\frac{0.8\left(1-{0.8}^{99}\right)}{1-0.8}-99\cdot{0.8}^{100}=4-104\cdot{0.8}^{100}
    よって,期待値は,
    4-104\cdot{0.8}^{100}+100\cdot{0.8}^{100}=4-4\cdot{0.8}^{100}
    となる.これの小数点第2位以下を四捨五入するために4\cdot{0.8}^{100}の値について考える.
    まず,{0.8}^4=0.4096<\frac{1}{2}より{0.8}^{100}<\left(\frac{1}{2}\right)^{25}
    さらに,\left(\frac{1}{2}\right)^{10}=\frac{1}{1024}<\frac{1}{1000}={10}^{-3}より,{0.8}^{100}<\left(\frac{1}{2}\right)^{25}<\left(\frac{1}{2}\right)^{20}<{10}^{-6}となる.
    \therefore4-4\times{10}^{-6}<4-4\cdot{0.8}^{100}<4
    以上より,期待値の小数点第2位以下を四捨五入すると,4.0……(答)

2017年慶應義塾大学環境情報|過去問徹底研究 大問3

2019.09.22

方針の立て方 の範囲((31)~(34))については,が図形的にどのような意味を持つのかを考えることで解法を得る.図形と方程式の問題では,数式を図形に,或いは図形を数式に直して考えることが重要である. 長方形の面積とその最大値((35)~(56))については典型的な問題であるため,特筆事項なし. 解

  • …続きを読む
  • 方針の立て方
    dの範囲((31)~(34))については,dが図形的にどのような意味を持つのかを考えることで解法を得る.図形と方程式の問題では,数式を図形に,或いは図形を数式に直して考えることが重要である.
    長方形\mathrm{ABCD}の面積とその最大値((35)~(56))については典型的な問題であるため,特筆事項なし.

    解答例
    (31)(32)(33)(34)……\frac{-1}{08}
    (35)(36)(37)……008
    (38)(39)(40)……-15
    (41)(42)(43)……006
    (44)(45)(46)……001
    (47)(48)(49)(50)……\frac{01}{04}
    (51)(52)……03
    (53)(54)……03
    (55)(56)……04

    解説
    dの範囲((31)~(34)について)
    dは線分\mathrm{BC}の切片に当たる.線分\mathrm{BC}の切片の下限は,直線\mathrm{BC}が放物線y=\frac{1}{2}x^2の接線となるとき.
    y=\frac{1}{2}x^2\Rightarrow y^\prime=xより,直線\mathrm{BC}が放物線y=\frac{1}{2}x^2の接線となるとき,接点は\left(x,y\right)=\left(\frac{1}{2},\frac{1}{8}\right)となる.このとき直線\mathrm{BC}の切片d_{inf}は,
    \frac{1}{8}=\frac{1}{2}\cdot\frac{1}{2}+d_{inf}\Leftrightarrow d_{inf}=-\frac{1}{8}
    \therefore-\frac{1}{8}<d<1……(答)

    〇長方形\mathrm{ABCD}の面積((35)~(46)について)
    y=\frac{1}{2}x+dy=\frac{1}{2}x^2の交点\mathrm{B}\mathrm{C}の座標は,\mathrm{B}\left(\frac{1-\sqrt{1+8d}}{2},\frac{1+4d-\sqrt{1+8d}}{4}\right)\mathrm{C}\left(\frac{1+\sqrt{1+8d}}{2},\frac{1+4d+\sqrt{1+8d}}{4}\right)
    \therefore\mathrm{BC}=\sqrt{\left(\frac{1+\sqrt{1+8d}}{2}-\frac{1-\sqrt{1+8d}}{2}\right)^2+\left(\frac{1+4d+\sqrt{1+8d}}{4}-\frac{1+4d-\sqrt{1+8d}}{4}\right)^2}=\frac{\sqrt{5\left(1+8d\right)}}{2}
    線分\mathrm{AB}の長さは,線分\mathrm{AB}が直線y=\frac{1}{2}x+1と直交することより,点\mathrm{B}と直線y=\frac{1}{2}x+1との距離に等しい.-\frac{1}{8}<d<1より,0<1-dであることに注意すると,
    \mathrm{AB}=\frac{\left|-\frac{1-\sqrt{1+8d}}{2}+2\cdot\frac{1+4d-\sqrt{1+8d}}{4}-2\right|}{\sqrt{\left(-1\right)^2+2^2}}=\frac{2\left(1-d\right)}{\sqrt5}
    よって,求める面積は,
    \frac{\sqrt{5\left(1+8d\right)}}{2}\cdot\frac{2\left(1-d\right)}{\sqrt5}=\sqrt{8d^3-15d^2+6d+1}……(答)

    〇長方形\mathrm{ABCD}の面積の最大値((47)~(56)について)
    f\left(d\right)=8d^3-15d^2+6d+1とおくと,f^\prime\left(d\right)=24d^2-30d+6=6\left(4d-1\right)\left(d-1\right)となる.
    増減表を描くと,

    d -\frac{1}{8} \cdots \frac{1}{4} \cdots 1
    f^\prime\left(d\right) + + 0 - 0
    f\left(d\right) \nearrow \nearrow \frac{27}{16} \searrow \qquad

    よって,長方形\mathrm{ABCD}の面積はd=\frac{1}{4}のときに,最大値\sqrt{\frac{27}{16}}=\frac{3\sqrt3}{4}となる.……(答)

2017年慶應義塾大学環境情報|過去問徹底研究 大問2

2019.09.22

方針の立て方 (15)~(22)については解説に書いた通り. (23)~(30)については,前問で証明した命題を具体的に適用する問題となっている.一発で思いつくのは現実問題不可能であるため,証明の方法に従ってやっていく.証明では,が偶数のときと奇数のときで場合分けしていて,が偶数のときは2で割った自

  • …続きを読む
  • 方針の立て方
    (15)~(22)については解説に書いた通り.
    (23)~(30)については,前問で証明した命題を具体的に適用する問題となっている.一発で思いつくのは現実問題不可能であるため,証明の方法に従ってやっていく.証明では,nが偶数のときと奇数のときで場合分けしていて,nが偶数のときは2で割った自然数を,nが奇数のときは3^k\leqq n<3^{k+1}となるkを用いてn-3^kと表される自然数をそれぞれ考察することで,nより小さい自然数に還元していくという方法であった.本問でもこれに倣い2017が奇数であることから3^k\leqq2017<3^{k+1}となるkを求め,その後2017-3^6=1288を考察する.その後1288は偶数だから……といった具合に,どんどん考察する自然数を小さくしていく.

    解答例
    (15)……7
    (16)……2
    (17)……8
    (18)……6
    (19)……7
    (20)……2
    (21)……6
    (22)……5
    (23)……8
    (24)……0
    (25)……7
    (26)……1
    (27)……3
    (28)……4
    (29)……0
    (30)……6

    解説
    ○(16)について
    nが偶数のため,\frac{n}{2}は自然数かつnより小さい.よって,帰納法の仮定が適用できる.

    〇(18)について
    任意のnに対して3^k\leqq n<3^{k+1}となるようなkはただ一つに決まる.

    〇(19)と(20)について
    「前半の議論により」とあるので,偶数のときと同じ議論が適用できると分かる.

    〇(21)と(22)について
    (18)での解答:3^k\leqq n<3^{k+1}より,n-3^k<3^{k+1}-3^k……(21)
    また,3^{k+1}-3^k=3\cdot3^k-3^k=2\cdot3^kより,
    \frac{3^{k+1}-3^k}{2}=3^k……(22)

    〇(23)~(30)について
    2017は奇数であり,3^k\leqq2017<3^{k+1}となるkk=6である.2017-3^6=1288
    1288は偶数であり,\frac{1288}{2}=644
    644は偶数であり,\frac{644}{2}=322
    322は偶数であり,\frac{322}{2}=161
    161は奇数であり,3^k\leqq161<3^{k+1}となるkk=4である.161-3^4=80
    80は偶数であり,\frac{80}{2}=40
    40は偶数であり,\frac{40}{2}=20
    20は偶数であり,\frac{20}{2}=10
    10は偶数であり,\frac{10}{2}=5
    5は奇数であり,3^k\leqq5<3^{k+1}となるkk=1である.5-3^1=2
    \therefore2017=3^6+1288=3^6+2\cdot644=3^6+2^2\cdot322=3^6+2^3\cdot161=3^6+2^3\cdot\left(80+3^4\right)=3^6+2^3\cdot3^4+2^3\cdot80=3^6+2^3\cdot3^4+2^4\cdot40=3^6+2^3\cdot3^4+2^5\cdot20=3^6+2^3\cdot3^4+2^6\cdot10=3^6+2^3\cdot3^4+2^7\cdot5=3^6+2^3\cdot3^4+2^7\cdot2+3=2^8\cdot3^0+2^7\cdot3^1+2^3\cdot3^4+2^0\cdot3^6……(答)

2017年慶応義塾大学環境情報|過去問徹底研究 大問1

2019.09.22

方針の立て方 円が他の図形と接する場合には,中心と接点を結ぶと上手くいくことが多い.これは,中心と接点を結んだ線は接線と直交することによる. 甲円の直径は上記の方針で解ける. 上甲円の中心と直線との距離,および,丙円の直径については,長さ求める線分を実際に引いてみると題意をつかみやすい.線分を引くと

  • …続きを読む
  • 方針の立て方
    円が他の図形と接する場合には,中心と接点を結ぶと上手くいくことが多い.これは,中心と接点を結んだ線は接線と直交することによる.
    甲円の直径は上記の方針で解ける.
    上甲円の中心と直線との距離,および,丙円の直径については,長さ求める線分を実際に引いてみると題意をつかみやすい.線分を引くと下甲円の接線となるので,下甲円の中心とその接点を結んでみると解法を得られるだろう.
    また,図形の問題に限らず数学の問題では,同じものを2通りの形に表してそれらをイコールするという解法が多い(丙円の直径はまさしくこの解法)ので押さえておこう.

    解答例
    (1)(2)……04
    (3)(4)……02
    (5)(6)……05
    (7)(8)……16
    (9)(10)……07
    (11)(12)……05
    (13)(14)……11
    ※(3)~(14)の解答は,上下の甲円の中心を結んだ線分が,それらの甲円に内接している乙円の中心を通ると仮定した際の解答

    解説
    〇甲円の直径((1)と(2)について)

    求める甲円の直径をx寸とおく.
    上図で中心間距離(図中の破線)について,三平方の定理より,
    \frac{x}{2}+\frac{1}{2} = \sqrt{\left(\frac{x}{2}\right)^2+\left(\frac{x}{2}-\frac{1}{2}\right)^2}
    が成り立ち,x>0のもとで,これを解くと,x=4
    \therefore4寸……(答)

    〇上甲円の中心と直線との距離((3)~(6)について)

    上図より,2+\sqrt5寸離れている……(答)

    〇丙円の直径
    上甲円の最上部と直線との距離は,前問の結果を用いれば,\left(2+\sqrt5\right)+\frac{4}{2}=4+\sqrt5寸と分かる.
    求める丙円の直径をy寸とする.

    すると,左図より,上甲円の最上部と直線との距離は,
    \frac{y}{2}+\sqrt{\frac{1}{4}y^2+2y}+2
    とも表せる.
    \therefore4+\sqrt5=\frac{y}{2}+\sqrt{\frac{1}{4}y^2+2y}+2
    これを解くと,
    y=\frac{16+7\sqrt5}{11}寸……(答)

LINE

  • 偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 早稲田校舎 : 〒162-0045
    東京都新宿区馬場下町9-7 ハイライフホーム早稲田駅前ビル4階
    TEL: 03-6884-7991
    営業時間: 月〜土 13:00-21:30 
  • 武蔵小杉校舎 : 〒211-0068
    神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2丁目67セラヴィ小杉ビル4F
    TEL:044-819-6333
    営業時間: 月〜土 13:00-21:30 
  • Facebook Twitter
    Page Top

Copyright © BETELGEUSE corporation All Rights Reserved.