偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

IELTSのスピーキング徹底対策|知識0からの基本的な攻略法を伝授!

偏差値30からの早稲田慶應対策専門個別指導塾
HIRO ACADEMIA presents

<この記事は2019年2月27日に更新されました>

4技能入試に向けて外部試験導入が進んでいる昨今、大学入試においてもIELTSを取得するメリットは非常に大きいです。
今回は、4つの技能に分かれている本試験にてスピーキングについて解説をしていきます。

スピーキング

IELTSのスピーキングは、制限時間11〜14分間で、3つのパートから成り立っています。1対1のインタビュー形式型のスピーキングテストというのは、IELTSの特徴の一つと言えるでしょう。 IELTSのスピーキングでは、質問に答えながら、日常の話題や出来事について情報を伝え、意見を述べるコミュニケーション能力、与えられたトピックに関して適切な言葉使いと一貫性を持って、ある程度の長さのスピーチをする能力、説得力のある意見を述べ、物事を分析、議論、推測する力などが問われます。

問題形式

スピーキングの問題形式はPart1、Part2、Part3の3部からなり、いずれも受験者1人、面接者1人のインタビュー形式です。採点方法は4つの基準に基づいて配点されます。 具体的には、「流暢さと一貫性」「語彙力」「文法力」「発音」です。

大問ごとの解説

Part1では、自己紹介と日常生活に関する質問がされます。はじめに名前を尋ね、パスポートを使って受験者の本人確認を行なった後、家族や趣味などの身の回りのことを10問ほど質問されます。

Part2では、スピーチを行います。ここではトピックカードが渡されるため、そこに書いてある指示に従いながら約2分間のスピーチをします。 以下過去問の例を挙げておきます。
Describe a shopping street that you like. Please say – What and where is it? – When did you visit it? – Who did you go there with?
また、スピーチの前に準備期間として1分間の猶予が与えられます。 その時間は最大限に活用しましょう。

Part3では、受験者と面接者の間でディスカッションが行われます。

内容としては、Part2で話したことをさらに発展させたものです。 面接者の言ったことを正確に理解し、適切な応答をしなくてはならないため、最も難易度が高いパートとなります。

頻出テーマ

Part1では、家族・勉強・仕事・趣味・食事・音楽・余暇・スポーツなどプライベートな内容がほとんどです。
Part2では、場所・人・経験・物などについて追求される問題が多いです。

Part3では、Part2の内容に対して質問形式で行われますが、頻出の設問として、○○の未来はどうなるか・○○と比べて異なる点について・○○との因果関係を答える、などがあります。いくつかのパターンを予め理解しておきましょう。

対策

IELTSのスピーキングでは、「内容」よりも「どう話すか=英語力」が評価されます。
したがって、なにを言おうか迷っている時間はありません。

大切なのは、いかに説得力のある論理展開がされているかです。
もちろん、虚偽の内容でも構いません。

特にPart2とPart3では、自分の主張について客観的に捉えることを心がけましょう。具体的には、“個人的な感想”にならず、“自分の意見の根拠となるデータの追加”をしてください。○○の研究データがあるから、○○という事実があるから、○○の経験をしたから、など客観性があれば良いです。
他にも、自分の意見に一貫性がなかったり、一方的な意見になってしまってもいけません。

また、ライティングの時と同様に「自分の意見」→「根拠となる理由や譲歩」の順番で話して下さい。ラストに「再主張」を行うことによって、文章がまとまります。

IELTSのスピーキングでは、Part2の1分間の準備時間でメモを取ることが可能です。

したがって、上記の流れにハマるように、メモを取る段階で大まかな構成を組み立てておきましょう。 最後に、流暢さや発音も評価対象の一つです。

返答の際、答えにつまったらWell…やLet me see…と話をつなげたり、l seeやExactlyと相づちを打ちましょう。
また、はっきりとした発音で、流れるようにスピーキングをするために、日頃から声に出して読む訓練をしてください。

LINE公式アカウント開始

LINE公式アカウントのみでの限定情報もお伝えします。ぜひご登録ください。

Published by

小野 和久

高校時代の成績は、偏差値30いかない程度。その状態から、皆に合わせて予備校に行くもうまくいかず、浪人。浪人生活の中で独学で勉強法を編み出して早慶ダブル合格を果たし、慶應義塾大学経済学部に進学。その後在学中に慶應早稲田専門の本塾を起業し、数々の偏差値30からの生徒を合格に導きました。当塾での合格の秘訣は、「考えて勉強をすること」です。 このような自身の経験から考えて勉強することの重要性を認識し、考えて勉強することで勉強を効率化してどんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。