青山学院大学法学部【世界史】| 本番で圧勝の徹底対策シリーズ

青山学院大学法学部 入試難易度:  3.0 全体概観:配点100点 時間60分 大問3問構成のことが多く、小問数は約50。解答形式は選択式または記述式です。時間的にはまったく問題ないと思います。 問われている用語自体はほとんど教科書レベルからの出題です。ただし、文化史などは教科書レベルを超える用語も

  • …続きを読む
  • 青山学院大学法学部

    入試難易度: ico_grade6_3 3.0


    全体概観:配点100点 時間60分

    大問3問構成のことが多く、小問数は約50。解答形式は選択式または記述式です。時間的にはまったく問題ないと思います。
    問われている用語自体はほとんど教科書レベルからの出題です。ただし、文化史などは教科書レベルを超える用語も出題されていますし、現代史も本当に最近のことまで出題されています(2010年代のことが出題されたこともあります)。また、1つの大問で1つの地域を問うことが少ないのも特徴です。つまり、複数の地域にまたがる問題が出てくるのです。よって、国同士の関係が問題になります。
    政治的な関係=外交・戦争だけではなく、経済的な関係=貿易、文化的な交流=文化・学問の伝播、そして人の移動も理解していなければなりません。年代整序問題も細かい年代まで知らなければならないものもあります。知識自体は教科書レベルかもしれませんが、難問もたくさんあるといえます。

    対策1:複数の地域の関係を把握するには?

    まずは、通史を勉強してください。すべてのことは基本から始まります。通史が全く理解できていないのに複数の地域の関係まで把握はできません。
    次に資料集を開いてください。年表を見て、これから自分が学びたい国について、その時期に他の地域にどのような国があったのかを確認してください。そのうえで両国にどのような関係があったのかを確認してください。その時に気を付けたいのは、「●●戦争があった」だけでなく、その戦争の結果両国の国内はどうなったのか必ず両方とも確認することです。
    また、貿易についても「どんなものを」「どのような手段で運んでいたのか」を確認してください。そして、両国の国内を確認しましょう。これは文化についても同じです。
    さらに、資料を確認すれば完璧です。資料集をよく見るとさまざまなことがでています。例えば、輸送手段にしてもさまざまな乗り物が掲載されています。
    ダウ船とジャンク船は知っていますか?また、この二つの船の違いは分かりますか?
    イスラーム商人と中国商人が使っていたんでしょ!と答えたあなた!正解です。

    でも、もうちょっと理解を深めてください。写真で選べますか?

    三角帆はどちら?四角帆はどちら?選べますか?写真を見たらその特色を言葉で表せば覚えやすいですよ。また、最近は文字なども出題されますね。文字を見てなんという文字か答えられますか?いつごろ作られたかわかりますか?そして、もとになった文字は何か答えられますか?

    特別な参考書がなくてもこれだけ勉強できます。今持っているものを活用してでかまいませんので、努力してみましょう。

    対策2:現代史の対策はどうするればよいのか?

    まず、普通に通史を勉強しましょう。特に現役生の方は通史の学習そのものが不十分ということがあるようです。通史の学習を普通にするだけでもかなりできるようになります。さらに上を目指すために、まず時事問題を確認してください。詳しい内容は必要ありません。そうしたらそれに関する歴史用語、場所などを確認します。
    イスラーム国というニュースがあった時に、「イスラーム原理主義」→「アフガーニー」など、歴史用語との関連を指摘することは簡単にできると思います。さらに、政治経済の教科書などを確認してみましょう。TPPとは?プラザ合意とは?など世界史の教科書以外でも調べて少しだけでいいので意味を深めてください。

    以上みてきたように、知識の難易度的には普通でも、それを理解しているかが試されます。したがって、非常に難しく感じるかもしれません。大学受験では100点を取ることではなく、人より1点多くとることが大切です。また、1位じゃなくても大丈夫です。100人合格するならば、100位に入ればいいのです。そう考えた時に、青山学院大学の世界史で合格点を取るには教科書レベルの知識事項で点数を落とさないこと、難問に関しては(できるに越したことはありませんが)できなくてもくよくよせずに次の問題に進むことが大切になります。

    青山学院大学法学部に合格するための参考書

    当塾で使用している青山学院大学法学部に合格へ必要な参考書を紹介します。もちろん、当塾の場合は一人一人個別にカリキュラムを作成するため下記のようなカリキュラムは一例となります。参考書は何をやるかよりも、どのような目的で使用するかというが大事です。闇雲に行って情報量に圧倒されてしまうのではなく、1つ1つ目的意識を持って勉強していきましょう。
    参考書だけでの独学での合格はかなり難しく、初学者の場合は指導なしでやってしまうと下手な癖が付く可能性が高いです。下手な癖がつくと、その癖を治すのに手一杯で結局志望校に受からないというケースが多くなっています。浪人しても成功しない人はこの辺りに理由があります。
    ご心配な方は一度カウンセリングを受けて見ると良いでしょう。カウンセリングはこちらからどうぞ。

    ■下記参考書名をクリックすると詳しい使い方のページに飛びます。

    ▶初歩(偏差値40程度)

    とってもやさしい世界史

    ▶基礎(偏差値40~55程度)

    パノラマ世界史

    時代と流れで覚える世界史B用語

    ▶応用(偏差値55~65程度)

    ナビゲーター世界史

    ヒストリア世界史問題集(*時間のない場合は行う必要はなく過去問で問題を解くことで対策をしていくと良いでしょう。)

    青山学院大学法学部に圧倒的な実力で合格できる専門対策をします

    まずは資料請求・お問い合わせ・学習相談から!

    HIRO ACADEMIAには、青山学院大学の徹底指導合格塾として法学部への圧倒的な合格ノウハウがございます。

    少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ資料をご請求ください。

    また、青山学院大学法学部に合格するためにどのように勉強をしたらよいのか指示する学習カウンセリングも承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどう受かるかを提案いたしますので、ぜひお気軽にお電話いただければと思います。

    青山学院大学法学部文学部に合格したい方は、まずは当塾の資料をご請求ください。