偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【使い方】はじめの一歩 古文読解問題集|圧倒的に成績を伸ばす方法

参考書の特色

対象者
古文の学習が一通り終わった人,偏差値60〜

古文の実践問題集。問題編と解説編に分かれていて、問題編を自分で解いてみてから解説編を読んでみるつくりになっています。さまざまな時代・さまざまなジャンルの文章とその問題がでていて、問題演習をして力をつけていくのに最適な本です。ただし、”はじめの一歩”と書いてはいますが問題自体は考えさせられる問題が多く基本的な読解法、文法項目に習熟していないと間違えてしまうことが多いです。

問題の出典一覧

大和物語/十訓抄/古本説話集/建礼門院右京大夫集/平家物語/大鏡/今鏡/徒然草/枕草子/更級日記/紫式部日記/蜻蛉日記/土佐日記/歌意考/玉勝間/花月草紙

出典の年代もバラけていて、物語、評論、バランスよく入っているため、一度読解法を学んだ人であれば理解をすることができるはずです。

参考書の使い方

▶おすすめ使用期間
1ヶ月程度

全部で30題あるので、1日1題進めていっても約1カ月で終わる。すくなくとも、単語・文法・解釈について基礎を身に着けたうえでこの問題集を解いてみることをお勧めします。
自分で問題を解いてみて、解説を読んでみる。そこで忘れていたことを覚えなおすという地道な作業をやってみてください。この問題集を2回繰り返してみると、自分の力が伸びたことを実感できると思います。
ただし、参考書のように細かく解説が出ているわけではないので、わからなかったところを自分で考えてみる作業も必要になります。それなりに難しい問題を自身の力で考えて行うというのは、入試までには一度はやって起きたいレベル感です。
もちろん、当塾では問題集をやってわからなかったところの指導もおこなっています。ぜひ、ご相談ください。

1ランク成績を上げるための使い方

このような問題集は、繰り返しやってみることが大切です。2回目、3回目になると今までできなかった問題ができるようになっていることに気が付くでしょう。
問題を解き終わった後に、細かく一文ずつ文法的意味を考えてみることも力をつけるのにはとても役立ちます。ここまでに身に着けた力をどう使えばいいかがわかります。ここは時間をかけてもいいので自力でやってみてください。今まで様々な参考書や授業で身に着けたものを「使う」練習にしてください。単に「問題を解く」だけでは十分に使いこなしているとは言えないでしょう。

この参考書によくある質問集

ここではこの参考書によく当塾に寄せられる質問をQ&A形式でお答えします。
platon1解答はプラトン先生にお答えいただきます。

質問1
やっぱり、自分で問題を解くことができません。単語も文法も覚えてはいるのですか・・・

プラトン先生
せっかく身に着けた文法・単語を使えていない状態です。文章を読みながら「この単語は覚えてる、こういう意味だ」と解ってよんでいますか?ここは係り結び、ここは助動詞で意味はなにかということを考えながら読んでいますか。ぜひもう一度解釈の参考書を読んでみて、同じことを自力でやってみてください。必ずできるようになります。あとはくりかえし、あきらめずにやることです。古文は範囲が狭いので高3の10月からやるべきことをやれば合格点をとる力をつけることは十分に可能です。

質問2
この問題集だけで大丈夫ですか?

もちろん、いろいろな問題を解いてみることは大切ですが、皆さんは古文だけをやればいいというわけではありません。まず、この問題集を2,3回やってみてください。その後は過去問演習でも十分だと思います。過去問を定期的にやることで十分古文の演習になります。もちろん自分の志望校に合った問題をやることにもなります。時間があるならばいろいろな問題集に手を出していいですが、時間がないならばこの問題集だけでも大丈夫だと思います。/speech_bubble]

Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。