偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【使い方】難問題の系統とその解き方|圧倒的に成績を伸ばす方法

参考書の特色

▶対象者

難関大学の入試で得点を稼げるようになりたい方(偏差値65-70くらいの方)

いわゆる「難系」と呼ばれる問題集で、「難問題」というタイトルの通り、物理の問題集の中でもトップレベルの難易度です。これをマスターできれば難関大学でも物理を得点源にできるほどのレベルです。全体的に長い文章による問題が多いので、そのような入試問題に慣れておくのにも適しています。
ただし、目指す大学によってはオーバーワークになってしまうかもしれません。

例題118問(原子分野を除いて103問)、演習問題177問(原子分野を除いて150問)からなっています。各例題には「考え方の基本」「解答」「解説」が書いてあり、つまずきやすいポイントをしっかり解説しています。

使い方

▶おすすめ使用期間

2ヶ月半~3ヶ月

この問題集は難関大学に向けた仕上げの段階で用いる問題集ですので、入試を意識した演習にするためにも問題を解く時間を決めて取り組みましょう。時間が限られている入試の性質上、解ける問題をできるだけ多く解くことが大事になります。1問あたり15分くらい、記述などの難しい問題であれば25分くらいを目処に解きましょう。この際、記述問題であれば本番の答案のように不足なく解答を書きましょう。時間内に解き終わらなければ、解答解説を読んでしっかりと理解することも大事です。解けなかった、または間違っている箇所については、何故間違ったのかを明確にしておきましょう。もし何故間違ったのかが分からなければ、この参考書を使う段階ではないかもしれません。先に「重要問題集」などの問題集を使いましょう。

また、この問題集は全ての問題を完璧にする必要はなく、例題だけに取り組んでも十分な実力がつきます。加えて、演習問題はかなり難易度が高い上に解説が少なく、物理が得意な人でも消化不良になってしまう可能性があります。まずは例題のみを繰り返し解き、確実に身につけましょう。もちろん、演習問題もかなり質が高い難問が揃っているので、例題ができていて本当に時間がある人は取り組んでみるとトップクラスの実力がつくと思います。

1ランク成績を上げるための使い方

物理は特に分野によって得意・不得意が分かれる科目なので、各分野で解けた問題にばらつきがあると思います。特に2周目以降はその点に気をつけて問題演習を行いましょう。具体的には、あまり解けなかった、あるいは不得意な分野の問題を重点的に解き、得意分野ですでに1周目で解けたような問題については解答解説を流し読みにする、などです。解くべき問題を見極め、効率よく勉強しましょう。

またこのレベルの教材ですと、自身の導いた解答と単純に参考書の答えがあっていたかどうかを確認するだけでは不十分です。一つの解答に対して複数の解答パターンを導けるようにしてみてください。物理のできる人は問題に対して複数の解答の道筋を出せるようにして、一番早く解ける方法で解けるようにしていきましょう。

この参考書によくある質問集

ここではこの参考書によく当塾に寄せられる質問をQ&A形式でお答えします。platon1解答はプラトン先生にお答えいただきます。

質問1
どの問題集から、この問題集に移ればいいでしょうか。
プラトン先生
前段階の問題集としては、「漆原の最強の88題」、「物理重要問題集」や「名門の森」などがあります。それらの問題集が身についていて、物理を確実に得点源にしたいと感じたらこの問題集に取り組んでみましょう。
質問2
すべての例題の解法を理解する必要はありますか?
プラトン先生
この問題集に取り組むレベルであれば、基本的な問題はできていると思うので、すべてを網羅する必要は薄いと思います。ですが、取り組んだ問題については一問一問をしっかり理解するようにしましょう。

Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。