偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
TOEFL検定対策

TOEFLとTOEICの違いとは? TOEICのスコア別解説

2017.02.23

TOEFLのスコアに伸び悩んではいませんか?

もしくはTOEFLに興味があるけど、どんなテストで、どんな対策をすればいいのかわからないという方もいるはずです。
TOEFLとTOEICは名前こそ少し似ていますが、全く違うテストです。
今回はTOEFLのスコア別対策をご紹介します。
参考書には載っていないテクニックも紹介するので、必ず役に立つはずです。
*今回の記事のTOEICというのは基本的にリーディング、リスニングのみのテストを指しています。

TOEFLとTOEICの違いは?

TOEFLとTOEICでは試験の目的が違います。
TOEICは企業の昇進や外資系企業就職の目安として使用されることが多いので、ビジネスシーンに関する英語が出題されます。

つまり、実用的な英語能力を測るのがTOEICの目的です。

一方、TOEFLは海外大学や大学院入学希望者の英語能力を測ることを目的としています。

つまり海外の大学の講義で使用されるようなアカデミックな分野の英語が中心となって出題されます。

TOEICはビジネスシーンで外国人と交流するために必要な英語で、TOEFLは海外大学生活を不自由なく過ごすために必要な英語なのです。

さらに試験時間も違います。

TOEICがリスニングとリーディングの計120分であるのに対し、TOEFLは読む・書く・話す・聞くの4技能が測られるため、テスト時間は4~5時間と非常に長いです。

また試験形式の違いも挙げることができます。

TOEICはマークシート方式ですが、TOEFLはパソコンを使用して行います。

スピーキングも対面ではなく、ヘッドセットのマイクに向かって喋るという少し変わった形式です。

ここから早速スコア別の対策を紹介します。

50点,80点を目指す方はこちらをどうぞ

TOEFL50~80点を目指す方は必読!世界で英語をつかうための第一歩

100点,115点を目指す方はこちらをどうぞ

TOEFL 100点以上を目指すためには?超難関海外大学に必要な英語力をみにつけるためには

Published by

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。