偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

慶應義塾大学商学部【数学】| 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.09.05

慶應義塾大学商学部 入試難易度: 3.0 商学部の数学はほとんどの問題がマーク方式ですが一部記述式もあります。 全体概観:配点100点 時間70分 例年大問は3、4問です。 出題範囲・頻出分野・難易度 出題範囲は数学ⅠAⅡB(確率分布と統計的推測を除く)となっています。 頻出分野は微積分、確率、数列

  • …続きを読む
  • 慶應義塾大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_3 3.0

    商学部の数学はほとんどの問題がマーク方式ですが一部記述式もあります。

    [toc]

    全体概観:配点100点 時間70分

    例年大問は3、4問です。

    出題範囲・頻出分野・難易度

    出題範囲は数学ⅠAⅡB(確率分布と統計的推測を除く)となっています。
    頻出分野は微積分、確率、数列、ベクトルです。商学部の特徴として融合問題が多く、総合力が求められます。また商学部らしい企業戦略の題材とした問題がたまに出題されるのも特徴です。
    難易度については難問奇問はないですが、文系学部としては難しいです。試験時間を考えると、計算力の養成が不可欠です。解ける問題から解いていくのが高得点をとるポイントになってきます。

    対策

    慶應商学部数学の問題を解いていくにあたって、どのように考えていくのが良いのかをお伝えしていきます。

    基本事項の定着

    数学力を身につけることが大事となりますが、そのためには基本的な問題が解けるようになることが重要です。商学部は典型的な問題を解く力がどれだけ身についているかが得点にひびいてくるので、教科書の例題や標準的な問題集を繰り返し解くことが大切になってきます。

    過去問の勉強

    過去問などを中心に、とくにマーク式の問題集などを使って十分準備をしている必要があります。

    計算力をつける

    すべてマークシートなので計算ミスが命取りになります。そのため、迅速かつ正確な計算力が必要となります。日ごろの問題演習で要領よく正確に計算していくとともに、より早く解ける別解や公式も身に着けておきましょう。またマーク式の問題は結果のみを求められます。マーク式特有のワザ(漸化式の問題なら数字を入れて答えを類推する)などそういった方法も身に着けることが大切です。

    問題例

    [su_box title="2013年度  大問Ⅱ" style="glass"]

    keiosyo

    [/su_box]
    (i)問題文の定義にしたがって計算します。
    \langle\vec{p},\vec{q},\vec{r}\rangle=(\vec{p}\bullet\vec{q} )\vec{r}
    ここで\vec{p}\bullet\vec{q}=11より
    \langle\vec{p},\vec{q},\vec{r}\rangle=11\vec{r}=(33,11,22)
    となります。

    (ii)x_{n+1}x_{n}の関係を求めるためにa_{n+1}を計算します。


    両辺に底2の対数をとると

    またよりx_{1}=\log_2 2\sqrt{2}=\frac{3}{2}
    よって漸化式を解くと、x_{n}=\frac{3^{n}}{2}
    となります。

    (iii)
    \langle\vec{a},\vec{b},\vec{c}\rangle\bullet\langle\vec{b},\vec{c},\vec{a}\rangle=(\vec{a}\bullet\vec{b} )\vec{c}\bullet(\vec{b}\bullet\vec{c} )\vec{a}=(\vec{a}\bullet\vec{b} )(\vec{b}\bullet\vec{c} )(\vec{c}\bullet\vec{a} )=\vec{0}
    また\vec{a},\vec{b},\vec{c}はそれぞれ零ベクトルでないので、求める必要条件は
    \vec{a}\vec{b}が垂直、または\vec{b}\vec{c}が垂直、または\vec{c}\vec{a}が垂直
    となります。

     

    (iv)
    \langle\vec{a},\vec{b},\vec{c}\rangle+\langle\vec{b},\vec{c},\vec{a}\rangle+\langle\vec{c},\vec{a},\vec{b}\rangle=(\vec{a}\bullet\vec{b} )\vec{c}+(\vec{b}\bullet\vec{c} )\vec{a}+(\vec{c}\bullet\vec{a} )\vec{b}=\vec{0}

    ここでもし\vec{a}\bullet\vec{b}\neq\vec{0}とすると以下のように書けます。
     \vec{c}=- \frac{ \vec{b} \bullet \vec{c} }{ \vec{a} \bullet \vec{b} } \vec{a} - \frac{ \vec{c} \bullet \vec{a} }{ \vec{a} \bullet \vec{b} } \vec{b}

    これは、4点O、A、B、Cが同一平面上にないという条件に反するので\vec{a}\bullet\vec{b}=\vec{0}となります。

    同様にやっていくと\vec{b}\bullet\vec{c}=\vec{0}\vec{c}\bullet\vec{a}=\vec{0}となります。
    よって答えは
    \vec{a}\vec{b}が垂直かつ\vec{b}\vec{c}が垂直かつ\vec{c}\vec{a}が垂直

    となります。

    慶應義塾大学 商学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、慶應義塾大学専門として商学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、慶應義塾大学商学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    慶應義塾大学・商学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

慶應義塾大学商学部【地理】| 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.08.25

慶應義塾大学商学部 入試難易度: 4.0 全体概観 配点100点 時間60分 例年大問3題の構成になっています。マークシート方式(選択方式)が中心であるが、記述・論述問題も出題されています。マークシートは十の位と一の位をそれぞれマークする独特の方式なので、必ず過去問演習などで慣れておいてください。。

  • …続きを読む
  • 慶應義塾大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_4 4.0

    全体概観

    配点100点 alarm-clock時間60分

    例年大問3題の構成になっています。マークシート方式(選択方式)が中心であるが、記述・論述問題も出題されています。マークシートは十の位と一の位をそれぞれマークする独特の方式なので、必ず過去問演習などで慣れておいてください。。
    60分という時間の割に問題数が多く、スピードも必要となります。

    出題概要

    地誌が非常に多く出題されます。また、地域ではヨーロッパがここ数年は出題されていますが、山を張るのは危険です。ヨーロッパ以外の地域のこともかなり問われています。また、地誌以外の分野も出題されているので系統学習は必ず必要となってきます。
    農業・工業だけでなく、資源・エネルギー・都市・民族なども頻出で、年度によっては観光・人口・都市なども出題されています。また、時事問題にからめた出題もあります。
    さらに、資料を使った問題も多く、かなり細かい統計資料も出題されていますし、地図を使った問題の出題も見られます。
    論述については、近年は毎年出題されていますが、多くても40字程度ですので、特別な対策は必要ないと思います。

    対策

    まずは、基礎知識を固めることです。教科書レベルの知識をみにつけること、教科書・資料集に出ている統計資料等は必ず目を通しておいてください。統計資料については『データブック・オブ・ザ・ワールド』などで最新のものをチェックしましょう。
    また、センターレベルの地理の参考書からでいいので、基礎知識を固めてください。合格点を取るためにはまずは基礎知識からです。
    地誌については、重視されているので時間をかけて学習してください。地域ごとに、自然・産業・貿易・民族・宗教についてじっくりとまとめること。地名については特に出題されている印象なので、常に地図帳を横において地名を確認しながら学習を進めてください。地名を確認するときは、緯度・経度などにも十分注意を払ってください。ここを意識することで位置関係(この都市はこの都市より東にある、など)を把握することができます。
    地誌の学習を進めると同時に時事問題にも注意してください。世界各国の政治・経済の情勢について普段から関心を持ち、国ごとにまとめておくといいでしょう。とくに、環境問題や国際経済関係の問題はよく出題されます。冬休み前になるとさまざまな出版社から時事問題がらみのテキストが出版されるので、そのようなものを参考にしてもいいと思います。もちろん当塾でも対策を行っております。地理受験でお困りの方は当塾までご連絡ください。

    近年の出題

    2016年  資源・エネルギー  世界の人口と人口問題  東南アジアの工業化と経済
    記述は25字が1問

    2015年  北ヨーロッパの地誌  インドの地誌  旧ソ連諸国の地誌
    記述は、10・20・25・35・35字の5問

    2014年  東南アジアの地誌  アフリカの地誌  ブラジルの地誌
    記述は25・40字の2問、地図の出題あり

慶應義塾大学商学部【小論文・論文テスト】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.07.07

慶應義塾大学商学部 入試難易度: 2.5 慶應義塾大学商学部の論文テストは他の学部の小論文と比べると傾向が大きく異なります。 また受験者層が純文型の人が多いため難しいと感じる方が多くなるでしょう。 全体概観:配点100点 時間70分 受験生の教養(国語の熟語、計算能力、経済、経営の基本事項など)、論

  • …続きを読む
  • 慶應義塾大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_2h 2.5

    慶應義塾大学商学部の論文テストは他の学部の小論文と比べると傾向が大きく異なります。
    また受験者層が純文型の人が多いため難しいと感じる方が多くなるでしょう。

    [toc]

    全体概観:配点100点 alarm-clock時間70分

    受験生の教養(国語の熟語、計算能力、経済、経営の基本事項など)、論理的思考能力を求める試験です。
    制限時間に対して時間が少ないのでできる問題とできない問題を見極めて早急に最後まで仕上げていきましょう。

    出題概要

    計算問題、読解問題、など大問3題から構成されています。計算問題、空欄補充など慶應大学の他の学部では出題されないので過去問を見て傾向を対策しておきましょう。

    慶應商学部の小論文はどのように対策をしたら良いのか?

    慶應義塾大学商学部の小論文(論文テスト)はかなり特殊のため多くの学生がどのように対策をしていいのか困っているのが現状です。
    確かに、計算問題が出てきたり(とはいっても基礎数学のレベルですが・・・)、受験生には馴染みの薄い経済学や経営学の話題が近年出題されています。
    学部の性質を考えればこの傾向は続くでしょう。ではどうしたらよいのでしょうか?問題のタイプを3つに分けてそれぞれ考えてみます。

    タイプ1 読解問題タイプ

    読解問題タイプはその名の通り文章を読みとって、空欄補充問題を解くか読解の文章を指定のテーマに従ってまとめるタイプです。
    多少の知識は必要とするものの現代文と殆ど変わらないため、このタイプが出題された場合は文型の学生にとっては簡単な問題ですね。
    表やグラフも読解する場合もあるので、表やグラフをどのように読み取るかを見なおしておきましょう。

    タイプ2 計算問題タイプ

    文型専願で高校時代ほとんど数学をしてこなかった学生にとっては難しいかと思います。
    とはいっても計算問題と言っても確率、統計学の基礎、関数に対しての基礎的な知識なので問題をこなしていけば全く問題ありません。
    この程度で入学をあきらめているようではたとえ入学したとしても必修で微分積分、統計学がある商学部で卒業をするのはかなり難しいと言わざるを得ません。

    タイプ3 語彙問題

    この問題形式では、故事成語や四字熟語が出題されます。近年はあまり出題されていませんが、再度出題される可能性は十分にあります。
    どっちにしろ早稲田大学などの難関大学で受験する際には必要なので、現代文の学習の際にぜひ覚えておきましょう

    2017年の入試について

    レベル感は例年よりも若干易化している。
    大問1は例年通りの問題。
    今回は落ち着いて問題を読めば取りこぼすことがないと考えられます。
    ただ、問1は類似する選択肢が多くあるので注意しておかないと、大量に失点してしまうのできをつけましょう。
    そして、大問2は例年とは異なり数式や記号を多用した問題ではなく、グラフが中心となった問題でした。
    また、問1は文章をよく理解した上で論理関係を理解できなければ難しいと言えるでしょう。
    問5,6については特筆すべき難しい点はありません。

    過去の出題事例

    2016年 「意見を根拠付けて主張するスキルと民主主義」「データと仮設・検証」

    2015年 「期待値理論と意思決定」「人口統計の歴史」「論理命題と反証可能性」

    2014年 「浪費と消費」「天然資源をめぐる経済戦略」

    2013年 「インセンティブ」「マグリブ貿易商の歴史制度分析」

    2012年 「企業の社会的責任論」「渋滞学」

    出典を見る限りは経済学や経営学からの出題が多くなっていますね。
    学部がら仕方がないとは思いますが、このあたりの知識があまりにもない学生は必要な知識をつけていく必要があります。

慶應義塾大学商学部【英語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

慶應義塾大学商学部 入試難易度:2.5 商学部では、英語重視で独特な問題の多い慶應義塾大学の中では珍しく標準的な問題が出題されます。一問一問の文章が短いので勉強がある程度進んできた段階で問題に着手することができます。 全体概観:配点200点 時間90分 一問一問の慶應義塾大学のその他の学部と比べると

  • …続きを読む
  • 慶應義塾大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_2h2.5

    商学部では、英語重視で独特な問題の多い慶應義塾大学の中では珍しく標準的な問題が出題されます。一問一問の文章が短いので勉強がある程度進んできた段階で問題に着手することができます。

    [toc]

    全体概観:配点200点 時間90分

    一問一問の慶應義塾大学のその他の学部と比べるとかなりレベルは低いです。ただし、問題の量が例年大問7,8まであるので処理速度を上げていかなければ対応ができません。

    大問1 大問2  大問3

    1題約1500語(目標解答速度3つで45分)

    慶應商学部の問題はとにかく時間との戦いになってきます。もちろん、速読=闇雲に抽出して読んでいくというわけではありません。筆者の主張に合わせて緩急をつけて読んでいくことが必要です。読解時に具体⇔抽象の関係を常に頭にいれて、「今この部分は筆者の論理の中ではどこに当てはまるのか?」という部分を確認しておきましょう。この理解が素早く早くできる=具体的な部分を飛ばして読んでも文章の論理を追うことができるので、速読ができるのです。よく出題されるタイプの問題の解答の仕方。

    空欄補充問題

    空欄補充問題を解くポイントは、空欄部分が文章内の他の部分でどのようにいいかえがなされているかを発見できるかどうかです。文章は1パラグラフ内で1つだけしか言いたいことはありません。ということは、空欄部分もパラグラフ内の他の部分で違う言葉で言い換えられていることがわかります。この言い換えに気づくことができるかどうかがポイントです。文章を構文や単語レベルで読むのではなくて、論理的に読む練習をどれだけ積んできたかが空欄補充のポイントになります。

    当塾では論理的に文章を読む練習をしていくので、こうした空欄補充が苦手になるということがありません。

    タイトル問題

    まずこのタイトルではどのようなことを見抜く必要があるでしょうか?タイトルということは文章全体に関係することです。ただ、もちろん文章自体に書いてある=タイトルになるというわけではありません。パラグラフ毎の筆者の主張を見抜いて、それがすなわちどういうことをいっているかを見抜く訓練が必要です。部分の内容ではなくて、文章全体に貫かれる筆者の主張がどのようなものなのかを理解できる能力が求められています。ちなみにこのタイプの設問は一番配点が高いので、確実に得点できるようにしてください。

    内容一致問題

    長文問題の出題形式では最もシンプルな形式です。選択肢を見て本文で言及されていたかそうでないかを確認するというだけです。この問題の解答のポイントは、選択肢と長文内でのそのいいかえにきづくことができるかということです。多くの正誤問題は長文の内容をそのままの形で選択肢にでてきません。名詞構文に変えてみたり、動詞、因果関係、主語を変えてみたり、さまざまな表現でパラフレーズ(いいかえ)を行なっています。このパラフレーズに気づくための語彙力をつけているかどうかが早慶合格には必須。ですから、同意語、反意語などの多義語を覚える必要があるのです。

    過去の商学部のテーマ一覧

    2016年 「休暇の過ごし方」「脳にまつわる誤解」「社会的持続可能性」

    2015年 「労働時間短縮と 創出される余暇」「環境問題と消費行動」「トリクルダウンと VS トリクルアップ」

    2014年「ソーシャルネットワーク今昔」「ネットショッピングと幸福感」「経済指標だけでは見えないもの」

    2013年「企業の問題解決プロセス」 「「米国とインドの社会変化」「「米国における社会的地位と収入」 」

    2012年「オーストラリアの二酸化炭素対策」 「欧米の自動車規制」「道徳的価値観」

    2011年「テレビ・ゲームの効用」「タイの風習」「環境問題と企業努力」

    2010年「ビジネス界のcreativity」「「アジアの社会保障制度」「多様性の有益生」「新聞への投書記事」

    2009年「人間の危機意識の起源」「ベンチャービジネス」「インドの意外な携帯電話事情」「中国旅紀行」

    長文のテーマはビジネス、経済関連の話題が多いですね。SNSなどベンチャービジネスなど最新のワードがでてきているので、こうした話題に疎い人は過去問で演習を積むのと同時に過去問にでてきた重要な概念をまとめておく必要があります。普段からTech系の記事を読んだり、海外の新聞を読んでいるとこうした文章を読むのが速くなるでしょう。

    ▶IT系海外メディア

    せっかくスマートフォンを使っているのであれば、海外の記事を読んでみましょう。早慶の文章は新聞記事から出題されることも多いので、読んでおくことで同じような記事に出くわすことは高いです。特に慶應商学部は問題自体は難しくないですが、問題文が多いのでいかに普段から長文に読み慣れているかどうかというのが合否を決めています。ぜひ読んでみてください。

    Techcrunch

    全世界でトップ500に入る巨大メディアです。多岐に渡るジャンルを扱っているにも関わらず、非常に見やすいデザインで、自分が読みたい記事を探しやすいのも好印象です。日本語版もあるので読み比べても面白いかと思います。 https://techcrunch.com/

    Mashable

    Mashableはスタートしたソーシャルメディアや、ガジェット、アプリ、さらにエンターテイメントなどのニュースを配信するメディアで2005年に創設されました。social medhia 、Techというカテゴリがあるのでコツコツと読んでおくと良いでしょう。http://mashable.com/

    大問4

    文法問題

    目標解答時間 5分

    標準的な文法問題です。基本的な語彙と文構造が見破れるかどうかを見ています。早慶に合格するのであれば全問正解することが望まれます。

    大問5

    空欄補充問題

    目標解答時間 7分

    100語程度の長文を読んで、その空欄にあてはまる単語を選択肢から選ぶ問題です。問題数は7問ほどです。上記の空欄補充の解き方にもある通り、1パラグラフ1メッセージ原則がわかっていれば容易に解ける問題です。自分の知っている表現にすることを目的にするのではなくて、文章上の論理から何を言っているのか?、本文内で空欄部といいかえられている部分はどこか?を厳密に考えて解いてください。

    大問6

    単文要旨選択問題

    目標解答時間 10分  1題3分ほど

    この問題は筆者の主張が読めているかどうかを確認するための問題です。対策としては、普段から文章を読みながら要約を書き文章内で筆者の主張は何なのか?ということに重きをおいて読解を進めていくことが肝心です。要旨=本文内で言及されていることと同じではないことに注意してください。本文内の枝葉、すなわち具体例部分や例外事項の部分で説明されていることは要旨には含まれません。どの文章が、筆者の主張になるのか?というのは一日二日で身につくものではありません。早期から要約で要旨を把握する訓練をつけておくことをおすすめします。

    大問7

    動詞の名詞形

    目標解答時間 6分

    150字程度の文章を読んで動詞を名詞化し、空欄に適切な語彙を入れる問題です。普段から多義語を意識して覚えておく必要があります。動詞を名詞化した物を覚える際には、接頭辞の知識が役に立つので興味のある人は調べてみてください。

    接頭辞とは?

    generation の -ation, beautiful, wonderful の -ful のように,単語の末尾の,単語の一部分。

    名詞化されるということ以外は普通の空欄補充と解き方は変わりません。ただし、記述形式となるので気をつけてください。

    大問8

    動詞の語形変化

    目標解答時間 6分

    150字程度の文章を読んで動詞を変化させて、空欄に適切な形で入れる問題です。大問7と問題形式は同じですが大問7では名詞に変更することが目的であったのに対して、大問8ではなんでも良いので形を変えるという問題になっています。文章構造を素早く見ぬき、どんな品詞が入るのかを考えて選択肢の形を変えていく必要があります。

    動画解説! 慶應義塾大学商学部の長文を論理的に読む

    クリックで再生が開始します。

    HIRO ACADEMIAでは慶應義塾大学商学部に圧倒的な実力で合格するために他の塾では通常行われない、一人一人が論理的に英語を読めるようになるまでを徹底指導します。

    ▶英語の最速の対策はこちら!

    https://hiroacademia.jpn.com/program/english-benkyo/

慶應義塾大学商学部【日本史】本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

慶應義塾大学商学部 入試難易度:2.5 早慶の水準から考えると平均レベルの問題の出題です。教科書を超える瑣末な問題はともかく、基本的な知識については失点しないことが大切です。 全体概観:配点100点 時間60分 設問のほとんどが1問1答形式なので、早慶標準の学力を有していれば問題を終わらないというこ

  • …続きを読む
  • 慶應義塾大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_2h2.5

    早慶の水準から考えると平均レベルの問題の出題です。教科書を超える瑣末な問題はともかく、基本的な知識については失点しないことが大切です。

    [toc]

    全体概観:配点100点 時間60分

    設問のほとんどが1問1答形式なので、早慶標準の学力を有していれば問題を終わらないということはないです。一問一答形式だからといって一問一答ばかりを勉強していては知識に繋がりがないので、答えることはできません。記述問題も出題されるということから、30字程度の論述問題もやっておくべきでしょう。また、資料集などを活用して資料・史料問題の対策を行いましょう。

    出題概要

    原始~近現代まで、全時代から出題大問3題です。形式は、選択法と記述法の併用。

    対策1:テーマ史をどうするか?

    慶應義塾大学商学部では通常の大学ではでないようなあるテーマに絞った(労働史、銀行史など)特殊なテーマの歴史が出題されます。普通に勉強をしていては、通史ばかりでなかなか一つの分野に絞って勉強することが少ないと思います。学校や予備校でもあまりテーマ史は扱われるケースが少ないです。その場合は通史を終われせた後に自身で分野ごとにノートでまとめたり、サブノートを作成してまとめていきましょう。図表や資料集を見るのもありだと思います。早慶では慶應の商学部に限らずこのテーマ史が合否の分かれ目になるので、早慶に頻出のテーマは網羅しておきましょう。
    *塾生には早慶の頻出のポイントを伝えています。

    対策2:記述問題はどうすれば良いのか?

    慶應商学部には記述問題が出題されます。記述問題とはいっても慶應経済学部のような長文の記述ではありません。1問1答レベルの問題ではありますが、この記述問題が合否に大きく影響をしてきます。多くの学生は選択肢で選ぶことはできても実際に自分で書くということができていないからです。この点から考えても、一問一答形式ばかりが出るからと言って、一問一答形式の問題だけを練習していても慶應商学部の問題を解くことができないことがわかります。自身で参考書で論点をまとめたり、30字程度の論述を解いていきながら問題を解いていきましょう。

    1つ例を見てみましょう。
    [su_box title="慶應義塾大学 商学部 日本史 2016年大問Ⅲ問3(1)" style="glass"]
    下線部(ア)について25字以内で説明しなさい。
    ※下線部(ア)は公武合体 [/su_box]

    受験生の皆さんがよく使っている『石川昌康の日本史Bの実況中継』を見てみましょう。3巻196〜197ページに次のように書いてあります。「強硬政治は行き詰った。将軍と天皇を兄弟にしちゃおう。つまり、天皇の妹を将軍家茂の嫁さんにしようという政治工作を進めます。これが孝明天皇のー娘じゃないよ、妹、皇女和宮の降嫁です。・・・そうすると尊攘派はますます怒りました。天皇に条約の許可を願い出て「ノー」といわれたら無視して勝手に条約を結び、今度は政略結婚で天皇の権威を利用して将軍の権威を保とうとする。・・・」
    これを見れば、公武合体とは「天皇の妹と将軍が結婚」することで「天皇の権威を利用して将軍の権威を保とうとした」ことだとわかります。
    解答例を挙げてみたいと思います。
    皇女和宮降嫁により、将軍家権威の維持を図ったこと。
    なんとか25字に収まりました。ここはいろいろ工夫して見てください。繰り返しやっていくうちにコツが掴めます。もちろん、当塾では塾生にたいして記述のまとめ方の指導も行っています。

    過去の商学部の問題一覧

    2016年「摂関政治と武士の台頭・地方支配の変化」「江戸後期の文化」「幕末〜明治初期の外交・近代化」

    2015年「律令国家の形成と確立」「平賀源内」「幕末〜明治の日露関係」

    2014年「古代~近代の宗教」「幕末~明治の貿易と産業」「戦後の企業」

    2013年「14 世紀の政治,15世紀以降の北海道・沖縄史」「江戸時代の対外関係」「戦後の経済」

    2012年「古代の農業と社会」「近現代の農村」「大正・昭和期の戦争」

    2011年「8~11世紀の政治・文化」「18世紀後半から19世紀前半の社会・経済」「近代の日中・日朝関係」

    2010年「7~9世紀の日中関係」「中世後期の産業・経済」「近代の教育」

    2009年「江戸~明治の社会・経済」「明治~昭和の国民生活」「明治期以降の鉄鋼業の発展」「江戸~現代の経済・対外関係」

    ▶日本史の最速の対策はこちら!

    https://hiroacademia.jpn.com/program/nihonshi-benkyo/

慶應義塾大学商学部【世界史】本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

慶應義塾大学商学部 入試難易度:2.5 慶應商学部では教科書レベルを超えた知識が必要な問題も散見しますが、難題よりも標準的または標準以下の問題も少なくありません。早慶レベルの受験を考えている学生にとってはかなり基本的な問題となるので、高レベルの闘いになることが必須となっています。 全体概観:配点10

  • …続きを読む
  • 慶應義塾大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_2h2.5

    慶應商学部では教科書レベルを超えた知識が必要な問題も散見しますが、難題よりも標準的または標準以下の問題も少なくありません。早慶レベルの受験を考えている学生にとってはかなり基本的な問題となるので、高レベルの闘いになることが必須となっています。

    [toc]

    全体概観:配点100点 時間60分

    設問のほとんどが1問1答形式なので、早慶標準の学力を有していれば問題を終わらないということはないです。一問一答形式だからといって一問一答ばかりを勉強していては知識に繋がりがないので、答えることはできません。地理感覚が必要な問題もあるので、学習するときに地図を必ず確認することも重要となります。記述問題も出題されるということから、30字程度の論述問題もやっておくべきでしょう。

    出題概要

    大問3題・マークシート方式の選択式、記述式になっています。年度によって出題地域・時代・分野が大きく変化。

    対策1:経済・金融の問題には注意!

    慶應の商学部は学部の特性上経済史、金融史の出題が非常に多くなっています。特に、産業革命や大航海時代、アジア・アフリカの植民地化、世界恐慌、経済のグローバル化などの経済上の変化の部分は頻出のポイント。よく理解をしておくようにしてください。

    対策2:現代史をどうするか?

    慶應大学の商学部では学部の性質上戦後史も含めた現代史が頻出します。対策としてはどのようなことをしたら良いでしょうか?

    1つ例を見てみましょう。

    慶應大学商学部世界史2016年大問Ⅰの問5です。
    下線部(d)に関連して、当時のアメリカ大統領は、何故この戦争を正義の戦争としたのか。答えは解答用紙Bの所定の欄に、40字以内で説明しなさい。
    ※下線部(d)は「正義の戦争と信じていたアメリカ国内世論に疑問を呈した」また、この戦争はベトナム戦争のことである。

    受験生の皆さんがよく使っている『ナビゲーター世界史』をみてみましょう。4巻173ページに「Q:アメリカは、なぜベトナムに介入したのでしょう?・A:政治が腐敗し混乱していた南ベトナム(ベトナム共和国)に、北ベトナム(ベトナム民主共和国)の影響が及んで、共産化されてしまうことを防ごうとしたためです。」とあります。つまり、「共産化を防ぐ」ことが理由であることがわかります。当時は冷戦の時代であったことを考えると、これをそのまま答えればいいことがわかります。解答例は、「ベトナム戦争は、東南アジアの共産化を防ぐための戦争であったから。」となります。
    皆さんが使っている参考書でもよくみて、考えればかなりの問題も解くことができます。当塾では、家庭学習で参考書をどのように使っていくのかという指導も行っています。

    過去の商学部の問題一覧

    2016「情報の歴史」「資本主義と労働運動」「第二次世界大戦後のアジア経済
    2015「格差の歴史」「イギリス植民地の拡大」「戦間期のドイツとナチス」
    2014年「コンスタンティノープルの歴史」「長江下流域の発展 」「「産業革命」と「民主革命」の展開」
    2013年「香辛料貿易と世界経済のグローバル化 」「南スラヴ人とユーゴスラヴィア史 」「19世紀の清朝」
    2012年「「海の道」の歴史 」「17~ 19 世紀前半のドイツ 」「ラテンアメリカ史 」
    2011年「インド社会の変遷 「1920 年代のアメリカ社会」「人間と金とのかかわり 」
    2010年「バブル経済の歴史 」「前近代における海の東西交流 」「塩」にまつわる歴史 」


  • 偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 〒169-0075
    東京都新宿区高田馬場2-14-8 竹内ビル5階
    TEL: 03-6884-7991
    営業時間: 月〜金 13:00-21:00 土 13:00~18:00
  • Facebook Twitter
    Page Top

Copyright © BETELGEUSE corporation All Rights Reserved.