偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話

早稲田大学商学部| 偏差値30から本番で圧勝するための徹底対策

2017.03.09

早稲田大学商学部 学科、専攻がないのが特徴の1つ。また、文系の学部であるものの理系レベルで数学を使う授業もあるのが特徴。文系科目で入った人は数学で困らないようにしましょう。 1つの学年が1000人以上在籍している大きな学部となっている。 入試動向 入学難易度  2,5 早稲田大学の商学部は早稲田大学

  • …続きを読む
  • 早稲田大学商学部

    [toc]

    学科、専攻がないのが特徴の1つ。また、文系の学部であるものの理系レベルで数学を使う授業もあるのが特徴。文系科目で入った人は数学で困らないようにしましょう。
    1つの学年が1000人以上在籍している大きな学部となっている。

    入試動向

    入学難易度 ico_grade6_2h 2,5

    早稲田大学の商学部は早稲田大学の中でも問題も上位の学部(政経、早稲田法学部)と比べると極端に難しい!というレベルではありません。ですが、多くの受験生がそのように思っている分、倍率も高くなっています。1点のミスが合否をわける・・・と思ってください。

    合格最低点

    配点は英語80点、国語60点、地歴・公民、数学が60点の200点満点となっています。

    合格最低点は例年130点前後で推移しています。

    商学部生の学生生活について

    当塾の講師や学生講師、学生インタビューなどから得た貴重な大学での学生生活の情報をお伝えしていきます。

    早稲田の本キャンパスに位置し、主に最近工事が完了した11号館を国際教養学部と共に使用し、授業を受ける。同じ建物を共有しているが同じ授業を受けることはほぼない。商学部では学科がないため、自分の興味がある授業をとることができる。自由度が高いため、希望すれば全休(平日で授業がひとつもない日)をつくることも可能である。

    早稲田大学商学部の科目別対策

    [su_row]

    [su_column size="1/2"]

    eigo

    英語対策はこちら

    [/su_column]

    [su_column size="1/2"]

    syakai

    日本史対策はこちら

    世界史対策はこちら

    政治・経済対策はこちら

    [/su_column][/su_row] [su_row]

    [su_column size="1/2"]

    sugaku

    数学対策はこちら

    [/su_column]

    [su_column size="1/2"]

    kokugo

    国語対策はこちら 

    [/su_column][/su_row]

    早稲田大学 商学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門指導塾として商学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、早稲田大学商学部に合格するためにどのように勉強をしたらよいのか指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    早稲田大学・商学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

    早稲田大学商学部の教授陣

    井上 達彦ー商学部教授、経営
    大月 博司ー商学部教授、経営
    坂野 友昭ー商学部教授、経営
    谷本 寛治ー商学部教授、経営
    中村 信男ー商学部教授、経営
    藤田 誠 ー商学部教授、経営
    和田 宗久ー商学部教授、経営
    伊藤 嘉博ー商学部教授、会計
    大鹿 智基ー商学部教授、会計
    奥村 雅史ー商学部教授、会計
    辻山 栄子ー商学部教授、会計
    鳥羽 至英 ー商学部教授、会計
    長谷川 惠一 ー商学部教授、会計
    広瀬 義州 ー商学部教授、会計
    八重倉 孝 ー商学部教授、会計
    山内 暁 ー商学部教授、会計
    太田 正孝 ー商学部教授、マーケティング・国際ビジネス
    恩藏 直人 ー商学部教授、マーケティング・国際ビジネス
    嶋村 和恵 ー商学部教授、マーケティング・国際ビジネス
    田口 尚志 ー商学部教授、マーケティング・国際ビジネス
    武井 寿 ー商学部教授、マーケティング・国際ビジネス
    谷口 真美 ー商学部教授、マーケティング・国際ビジネス
    守口 剛 ー商学部教授、マーケティング・国際ビジネス
    横田 一彦 ー商学部教授、マーケティング・国際ビジネス
    江澤 雅彦 ー商学部教授、金融・保険
    谷内 満 ー商学部教授、金融・保険
    谷川 寧彦 ー商学部教授、金融・保険
    中出 哲 ー商学部教授、金融・保険
    晝間 文彦 ー商学部教授、金融・保険
    広田 真一 ー商学部教授、金融・保険
    藤原 洋二 ー商学部教授、金融・保険
    李 洪茂 ー商学部教授、金融・保険
    片岡 孝夫 ー商学部教授、経済
    久保 克行 ー商学部教授、経済
    坂野 慎哉 ー商学部教授、経済
    高瀬 浩一 ー商学部教授、経済
    山本 哲三 ー商学部教授、経済
    池尾 愛子 ー商学部教授、産業
    鵜飼 信一 ー商学部教授、産業
    大森 郁夫 ー商学部教授、産業
    小倉 一哉 ー商学部教授、産業
    花井 俊介 ー商学部教授、産業
    宮島 英昭 ー商学部教授、産業
    矢後 和彦 ー商学部教授、産業
    横山 将義 ー商学部教授、産業

早稲田大学商学部【数学】|本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.09.04

早稲田大学商学部 入試難易度: 4.0 商学部の数学は空所補充形式解答と記述式解答で、結果だけでなくそれに至るまでの過程を書く記述力が求められます。 全て解き切るのは時間的にあまり余裕がないので、手際よく正確に解いていくことが大切になります。 全体概観:配点60点 時間90分 例年大問は3問で、[1

  • …続きを読む
  • 早稲田大学商学部

    入試難易度: 4.0

    商学部の数学は空所補充形式解答と記述式解答で、結果だけでなくそれに至るまでの過程を書く記述力が求められます。
    全て解き切るのは時間的にあまり余裕がないので、手際よく正確に解いていくことが大切になります。

    [toc]

    全体概観:配点60点 時間90分

    例年大問は3問で、[1]は小問、[2],[3]では記述式になっています。

    出題範囲・頻出分野

    出題範囲は数学ⅠAⅡB(確率分布と統計的推測を除く)となっています。
    頻出分野は数列、ベクトル、図形と三角関数、三角関数、微積分、整数問題です。
    近年整数問題の出題頻度が非常に高く、難易度も文系ではトップレベルに難しいです。

    また微積分ついては2014、2016年度の[2]で出題されています。
    難易度については基礎から応用まで幅広く出題されています。本質的な理解を問う問題や思考力を問う問題が出されるのも特徴です。

    対策

    早稲田商学部数学の問題を解いていくにあたって、どのように考えていくのが良いのかをお伝えしていきます。

    基礎問題の演習

    文系学部としては、かなり難しく準備を十分にできたかどうかで差がつくといえます。
    そのため、数学受験の人は十分に準備してください。

    数学力を身につけることが大事となりますが、そのためには基本的な問題が解けるようになることが重要です。公式を単純に適用する問題が少なく、基本事項を本質的に理解していないと対応できない問題が多いので、公式を覚える際にはどの定義から導き出されてどのように公式を使うのかを常に考えながら問題演習をしていくのが良いでしょう。
    こうした思考をすることで、後々応用問題を解く際にも役に立つ論理力を身につけることができます。

    頻出分野の問題演習

    出題範囲を満遍なく勉強をすることは当然として、頻出分野は特に意欲的に問題演習をしていく必要があります。特に数列、微積分、場合の数・確率、三角関数は得意分野になっているようにしておきましょう。

    整数問題についても頻出分野となっています。勉強しにくい分野ですが基本パターンは存在するので、習熟しておくと良いでしょう。先述の通り、早稲田商学部ではかなり難度の高い整数問題が出題されます。試験時間との兼ね合いから完答する受験生は限りなく少ないでしょうから部分点を稼ぎにいくスタイルでいいと思います。問題もガウス記号、不定方程式、格子点と様々ですから対策はしにくいです。

    またベクトル、図形と方程式も頻出分野です。この分野については図やグラフを実際に書いてイメージを養うトレーニングをしていくのが良いでしょう。

    記述式と同様に考えて解答作成の練習をする

    答えのみの回答だからといって記述練習を怠るのではなく、普段から途中式や導出過程、細かい条件まで含めた解答作成を心がけましょう。

    記述式では答えより答えに至るまでの道筋の方が重要視されます。答えがあっていたとしても、記述がめちゃくちゃなら点数はほとんど0に等しいと思った方がいいです。
    循環論法に気を付けたり、必要十分性を常に考えながら議論を進めると論理の穴は少なくなるでしょう。
    というものの記述の大問2、3は文系にとっては難しく、ほとんど差がつかないことが予想されます。
    ある程度議論に飛躍や不備があったとしてもあまり気にせず、答えまでの考え方や論述の骨組みを明確に示し、他の受験生との差別化を図るのも作戦です。自分で色々シュミレーションして本番に備えると大きな失点は防げるとおもいます。

    速く正確に解くための計算力をつける

    大問が3題で60分と、1問あたりにかけられる時間は単純計算で20分です。問題量や難易度を考えると決して余裕があるとは言えません。そのため、迅速かつ正確な計算力が必要となります。日ごろの問題演習で要領よく正確に計算していくとともに、最後の答えまでたどり着けるように練習していきましょう。

    過去問を解く際には・・・

    問題演習に慣れてきたら、実際に過去問に取り組みましょう。この際、本番通りの時間で解くことが大切です。数学ではどの分野が何問目に出るかが分からないので、時間を測って問題演習をし、自分が解きやすいと思った問題から解き始めることが重要です。
    あまり1つの大問を完答することにこだわりすぎるとかえって点数が下がってしまいます。大問前半の比較的易しい問題を確実に解答することで、得点を伸ばしていきましょう。ただし、時間内に解けなかった問題もその後に問題演習として解くことも大事です。時間内に解けなかった問題は必然的に苦手な問題であるため、苦手をつぶす意味でも解けなかった問題の復習をしましょう。

    出題例

    [su_box title="2015年度 商学部 数学 大問1(ⅰ)、(ⅱ)" style="glass"]syougakubu[/su_box]

    小問集合の問題です。

    (1)まず、(ii)の式を実際に解いてみましょう。
    n= \int_ {a_{n} }^ {a_{n+1}} (x+ \frac{1}{2} ) dx\\= \frac{1}{2} \int_ {a_{n} }^ {a_{n+1}} (2x+ 1 ) dx\\= \frac{1}{2} \left[x^2+x\right]^ {a_{n+1}} _ {a_{n}}\\ = \frac{1}{2} \big( a^{2} _{{n+1}}+ a_{n+1}- a^{2} _{{n}}- a_{n} \big) \\\therefore a^{2} _{{n+1}}+ a_{n+1}- a^{2} _{{n}}- a_{n} =2n

    となります。実際にこのように積分してもいいのですが、被積分関数が一次関数なのでこの積分は要するに台形の面積を求めろということなので、実際にそれをイメージして解くのもいいでしょう。
    次に漸化式が求まったので、実際にn=1から調べてみましょう。
    n=1 : a ^{2} _{2}+ a_{2} -a^{2} _{1}- a_{1}=2\\ a ^{2} _{2}+ a_{2} -2=0 \big(\because a_{1}=0 \big)\\\big( a_{2}+2 \big) \big( a_{2}-1 \big)=0 \\\therefore a_{2}=-2 \big(\because a_{n} < 0 \big)

    n=2 : a^{2} _{3}+ a_{3} -a^{2} _{2}- a_{2}=2\\ a ^{2} _{3}+ a_{3} -6=0 \big(\because a_{2}=-2 \big)\\\big( a_{3}+3 \big) \big( a_{3}-1 \big)=0 \\\therefore a_{3}=-3 \big(\because a_{n} < 0 \big)

    n=3 : a ^{2} _{4}+ a_{4} -a ^{2}_{3}- a_{3}=2\\ a ^{2} _{4}+ a_{4} -12=0 (\because a_{3}=-3 \big)\\\big( a_{4}+4 \big) \big( a_{4}-3\big)=0 \\\therefore a_{4}=-4 \big(\because a_{n} < 0 \big)

    この時点でa_{n}=-nであると予想できます。答えもa_{n}=-nです。

    本来なら数学的帰納法を使って証明してから答えを埋めるべきでしょうが、本番だったら答えを書いて時間があれば証明してみるといいと思います。
    帰納法で証明についてはここでは割愛します。

    (ii)∑のままだと今回計算が進まないので、Σをばらしましょう。
     \sum^{7}_{k=1}\log_2 \cos \big( \frac{k \pi }{16} \big)\\\\ =\log_2 \cos \big( \frac{\pi }{16} \big)+\log_2 \cos \big( \frac{2 \pi }{16} \big)+\log_2 \cos \big( \frac{3 \pi }{16} \big)+\cdot\cdot\cdot+\log_2 \cos \big( \frac{7 \pi }{16} \big)

    ここで、前から順番に足していくのはあまりいい方法ではありません。

    今回対数と三角関数が絡んでいます。
    ・対数はlogA+logB=logAB
    ・三角関数同士の足し算、掛け算は三角関数で書ける(和積、積和公式のこと)
    ・三角関数はsin,cosは位相をずらせばどっちでも書ける
    という性質があります。

    その性質を考えたうえで以下の式変形を考えるとこうするべきというのがお判りでしょうか?

     

     

     

    次に{ }の中の後ろにあるcosをsinで書き換えてみましょう。そうすると倍角の公式が公式が使えるというのが見えてきます。

    倍角の公式を使うと

    (与式)=\log_2 \big( \frac{1}{2} \sin \frac{\pi}{8} \big)+ \log_2 \big( \frac{1}{2} \sin \frac{\pi}{4} \big)+\log_2 \big( \frac{1}{2} \sin \frac{3\pi}{8} \big)+\log_2 \frac{1}{ \sqrt{2} }

    対数の中身をばらしてまとめると

     

    \therefore \sum^{7}_{k=1}\log_2 \cos \big( \frac{k \pi }{16} \big)=- \frac{11}{2}
    となります。


    以下、2017年の早稲田大学商学部の整数問題の解き方となります。
    当塾では独学では対策のしづらい整数問題についても徹底的に対策を行っていきます。

    早稲田大学 商学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として商学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、早稲田大学商学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    早稲田大学・商学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

早稲田大学商学部【政治経済】|本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.08.16

早稲田大学商学部 入試難易度: 4.0 早稲田大学商学部の政治経済は全分野からまんべんなく出題されています。 選択式でも、記述式でも計算が必要になるなど、単純に知識を試すだけではない出題がなされます。また、論述問題も数年に一度出題されているので要注意です。 全体概観 配点70点  時間60分 教科書

  • …続きを読む
  • 早稲田大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_4 4.0

    早稲田大学商学部の政治経済は全分野からまんべんなく出題されています。
    選択式でも、記述式でも計算が必要になるなど、単純に知識を試すだけではない出題がなされます。また、論述問題も数年に一度出題されているので要注意です。

    [toc]

    全体概観

    配点70点  alarm-clock時間60分

    教科書レベルの基礎知識は必ず身につけておきましょう。これをベースに理解力・応用力が試されます。そのうえで話題になっている時事問題にたいしてアンテナを張っておくことも大切です。新聞などに目を通すことや、現代用語の基礎知識なども役に立つかもしれません。
    ほとんどがマークシート・記述式の問題ですが3~4年に一度論述問題が出題されます。ただし、それほどの長文記述ではないので、知識を身に着けるついでに論述の練習、くらいでも大丈夫です。あまり論述を恐れないで学習を進めましょう。早稲田大学全般で言えることですが、解答時間があまりないのでわからない問題を考えるのではなくて諦めて違う問題を解いていき時間を確保していってください。

    出題概要

    政治分野・経済分野共にすべての範囲からまんべんなく出題されます。年表やグラフなどの資料も範囲になっていますし、計算問題も必ず出題されます。また、例年若干経済分野の方に重点を置いた出題がなされています。

    対策1:細かい質問に対してはどうすればよいのか?

    まずは教科書レベルをしっかりと身に着けることです。応用力・理解力といっても、基礎がなければ何も始まりません。教科書のグラフや年表まですべてを身に着けてください。
    もちろん、意味も解らずに丸暗記するだけでは対応できません。とはいえ、全く内容がわからないまま教科書を丸暗記している人はいないと思います。その「理解」をより深く、より広くしていくことは必要ですが、まずは教科書に書いてある内容がわかる、用語を覚えているというところまではたどり着いてください。

    対策2:応用問題はどう対策すればいいのか?

    まずは、資料集を徹底的に活用すること。この中には現代社会の抱える様々な問題点なども解説されているので時事問題対策にもなります。そのうえで、問題演習 を繰り返してください。単純な一問一答ではない問題集で、解説が詳しく、ハイレベルなものを選んでください。問題を解いたあと、正解できたかもたいせつで すが、解説をよく読んで今まで学習したことをどのように考えていったらよいのかを考えてください。
    新聞を読むということも大切です。よく日本経済新聞を読めといいますが、こだわる必要はないと思います。(もちろん、日本経済新聞もとても面白い記事が多 いと思いますが、他の新聞も同様ですので家にある新聞を見てください。)新聞を読むときは1面から読むようにしてください。政治・経済・国際面に必ず目を 通し、社説も読んでみましょう。全部読むのが大変でも、1面だけは読むなどしてください。さまざまなニュースに対してどのように考えるのか、何が問題点なのかを政治経済の知識とのつながりを考えながら読んでみましょう。

    今までに再婚禁止期間、再生可能エネルギーの固定価格買取問題などの話題が出題されています。統計データや数値もかなり細かいところまで突っ込まれるので、意識して学習をしてください。

    対策3:論述はどのように対策をしていけばよいのか?

    早稲田大学商学部では記述問題に加えて論述問題が出題されます。通常の勉強をしているだけではなかなか論述問題はできるよ うにはなりません。特に、私大だと一問一答でアウトプットを済ましてしまう場合が多いのですが、それではいつまでたっても論述問題はできるようにはならな いのです。
    まずは、用語の説明ができるのかです。これは、日ごろから用語の説明を自分でできるのかを意識していけば大丈夫です。

    出題例

    [su_box title="2015年大問Ⅲ問3" style="glass"]

    「合計特殊出生率」とは何かを、35字以内で説明しなさい。[/su_box]

    まさに、用語説明です。これの練習は普段から用語の意味を自分の言葉で説明できるようにするしかありません。知識を覚えるときにこのようなことも意識してみてください。

    しかし、用語の説明にとどまらない記述もあります。

    [su_box title="2015年大問Ⅲ問3" style="glass"]

    年金が賦課方式の場合なぜ高齢化が年金財政に悪影響を与えるのかを90字以内で説明しなさい。[/su_box]

    こ の問題では「年金が賦課方式の場合のデメリット」を「高齢化が進む」という状況の中で説明することを要求されています。賦課方式とは何かという知識を持っているうえで、考える力が求められています。このようなものは練習をするしかありませんので、過去問や問題集を使って演習をしてください。
    書いてみたら、ぜひ先生に添削してもらいましょう。自分だけで学習するのは大変ですので、指導者に相談することをお勧めします。もちろん当塾でも添削の指導をしておりますので、ぜひお問い合わせください。
    カウンセリングはこちらからどうぞ!

早稲田大学商学部【国語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学商学部 入試難易度: 2.5 倍率が高く人気のある学部の割には試験自体の難易度が低いので、一問のミス=不合格に繋がります。本気で合格したい学生は最低でも8割から8.5分は取れる学力が必要になってきます。 全体概観:配点60点 時間60分 評論文1問、古文漢文融合問題となっています。 大問Ⅰ

  • …続きを読む
  • 早稲田大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_2h 2.5

    倍率が高く人気のある学部の割には試験自体の難易度が低いので、一問のミス=不合格に繋がります。本気で合格したい学生は最低でも8割から8.5分は取れる学力が必要になってきます。


    全体概観:配点60点 時間60分

    評論文1問、古文漢文融合問題となっています。

    大問Ⅰ

    例年は問題文が長いものでしたが、昨年度は比較的短めの文章が出題されています。文章のレベルは早稲田大学標準です。
    商学部の現代文は、他の大学ではあまり見られない特殊な形式の問題がでることが多々あります。特に気をつけるべき問題は「余分な文章を探す問題」「空欄補充問題」「適語抜き出し問題」です。

    余分な文書を探す問題とは?

    この問題を解くにあたって論理展開を把握できるようになっておくのは必要不可欠です。問題を解くのは文章を読み終わってからで大丈夫ですが、読みながらちょっと変だな?と感じたら印をつけておきましょう。多くの場合が因果が逆になっていたり、対比がおかしくなっています。

    空所補充問題とは?

    空所補充問題で大事なのは、3つです。

    ①解くタイミング②論理展開の把握③選択肢の言葉を文章内で置き換える

    ①解くタイミングはよほど現代文が得意(偏差値75以上)でない限り、文書を読み終えてから解くのを推奨します。多くの受験生にとって文書を読んで、論理展開を把握することと問題を解くことを同じレベルで行うことはマルチタスクとなり脳みそのメモリを大きく消費します。その結果どちらも中途半端に終ってしまう結果になります。ですから、文章を読んでから解くのを推奨しています。

    ②論理展開の把握は上記の余分な文書を探す問題で書いてあることと同じです。論理展開がわかる=筆者の主張+どのような論拠で主張をしているかが明確にわかることです。

    ③選択肢の言葉を文章内で置き換えるというのは、言葉を自分の知っている言葉で考えないということです。多くの受験生が選択肢の言葉を自分が知っている意味で考えて文章内でどのような意味で問われているのか?をわからない状態で適当にマークをして間違えてしまっています。

    空欄補充問題を解くときには上記3点を気をつけましょう。

    適語抜き出し問題とは?

    この問題は問題文を見ていきなり探しだすのではなくて、設問を読んでどのような言葉が欲しいのかを考えてから探し出しましょう。そのためには文章内の内容が論理的に理解できていることが肝心です。

    大問Ⅱ

    古文漢文融合問題です。標準的な知識で古文漢文双方とも解くことができます。和歌問題が出題される場合があるので、 和歌の知識まで覚えておくことを忘れずに!

    早稲田大学 商学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIAには、早稲田大学専門として商学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、早稲田大学商学部に合格するためにどのよう勉強をしたらよいのかを指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    早稲田大学・商学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。

早稲田大学商学部【日本史】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学商学部 入試難易度:  3.5 早稲田大学商学部の日本史の問題は論述問題があるもののその他の問題は標準レベルのため、やや難レベルとなっています。難問は確かに存在しますが、7~8割は教科書レベルの知識で解くことができます。 全体概観:配点60点 時間60分 時間に対して、単文論述や特殊形式の

  • …続きを読む
  • 早稲田大学商学部

    入試難易度: ico_grade6_3h 3.5

    早稲田大学商学部の日本史の問題は論述問題があるもののその他の問題は標準レベルのため、やや難レベルとなっています。難問は確かに存在しますが、7~8割は教科書レベルの知識で解くことができます。

    [toc]

    全体概観:配点60点 alarm-clock時間60分

    時間に対して、単文論述や特殊形式の正誤問題など時間のかかるものが多いため時間がよくわからない問題は飛ばし、まず全ての問題に目を通し、解答することにしていきましょう。

    出題概要

    選択問題と論述問題から出題。マークシート法による選択式と、30~55字程度の短文論述の論述問題と3~5字の語句を記入する語句問題から構成されています。出題範囲は全範囲ですが、近代が例年出題される傾向が高いです。学部の性質上、戦後の経済分野もよく出題されています。この部分に弱い学生は対策をしておくべきでしょう。慶應経済学部の日本史や、政治経済学部の日本史の対策が記事が戦後の経済について触れているので、読んでみて下さい。
    大問は6題から構成されています。

    対策1:史料問題をどうするか?

    早稲田大学商学部では史料問題が例年必ず出題されています。そのため、史料問題対策ができるかどうかが合否の分かれ目になってきます。ただ、ここで注意しておきたいのが、史料問題のタイプです。史料問題には”有名史料”と”未見史料”の2タイプあります。それではこの2タイプについて説明していきます。

    有名史料問題とは?

    “有名史料”とは、教科書や有名な参考書に掲載されている史料をいいます。多くの受験生が知っている資料で、得点源になるかと思いがちですが・・・早慶で出題される有名史料問題はかなり細かい部分まで聞かれます。ですから、実際はこの有名史料問題が出題された場合はかなり難易度が高くなると持ったほうが良いでしょう。

    未見史料問題とは?

    “未見史料”問題とは、通常の参考書、教科書には掲載されていない史料が存在します。こうした未見史料の場合は難易度が高くなるかと思いがちですが、実際は史料自体について問われることは少ないです。ですから、史料自体ではなくて史料についての周辺知識があるかどうかの勝負になってきます。わからない史料をなくそうとしてマニアックな史料を探している受験生がよくいます。ですが、それよりもまずは”有名史料”に関して掲載されていることをすべて確認し、基礎的な理解をしていくことにしましょう。

    対策2:論述問題の対策はどうしたら良いのか?

    早稲田大学商学部の日本史では例年、単文論述問題と語句問題が出題されます。この類の問題はただ勉強しているだけではなかなか実力がつきません。ポイントを絞った学習が必要です。まず語句問題から確認していきますね。

    語句問題の対策とは?

    語句問題というのは歴史用語を覚えているかどうかの確認です。一般的に私立大学の問題だと空欄補充があっても選択肢から選ぶタイプが多いため、実際に書けるかどうかというと微妙な人が多いです。勘違いをしてしまってはいけないのはいきなり全ての歴史単語を覚えようとしてしまうことです。これでは通史を勉強するために莫大な時間がかかってしまいます。まずは通史を確実に理解できるようになった段階でその後に実際に歴史用語が書けるかどうかの確認をしていきましょう。論理的な意味がわからない単語を人は覚えることができません。歴史用語が通史の中のどの地点に位置するのかを理解できるレベルになった段階で用語を覚えていくことで効率よく歴史用語を確認することができます。

    論述問題の対策とは?

    私大志望の多くの学生は論述問題をしていないことが多いため、この論述問題が合否の分かれ目になるでしょう。論述問題の対策として、まず意識しなければいけないのは歴史の論理関係を意識することです。特に因果関係、相関関係は日本史のすべての範囲で理解できていないとまず早稲田大学商学部での合格は難しいでしょう。具体的な勉強法としては、参考書や教科書にある小見出しごとにまとめていくことが上げられます。最も良いのは論述を書いて早稲田大学商学部に詳しいプロに見てもらうのが良いですね。論理的に書くというのは慣れるまではなかなか難しいので塾などで記述したものをみてもらうことをおすすめします。当塾では当然このような添削指導も行っています。

    1つ例を見てみましょう。早稲田大学 商学部 2016年度 日本史 大問6 問Hです。
    バブル経済によって、資産や所得の格差が拡大したため、政府や日本銀行は、土地への融資の規制や金利の引き上げを行った。そのため、地価や株価は急激に下落し、投機を行った企業の一部が倒産し、借りた資金を返済できないという金融機関の不良債権問題が起こり、実体経済の不況に波及した。各企業はこの不況を乗り切るため、事業の整理や海外展開、また大量の人員削減を行った・・・
    問H 企業が人員削減を行った結果、その後の日本経済にどのような影響を与えたのか30字以内で記せ。
    「日本史の問題じゃないじゃないか!」と思うかもしれませんが、このように日本史を覚えるだけでなく理解していることが必要なのです。不況の時どのようなことが起こるのか、ということについてはこの時代のことだけではありません。わからなかったら解答をみてよく理解しましょう。
    解答例を挙げてみたいと思います。
    解答例
    失業者の増加や雇用不安の高まりで、消費が落込み不況が進んだ。(30字)
    必要なら、政治経済の教科書なども確認して知識を整理しましょう。

    ▶日本史の最速の対策はこちら!

    http://hiroacademia.jpn.com/program/nihonshi-benkyo/

早稲田大学商学部【世界史】| 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学商学部 入試難易度: 3.5 早稲田大学商学部では一般的なマーク式の正誤問題+空欄補充問題+論述問題が出題されます。論述問題は例年100字であるため論述対策は必要不可欠です。 全体概観: 配点60点 時間60分 時間の割には正誤問題や100字の論述問題が出題されるため、考えている時間はあま

  • …続きを読む
  • 早稲田大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_3h 3.5

    早稲田大学商学部では一般的なマーク式の正誤問題+空欄補充問題+論述問題が出題されます。論述問題は例年100字であるため論述対策は必要不可欠です。

    [toc]

    全体概観:
    配点60点 alarm-clock時間60分

    時間の割には正誤問題や100字の論述問題が出題されるため、考えている時間はあまりないでしょう。受験生レベルではわからない問題も中には含まれているので、そうした問題に振り回されずに全ての問題にまず目を通して答えるようにしましょう。

    出題概要

    出題形式は正誤問題と、語句を記述する語句問題と100字の論述問題が出題されます。出題範囲は古代から現代までまんべんなく出題されます。東洋史に比べるとやや西洋史の出題されています。西洋史では西ヨーロッパとアメリカから、東洋史は中国からの出題が多くなっています。

    正誤問題の例を一問みてみましょう。2016年早稲田大学商学部の大問3問Fです。

    下線部(F)に関連して、同規約のもとで連合会議に認められていた権利として誤っているものはどれか。
    ※下線部(F)はアメリカ連合規約を指す
    1.貨幣鋳造権
    2.徴税権
    3.条約を締結する権利
    4.宣戦と講和を行う権利

    受験生の皆さんがよく使っている『ナビゲーター世界史』をみてみましょう。
    3巻147ページを見ると、「この規約で”United States of America”という国名が生まれて、植民地は州(States)となったのです。しかし、この規約でつくられた連合政府は、国防・外交・貨幣製造などの権限は握ったものの、国民から税を徴収することすら認められていませんでしたので、国家を十分にまとめる力はありませんでした。」とあります。
    選択肢1.は「貨幣製造」、3.は「外交」、4.は「国防」ですね。その後の記述からも正答は2.であることがわかります。
    参考書を読むときに、なんとなく読んでしまい「連合規約」という言葉を覚えて満足していませんか?普段使っている参考書でもよく読めば入試問題を解く知識が載っています。参考書をどのように使っていけばいいのかよく考えながら学習を進めましょう。もちろん、当塾では参考書の使い方なども教えています。

    対策1:世界史の経済分野はどのように勉強したら良いのか?

    早稲田大学商学部では学部の性質上、経済分野の出題が高くなっています。過去には「第二次産業革命と第二次産業革命」「世界恐慌とニューディール」「EUと中国貨幣・税制史」などが出題されています。経済分野は、政治史と比べると受験生レベルの知識だと因果関係がつかみにくいので注意が必要です。通貨の価値が変わることと国家の経済の関係やインフレ、デフレなど基本的な経済の概念は理解しておきましょう。

    対策2:論述問題の対策はどのようにしたら良いのか?

    早稲田大学商学部の世界史では例年、単文論述問題と語句問題が出題されます。この類の問題はただ勉強しているだけではなかなか実力がつきません。ポイントを絞った学習が必要です。まず語句問題から確認していきますね。

    語句問題の対策とは?

    語句問題というのは歴史用語を覚えているかどうかの確認です。
    一般的に私立大学の問題だと空欄補充があっても選択肢から選ぶタイプが多いため、実際に書けるかどうかというと微妙な人が多いです。

    勘違いをしてしまってはいけないのはいきなり全ての歴史単語を覚えようとしてしまうことです。これでは通史を勉強するために莫大な時間がかかってしまいます。
    まずは通史を確実に理解できるようになった段階でその後に実際に歴史用語が書けるかどうかの確認をしていきましょう。
    論理的な意味がわからない単語を人は覚えることができません。

    歴史用語が通史の中のどの地点に位置するのかを理解できるレベルになった段階で用語を覚えていくことで効率よく歴史用語を確認することができます。

    論述問題の対策とは?

    私大志望の多くの学生は論述問題をしていないことが多いため、この論述問題が合否の分かれ目になるでしょう。
    論述問題の対策として、まず意識しなければいけないのは歴史の論理関係を意識することです。
    特に因果関係、相関関係は世界史のすべての範囲で理解できていないとまず早稲田大学商学部での合格は難しいでしょう。
    具体的な勉強法としては、参考書や教科書にある小見出しごとにまとめていくことが上げられます。
    最も良いのは論述を書いて早稲田大学商学部に詳しいプロに見てもらうのが良いでしょう。論理的に書くというのは慣れるまではなかなか難しいのでみてもらうことをおすすめします。
    早稲田大学商学部の世界史の論述問題は、事項や事柄の内容や経緯・意義を説明する問題です。

    たとえば、これまでに、 「普仏戦争の戦後処理および第一次世界大戦後の出来事」について説明する問題が出題されています。世界史の知識だけでなく要点をおさえて簡潔に文章をまとめる力も要求されます。

    2017年の出題について

    早稲田の商学部らしい出題でした。
    大問数、小問数ともに変動はなく難易度も同程度。非常に細かい知識が必要な問題や、いわゆる「一般教養」的な問題もありました。
    例えば以下のようなもの。

    例1:18世紀のスコットランドを代表する学問や技術に当てはまらないものを選べ

    1.ヒュームによる懐疑主義的哲学の展開
    2.スミスによる古典派経済学の創始
    3.ワットによる蒸気機関の改良
    4.ボイルによる機体力学の発展

    これは非常に難しい。解答は4.で、ボイルはアイルランド・リズモア出身の貴族であるがなかなか解答できなかったのではないでしょうか?

    例2:次の中でカリフォルニア州に本拠を置いていない企業はどれか。

    1.アップル
    2.フェイスブック
    3.マイクロソフト
    4.グーグル

    これはいわゆる「大学受験世界史」の参考書等をいくら勉強しても身につかない知識でしょう。
    普段の興味・関心によって決まってしまう内容でした。

    しかし、次の例はどうでしょうか。

    例3:下線部A(漢の一時中断)について、この中断とは何を指すか。

    1.漢の外戚王莽が、赤眉の乱を起こして皇帝位を簒奪したこと。
    2.王莽が新を建てて、周を理想とする復古主義の政策を行ったこと。
    3.呉楚七国の乱がおこり、封建性国家が一時復活したこと。
    4.党錮の禁により、儒教理念に基づく政治が機能しなくなったこと。

    これは本当に基礎的な問題です。
    まずはこのような問題で失点しないことが重要であり、これはどの大学でも同じことが言えるでしょう。

    論述問題も1970年代の世界的な経済危機について述べる問題でありますが、「ニクソン=ショック」「石油危機」について思い浮かべばそんなに難しいものでもありません。
    ただし、論述テーマが大きい割に文字数が100文字以内と少ないので過去問などを通してコンパクトに論述する練習は必要でしょう。

    中国史、アメリカ史などは頻出テーマであり、どの時代でも解答できるようにしておく必要があります。
    また、文化史についても頻出なので準備しておくことが必要ですが、例年通りであり、2017年入試において大きな変化はありません。
    来年の受験生も受験に向けて同じような準備をしてほしい。

早稲田大学商学部【英語】 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

2016.06.29

早稲田大学商学部 入試難易度: 2.0 早稲田大学部入試問題としては標準的なレベルです。取りこぼしのないようにしてください。基礎レベルの問題ばかりなので8割から9割は標準で取れるようにしてください。 全体概観: 配点80点 時間90分 会話問題、長文問題4題の出題。 問題は全編を通して早稲田大学を目

  • …続きを読む
  • 早稲田大学商学部

    入試難易度:ico_grade6_2 2.0

    早稲田大学部入試問題としては標準的なレベルです。取りこぼしのないようにしてください。基礎レベルの問題ばかりなので8割から9割は標準で取れるようにしてください。


    全体概観:
    配点80点 alarm-clock時間90分

    会話問題、長文問題4題の出題。
    問題は全編を通して早稲田大学を目指すのであれば標準レベルの問題である。ACADEMIAの英語カリキュラムを完璧にこなしていれば8〜9割をとることが可能。日頃から長文をパラグラフごとに要約して筆者の主張を明確につかむ練習が欠かせません。

    大問Ⅰ

    英会話問題
    日常の会話問題であるので文脈も予想しやすく、選択肢も簡単です。10個の選択肢から5つの空欄を埋める問題があります。
    会話特有の典型表現は抑えておきましょう。1問和文英訳の記述がありますが、基本的な文法と熟語の知識があれば点数をとることができます。
    1冊英会話の問題を仕上げておく事で、満点が可能な大問なのでしっかりと対策をして望むことが大切です。

    大問Ⅱ〜Ⅴ

    記述問題とマーク式の問題です。全体を通して空欄問題と内容一致のオンパレード。
    英文自体も長くはなく、比較的簡単に読めるので全問正解をしたいところです。空所問題は、単語、熟語、構文を意識して解くことが大事です。単純に知識が問われている問題です。
    接続詞や副詞が問われる質問が1問は出題されるので論理をつかむ練習もかかせません。ACADEMIAでは英語を構文を把握することができてから、
    1人1人論理を自分の力でわかるようになるまで練習を積むので早稲田慶應の長文で読めないということがありません。
    一般の予備校とはここが違うところです。

    【記述形式】

    大問1つに1つの割合で出題されますが平易なものなので点数を確保してください。指定語数を間違えずに丁寧な字で解答欄へかきましょう。指示語の問題も多く、解答の根拠ははっきりしたものです。

    【マーク形式】

    毎年、空欄問題、内容一致、同意語、正誤問題など多岐にわたって出題されています。

    ▶空欄補充問題

    長文中の空欄に前置詞を入れる問題があります。基本的な文法と熟語をマスターしたうえで前置詞をイメージで覚えるようにしてください。イメージで覚えるていると熟語をしらなくても正解できます。対策としては、解体英熟語と1億人の英文法をこなしてください。

    ▶内容一致問題

    同意語は、文中の英文に下線部が引かれ、その文の意味にもっとも近いものを選ぶ問題です。動詞の文型、後の前置詞などの形から判断したり、文脈を意識するものと多岐にわたります。基本的な単語、熟語、前置詞の知識が問われているので最低限の受験レベル2000語は完璧にこなしておきましょう。
    内容一致問題のコツは予め選択肢をチェックして、キーワードを覚えることです。キーワードとは形容詞や固有名詞や数字などです。

    ▶正誤問題

    特筆すべきところは、TF問題です。TF問題とは、TrueかFalseかを判断する所謂○×ゲームです。この内容を本文で主張していますか?に関して,TrueかFalseを答えれば良いだけです。

    ▶英文和訳

    論理的によめているかどうかが試される問題です。当然ながら、直訳で日本語として支離滅裂なことを書いても点数はもらえません。パラグラフ内の同型反復を論旨と照らしあわせて訳してください。

    過去の商学部のテーマ一覧

    2016 Ⅰ.フライトがキ ャンセルにな った乗客と顧 客サービス係 との会話 Ⅱ.エスカレータ ーでの作法に 関する記事 Ⅲ.現代社会にお けるペット用 小型カメラに 関する記事  Ⅳ.生物学的な高 齢化とバイオ マーカーに関 する記事 Ⅴ.米国の所得や 機会の不均衡 が経済・社会 に及ぼす影響 を述べた論説

    2015 Ⅰ.旅行中体調を 崩した者とホ テル受付・看 護師との会話 Ⅱ.公衆衛生研究 の第一人者 Dr. Lester に 関する記事  Ⅲ.大学で学ぶ内 容と将来の仕 事との関係に 関する記事  Ⅳ.作家と編集者 の関係に関す るエッセイ  Ⅴ.サッカー選手 が試合中に受 ける頭部への 衝撃・損傷に 関する記事

    2014 Ⅰ.夏休みを前にした大学生の会話 Ⅱ.英国消費者の食品購買習慣の変化に関するコラム記事 Ⅲ.コンサルタント企業採用面札対策の人気指南書 Ⅳ.ペットを失った後の飼い主の選択 Ⅴ.常識と正反対の学習効率を上げる方法

    2013 Ⅰ.バスのチケット売り場での観光客と係員の対話 Ⅱ.宇宙開発ビジネスと民間参入 Ⅲ.待ち時間に関する考察 Ⅳ.現状する蜂と農薬による影響との関係の追求

    2012 Ⅰ.コンピューターの虎舞つる解決に関する対話文 Ⅱ.楽器演奏技術に関するエッセイ Ⅲ.移民と住人の利害衝突に関する時事英文 Ⅳ.英国の水泳選手の活躍と目標に関する雑誌記事 Ⅴ.人間とチンパンジーの脳の老化に関する科学的読みもの

    全体的にビジネス関連の内容の文章が多いですね。

    ただ、2014年の「ペットを失ったあとの飼い主の選択」や2013年の「減少するハチと農薬による影響との関係の追求」などビジネスとあまり関係のない文章も出題されているので、他の早稲田の学部と同様に幅広いテーマの長文を読むようにしてください。

    動画解説! 早稲田大学商学部の長文を論理的に読む

    クリックで再生が開始します。

    ▶英語の最速の対策はこちら!

    http://hiroacademia.jpn.com/program/english-benkyo/


  • 偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 〒169-0075
    東京都新宿区高田馬場2-14-8 竹内ビル5階
    TEL: 03-6884-7991
    営業時間: 月〜土 13:00-21:00
  • Facebook Twitter
    Page Top

Copyright © BETELGEUSE corporation All Rights Reserved.