偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

【英語】I cut my hairは正しいそれとも間違い

「髪の毛を切ったよ」を英語でいうとどうなるでしょうか?

多くの方がI cut my hairと言うと思います。

間違いではありませんが、本当にその意味で言いましたか

おそらく多くの方が本当の意味を知ると驚くでしょう。

今回は多くの方が間違える英語表現について解説します。

I cut my hairの本当の意味

I cut my hairは「髪の毛を切った」という意味です。

ただし、誰が髪の毛を切ったのかが問題になってきます。

あなたが自分で髪の毛を切ったという意味ならば、I cut my hairは正しいです。

しかし、美容院や床屋で髪の毛を切ってもらった場合は、I cut my hairは間違いとなります。

 

美容院や床屋で髪の毛を切ってもらったことを表現するためには、以下のフレーズが使われます。

・I have my hair cut.

・I get my hair cut.

・I get a hair cut.

 

2つとも「誰かに髪の毛を切ってもらった」という意味ですが、今回注目したいのがI have my hair cut。

このHave目的語動詞の過去分詞形が非常に重要なのです。

 

・I cut my hair.

自分で髪の毛を切った

・I have my hair cut.

誰かに髪の毛を切ってもらった

 

Have目的語動詞の過去分詞形は使役用法と言われます。

意味は「目的語をにしてもらう」です。

覚え方は、I have my hair cut髪の毛を切ってもらったが一番簡単ですよね。

ぜひこの例文を丸暗記してください。

使役動詞の理解を深めよう

使役動詞は非常に間違いやすい文法です。

ここからは、間違いやすい使役動詞の理解を深めていきましょう。

 

I fixed my car.

車を修理した。

この文章の問題点はわかりますか?

この文章だと、「自分で」車を直したということになります。

誰かに修理してもらうというニュアンスの文にするためには、使役動詞を使いましょう

I had my car fixed.

車を修理した誰かが車を修理してくれた

 

では未来について話すときにはどうすればいいのでしょうか?

例えば、「明日髪の毛を切ってもらう」。

こう言いたいときには、Be going toを使います。

I am going to have my hair cut tomorrow.

明日、髪の毛を切るんだ

 

注意点はWillではなく、Be going toが使われていること。

Be going toはあらかじめ決まった未来について話すときに使用されます。

Willは直前で決まった未来について話すときに使用されます。

 

もう1つ例文を見てみましょう。

I am going to have my car fixed tomorrow.

明日、車を修理してもらうんだ。

 

疑問文は以下のようにします。

Where are you going to get my hair cut?

どこで髪の毛を切ってもらうの

Did you have your phone fixed?

電話直してもらったの

 

Haveの代わりにGetを使うこともできます。

Getになっても、使い方はHaveと同じですね。

 

使役用法は悪いことを言うときにも使われます。

She had her bag stolen yesterday.

昨日、彼女はバッグを盗まれた。

He had his arm broken in a fight.

彼はケンカをして腕を折ってしまった。

 

 

使役用法は間違いやすいからこそ、よく出題されます。

また日常会話でも使われる重要な用法です。

今回で使役用法をマスターしてください。


Published by

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

早慶専門個別指導塾 HIRO ACADEMIA

数々のできない受験生を圧倒的にできるレベルまで指導してく個別指導塾。早慶専門ではありますが、早慶志望でなくても勉強ができるようになりたい!と切望する受験生であれば指導できます。必要なのは、志望校に絶対に合格したいという熱意のみ。早稲田大学のある高田馬場で直接指導をしつつ、オンラインでの指導で世界中どこからでも指導を受けることができます。