偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

英語検定2級リスニングの徹底対策| 大学受験でも使える級を確実に合格する!

偏差値30からの早稲田慶應対策専門個別指導塾
HIRO ACADEMIA presents

実際の過去問は公式サイトで最新3回分が無料で公開されています。
マイナーチェンジされることもありますが、大枠はほとんど変わりませんので最新の問題(2018年第1回)をもとに傾向と対策をみていきましょう。

まず試験全体の話ですが、現在はリーディング・リスニング・ライティングの問題を解く1次試験と試験官と対面で英語を話す2次試験に分かれています。
将来的に1日で試験を行うようになる可能性はありますが、しばらくは現行の試験形態のままで行われるでしょう。
まずは筆記試験について対策をお伝えしていきます。英検1級の筆記試験は、制限時間100分間で、リーディング大問3つとライティング1問で構成されています。

各技能850点満点で均等にスコアが分配されるため、バランスよく力をつけることが大切です。

筆記試験問題形式

Reading 90分

第1問 語彙25問、第2問 長文穴埋め2題、第3問 長文3題、第4問 英作文(120-150words)

Listening 約30分

Part1 Dialogues、Part2 Passages、Part3 Real-Life

リスニングセクション

英検2級のリスニング試験は、制限時間約25分間で、第1部と第2部で構成されています。
リスニング、リーディングで650点満点で均等にスコアが分配されるため、バランスよく力をつけることが大切です。
特にリスニングは、他の技能と比べて平均点が高いため、取れる問題を確実に正解する必要があります。
対策をする上で、まず大切なのは単語です。リーディングとは異なり、聞き取る必要があるため、勉強する際は発音にまで目を向ける必要があります。単語レベルは、センター試験レベルです。
また、リスニングを行う上で大切なのは、文章の展開を把握するということです。その際、5W1HやSoやBecauseなどの接続詞を意識して聞くと良いでしょう。予め選択肢を一読しておき、ある程度会話の内容を推測した上で聞くとなお理解が深まります。

問題形式

会話の内容一致選択15問、文の内容一致選択15問で構成されています。解答形式は4肢選択です。

第1部の会話の内容一致選択では、会話の内容に関する質問に答えます。会話内容としては、日常の中で起こりうるようなものが主で、男女2人によって展開されます。

第2部の文の内容一致選択では、短いパッセージの内容に関する質問に答えます。問題文の種類としては、物語文・説明文です。

頻出テーマ

第1部では、通常の会話に加えて、着信音で始まる電話の会話が含まれます。また、第2部ではある人物に対する話や、公共でのアナウンス、社会的・科学的なテーマなどが主となります。

実際の問題例(2018年第3回より)

第1部

(★=男性 A ☆=女性 A ☆☆=女性 B)

☆☆No. 1

★Mystical Mystery Bookstore, how may I help you?

☆Hi. I’m a big fan of the writer Nathan Hemmingway. Do you have any copies of his new book, Night Train to Moscow?

★Sorry, ma’am, we don’t—and I doubt any other stores do, either. It’s the number-one bestseller right now. We’ve ordered more copies, but they won’t get here until Wednesday.

☆Oh, I see. Well, I’ll stop by on Wednesday, then.

☆☆Question: What do we learn about the book Night Train to Moscow?

↑質問文は問題用紙には書かれていない

 

No. 1

1 It is not for sale yet.

2 It is not a new book.

3 It is very popular. (答え)

4 It will be finished soon.

第1部の問題はすべてこのくらいの分量と難易度です。それほど長くなく解答根拠も上記赤字のように明確に提示されるので、筆記の方が問題ないくらいのレベルであれば1ヶ月程度耳を慣らすだけでかなり出来るようになります。

そのためか平均点も比較的高いので、CSEスコアを稼ぎたい場合はリスニングパートは満点を目指すべきです。というのもスコアの性質上、平均点付近は点差が小さくなりますが、満点付近は1ミスで大きな差がつくからです。

第2部

☆☆No. 16

☆Tina is a high school student and will go to college next year. Three months ago, she got a job at a hamburger shop to help pay for college. She likes the job and her boss is nice. However, she noticed that her test scores have been getting worse because she has less time to study. Tina has decided to quit her job and focus on school.

☆☆Question: Why has Tina decided to quit her job?

 

No. 16

1 Her boss is not nice to her.

2 Her job does not pay well.

3 She needs more time for studying. (答え)

4 She will start studying abroad soon.

第1部との違いはモノローグになっていることくらいで難易度に大きな変化はありません。1部と同様、ある程度英語ができれば十分満点を狙える問題です。

この問題も赤字部分で明確に正解の根拠が示されていることがわかりますね。

2級の問題はこのように総じて素直な問題ばかりで意地悪な問題はまずありません。

失点が多い場合は単純に自分の実力不足ということになりますので、前の級の問題から取り組むと良いでしょう。

英語学習は積み重ねですので前に戻る勇気も時には大切です。

英検2級で効率的にリスニングの成績を伸ばすためには?

英検2級に合格するためには、リスニングの能力を高めることが必要不可欠になります。
現行の制度に変わってからは、4技能どの能力でも点数が少ないと合格することができなくなってしまいます。

どのようにしたらよいのか、効率的に成績を上げるためにはどうしたら良いのか気になる方は一度ご相談いただければと思います。
こちらからお申し込みできます。