【使い方】大岩のいちばんはじめの英文法<超基礎文法編>|圧倒的に成績を伸ばす方法

参考書の特色

対象者
英文法・語法の学習を始める人・苦手な人。偏差値~50

英文法を初歩から丁寧に解説した参考書です。英文法の問題集を読んでも全然理解できない!という学生や、英語が苦手で何から始めたらよいかわからない!という生徒にお勧めの教材です。多くの学生が躓きがちな高校の内容に入る前の中学校の内容から学習して高校の内容を理解することができます。文法項目を行っているときに忘れがちな、この文法はどういう品詞なのか?という部分まで記してあります。この教材を終えた後に問題集を始めることで120%の精度で英文法を理解していくことができます。

参考書の使い方

▶おすすめ使用期間
1ヶ月程度

全部で21講あります。これをどのくらいのスピードでやっていくかですが、英語が得意な人ならば毎日2講ずつでもできると思いますが、それが難しい人もいると思います。じっくりと理解しながら取り組むことを考えたら1カ月くらいかけてみてください。そして、2・3回は繰り返しましょう。1回ずつ丁寧にやるのは当然ですが、1回ですべてができるようになる人はいません。少なくとも2回はやってください。2回目は1回目に比べてはるかにできるようになっているのがわかると思います。その実感が自信にもつながります。

1ランク成績を上げるための使い方

必ず、SVOCを確認する癖をつけること。この本の最初に書いてありますが、節があったときは「/」で区切って読むようにすること。これを必ず自分でやってください。そして、繰り返し読んでいくことで文の構造が頭の中に入ってきます。
この文構造の把握は、もちろんですが、ハイレベルな参考書にすすんでも続けます。また、英語が苦手な初期のうちは模擬試験などでも(試験中に無理なら家に帰ってもう一度やってみるときに)やってみてください。繰り返していくうちに英語の構造が身についてきて、最後は考えるまでもなく「これがS」「これがV」というようにスラスラ出てくるようになります。英語の文法は覚えることではありますが、きちんと理解してどんな英文でも使えるようになることが最終目的です。

この参考書によくある質問集

ここではこの参考書によく当塾に寄せられる質問をQ&A形式でお答えします。
platon1解答はプラトン先生にお答えいただきます。

質問1
最初の方を見ましたが、こんなに簡単なことをやっていて大丈夫ですか?

プラトン先生
簡単なことほど大切なことです。簡単なことをおろそかにしているから次の段階に進んだときにわからなくなってしまっているのです。簡単なことこそ「もしかしたら自分にわかっていない部分があるのかもしれない」と考えながらやってみてください。本当に理解すれば、次のステップに進んだときに(気づかないうちに)あなたの力になっています。

質問2
この本を読んでいるときはわかるのですが、別の英文になるとわからなくなってしまいます。

プラトン先生
その英文がこの本の第何講にあたるのかよく考えてみてください。はじめはこの本を見ながら出構いませんから、自分でやってみましょう。そして、できれば指導者に自分の考えを見てもらってください。そうすれば、自分の考え違いをしている部分を指摘してくれます。当塾でも、このように基本から指導することをしております。それが早慶に合格する一番の近道なのです。基本で悩んでいる方こそ当塾にご相談ください。

▶英語の最速の対策はこちら!

最速英語長文読解勉強法 |早慶圧勝レベルまで効率的に成績を上げる方法


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。

コメントを残す