偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • おー電話

偏差値30からの早慶圧勝の個別指導塾 HIRO ACADEMIA

  • 資料請求
  • カウンセリング
  • お電話
2016.07.06

完璧主義が無能を生み出す。スピード勉強術とは?

生徒A
「あの先生の授業を聞かないと勉強ができるようにならない。。」
生徒B
「あの参考書を行わないと勉強ができないな・・・」
生徒C
「あの参考書を行わないと勉強ができないな・・・」

こんな風に思ったことはないでしょうか?

人は自分に何かが足りないと思うとそれを理由に行動に移れない。。ということが往々にしてあります。
もちろん、勉強であってもこれは当てはまります。

最速で勉強の成果を出すためには・・・・

最速で成果を出すためのとっておきの方法とは、「勉強をする」ことです。

100%の状態でなくても70%程度の精度でも良いので、とにかく勉強を行うことです。完璧になった環境でないと勉強ができないとというのは、確かにちょっと話を聞くと良い感じがします。
ですが、状況は刻一刻と変わってきます。
試験日までの残り期間、現在自分が何を理解できているのか?、この辺りを理解しないで勉強を進めて、問題がでてきたら対処する。という進め方で勉強を始めていかないといつまで経っても勉強ができるようになりません。 100%になってから勉強をするのではなくて、70%の状態でもいいので、勉強をし続けて勉強をしながら、100%に近づくというのが良いでしょう。

教材を初めて読む時はまずは全体像を把握するレベル感

上記内容に付随して、教材を読み進める時の考え方もお教えいたします。 教材を進める際の考え方もまったく同じです。
勉強ができなくて何をしていいかわからないような真面目な学生に限って、最初のページからすべて完璧にしないといけないのではないか?と感じて、内容が完璧になるまで先に進まないといったことがよくあります。
最初から全部完璧にして勉強を進めていく、という風に進めてしまうと、膨大な時間がかかります。また、はじめて問題を見た時にはできないけど、教材を一回行ってみて時間が経ってみるとできるようになるということが往々にあったりします。

ですから、まずはわからない部分が少しあっても気にせず進めてみるのが良いでしょう。
※もちろん、まったくわからない、理解できない場合は教材を変更するべきです。
完璧に行いすぎずに適度なレベル感で何度も何度も繰り返し行なっていくことで、勉強のレベルを100%に仕上げることをしていきましょう。


Published by

KAZUHISA ONO

KAZUHISA ONO

自身の勉強時の体験や社会人になってからの経験を元にいかにして、"考える"ことができる人材を作ることができるのかを日々考えています。また一方で、どんな学力の受験生に対しても独自カリキュラムを提供し、勉強が圧倒的にできるようになっていくという塾を経営しています。早慶専門個別指導塾HIRO ACADEMIA塾長。BETELGEUSE株式会社代表取締役。